2021年3月29日 更新

スーパーライトジギングロッドおすすめ10選!初めての1本はどう選ぶの?

初めての1本におすすめできるスーパーライトジギングロッド10選です。スーパーライトジギングロッドに求められる基本性能は、軽量なジグの操作性と大物とファイトできるパワーです。さまざまメーカーから発売されている特徴の異なったモデルの中から、よく行く釣り場と自分の釣りスタイルに最適な、基本性能を搭載したロッドを選ぶことが重要です。

666 view お気に入り 0

スーパーライトジギングロッドとは?

 (226709)

スーパーライトジギングロッドとは、ライトジギングよりもさらにライトなタックルを扱うスーパーライトジギングで使用する専用ロッドです。スーパーライトジギングロッドは、非常に細くしなやかで、パワーと粘りがあることが特徴です。

さまざまなメーカーが、小型の魚をターゲットにした最もライトなモデルから、大型の青物に対応できるパワーのあるモデルまで、バリエーションに富んだSLJ専用ロッドを発売しています。

スーパーライトジギングロッドに求められる性能

スーパーライトジギングロッドに求められる性能は、軽量なジグを自在にコントロールできる操作性と、大物の引きに耐えられるバットパワーです。20〜80gの軽いジグの操作性を向上させるために、細くてしなやかなティップを備えていることがSLJロッドには求められます。

SLJロッドはブランクスが細い特徴がありますが、細いだけで非力なロッドは大物とやりとりすることが難しく、細くてもバットパワーが求められます。

スピニングとベイトロッドとの違い

スピニングロッドは、キャストしやすく巻き取りが速いスピニングリールを使用し、浅場で広範囲を探る釣り方に適しています。ベイトロッドは、負荷が掛かっても巻き取りやすく、カウンターやフォールレバー機能が付いたベイトリールを使用できる利点があり、バーチカルに探ったり、ボトムを丹念に探ったりする釣り方に適しています。

スピニングとベイトの特性の違いを知り、自分の釣りスタイルにあったロッドを選びましょう。

スーパーライトジギングロッドの選び方

 (226713)

スーパーライトシギングロッドの選び方で重要なポイントは5つあります。
・ロッドの硬さ
・ロッドの長さ
・ロッドの素材
・ティップの素材
・ガイドリングの素材

スーパーライトジギングロッドの選び方は、モデルによる性能の違いを見定めて、自分の釣り方や狙う対象魚にあわせたロッドを選ぶことが重要です。初心者が初めての1本を選ぶ場合は、さまざまな状況に対応できるオールラウンドなモデルを選ぶことをおすすめします。

ロッドの硬さ

スーパーライトジギングロッドは、ティップからベリーは柔らかくバットは硬く作られたモデルが最適です。ティップが硬すぎると、アタリを弾いたり口切れでバラシたりしやすくなり、バットが柔らかいとパワー不足で魚とのやりとりが難しくなります。

使用するジグのウエイトに適したモデルを基本にして、スローなアクション重視なら柔らかめ、ジグをキビキビ動かしたい場合は少し硬めのモデルを選びます。

ロッドの長さ

スーパーライトジギングロッドの長さは、6ft〜6ft後半が最適です。スーパーライトジギングでは、ジグを自在にコントロールしやすい操作性が求められ、6ft〜6ft後半のロッドがスペースの限られている船上で最も扱いやすい長さになります。

特に初心者は、6ft以下の短いロッドや7ft前後の長いロッドは避けて、扱いやすい6ft〜6ft後半の長さのロッドを初めての1本に選ぶことをおすすめします。

ロッドの素材

スーパーライトジギングロッドは、カーボン素材で作られています。同じカーボン素材のロッドでも、中が空洞のチューブラー構造と、中身が詰まっているソリッド構造があります。

チューブラーロッドは、手先の感度に優れ、魚のバイトやジグの着底を感じ取りやすく、反発力がありキャストも得意です。ソリッド構造のロッドは、しなやかで粘りがあり、スローな誘いと大物とのファイトがしやすい特徴があります。

ティップの素材

 (231502)

スーパーライトジギングロッドのティップは、素材により特徴が異なります。カーボンチューブラーのティップは、手感度に優れ、アタリを積極的に掛けていくスタイルが得意です。

カーボンソリッドのティップは、アタリをしなやかに食い込ませるためバラシが少なく、乗せていくスタイルに向いています。チタン合金のティップは、抜群の手感度と目感度があり、非常にしなやかで強度に優れている特徴があります。

ガイドリングの素材

 (231503)

スーパーライトジギングロッドのガイドリングは、SIC素材トルザイト素材がおすすめです。スーパーライトジギングの釣りの特性上、非常に細いラインを使用するため、ラインが直接触れるガイドリングは、滑りのよさ・傷がつかない硬度・摩擦熱の放熱性を備えた素材であることが求められます。

SICとトルザイトは、ガイドリングに求められる性能を高次元で備え、中級から最上級モデルのロッドに搭載されています。

スーパーライトジギングロッドのおすすめ10選

スーパーライトジギングを始める方へ、初めての1本に選んでほしいロッドを特徴別に解説します。

スーパーライトジギングの流行の波は、全国のさまざまなフィールドに広がりをみせ、狙えるターゲットが多種多様化しています。SLJ専用ロッドも、各メーカーから続々とリリースされ選択肢の幅が広がっていますが、SLJロッドに求められる性能を備えた、コスパに優れるロッドを見定めて選ぶことが重要です。

第10位:メジャークラフト クロステージ CRXJ-S64L/LJ

93 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スーパーライトジギングリールおすすめ10選!ダイワ・シマノの初心者向けリールとは?

スーパーライトジギングリールおすすめ10選!ダイワ・シマノの初心者向けリールとは?

スーパーライトジギングリールおすすめ10選は、ダイワとシマノから発売されているコスパに優れた初心者向きのリールをピックアップしています。スピニングとベイトの特徴を理解し、スーパーライトジギングに適したリールを選ぶことが重要です。初心者はトラブルの少ないスピニングがおすすめで、釣りに行くポイントや対象魚に適したモデルを選びましょう。
スーパーライトジギングのタックルの選び方!SLJの入門者向けにロッド・リールを紹介

スーパーライトジギングのタックルの選び方!SLJの入門者向けにロッド・リールを紹介

スーパーライトジギングのタックルの選び方は、クオリティーが高くコストパフォーマンスに優れたミドルクラスのSLJ専用タックルを選ぶのがおすすめです。軽量なジグの操作性に優れ、不意な大物とファイトできる専用ロッドと、ラインブレイクを避けるために滑らかなドラグ性能を備えたリールを選んで、スーパーライトジギングの魅力を思う存分満喫してください。
パワーフィネスロッド19選!ダイワ・シマノのメーカー別のおすすめロッドとは?

パワーフィネスロッド19選!ダイワ・シマノのメーカー別のおすすめロッドとは?

パワーフィネスロッドはベイトタックルとスピニングタックルの隙間を狙うことができる実用的なアイテムで、スレたバスにアプローチして釣り上げることが可能になります。パワーフィネスロッドはタイプがあり、バーサタイルタイプはおかっぱり向け、エキスパートタイプはボート釣りに向いています。
バス釣りのスピニングリール用ラインとは?太さなどの選び方とおすすめライン9選

バス釣りのスピニングリール用ラインとは?太さなどの選び方とおすすめライン9選

バス釣りのスピニングリール用ラインはフロロカーボン・ナイロン・PEの3種類で、5ポンド前後の太さが定番です。バス釣りの初心者におすすめのスピニングリール用ラインはナイロンで、強度のある6ポンド前後を選びましょう。スピニング用ラインの選び方に悩んでいる方は使い方に合わせて種類と太さを決めてください。
takagi |
竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りポイント5選!おかっぱりからブラックバスを狙おう!

竹沼貯水池のバス釣りは、おかっぱりで釣ることができるエリアが豊富にあり産卵時期を迎える4月から5月が釣果の期待できるハイシーズンとなります。竹沼貯水池のバス釣りのおすすめは、ワンドを狙うことです。ワームやスピナーベイトを使うことで釣果が期待できます。初心者には、足場のよいダムサイドがおすすめです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous