Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 釣果の意味と読み方とは?...
釣果の意味と読み方とは?使い方なども解説【釣り用語】

釣果の意味と読み方とは?使い方なども解説【釣り用語】

釣りの関連サイトや釣りの専門書などを見ていると、よく見かける用語が釣果です。釣りをするうえで知っておきたい用語である釣果の読み方や意味、さらには使い方を解説していきます。これを読めばあなたも釣果を使って、釣り経験者のように話せるようになることでしょう。

2021.12.16 釣り

釣り用語の釣果

Fish Catch Box · Free photo on Pixabay (61799)

釣り情報を検索したり、釣りの専門書を読んでいると、よく釣果という言葉を目にすることはありませんか?釣果は釣りをするにあたって知っておきたい、とても大切な釣り用語です。ですが、いったいどんな意味なんだろう、読み方はなんだろうと疑問に思ったことがある方も多いかもしれません。

ここから釣り用語である釣果について、解説していきます。釣りをしていくうえで知らないと恥ずかしい思いをしてしまうので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。そして、自分自身でもどんどん釣果という言葉を使っていってください。

釣果の読み方は?

釣果の正しい読み方

  •        
  •        
  •        
  •       
    
まずは釣果の正しい読み方は、「ちょうか」です。釣は、訓読みすると「つる」ですが、音読みをすると「ちょう」と読みます。そのため、釣果は「ちょうか」と読むのです。

釣果の間違いやすい読み方

釣は、訓読みをすると「つる」と読みますが、釣果を訓読みで読むと「つるか」や「つりか」と読めます。釣り用語であることから、「つるか」や「つりか」と読んでしまいそうですが、これは間違いです。

このような読み方をしてしまうと、とっても恥ずかしい思いをしてしまうことになりますので、ご注意ください。

釣果の意味は?

読み方がわかったところで、ここからは釣果の意味について解説していきます。意味さえきちんと知っておけば、釣果を自分でもたくさん使うことができますので、しっかりと覚えておきましょう。

釣果とは、魚を釣った成果のことを指します。漢字を見ると、なんとなくこんな意味かなと予測がついていたかもしれません。釣果は、釣ることができた魚の量を示しているので、これからはフィッシング経験者のように、釣果という言葉をどんどん使うようにするとよいでしょう。

釣果の使い方は?

釣り用語である釣果という言葉を使った例文をご紹介していきます。こんな使い方をすれば、あなたもフィッシング経験者と名乗ることでしょう。

釣果の使い方例1.

「今日の私の釣果は、10匹です。」

自分のその日の釣りの成果を伝えたいときに、釣果を使えばなんだかベテランな雰囲気を醸し出すことができます。

「今日の私が釣った魚の数は、10匹です。」
よりもやはり釣果を使った方がより釣りをしている感じがでるのがおわかりいただけるのではないでしょうか。

釣果の使い方例2.

「今日は2人で釣果を競います。」

魚の釣れた数を競うことを釣果を使うとこうなります。
「釣った魚の数を競う」よりもやっぱり釣りの経験者であることが伺える文になります。

ぜひこのような使い方で、どんどん釣果を自分でも使っていきましょう。

釣りをするうえで知っておきたい釣果

釣果は、釣りをするうえで知っておきたい言葉です。読み方や意味、さらには使い方を解説しましたので、これで安心して釣果という言葉を使っていくことができます。

釣りの成果と伝えるよりも、簡単で尚且つ釣り経験者であることが伺える言葉が釣果です。
ぜひ釣果をたくさん使って、釣りをより一層楽しんでいってください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。