Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. 4月のバス釣りを攻略しよ...
4月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントはシャローエリア?

4月のバス釣りを攻略しよう!釣果あげるポイントはシャローエリア?

4月のバス釣りを攻略するためにはプリスポーンのバスが溜まりやすいシャローエリアに合わせたアプローチが大切です。特にカバーやストラクチャーに対してタイトに攻められるラバージグ、クランクベイト、スピナーベイトなどのルアーがおすすめです。4月のバス釣りにおすすめのルアーや攻略法を徹底解説していきます。

2021.12.16 釣り

4月のバス釣りの攻略法とは?

 (90896)

4月のバス釣りは、水温が上がりはじめ、多くのバスが産卵を意識したプリスポーンと呼ばれる状態になります。プリスポーンのブラックバスは、産卵に向かって餌を荒食いするためにシャローエリアのカバーやストラクチャーにつきます。

また一部では産卵中のミッドスポーンと呼ばれるバスも混在するようになり、こちらもシャローエリアで産卵行動をとります。そのためディープエリアでの釣りはできるだけ避けシャローエリアを意識した釣りを展開しましょう。
ネストでの釣りは避ける
ミッドスポーンに入ったバスは、シャローエリアにネストを作り産卵行動をとります。ネストにいるバスは体力が低下しているため、極力ルアーで狙わないようにしましょう。4月のバス釣りは、シャローエリアの中でもプリスポーンのバスを狙って釣りを展開することが大切なマナーの1つです。

4月のバス釣りにおすすめのポイントとは?

 (90897)

4月のバス釣りではシャローエリアのカバーやストラクチャーが鍵を握ります。シャローのおすすめポイントを簡単に解説しますので、釣り場のどのポイントにアプローチすれば良いか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

ブレイク

釣り場でもっともわかりやすいストラクチャーの1つ。カケアガリとも呼ばれ、水深が急激に変化するエリアなどにも多く見受けられるポイントです。通年を通してバスやベイトフィッシュが溜まりやすいエリアですが、4月のバス釣りでは特に実績が高いです。

立木

  •        
  •        
  •        
  •       
    
シャローエリアを好む傾向にある4月のバス釣りにおすすめのカバー。目視でもわかりやすいポイントであるため、カバー打ちの初心者の方にもぴったりです。根掛かりのリスクなども少ないため、タイトに攻めやすい点も魅力です。

4月のバス釣りにおすすめのルアー

4月のバス釣りを攻略するにはシャローエリアのカバーやストラクチャーにタイトにアプローチできるルアー選びが大切です。
この記事では、さまざまなルアーから4月のバス釣りにぴったりのアイテムを紹介していきます。春のバス釣りに戸惑っている方はぜひ参考にしてください。

ラバージグ

m-2186.215 on Instagram: “今日購入したものをセット!見てるだけで釣れそうな気分になりました(^^;)#釣りたい #釣り行きたい #釣り好き #釣り #釣りスタグラム #釣り好きな人と繋がりたい #バスフィッシング #バス釣り好きな人と繋がりたい #バス釣り #北九州バス釣り #blackbass…” (90906)

バス釣りのカバー打ちの代名詞とも言える定番ラバージグ。ラバー付きのジグヘッドにトレーラーワームを取り付けカバーやストラクチャーに対してタイトにアプローチします。

4月のブラックバスは小魚だけでなく、エビやザリガニなどの甲殻類も捕食するためトレーラーワームには甲殻類をイミテートしたワームがおすすめです。
エバーグリーン キッカーバグ

エバーグリーン キッカーバグ

メーカー エバーグリーン
サイズ 4.5インチ
エバーグリーンの甲殻系ワームは、ボリュームのあるフラッピンシザースを筆頭とした豊富なパーツはカバーの中でも抜群のアピール力を発揮します。ラバージグのトレーラーとしても人気が高く、荒食いをしているプリスポーンのデカバスに対して圧倒的な釣果実績を誇るまさにキッカーハンターのワームです。

クランクベイト

Toshinari Namiki (並木敏成) on Instagram: “Great  stop & go cranking baits = TINY BLITZ series  七色ダムへの運転中の並木に変わり、ホンケンが代筆します✌️ 先日、写真であげたOSPのクランクベイトの内部構造のオリジナルアイディアへの回答ありがとうございました。…” (90907)

クランクベイトは、春の釣りの代名詞とも言える定番アイテムです。クランクベイトには様々なタイプがありますが、4月にはシャローでの釣りに特化したシャロークランクがおすすめとなります。

バス釣りでの選び方は、ストラクチャーやカバーの回避性能が高くタイトにアプローチできること。広範囲を素早く探ることができるためテンポよく釣りを組み立てられる点も魅力です。
OSP タイニーブリッツ

OSP タイニーブリッツ

メーカー OSP
全長 46mm
自重 6.5g
OSPから販売されているクランクベイト。シャロークランクを代表する人気アイテムの1つで、様々なシチュエーションに活躍するアイテムです。

ストラクチャーの回避性能が高く小バスの数釣りも楽しめるため4月のシャローエリアを効率良く攻めるにはぴったりのアイテムです。ベイトでもスピニングでも扱えるため1タックルしかない初心者にもおすすめです。

スピナーベイト

TOMO's on Instagram: “明日の準備。 スピナーベイト縛りwww 自慢じゃないが生まれてこの方、スピナべでバス釣ったの1回だけw 取り敢えず、3/8ozと1/2ozの2ウェイトを用意! 果たして釣れるのか? てか、何方かオカッパリ時のいい収納法教えてください🙇‍♂️ #スピナーベイト…” (90911)

バス釣りの巻物の中ではもっともポピュラーなスピナーベイト。アピール力が高く広範囲を素早く探ることができますが、根掛かりなどの回避性能が低くく、やや避けられがちです。

しかしシャローエリアの表層直下というポイントに絞れば根掛かりのリスクも少なく、アピール力の高いアプローチができます。近年はシャロー向きのスピナーベイトも増えてきており、4月の釣りにも非常に扱いやすいルアーです。
ノリーズ クリスタルS

ノリーズ クリスタルS

メーカー ノリーズ
自重 10.5g
ノリーズから販売されているスピナーベイト。シャローエリアを広範囲に探ることができるスピナーベイトの大人気モデルです。ベイトフィッシュをイミテートした豊富なカラーラインナップが用意されており、安定したアクションで春のバスにアプローチします。はじめて巻物に挑戦する方にも扱いやすい王道ルアーです。

シャローエリアの攻略が4月のバス釣りの鍵を握る!

4月のバス釣りを攻略するためにはプリスポーンのバスが溜まりやすいシャローエリアを狙った釣りがおすすめです。ストラクチャーやカバーに対してバスがタイトにつきやすいため、それらに対してしっかりとアプローチできるルアーセレクトも鍵を握ります。

クランクベイトやスピナーベイトは初心者でも扱いやすいため、4月の釣りにはじめて挑戦する方にはぴったりのアイテムです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。