Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 【アジング用】スナップと...
【アジング用】スナップとリーダーの結び方5選!おすすめのスナップとは?

【アジング用】スナップとリーダーの結び方5選!おすすめのスナップとは?

アジングスナップの最強の結び方は、初心者も簡単に結べるクリンチノットで、手順が難しく感じたときは、素早く結べるユニノットに挑戦してください。結束強度の高い最強の結び方は、2重にしたラインを巻きつけるパロマーノットや完全結びですが、結ぶ手順が複雑で慣れるまでは結束強度にムラができやすいです。

2022.01.17 釣り

アジングでスナップは必要なの?

スナップはルアーを接続するときにつかう金具で、ロック部分と呼ばれるつまみを指で開閉することで、簡単にルアーを交換できます。ルアーを使うことの少ないアジングでは、鉛とフックが一体になったジグヘッドを交換するときに使われることが多く、ジグヘッドとラインを結ぶラインアイに、スナップを通して使用します。

スナップを使ってジグヘッドを交換すると、ラインとジグヘッドを結ぶ手間が省け、素早く交換できます。

アジングに適した5種類のスナップの結び方

アジングのスナップの結び方は、仕掛けと釣り糸を素早く結べる5つの結束方法を使います。

5つの結束方法は、それぞれ結び目が異なることから、スナップを結んだ時の強度や、結ぶ手順が異なり、アジングの初心者は釣り場で素早く結べる方法を覚えましょう。
結束の方法 結束強度 難易度
クリンチノット 70% ☆★★
ダブルクリンチノット 85% ☆☆★
ユニノット 70% ☆★★
パロマーノット 90% ☆☆☆
完全結び 90% ☆☆☆

アジング用のスナップの結び方①クリンチノット

 (251116)

クリンチノットは、スナップに通したラインを4〜5回巻きつけて根元に通す結び方が特徴で、アジング用のスナップの結び方のなかで最も簡単に結べます。

手順が簡単なクリンチノットの結び方は、初心者も簡単に覚えることができますが、スナップとラインの結束する強度を表す結束強度が75%と低いデメリットもあります。

クリンチノットの結び方

①スナップに、ラインを通す
②折り返した先端を、ラインに4〜5回巻きつける
③巻きつけたラインの先端を、ラインの根元の輪に通す
④ラインを、ゆっくりと締める
⑤締め込んで余ったラインを切って完成

クリンチノットのコツ

クリンチノットのコツは締め込む前に結び目の全体を唾液で充分に湿らせることで、巻きつけたラインがねじれる糸ヨレを防ぎ、スナップとの結束強度を高められます。

アジング用のスナップの結び方②ダブルクリンチノット

 (251120)

ダブルクリンチノットは、スナップに2回通したラインを4〜5回巻きつけて根元に通す結び方が特徴で、クリンチノットと同じ手順で結ぶことができます。

ダブルクリンチノットの結び方は結束強度が85%と高いですが、スナップと触れる2本のラインの締め込みが甘くなりやすく、慣れるまで強度にムラが出るデメリットがあります。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ダブルクリンチノットの結び方

①スナップにラインを通す
②ラインをもう一度通して、根元に輪を作る
③2回通したラインの先端を、ラインに4〜5回巻きつける
④巻きつけたラインの先端を、根元の輪に通す
⑤ラインを、ゆっくりと締める
⑥締め込んで余ったラインを切って完成

ダブルクリンチノットのコツ

ダブルクリンチノットのコツは②の手順で作った根元の輪を指で押さえることで、巻きつけたラインの先端を二重になった輪に通しやすくなります。

根元の輪にラインの先端を通して締め込むときは、クリンチノットと同じく、結び目を唾液で湿らせると結束強度を高められます。

アジング用のスナップの結び方③ユニノット

 (251122)

ユニノットはスナップに通したラインで輪を作ってから、5回前後巻きつける結び方が特徴で、クリンチノットに比べると手順が複雑ですが、練習して輪を作る手順に慣れると、最も素早く結べます。

ユニノットの結び方は、結束強度もクリンチノットと同等で、素早く結ぶことができますが、締め込みにムラができやすく強度が安定しにくいです。

ユニノットの結び方

①スナップにラインを通す
②通した先端を、10cm程度折り返して輪を作る
③折り返した先端を輪とラインに5回前後巻きつける
④ラインをゆっくりと締める
⑤締め込んで余ったラインを切って完成

ユニノットのコツ

ユニノットのコツは②の手順で作った輪を指を使って押さえることで、輪とラインに対して、折り返した先端を巻きつけやすくなります。巻きつけたラインを締め込むときは、結び目を唾液で湿らせて、ゆっくりとラインを引っ張りましょう。

アジング用のスナップの結び方④パロマーノット

 (251125)

パロマーノットは2重にしたラインをスナップに通して輪を作る複雑な結び方が特徴で、アジングのスナップの結び方のなかでは、結び目から切れることが少ない最強の結び方です。

複雑な手順のパロマーノットの結び方は、クリンチノットやユニノットに比べると難易度が高く、不要になったラインを使って自宅で何度も反復練習してください。

パロマーノットの結び方

①折り返したラインを、2重にしてスナップに通す
②通した2重ラインを緩く締め、片結びを作る
③2重ラインの先端の輪に、スナップを通す
④2重ラインを同時に緩く締め込む
⑤ラインの先端を引っ張ってきつく締め込む
⑥ラインを引っ張ってきつく締め込み、余った先端をカットして完成

パロマーノットのコツ

パロマーノットのコツは最後の締め込みのときに、ラインの先端とラインを順番に締め込むことで、逆の手順で締めこむと、ラインがヨレて結束強度が落ちる原因になります。

アジング用のスナップの結び方⑤完全結び

 (251127)

完全結びは2重にしたラインをスナップに通して、輪に巻きつける複雑な結び方が特徴で、パロマーノットと同等の結束強度が期待できる最強の結び方です。

完全結びの結び方は、結んだ後のラインがねじれる糸ヨレが起こりやすく、何度も練習しても糸ヨレが解消できない時は、別の結束方法を選びましょう。

完全結びの結び方

①折り返したラインを2重にしてスナップに通し、輪を作る
②ラインの先端を、ラインと輪に4〜5回巻きつけ、輪のなかに通す
③ラインを引っ張ってきつく締め込む

完全結びのコツ

完全結びのコツは、輪のなかに通したラインの先端を口で噛んで軽く固定することで、締め込むときにできる糸ヨレを抑えられます。

アジングスナップの選び方

 (251149)

アジングのスナップは形状・サイズ・強度を基準に選びます。スナップの形状は、狙う魚に合わせて豊富な種類が用意され、それぞれの形状で着脱のしやすさが異なります。

スナップのサイズは、SSS〜LLのアルファベットの規格が用意され、全長だけでなく、スナップの径も太くなります。スナップの強度は、負荷がかかったスナップが壊れる重さを表す破断強度がkgの単位で表記され、数値が大きくなると、大きな魚の引きでも壊れにくいです。

スナップの形状

スナップの形状はロック部分を指でつままずに、ジグヘッドを交換できる形状がおすすめで、交差したスナップに対してジグヘッドを取り付ける8の字タイプや、スナップにジグヘッドを滑らせるように取り付けるクリップタイプが人気です。

スナップのサイズ

スナップのサイズは、アジングで頻繁に使用する○〜○gのジグヘッドの細いラインアイに、スナップがスムーズに通る太さを選ぶことが大切です。

アルファベットの規格を参考に選ぶときは、SSS〜Sサイズの小さめのサイズを選びましょう。

スナップの強度

スナップの強度は、アジングで狙うことの多い10〜30cmのアジの負荷に耐えられるアイテムを選びましょう。

10〜30cmのアジはファイト中にかかる負荷が少ないことから、破断強度が1〜3kgのスナップでも壊れることが少ないです。

アジングにおすすめスナップ3選

アジングにおすすめのスナップはサイズや強度がアジに合わせて設計されているアジング専用スナップを選びましょう。

アジング専用スナップは、着脱が簡単なワンタッチ式の形状が多く、アジングで使うジグヘッドに適したSSS〜Sサイズが多いことから、アジ釣りの初心者も選ぶときに迷いにくいです。

ダイワ エイトスナップ

ダイワ(DAIWA)

エイトスナップ

形状:ワンタッチ式
強度:1.5kg
サイズ:F
個数:8

ダイワのエイトスナップは、ワンタッチ式のスナップのなかでも珍しい8の字の形状が特徴で、取り付けたジグヘッドがキャストやファイト中に外れてしまうことを防止できます。

ティクト ラクリップ

ティクト(TICT)

ラクリップ ノーマル

形状:ワンタッチ式
強度:-
サイズ:S
個数:7

ティクトのラクリップは、アジング専用のスナップのなかでもフォルムが細く、鉛が小さいジグヘッドやラインアイの細いジグヘッドに適合しやすいです。

オーナー 一手スナップ

オーナー(OWNER)

一手スナップ

385円 (税込・参考価格)

形状:ワンタッチ式
強度:2.9kg
サイズ:SS
個数:7

オーナーの一手スナップは、ワンタッチ式のジグヘッドでは唯一のシームレスアイを採用し、スナップの結び方を覚えたての初心者も、ラインを結びやすい設計です。

最強のスナップの結び方でアジングの釣果をアップしよう!

アジングのスナップとラインの最強の結び方は、釣り糸と仕掛けを、誰でも簡単に結束ができるユニノットで、結束強度は70%と低いですが、アジングで狙うアジの引きには耐えられます。

ジグヘッドを簡単に交換できるワンタッチ式のスナップを使うと、アジの動きや集まるポイントに合わせて、ジグヘッドの重さを素早く調整でき、アジングの釣果アップに繋がります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。