Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. マグナムクランクの釣果が...
マグナムクランクの釣果が凄い!おすすめルアー5選でビックバスを狙え

マグナムクランクの釣果が凄い!おすすめルアー5選でビックバスを狙え

マグナムクランクは自重が50グラムを超えることも珍しくない大型のクランクベイト。琵琶湖などで50センチを超えるビッグバスを狙って釣りたい方に近年注目を集めているルアーです。ここではそんなマグナムクランクのおすすめルアーとタックルについて紹介していきます。

2021.12.16 釣り

マグナムクランクの使い方とは?

 (85673)

マグナムクランクはブラックバスを釣るための2オンスクラスの大型のクランクベイトです。バスフィッシング用の通常のクランクベイトに比べると使い方はやや難しいですが、琵琶湖などのメジャーレイクでデカバスを狙って釣りたい方にはぴったりです。マグナムクランクを使う際はまず定番である使い方をしっかりと押さえましょう。

ただ巻きがもっとも定番

マグナムクランクのもっとも定番の使い方はただ巻きです。マグナムクランクはリップが長く3メートル以上のレンジを引いてこれるアイテムも非常に多いです。そのため、ただ巻きのスピードは早すぎるとボトムなどにスタックすることが増えてくるため、ただ巻きでアプローチする際はややスローなリーリングを意識しましょう。

通常のクランクベイトに比べて水押しの力も強いため、スローなただ巻きでもしっかりとバスに対してアプローチすることができます。

ウィードやストラクチャーに当てながら引いてくる

マグナムクランクは震度も深いため、ディープエリアでもしっかりとボトムのストラクチャーやウィードなどにコンタクトさせることができます。ストラクチャーやボトムにコントタクトした際のマグナムクランクのアクションはデカバスの捕食スイッチをいれるための大切な要素の一つで、マグナムクランクを使う方は必ず押さえておきたいポイントの一つです。

特にコンタクトした際に1秒ほどのストップアクションを入れることで、バスに対して食わせの間を与えることができます。

上級者におすすめの浮かせて食わせる

マグナムクランクの使い方の中では上級者向けのテクニック。ボトムのウィードやストラクチャーにマグナムクランクがコンタクトした際のストップを長く取り、マグナムクランクが浮き上がるアクションでバスの口を使わせます。

クランクベイトの使い方の中では非常に珍しいですが、マグナムクランクの使い方としてはバスプロなどを中心に人気を集めています。ただ巻きなどの使い方をしっかりと理解した方は浮かせて食わせるアクションも使ってみましょう。

マグナムクランクおすすめ5選

近年はマグナムクランクも様々なメーカーからリリースされているポピュラーなルアーとなってきています。ここではそんな幅広いバス用ルアーメーカーの中から特に人気の高いマグナムクランクをピックアップしました。はじめてマグナムクランクを購入する方はぜひ参考にしてください。

メガバス グレネード

 (85654)

メーカー メガバス
全長 95mm
自重 約45g
メガバスから販売されているグレネード。全長95ミリ、自重は45グラムを超え、デカバスを仕留めることに焦点を置いたマグナムクランクです。通常のクランクベイトに比べると水押しが強いウォブリングアクションで様々なフィールドのデカバスを引き出します。
【おすすめポイント】
グレネードはマグナムクランクの中でも特に水押しが強いハイアピールなルアーです。そのため天候が曇ったローライトなフィールドや水質が濁ったエリアでもバスに対してしっかりとアピールすることができます。また琵琶湖などのビッグレイクから全国の人気河川まで、様々なフィールドで活躍する点も魅力の一つです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ノリーズ ショットストーミーマグナム

 (85656)

メーカー ノリーズ
全長 102mm
自重 46g
ノリーズから販売されているショットストーミーマグナム。日本の人気メーカーの中ではマグナムクランクの先駆けといっても過言ではないアイテムです。通常のマグナムクランクに比べるとあえてロールやウォブリングアクションを抑えることで、その対応力をアップさせています。
【おすすめポイント】
ショットストーミーマグナムは通常のマグナムクランクに比べて強めのアクションをあえて抑えています。そのためフィールドや魚の活性を選びにくく、デカバスを狙い撃ちできるメリットがあります。特に他のマグナムクランクやビッグベイトなどで反応が乏しいシチュエーションで積極的に使いたいルアーです。

ストライクキング 10XD

 (85658)

メーカー ストライクキング
全長 約100mm
自重 56g
ストライクキングから販売されている10XD。マグナムクランクの中では古くから人気を集めている定番ルアーの一つです。アメリカンルアーらしいオールドなディテールと本場のトーナメントシーンでも活躍する抜群の釣果実績は日本でも多くのバサーに愛されています。
【おすすめポイント】
10XDは50グラムを超える非常に大きなボディでありながら軽快な使用感が魅力の一つ。マグナムクランクの中では遠投性能も高く、投げて巻くだけの非常にシンプルな使い方で釣果をあげることができます。またリップが長く設定されており、7メートル前後のディープエリアまでルアーを送り込むことができるためビッグレイクでのボートゲームなどに積極的に活用したいルアーです。

デプス イヴォーク4.0

 (85660)

メーカー デプス
全長 100mm
自重 56.5g
デプスから販売されているイヴォーク4.0。同じくデプスから販売されているクランクベイトの人気シリーズ、イヴォークの性能をそのままにサイズを大幅に引き上げたマグナムクランクです。通常のクランクベイトでは反応しないデカバスに対しても、ビッグベイトにも負けない抜群のサイズ感でアピールし、バイトを引き出します。
【おすすめポイント】
イヴォーク4.0は絶妙なボディバランスによって生み出させる抜群のカバー回避能力が最大の魅力です。マグナムクランクはストラクチャーやボトムにコンタクトさせながら引いてくる使い方も釣果実績が高いため、根掛かりが少なく、テンポよく釣りが進められるイヴォーク4.0は大きな武器になります。

ラッキークラフト SKTマグナム

 (85662)

メーカー ラッキークラフト
全長 110mm
自重 56g
ラッキークラフトから販売されているSKTマグナム。アメリカの老舗メーカーから販売されている定番ルアーの一つで、近年は琵琶湖などのフィールドを中心に日本でも人気を集めています。マグナムクランクの中では様々なモデルが用意されていることでも知られており、フィールドに合わせて様々な使い分けができる点も魅力です。
【おすすめポイント】
SKTマグナムはここで紹介したマグナムクランクの中でも特にサイズ感が大きく、その圧倒的なアピール力が魅力です。琵琶湖などのビッグレイクで広範囲のデカバスに対してアピールできる点は効率よく釣りを展開していく上でも大きなメリットになります。マグナムクランクの強さを最大限に活かした釣りを展開したい方にはおすすめのルアーです。

マグナムクランクにおすすめのタックル

 (85674)

マグナムクランクは通常のクランクベイトに比べると自重が重いだけでなく、引き抵抗が非常に強いため扱うタックル選びには工夫が必要です。ここではそんなマグナムクランクを扱い際におすすめのタックルを紹介します。

シマノ エクスプライド 172MH-G

 (85664)

全長 2.18m
自重 140g
仕舞寸法 1.85m
ルアーウエイト 10-35g
マグナムクランクを扱う際はやや重めのルアーを快適に扱えるベイトロッドが定番。レングスは取り回しのしやすさを考慮して7フィートクラスを選びましょう。クランキング用ロッドとして販売されているシマノのエクスプライド172MH-Gは低弾性のグラスコンポジットロッドになっており、マグナムクランクの扱いも非常に快適であるためおすすめのアイテムです。

シマノ バンタムMGL

 (85667)

ギア比 5.5
最大ドラグ力 5.0kg
自重 215g
最大巻上長 59cm
通常のルアーに比べるとマグナムクランクは引き抵抗が強いため合わせるリールには高剛性のベイトリールを選びましょう。ギア比は巻物に適したノーマルギアモデルがおすすめ。

ダイワやシマノの大手メーカーからは巻物に特化した専用のベイトリールもリリースされているため、悩んだ方はそちらがおすすめです。バンタムMGLは巻物専用リールの中では比較的価格も安価に抑えられる人気アイテムです。

太めのフロロカーボン

 (85670)

全長 100m
素材 フロロカーボン
最大強力 18.5lb
マグナムクランクは自重の重いルアーであるためラインもやや太めのフロロカーボンラインがおすすめ。一般的には16ポンド前後がおすすめとされていますが、フィールドの地形や水深に合わせてやや太さが前後することもあるため、あくまで目安として考えましょう。
ストラクチャーの少ないフラットなエリアではより扱いやすいナイロンラインが使われることもあります。

マグナムクランクで釣果アップ!

 (85675)

マグナムクランクは通常のクランクベイトとは違う非常に大きなサイズ感のルアー。使いにくい色物ルアーと思われがちですが、ただ巻きやストップなどのシンプルなアプローチでデカバスの実績も高いことから近年人気を集めています。
はじめてマグナムクランクを使いたいと考えている方はこの記事を参考にルアーやタックル選びの参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。