Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 釣り
  4. >
  5. はじめて小樽で釣りする人...
はじめて小樽で釣りする人が知りたい!釣り場&スポット情報まとめ

はじめて小樽で釣りする人が知りたい!釣り場&スポット情報まとめ

小樽は札幌から車で約1時間程の距離にある港町です。観光地としても人気のスポットですが、さまざまな魚が狙える釣り場としても人気を集めており、連日多くの釣り人が訪れます。ここではそんな小樽のおすすめの釣り場をまとめました。はじめて小樽での釣りに挑戦する方はぜひ参考にしてください。

2021.12.16 釣り

小樽の釣りスポット①南防波堤

小樽の中ではもっとも豊富な魚種が狙える南防波堤。連日多くの釣り人が訪れる小樽の釣り場の中では大人気のスポットです。沖まで張り出した長い防波堤は小物の数釣りはもちろんルアーフィッシングで大型の魚も狙えることから、初心者から上級者まで多くの釣り人に愛されています。

南防波堤で釣れる魚

南防波堤は小樽の釣り場の中でもっとも多くの魚種が狙えるポイントです。北海道では投げ釣りなどの人気ターゲットとして知られるカレイなどの平物。アイナメ、クロソイ、カジカなどのロックフィッシュ。

北海道のソルトルアーゲームの中では特に人気の高いヒラメやサクラマスなどの釣果も聞かれます。シーズンによってはマメイカやホッケなどの数釣りも楽しめるため釣果情報などはマメにチェックしておくことがおすすめです。

南防波堤のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ヒラメ
ホッケ
アイナメ
クロソイ
サクラマス
南防波堤でもっとも人気の魚種といっても過言ではないカレイは気温が上がりはじめる4〜6月に最盛期を迎えます。この時期はクロソイやアイナメなどのロックフィッシュはもちろん、ホッケの群れなどが入ることもあるため1年でもっとも多くの釣り人が訪れます。

特に5月はサクラマスの釣果もあがるため週末になれば釣り場がなくなるような状況も珍しくありません。防波堤の先端は潮の流れも速いためロックフィッシュであれば真夏でも釣果があがります。

小樽の釣りスポット②北防波堤・厩町岸壁

南防波堤に比べると狙える魚種に限りがあるものの、こちらも人気ポイントの北防波堤。防波堤の基部は厩町岸壁とも呼ばれ、サビキ釣りなどのファミリーフィッシングを楽しむことができます。防波堤の左側にはテトラポットが設置されているため投げ釣りなどを楽しむ方には右側がメインとなります。

北防波堤・厩町岸壁で釣れる魚

北防波堤では南防波堤と同じくカレイ類の釣果実績が高いです。またテトラポットが隣接していることから、ロックフィッシュの魚影も濃くソイやアイナメなどの釣果実績があります。厩町岸壁ではサビキの人気ターゲットであるチカやイワシはもちろん、群れが入ってるシーズンはマメイカを狙うこともできます。南防波堤に比べると実績は少ないもののヒラメなどの釣果も上がるためルアーアングラーも要チェックの釣り場です。

北防波堤・厩町岸壁のシーズン・時期

  •        
  •        
  •        
  •       
    
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ホッケ
アイナメ
ソイ
イワシ
チカ
マメイカ
もっとも多くの魚種が狙える4〜6月はカレイなどの平物をメインに、投げ釣りでロックフィッシュやホッケなども狙うこともできます。イワシは7.8月ごろがもっとも人気で、マメイカやチカは群れが回遊する10.11月がおすすめです。通年でなにかしらの魚種が釣れるため、ちょい投げセットを使った五目釣りにもおすすめの釣り場です。

小樽の釣りスポット③祝津漁港

小樽港の釣り場の中では比較的小規模な祝津漁港。回遊魚を狙うにはあまり適さないポイントですが、釣り人の数が比較的少なめであるためゆっくりと釣りを楽しみたい方におすすめの釣り場です。外海側のテトラ帯は釣果実績のあるポイントですが、足場が高めであるため基本的には内海側をメインに釣りを楽しみましょう。

祝津漁港で釣れる魚

祝津漁港は地形変化に富んでいる釣り場であるため、クロソイ、アイナメ、ガヤなどのロックフィッシュが定番のターゲットの一つです。潮通しの良い先端では投げ釣りでカレイなどの釣果実績もあり、空いてる時はまず先に竿を出したいポイントです。

シーズンによってはマメイカなどの釣果情報もあり、人気のスポットが先行者で埋まっている時には意外な穴場になるかもしれません。

祝津漁港のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ホッケ
アイナメ
ソイ
ガヤ
マメイカ
祝津漁港ではサイズにこだわらなければクロソイやガヤをほぼ1年中狙うことができます。アイナメは春と秋のハイシーズンに限られてしまい良型を狙うのは他の釣り場に比べるとやや難しい印象です。

