2020年5月28日 更新

中潮とは?海釣りでの中潮の釣り方を徹底解説!潮回りを攻略しよう

中潮とは、干潮や満潮など潮の満ち引きを表した言葉です。潮回りは釣りをする上で大事なポイントの1つです。特徴を理解すれば周りとの釣果にも差がつきます。特に中潮は釣りに出かけるには最適なタイミングです。中潮の仕組みから釣り方まで詳しく解説します。

12,198 view お気に入り 0

エギング

@saepon1109 on Instagram: “堤防  夕マヅメのワンチャン狙ってイカちゃんハンティングに行ってきました🦑 この場所はデイがいい場所ですが釣れたらいいなと思い粘ってみました。 ウィードかわしながらスラッグジャークしてたら2シャクリ目でガツンと乗ってくれました🎣…” (134725)

エギングでは、潮の読み方で結果が変わります。基本的には、満潮に近くになると沖の方から防波堤に寄って来やすくなります。満潮に付近での潮が動いている時が釣れるパターンです。

満潮から潮が下がってきている段階では、群れが沖に離れてしまう段階にあるため釣りが渋いです。潮の読み方と同時に月明かりではイカがばらけてしまうので注意です。

ショアジギング

Login 窶「 Instagram (134726)

ショアジギングでは、潮の読み方と同時に潮目を探すことが大事です。潮目とは、潮の流れ同士がぶつかっている場所です。潮目にはエサがたまりやすく青物が寄ってきやすいです。目でも確認できるので狙い所になります。

ショアジギングで、メタルジグを使用していると潮の読み方がわかりやすいです。メタルジグを動かして水の抵抗がかかるような場所は潮が効いているポイントです。

サビキ釣り

SKIM エスケーアイエム on Instagram: “中潮二日目。今朝はサビキで。 ええ群れに当たったのか、短時間ではあったけど、まぁまぁなアジ釣れました😉。 南蛮漬けには十分な数。刺身も作ろかな。  #サビキ釣り #アジ釣り #鯵釣り #波止釣り  #釣りバカ親父 #釣りが好きなだけ #🎣 #写真好きな人と繋がりたい #風景写真…” (134727)

エサを使うサビキ釣りでは、大潮よりも中潮のほうが釣れる場合があります。サビキ釣りは、いかにエサと撒き餌を馴染ませて釣るかがキーポイントです。大潮のように、潮が速すぎても撒き餌が流されてしまいます。適度に潮が動いている中潮が有効です。

潮の読みかたを覚えておくと、どちらに撒き餌を投入すると、魚が寄ってくるかわかります。現場に着いたら流れている方向についても考えると良いです。

中潮を狙って釣りに行こう!

Login 窶「 Instagram (134729)

中潮は、潮の動きとと潮位の変化が最適な潮回りです。1か月の間でも、中潮の時期は多いので、釣りにも行きやすいです。ほかにも大潮や小潮など潮回りの読み方を覚えて行くと、深く釣りについて考えるきっかけになります。皆さんも、潮回りのベストのタイミングで釣りに出かけてみましょう。
62 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズとは魚が釣れないことです。通常は狙っている魚が釣れない場合にボウズと呼ばれ、1匹も釣れない場合は丸坊主とも呼ばれます。ボウズの由来には3つの諸説があり、比喩から生まれた言葉です。釣りにボウズは付きものですが、実績の高い釣り場選びや臨機応変な釣り方をすることで避けることができるでしょう。
長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮は潮の満ち引きが少なく、釣果があがりにくい潮回りです。長潮の攻略法はベイトの多いポイント選びで、防波堤の先端、ブレイク、常夜灯、ストラクチャーといった1級ポイントを丁寧に攻めましょう。長潮でよく釣れる魚はアオリイカやヒラメで、潮回りに合わせてターゲットを選ぶことも釣果アップに繋がります。
スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギングはSLJと呼ばれ、近年人気な釣り方の1つです。多くの魚種が狙え、大型サイズの釣りを楽しむことができます。ベイトリールを選ぶときはギア比・軽量性・メーカーで選び、自分に合ったリール選びが重要です。スーパーライトジギングはアクションも多く疲労が溜まりやすいため、初心者は軽量で操作性が優れたリールを選ぶようにしてください。
9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月は堤防で大物の魚が釣れるシーズンです。小型の青物の群れが沿岸を回遊し、小魚の群れを追いフィッシュイーターたちも接岸する季節で、岸からでも大物が釣りやすい魚釣りのベストシーズンといえます。9月の釣りの特徴はルアーや簡単な仕掛けで多種多様な魚が釣れる季節です。
大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法は、大潮の干潮と満潮を知り大潮の釣りのポイントをおさえることです。大潮の日は、潮の流れが速くなるため魚の動きが活発になります。大潮ならではの釣り方をすれば、釣果を上げることが可能です。大潮の釣りに行くときには、攻略法をぜひ参考にしてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous