Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 多々良沼のバス釣りポイン...
多々良沼のバス釣りポイント情報まとめ!初めて行く人にゼロから攻略法を解説

多々良沼のバス釣りポイント情報まとめ!初めて行く人にゼロから攻略法を解説

多々良沼は群馬県にあるバス釣りのポイント。オカッパリからもボートからも手軽にバス釣りが楽しめることから人気を集めています。近年は人的プレッシャーが高めですが、良型のデカバスの釣果も毎年上がっています。ここではそんな多々良沼のバス釣りポイントをマップや攻略法と一緒に徹底解説します。

2021.12.16 釣り

多々良沼の釣り事情

多々良沼の釣り事情とは? (107255)

多々良沼は群馬県にある農業用の沼。周辺では公園などのレジャースポットや野鳥の観察なども楽しめるため観光スポットとしても人気を集めています。

釣りではブラックバスの釣果実績のある釣り場としても知られており、40センチを超える良型を釣ることができます。オカッパリからはもちろん、ボートでの釣りも盛んです。

トッププロがメディア取材で取り上げることも多く、近年は人的プレッシャーも高いです。

多々良沼のバス釣りの時期・シーズン

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ブラックバス
多々良沼はブラックバスのシーズナルパターンがハマりやすい釣り場です。基本的には4月〜10月までがおすすめのシーズンですが、農業用の沼であるため減水の影響で釣りができないこともあります。

料金

料金 1人500円(桟橋800円)
ボート料金 1人2000円(遊魚料込)
多々良沼では遊魚料がかかります。他の釣り場に比べると価格が安めであるため、バス釣りの初心者や学生にも利用しやすい点が魅力です。

アクセス

  •        
  •        
  •        
  •       
    
新宿駅から東北自動車道経由で約2時間。都内からもアクセスしやすいため、週末の遠征などにもおすすめの釣り場です。

駐車場

レンタルボートを利用できる日向漁協の駐車場を利用しましょう。ボートへの道具の持ち込みもしやすくおすすめです。

トイレ

日向漁協ではトイレも利用できるため、そちらがおすすめです。コンビニはブンイレブン館林多々良沼店が徒歩10分ほどの場所にあります。

多々良沼のバス釣りポイント①桟橋

多々良沼では貴重なオカッパリの1級ポイント。ボートでの釣りができないため、バスの魚影が濃いエリアです。足元の杭などのストラクチャーに対してバスがタイトについているため、カバー撃ちでの釣果実績が高い釣り場です。
桟橋の攻略法
ストラクチャーなどのカバー撃ちをする時は食わせ力の高い軽めのルアーチョイスがおすすめ。スモラバやネコリグなどのフィネスなルアーを中心に釣りを展開しましょう。ロッドのパワーが心配な方はベイトフィネスなどもおすすめです。

多々良沼のバス釣りポイント②北岸

桟橋に隣接したオカッパリポイント。地形変化に乏しく初心者にはやや難しい地形です。水路からの流入があるため、ベイトフィッシュなどの小魚が溜まりやすく、フィーディングのために回遊する大型のバスを狙える釣り場です。
北岸の攻略法
ボトムの地形変化やストラクチャーなどが乏しいため、ワームなどの打ち物には不向きです。クランクベイトやバイブレーションなどの巻物を軸にテンポ良く探っていくことが釣果アップのポイントです。

朝まずめや夕まずめなどのバスが積極的にベイトを捕食する時間帯にエントリーすることも大切です。

多々良沼のバス釣りポイント③ヘラ台

多々良沼のポイントの中ではもっとも実績のある人気ポイント。バスの魚影が濃いことはもちろん大型の実績も高く、ボート釣りにもおすすめです。エントリーする人が多く人的プレッシャーも高いため、簡単に釣果をあげることはできませんが、大型狙いにはぴったりの釣り場です。
ヘラ台の攻略法
春に産卵を控えたデカバスが付きやすいため、ストラクチャーやブレイクにタイトにアプローチできるルアーを選びましょう。バスがスレやすいため、スモラバやテキサスリグなどで丁寧に探ることが釣果アップのポイントです。

多々良沼のバス釣りポイント④東桟橋

沖目のストラクチャーにバスが付きやすい好ポイント。オカッパリからも釣りができますが、1級ポイントには遠投でアプローチする必要があるため、やや上級者向けの釣り場です。

桟橋や北岸などの複数のオカッパリポイントやボート乗り場などが隣接しているため、人的プレッシャーはやや高めです。
東桟橋の攻略法
遠投力が必要であるためバイブレーションなどの自重のあるルアーを中心に釣りを組み立てましょう。タックルには7フィート前後のベイトタックルがおすすめです。

多々良沼のブラックバスが釣れる仕掛け

多々良沼は近年人的プレッシャーが高く、簡単にバスの釣果をあげるのがボートでも難しくなってきています。ここではそんな多々良沼を攻略するためのおすすめのタックルを紹介します。

タックル

オカッパリ、ボート共通してスピニングとベイトの2種類のタックルを用意しましょう。

スピニングタックル:6フィートのUL〜Lクラスのスピニングタックル
ベイトタックル:7フィート前半のMHクラスのベイトタックル


スピニングはライトリグ用、ベイトタックルは巻物から打ち物を扱えるバーサタイル用というイメージで使い分けしましょう。

おすすめのルアー

多々良沼は水質がやや濁り気味であるため、アピール力のあるカラーがおすすめです。

スピニングタックル:スモラバ、ネコリグ、ノーシンカー、テキサスリグ
ベイトタックル:バイブレーション、クランクベイト、ミノー、スイムベイト

ライトリグに合わせるワームは定番のストレートワームや甲殻系などの食わせ力を意識したアイテムが定番です。

多々良沼でバス釣りを楽しもう!

多々良沼はボートからオカッパリまで様々な釣り方でバス釣りを楽しめる釣り場です。近年はやや人的プレッシャーが高くなっていますが、釣り場、タックル、ルアーなどを選べば攻略することも夢ではありません。初めて多々良沼に訪れる方は攻略法を参考にバス釣りを楽しみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。