2020年5月28日 更新

中潮とは?海釣りでの中潮の釣り方を徹底解説!潮回りを攻略しよう

中潮とは、干潮や満潮など潮の満ち引きを表した言葉です。潮回りは釣りをする上で大事なポイントの1つです。特徴を理解すれば周りとの釣果にも差がつきます。特に中潮は釣りに出かけるには最適なタイミングです。中潮の仕組みから釣り方まで詳しく解説します。

12,202 view お気に入り 0
中潮は、潮の満ち引きも大きく釣果を見込めます。魚の食性が上がってくるパターンであると同時に、潮の流れも適当だからです。軽いルアーを駆使する場合には、潮の流れが速すぎてもうまくアクションを付けられません。干潮では潮が引きすぎることが無いので、水深が浅いポイントで釣る際には有利です。

大潮と中潮の違い

大潮と中潮の読みかたは、潮位の高さの違いです。満潮時と干潮時に限らずとも、大潮の方が潮位が明確に変わります。大潮の時点では、魚の活性が高くなるコンディションではありますが、ポイントのよっては釣りにならなかったりします。

中潮は、潮位の差が大きいですが、ポイントの状況に左右されにくいので安定した釣果を出しやすい潮の感じです。大潮に比べて月明かりが影響しづらいのも特徴です。

中潮と小潮の違い

中潮と小潮の読みかたの違いは、潮の満ち引きの差です。小潮は、干満のピークの差が小さく、潮が流れにくいのが特徴です。中潮のあとに必ず小潮の段階がきてますので魚の活性が下がりがちです。片方しか行くことができないならば、中潮の方が釣りが展開できます。

もちろん、小潮の状況でも魚は釣れますので、その場合はいつもよりも釣りをする時間帯を意識して、満潮時に近い時間帯を考えて釣りするとよいです。

中潮のタイミング

ノブ(^0_0^) on Instagram: “日が沈んで…#mysky #sky #sorasuki #ソラモノ写真館 #sunset #umi #sea #海 #茜雲” (134721)

中潮に限らず、潮回りの読みかたにはいくつかパターンがあります。満潮に向かって上がってきている潮なのか、満潮からの下げている潮かです。潮が満潮のピーク時なのか干潮なのかでも違います。ポイントや狙っている魚によって変わってくるので、経験と過去の実績からも考えることが大事です。

①上げ潮

上げ潮は、満潮に向かって潮が上がってきている状況です。狙うタイミングは、潮が動き始めている、干潮からの2時間の間か、波が高くなる満潮に差し掛かる寸前が良いです。魚によっては、潮位が高まる時に釣りやすい魚種が多いです。そのタイミングを狙って釣りをするのが簡単です。

②下げ潮

下げ潮は、満潮のピーク時から潮位が下がってきている状況を言います。時刻てきには、昔から下げ7分の付近であると言います。満潮を10、干潮が0とした時に、下げの7分の段階のことです。その時間帯がよく潮が動き、ベイトを探しまわっているため、釣果出しやすいです。逆に、干潮に近づくにつれ釣りづらくなります。

③満潮時

満潮時は、潮位がピーク時で1番高い状況です。潮位が高いため沖からの魚が入ってきている可能性が高くなります。ですが、潮が止まっているため捕食の活性が高くはありません。様子を見て判断するのがベターです。

干満のピークに活性が、上がりやすい魚としてメバルです。メバル狙いであれば満潮時に水面に浮いている魚がいるので狙い目です。

④干潮時

干潮時は、潮位がピーク時で低い状況です。読みかたの基本で、潮位も低く、潮も完全に止まっている状態のため、魚の調子が一番悪い状態にあります。引いている日は、水深が深いところを狙うなど工夫が必要になります。魚が入れる場所も限られるため、普段から干潮時で釣れるポイントを押さえることが大事です。

中潮での釣り方

Login 窶「 Instagram (134722)

中潮での釣りが有効な魚は多いです。波も比較的高い傾向がありますので、回遊性のあるターゲットを狙えるコンディションになります。潮を読み方を覚えて、潮の動く時間帯に釣りをすることで釣れる確率は上がります。逆に、干潮時などの潮どまりの時などは魚もじっとしているので、注意が必要です。

シーバス

たま on Instagram: “早朝に近所の漁港へルアーにはあまり良い反応ないのにイワシには1発で食いついてきました#海釣り #シーバス #スズキ” (134723)

シーバスゲームでは、潮の読み方が重要になります。シーバスはフィッシュイーターですので小型のベイトフィッシュを追いつづけます。必然的に、潮が動いており、プランクトンに小魚が反応している状況がベストです。

シーバスは、流れに潜んでいる魚です。潮が動かない時間帯は、ルアーを追いにくい状態にあります。橋脚回りなどシーバスが休んでいる場所を選びます。

メバリング

Login 窶「 Instagram (134724)

メバルフィッシングで釣果を出す方法は、潮位が高い時間帯です。メバルは主にプランクトンを捕食します。そのため、潮が動きエサが流れてきている時が、活性が高いです。波が高いときは、水面まで浮いていることがあるのでトップで釣ることができます。

干潮時には、メバルは底の岩陰に隠れます。丹念にボトムを攻めることが有効です。メバル釣りのなかでは、潮の読み方も肝心ですが、月明かりにも気を配ります。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズとは魚が釣れないことです。通常は狙っている魚が釣れない場合にボウズと呼ばれ、1匹も釣れない場合は丸坊主とも呼ばれます。ボウズの由来には3つの諸説があり、比喩から生まれた言葉です。釣りにボウズは付きものですが、実績の高い釣り場選びや臨機応変な釣り方をすることで避けることができるでしょう。
長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮は潮の満ち引きが少なく、釣果があがりにくい潮回りです。長潮の攻略法はベイトの多いポイント選びで、防波堤の先端、ブレイク、常夜灯、ストラクチャーといった1級ポイントを丁寧に攻めましょう。長潮でよく釣れる魚はアオリイカやヒラメで、潮回りに合わせてターゲットを選ぶことも釣果アップに繋がります。
スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギングはSLJと呼ばれ、近年人気な釣り方の1つです。多くの魚種が狙え、大型サイズの釣りを楽しむことができます。ベイトリールを選ぶときはギア比・軽量性・メーカーで選び、自分に合ったリール選びが重要です。スーパーライトジギングはアクションも多く疲労が溜まりやすいため、初心者は軽量で操作性が優れたリールを選ぶようにしてください。
9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月は堤防で大物の魚が釣れるシーズンです。小型の青物の群れが沿岸を回遊し、小魚の群れを追いフィッシュイーターたちも接岸する季節で、岸からでも大物が釣りやすい魚釣りのベストシーズンといえます。9月の釣りの特徴はルアーや簡単な仕掛けで多種多様な魚が釣れる季節です。
大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法は、大潮の干潮と満潮を知り大潮の釣りのポイントをおさえることです。大潮の日は、潮の流れが速くなるため魚の動きが活発になります。大潮ならではの釣り方をすれば、釣果を上げることが可能です。大潮の釣りに行くときには、攻略法をぜひ参考にしてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous