Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. スーパーライトジギング用...
スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギングはSLJと呼ばれ、近年人気な釣り方の1つです。多くの魚種が狙え、大型サイズの釣りを楽しむことができます。ベイトリールを選ぶときはギア比・軽量性・メーカーで選び、自分に合ったリール選びが重要です。スーパーライトジギングはアクションも多く疲労が溜まりやすいため、初心者は軽量で操作性が優れたリールを選ぶようにしてください。

2021.12.16 釣り

Writer

茂手木宗一郎

公式ライター
茂手木宗一郎

スーパーライトジギング用ベイトリールとは?

 (213138)

スーパーライトジギング用ベイトリールとは100g以下のシグを投げるタックルです。多くの魚種が手軽に狙えるスーパーライトジギングは人気な釣り方の1つで、釣り用語でSLJと呼ばれています。初心者でも根魚や真鯛を狙え、青物の大型サイズも狙えることから初めて釣りをする方でもエキサイティングな釣りが楽しめるでしょう。

スーパーライトジギング(SLJ)は機能面も踏まえベイトタックルを選ぶ人が多く、初心者や女性に適した釣り方となります。

スピニングリールとの違い

スピニングリールとの違いはキャストの操作性です。ベイトリールでは狙いたいスポットへピンポイントにキャストしやすい利点があります。自分でキャストを自由にコントロールできることで釣りの幅が広がるでしょう。また、ベイトリールはトルク力が高く大型サイズが釣れたときの巻き上げ力も利点の1つです。

SLJベイトリールは最新のギアシステムも搭載されていて、エキサイティングなSLJに適しているといえるでしょう。

スーパーライトジギングベイトリールの選び方

 (213139)

スーパーライトシギングベイトリールの選び方はギア比・軽量性・メーカー・高剛性の4つです。商品によって見た目の形状だけでなく細かい性能が異なり、釣り方によって適したリールが変わります。初心者はバランスの取れたベイトリールを選ぶとよいでしょう。釣り方が決まっている方は狙う魚のターゲットに合わせ、条件に適したリールを選ぶようにしてください。

ギア比

SLJベイトリールのギア比は6以上のハイギアが最適です。ハイギアは巻き取り量が多い分、手返しよくキャストや操作を行うことができるでしょう。

SLJでは100g以下のジグをテンポよくキャストすることが重要であり、ハイギアもしくはエクストラハイギアの使用が適しています。パワーの強い魚を狙う場合はローギアも視野に入れるようにしてください。

軽量性

SLJベイトリールで軽量とされるのは200g以下です。キャストを繰り返すSLJでは、軽量リールがおすすめで操作性が上がるでしょう。初心者は疲れづらい軽量リールで、リール形状もコンパクトなものが適しています。

ただし、大型の青物をターゲットに入れる場合は機能面が必要になり、ハイテク機能が搭載されている重いリールを選ぶようにしてください。

高剛性

SLJベイトリールでは耐久性の高いHAGANEボディが最適です。塩水の影響を受けない耐久性があり、衝撃を和らげる機能があります。

初心者はアクションや使用方法の不慣れにより、衝撃や負荷をかけやすいでしょう。耐久性の高い素材やシステムを組んでいるリールを選べば安心です。

機能性

 (213140)

SLJベイトリールで必要な機能は、速度表示付きのICカウンターやフォールレバーです。速度表示付きのICカウンターは仕掛けがどの水深にあるかを表示してくれます。フォールレバーはレバーを動かすだけで、自由に仕掛けの水深をコントロールできるでしょう。

鯛を狙う場合は水深の把握が重要であり、速度表示付きのICカウンターがあれば釣果が高まります。青物を狙う場合は水深調整で反応を高めることが重要で、フォールレバーがあれば簡単に調整ができるでしょう。

メーカー

メーカーとは各社からタイプの違うリールが販売されています。メーカーごとに性能の強みが変わり、どこを重視してリールを選ぶかが重要です。使用するロッドとの相性も加味するようにしてください。

初心者は人気の高いシマノ・ダイワ・アブガルシアの3メーカーから選ぶとよいでしょう。大手メーカーは故障時の保証があり安心です。逆に馴染みのないメーカーはリールの不具合が起こりやすく注意が必要でしょう。

スーパーライトジギングベイトリールのおすすめ7選

  •        
  •        
  •        
  •       
    

第7位:紅牙(ダイワ製)

 (213141)

型番 IC-100PRM
重量 210g
ギア比 4.9
メーカー ダイワ
軽量性 ★★★☆☆
高剛性 ★★★☆☆
機能性 ★★★★★
ダイワからリリースされている高性能なベイトリールです。紅牙は魚の動きに合わせたドラグ機能が優れていることで、大型サイズの魚との駆け引きをスムーズにする能力を持っています。特にドラグの滑り出しがよく、魚に適度な不可だけをかけつつ巻き上げることができるでしょう。

また、高機能装備で速度表示機能付きICカウンターが搭載されることで、初心者でもテクノロジーを使用した能力を発揮できるのも魅力の1つです。

第6位:グラップラー(シマノ製)

 (213142)

型番 BB-200HG
重量 185g
ギア比 7.2
メーカー シマノ
軽量性 ★★★★★
高剛性 ★★★★★
機能性 ★★★☆☆
シマノからリリースされている高剛性と軽量性を兼ね備えたベイトリールです。グラップラーBBは陸からの釣りだけでなく船釣りも対応可能で、幅広い層に好まれています。高剛性軽量カーボン素材CI4を採用し、頑丈で軽量の二面性が特徴です。

自重は185gと軽く一日を通した長い時間の釣りに負担が少ないでしょう。特に初心者には扱いやすい重さとハイギアによる操作性で入門モデルに適しています。

第5位:ソルティステージ コンセプトフリー(アブガルシア製)

 (208726)

型番 コンセプトフリー
重量 220g
ギア比 6.4
メーカー アブガルシア
軽量性 ★★★☆☆
高剛性 ★★★☆☆
機能性 ★★★★☆
アブガルシアからリリースされている多様性に優れたベイトリールです。ソルティステージコンセプトフリーは魚種や場所の状況に合わせて、その都度仕様を変化することができます。付属でシャロースプールが1つ付いていて、状況に合わせてラインの変更ができるのが特徴です。

また、ハンドルが2種類付くことでライトジギングだけでなくタイラバやタチウオなど狙いたい魚に合わせてカスタマイズできるのも魅力でしょう。

第4位:炎月(シマノ製)

 (213143)

型番 CT-150HG
重量 250g
ギア比 7.8
メーカー シマノ
軽量性 ★★☆☆☆
高剛性 ★★★★☆
機能性 ★★★★★
シマノからリリースされているフォール調整に優れたベイトリールです。初心者でもフォールスピードが調整できる機能をもつ炎月は他にはない大きな利点といえます。SLJではフォールによる食わせが重要で、フォール調整を細かくできる炎月は釣果UPに繋がるリールでしょう。

ギア比もハイギアが組み込まれ、上位機種である炎月プレミアムと同スペックを誇ります。コスパに評判があり、中級者以上も愛用している人が多いです。

第3位:ベイゲーム(シマノ製)

 (213144)

型番 150-DH
重量 220g
ギア比 6.9
メーカー シマノ
軽量性 ★★★☆☆
高剛性 ★★★★☆
機能性 ★★★★☆
シマノからリリースされているバランス重視のベイトリールです。HAGANEボディを搭載しメタリックな外観で、マイクロモジュールギアの軽やかな巻き心地を実現しています。シマノで主流になっているマイクロモジュールギアが搭載されるリールは高価なモデルが多いですが、ベイゲームはエントリー向けの値段設定といえます。

また、大型サイズに対応できるパワーを持ちバランスの取れたベイトリールといえるでしょう。

第2位:バルケッタ(シマノ製)

 (213145)