4〜6月の春シーズンはカレイはもちろん先端ではホッケの釣果も期待できます。マメイカはシーズンによって岸寄りする時期が異なるため、小樽市内の釣り具店などで釣果情報を確認するのがおすすめです。

小樽の釣りスポット④高島漁港

祝津漁港と同じく比較的小規模な高島漁港。こちらも回遊魚を狙うにはおすすめできませんが、投げ釣りやサビキ釣りなどのファミリー向けの釣りが盛んであるため手軽に釣りを楽しみたい方にはぴったりの釣り場です。防波堤と違い車から降りてすぐに釣りが楽しめるためはじめて釣りに挑戦する方にもおすすめの釣り場です。

高島漁港で釣れる魚

高島漁港ではカレイ、ホッケなどの春の人気魚種を中心にサビキではチカやイワシを狙うこともできます。またロックフィッシュの隠れた名ポイントとして知られており、ハイシーズンには大型のクロソイやアブラコの釣果もあがり、カジカを狙って釣れる数少ないポイントでもあります。

シーズンによっては夜釣りでマメイカを狙うこともできるため、漁港の規模に比べると非常に狙える魚種が豊富な点も特徴の一つです。

高島漁港のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ホッケ
アイナメ
クロソイ
カジカ
チカ
イワシ
マメイカ
4〜6月までのハイシーズンはカレイやホッケの釣果があがるため、釣り人がもっとも多いシーズンです。この時期はアイナメを狙うこともできますが、釣り人の数が多いため良型を狙うには10月以降の秋シーズンがおすすめです。

この時期は大型のカジカが岸寄りする時期でもあるため、アイナメを狙っていてカジカが釣れることも珍しくありません。サビキではチカは10月・11月、イワシは7月・8月がおすすめです。回遊が期待できるシーズンはマメイカを10月、11月に釣ることもできます。

小樽の釣りスポット⑤港町埠頭

小樽港には様々な埠頭がありますが、その中でも人気のスポットを紹介します。港町埠頭はサビキ釣りで人気の釣り場として知られており、サビキで狙える魚種が非常に豊富なポイントです。近くに24時間営業のコンビニもあるため家族連れはもちろん、女性と一緒に釣りをするのにもぴったりの釣り場です。

港町埠頭で釣れる魚

港町埠頭ではチカ、イワシ、サバなど、シーズンによって様々なサビキ釣りが楽しめます。またこれらの小魚を捕食するために大型のアイナメやクロソイが岸寄りすることでも知られており、40センチを超える大型が釣れることも珍しくありません。

狙える魚種には限りがあるものの、他の釣り場に比べると釣り人の数も少ないため、思わぬ釣果があがることもあります。

港町埠頭のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アイナメ
クロソイ
チカ
イワシ
サバ
サビキで狙うことができる魚はチカは10.11月。イワシやサバなどは7.8月の夏シーズンがおすすめ。アイナメは5〜7月までの春シーズンと9〜11月までの秋シーズンに良型が狙うことができます。クロソイは真夏を除く通年で狙うことができますが、良型を狙いたい方は5月前後の春シーズンがおすすめです。

小樽の釣りスポット⑥勝納埠頭

小樽港の埠頭の中では比較的穴場の勝納埠頭。投げ釣りからサビキ、ロックフィッシュまで、様々な釣りを楽しめますが、埠頭内の中では釣り人が少なくのんびり一人で釣りを楽しみたい方におすすめです。釣りをするエリアがやや少なめであるため、家族連れやグループでの釣りには不向きなので注意しましょう。

勝納埠頭で釣れる魚

サビキでは定番のチカ、イワシ、サバなどの魚種はもちろん、カレイやホッケなどの春の小樽港で人気の魚種も投げ釣りなどで狙うことができます。また夜釣りではクロソイやヤリイカなどの釣果もあがるため、他の埠頭や防波堤が釣り人で混雑しているような状況には非常におすすめです。

勝納埠頭のシーズン・時期

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カレイ
ホッケ
クロソイ
チカ
イワシ
サバ
ヤリイカ
カレイやホッケは4〜6月が最盛期を迎えるため、この時期は勝納埠頭に釣り人が多い日も珍しくありません。港町埠頭と同じくサビキ釣りを楽しむには7月・8月の夏シーズンがおすすめ。

ヤリイカは狙える時期が短いため4月・5月前後の期間を目安に考えておきましょう。水深があるエリアであるため、クロソイを真夏でも狙うことができる貴重なポイントでもあります。

小樽の釣り場でさまざまな魚種の釣りを楽しもう!

 (83810)

小樽は日本海の漁港の中では非常に規模の大きい港です。札幌から比較的近い距離にある釣り場であるため、釣り人の数は年間を通して多いです。しかし狙える魚種も豊富で、手軽に釣りを楽しめるため初心者やファミリーにもおすすめのエリアです。北海道で手軽に釣りをできる釣り場を探している方はぜひ小樽に足を運んでください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。