2020年1月10日 更新

リールのギア比とは?巻き取りの長さとギア比をわかりやすく解説

ギア比の違いによるリールの性能や特徴を紹介します。巻き取りの長さとギア比は大きく関係しますので、理解することでリール選びが簡単になります。ハイギア、ローギアの基準やメリットを確認して、対象の魚や釣りのスタイルに合うルールのギア比を選びましょう。

5,890 view お気に入り 0

②ハイギアのおすすめベイトリールリール

タトゥーラTW 100XHL 2019モデル

タトゥーラTW 100XHL 2019モデル

ダイワのタトゥーラTWは、新型スーパーメタルフレーム、TWS、高強度アルミ製マグフォースZスプール、ゼロアジャスターを搭載しています。

ギア比が6.3、7.1、8.1の3タイプあり、100XHLはギア比8.1、最大巻き取り量86cmおすすめの高性能なベイトリールです

③ハイギアのおすすめ入門用リール

17サハラ C3000HG

17サハラ C3000HG

シマノの17サハラは大きさが500から5000番まであり、2000番、2500番、3000番、4000番の4種類にノーマルギアとハイギアがラインアップされています。

C3000HGはギア比6.2、最大巻き取り量91cm2500番と同じ大きさのコンパクトモデルで汎用性が高く、入門用に最適です。

ローギアのおすすめリール3選

①ローギアのおすすめスピニングリール

17セオリー 2506

17セオリー 2506

ダイワの17セオリーはマグシールド、ZAION製超軽量エアローター、ATDなど最先端のダイワテクノロジーが搭載されています。

2506はギア比4.8、最大巻き取り量72cmのローギアモデルで滑らかな巻き心地とパワーがあり、安定感のある釣りを楽しむことができます。

②ローギアのおすすめベイトリール

ジリオンSV TW 1016SV

ジリオンSV TW 1016SV

ダイワのジリオンSV. TWは、G1ジュラルミンSVスプールを搭載して快適でバーサタイル性能が高い特徴があります。フィネスゲームからパワーゲームまで幅広く活躍できるルアー用ベイトリールです。1016SVはギア比5.5、最大巻き取り量58cmとローギアモデルで、口径タフデジギヤにより力強い巻取りが可能になります。

③ローギアのおすすめ入門用リール

15 レブロス 2500

15 レブロス 2500

ダイワの15レブロスは基本性能が高く、機能が充実しています。淡水ではバスやトラウト、海では堤防や磯でのエサ釣りからルアーフィッシングまで、いろいろな釣りのスタイルに使え、入門用におすすめです。2500はギア比4.8、最大巻き取り量72cmありますので、巻き心地がよく、パワーがあります。

リールのギア比まとめ

リールのギア比とは、ハンドル1回転でラインを巻き取りの長さが決まる性能を表す重要な数値です。狙う魚種や釣りのスタイルによってハイギア、ローギアを選びましょう。ギア比によって巻き心地に差がありますので、フィーリングに合うギア比を確認して釣りを楽しみましょう。
73 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

浦林 義徳 浦林 義徳