2021年2月11日 更新

スーパーライトジギング用おすすめベイトリール7選!初心者に選び方を解説!

スーパーライトジギングはSLJと呼ばれ、近年人気な釣り方の1つです。多くの魚種が狙え、大型サイズの釣りを楽しむことができます。ベイトリールを選ぶときはギア比・軽量性・メーカーで選び、自分に合ったリール選びが重要です。スーパーライトジギングはアクションも多く疲労が溜まりやすいため、初心者は軽量で操作性が優れたリールを選ぶようにしてください。

2,355 view お気に入り 0

スーパーライトジギング用ベイトリールとは?

 (213138)

スーパーライトジギング用ベイトリールとは100g以下のシグを投げるタックルです。多くの魚種が手軽に狙えるスーパーライトジギングは人気な釣り方の1つで、釣り用語でSLJと呼ばれています。初心者でも根魚や真鯛を狙え、青物の大型サイズも狙えることから初めて釣りをする方でもエキサイティングな釣りが楽しめるでしょう。

スーパーライトジギング(SLJ)は機能面も踏まえベイトタックルを選ぶ人が多く、初心者や女性に適した釣り方となります。

スピニングリールとの違い

スピニングリールとの違いはキャストの操作性です。ベイトリールでは狙いたいスポットへピンポイントにキャストしやすい利点があります。自分でキャストを自由にコントロールできることで釣りの幅が広がるでしょう。また、ベイトリールはトルク力が高く大型サイズが釣れたときの巻き上げ力も利点の1つです。

SLJベイトリールは最新のギアシステムも搭載されていて、エキサイティングなSLJに適しているといえるでしょう。

スーパーライトジギングベイトリールの選び方

 (213139)

スーパーライトシギングベイトリールの選び方はギア比・軽量性・メーカー・高剛性の4つです。商品によって見た目の形状だけでなく細かい性能が異なり、釣り方によって適したリールが変わります。初心者はバランスの取れたベイトリールを選ぶとよいでしょう。釣り方が決まっている方は狙う魚のターゲットに合わせ、条件に適したリールを選ぶようにしてください。

ギア比

SLJベイトリールのギア比は6以上のハイギアが最適です。ハイギアは巻き取り量が多い分、手返しよくキャストや操作を行うことができるでしょう。

SLJでは100g以下のジグをテンポよくキャストすることが重要であり、ハイギアもしくはエクストラハイギアの使用が適しています。パワーの強い魚を狙う場合はローギアも視野に入れるようにしてください。

軽量性

SLJベイトリールで軽量とされるのは200g以下です。キャストを繰り返すSLJでは、軽量リールがおすすめで操作性が上がるでしょう。初心者は疲れづらい軽量リールで、リール形状もコンパクトなものが適しています。

ただし、大型の青物をターゲットに入れる場合は機能面が必要になり、ハイテク機能が搭載されている重いリールを選ぶようにしてください。

高剛性

SLJベイトリールでは耐久性の高いHAGANEボディが最適です。塩水の影響を受けない耐久性があり、衝撃を和らげる機能があります。

初心者はアクションや使用方法の不慣れにより、衝撃や負荷をかけやすいでしょう。耐久性の高い素材やシステムを組んでいるリールを選べば安心です。

機能性

 (213140)

SLJベイトリールで必要な機能は、速度表示付きのICカウンターやフォールレバーです。速度表示付きのICカウンターは仕掛けがどの水深にあるかを表示してくれます。フォールレバーはレバーを動かすだけで、自由に仕掛けの水深をコントロールできるでしょう。

鯛を狙う場合は水深の把握が重要であり、速度表示付きのICカウンターがあれば釣果が高まります。青物を狙う場合は水深調整で反応を高めることが重要で、フォールレバーがあれば簡単に調整ができるでしょう。

メーカー

メーカーとは各社からタイプの違うリールが販売されています。メーカーごとに性能の強みが変わり、どこを重視してリールを選ぶかが重要です。使用するロッドとの相性も加味するようにしてください。

初心者は人気の高いシマノ・ダイワ・アブガルシアの3メーカーから選ぶとよいでしょう。大手メーカーは故障時の保証があり安心です。逆に馴染みのないメーカーはリールの不具合が起こりやすく注意が必要でしょう。

スーパーライトジギングベイトリールのおすすめ7選

第7位:紅牙(ダイワ製)

 (213141)

型番 IC-100PRM
重量 210g
ギア比 4.9
メーカー ダイワ
軽量性 ★★★☆☆
高剛性 ★★★☆☆
機能性 ★★★★★
ダイワからリリースされている高性能なベイトリールです。紅牙は魚の動きに合わせたドラグ機能が優れていることで、大型サイズの魚との駆け引きをスムーズにする能力を持っています。特にドラグの滑り出しがよく、魚に適度な不可だけをかけつつ巻き上げることができるでしょう。

また、高機能装備で速度表示機能付きICカウンターが搭載されることで、初心者でもテクノロジーを使用した能力を発揮できるのも魅力の1つです。
70 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズの意味とは?坊主と言われる由来を簡単に解説!

釣り用語のボウズとは魚が釣れないことです。通常は狙っている魚が釣れない場合にボウズと呼ばれ、1匹も釣れない場合は丸坊主とも呼ばれます。ボウズの由来には3つの諸説があり、比喩から生まれた言葉です。釣りにボウズは付きものですが、実績の高い釣り場選びや臨機応変な釣り方をすることで避けることができるでしょう。
9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月に釣れる魚11選!今のシーズンに海や堤防で狙える魚を紹介

9月は堤防で大物の魚が釣れるシーズンです。小型の青物の群れが沿岸を回遊し、小魚の群れを追いフィッシュイーターたちも接岸する季節で、岸からでも大物が釣りやすい魚釣りのベストシーズンといえます。9月の釣りの特徴はルアーや簡単な仕掛けで多種多様な魚が釣れる季節です。
大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法とは?潮の満ち引きを理解しよう

大潮の釣りで釣果をあげる攻略法は、大潮の干潮と満潮を知り大潮の釣りのポイントをおさえることです。大潮の日は、潮の流れが速くなるため魚の動きが活発になります。大潮ならではの釣り方をすれば、釣果を上げることが可能です。大潮の釣りに行くときには、攻略法をぜひ参考にしてください。
長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮とは?長潮のときに釣りで釣果をあげるにはベイトの多いポイント選びが大事!

長潮は潮の満ち引きが少なく、釣果があがりにくい潮回りです。長潮の攻略法はベイトの多いポイント選びで、防波堤の先端、ブレイク、常夜灯、ストラクチャーといった1級ポイントを丁寧に攻めましょう。長潮でよく釣れる魚はアオリイカやヒラメで、潮回りに合わせてターゲットを選ぶことも釣果アップに繋がります。
12月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは狙う場所を絞ること?

12月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントは狙う場所を絞ること?

12月のバス釣りを攻略するためには、狙う場所を絞ることです。秋から冬へ移行していく12月のバスは水温の安定した深場を目指します。また、同時に活性も落ちていき動きが鈍くなるのが特徴です。体力のあるバスは時間帯によってシャローエリアに入る個体も存在します。バスが居着くであろう場所を絞り、丁寧に探ることが釣果アップのコツです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

茂手木宗一郎 茂手木宗一郎