型番 150-DH
重量 225g
ギア比 6.9
メーカー シマノ
軽量性 ★★★★☆
高剛性 ★★★★★
機能性 ★★★★★
シマノからリリースされているフールレバー付き最軽量モデルのベイトリールです。SLJで重要となるフォール操作がしやすいようにフォールレバーが付いています。操作性が高く、初心者でもフォールによる食わせを狙うことができるでしょう。

HAGANEボディやXプロテクトが搭載され、上位機種と同じスペックが装備されています。最初から機能面を重視する方に最適で、高パフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

第1位:オシアコンクエスト(シマノ製)

 (213146)

型番 200-HG
重量 285g
ギア比 6.2
メーカー シマノ
軽量性 ★★☆☆☆
高剛性 ★★★★★
機能性 ★★★★★
シマノからリリースされている最高峰のテクノロジーが搭載されているベイトリールです。マイクロモジュールギアが搭載された滑らかな巻き心地で、リーリングによる疲労を軽減してくれます。また、HAGANEボディ・高耐久クラッチ・ドライブギアの細部パーツまで強固されていて、大型サイズに負けない強さとパワーでしょう。

最高峰のシステムで、最初からハイテクなベイトリールを体験したい方におすすめです。

スーパーライトジギングのベイトリールの疑問

初心者に鉄板のおすすめベイトリール

 (213147)

初心者に鉄板なSLJのベイトリールは200g以下の軽量フォールレバーが付いたリールです。100g以下のジグを投げたりアクションしたりする行為は疲労が溜まりやすく、少しでも軽量なリールがよいでしょう。また、フォールで食わせる感覚が重要で、フォールレバーにより水深を調整しやすいリールが最適です。

2018年以降では安価なリールでも性能が格段に上がっていて、コスパ重視で選ぶのも初心者には問題ありません。

スーパーライトジギングロッドの選び方

SLJロッドの選び方は、使われている素材・ロッドの長さ・ロッドの硬さの3つです。初心者に適した素材は扱いやすいカーボンロッドがおすすめで、投げやすさ・操作性が入門向けでしょう。

ロッドの長さは6ft〜7ft前後を選び、繊細なアクションがしやすい長さが適切です。ロッドの硬さはM〜MLが初心者には向いていて、多用なジグを扱うことができます。重いジグを投げたい方はHクラスの硬さを選んでください。

ベイトリール用ラインの選び方

SLJベイトリールに巻くライン素材はPEラインです。SLJではジグを使用する機会が多く、操作性と飛距離が重要になります。PEラインは細い素材で作られていて、飛距離を遠くに出すには適しているでしょう。また、伸びにくく強い素材でありジグの操作性に適しています。

PEラインの太さは0.8〜1号を選び、リーダーは20lb以上を選ぶとよいでしょう。

ベイトリールのハンドルの向き

ベイトリールのハンドル向きは、右巻きと左巻きの2種類があります。各メーカーから販売されているリールは、利き手でリールハンドルを回すように構造が組まれています。利き手で操作すれば、スムーズな回転やリール操作が可能になるでしょう。

購入時はハンドル向きをチェックし、右利きのは右巻き・左利きは左巻きのリールを選ぶようにしてください。

ベイトリールのおすすめのブレーキシステム

最適なブレーキシステムはデジタルコントロールシステムです。シマノ独自のシステムで、自動でスプールの回転速度を読み取り、回転に合わせて適切なブレーキが掛かるように設定されています。簡単なダイヤル操作でブレーキ力を好みの強さに変更できるのも特徴です。

自動プログラムにより、バッククラッシュを回避しつつベイトリールを扱えるのが魅力でしょう。また、メンテナンスも手軽で利便性も高いです。

スーパーライトジギングのベイトリールを正しく選ぼう!

 (213148)

人気上昇中のSLJは、初心者でも多種多様な魚を狙うことできます。また、大型サイズも狙うことができ、エキサイティングな釣りが楽しめるでしょう。

SLJではアクションやフォールが大切になり、機能性や操作性に優れたベイトリール選びが重要です。ギア比・軽量性・メーカーでお好みのタイプを選び、自分に合ったベイトリールを使用しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。