Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーオフェンスのコツ...
サッカーオフェンスのコツ!基本的な攻撃技術から練習方法

サッカーオフェンスのコツ!基本的な攻撃技術から練習方法

サッカーのオフェンスのコツとサッカーの基本的な攻撃技術とその練習方法を紹介いたします。またサッカー初心者にもぜひ覚えていただきたいほど重要な攻撃技術なのでまだサッカーを始めたばかりの人もぜひご覧になってください。

2021.12.16 サッカー

サッカーオフェンス:はじめに

サッカーのオフェンスのコツ、攻撃技術や練習方法を紹介いたします。

今回3つのオフェンスの攻撃技術を紹介しますが、どれも基本的な技術です。
どの攻撃技術もオフェンスの選手だけでなく、ディフェンスの選手にとってもぜひ身に付けておきたいものです。

また今回はボールを持った選手の基本攻撃技術だけでなく、ボールを持ってない選手の動きの基本攻撃技術も紹介していきます。

サッカーはほとんどがボールを持たない時間でボールがないときの動きはとても大切です。ぜひ今回の記事でサッカーオフェンスの基本攻撃技術を身に付けてください。

サッカーオフェンス:基本攻撃技術①

まず最初に紹介するサッカーの基本攻撃技術はバイタルアップです。バイタルアップという言葉はよくサッカーをやっている人ならよく聞くサッカー用語だと思いますが、とても重要なオフェンス戦術です。

バイタルアップとは?

 (2998)

バイタルアップとは、バイタルエリアでスピードアップするという意味です。バイタルエリアとは「vital=重要な」「area=空間」という重要な場所という意味で、センターバックとボランチの間またはペナルティーアーク付近の場所を示します。
ここでスピードアップすることがオフェンスにとってはとても重要です。しかしバイタルエリアは相手も警戒しているのでオフェンス側は簡単に侵入することはできません。そのためのコツや練習法を次で紹介したいと思います

サッカーオフェンス:バイタルアップのコツ、動き方

バイタルアップのコツ

  •        
  •        
  •        
  •       
    
バイタルアップのコツは、バイタルエリアにうまくボールを侵入させることです。ポイントはワンタッチでボールをバイタルエリアに入れることです。
ワンタッチの縦パスから急激にスピードアップして攻撃しています。もちろんドリブルでバイタルエリアに侵入するオフェンスの動きも効果的ですが、ポイントにあげた通りワンタッチでパスを通す方が効果です。

そのためのワンタッチでパスを通すコツは受ける選手がバイタルエリアにタイミングよく入ってくることです。パスをする選手が顔が上がるタイミングをよく見て動き出すことがポイントです。

バイタルアップはオフェンスの中でも基本の技術ですので是非身に付けてください。

サッカーオフェンス:基本攻撃技術②

次に紹介するのはサイドアタックです。こちらは知らない人がいないほど有名なオフェンスの基本的な攻撃技術です。名前の通りサイドからせめてクロスを上げる攻撃です。

この攻撃はオフェンスの選手だけでなくサイドバックなどディフェンスの選手の貢献も不可欠ですが非常に有効な攻撃です。

大事なことはクロスを受ける選手がポイントを意識して動き出すことです。止まってクロスを待つのではなく勢いをもってニアサイド、ファーサイドに走りこむことが大切です。

シンプルなクロス練習から自分で走りこむポイントを意識してクロスを受けてみてください

サッカーのオフェンス:サイドアタックのコツ、動き方

サッカーのサイドアタックのコツはクロスを受ける側だけでなく、クロスを上げる側にもコツがあります。そのコツのポイントは2つです。

サイドアタックのコツポイント①

サイドアタックのアーリークロスの場合のコツは、ディフェンスラインとゴールキーパーの間に蹴ることです。

【SAMURAI BLUE】酒井宏樹のクロス→ハーフナー・マイクのボレー(2012.9.6)

サイドアタックのコツポイント②

2つ目はなるべく相手の深い位置に入ってクロスを上げることです。

下のイングランドと日本の動画の1:51がいい例です。アーリークロスももちろん効果的ですが、相手の深い位置に入ることができればそれだけで効果的といえます。

「イングランド×日本」2004年ハイライト ○

サッカーのサイドアタックはこの2つのポイントに意識してクロスを上げてみてください。

またもう一つコツを上げるとしたら、クロスを上げる人はクロスを受ける人の動きをあまり気にしすぎないことです。クロスを受ける人の動きを気にせず自分の決めたところに思いっきり足を振ってみてください。

サッカーオフェンス:基本攻撃技術③

次に紹介するのはダイアゴナルランです。これはボールを持ってないときの攻撃技術で、オフェンスにとても有効な技術です。ダイアゴナルとは英語で斜めにという意味で、斜めに走ることを指します。

動画の3:47~のシーンで得点を取った選手が斜めに動くことで相手がマークに付きずらくしてそれによって裏を取ることができています。

ポイントは味方のパスをする選手の顔が上がったタイミングで斜めに走り出すことです。またオフサイドにならないようにダイアゴナルランをする前からディフェンスラインと駆け引きをすることがポイントです。

Motoyama 2010 J1#15 鹿島 2-2 新潟:本山スルーパスを大迫ゴール!

サッカーオフェンス:練習方法

ここまではサッカーの基本攻撃技術を紹介しましたが、ここからはそれぞれの練習方法を紹介します。どれもオフェンスにフォーカスした練習メニュー
なのでぜひ挑戦してみてください。

1.バイタルアップの練習方法

バイタルアップの練習は4vs2の鳥かごなどが効果的です。しかしただやっても効果が薄いので、ルールを設けるといいと思います。
例としては
1オフェンスはディフェンス二人の間を狙うようにする。
2もしオフェンスがワンタッチでディフェンスの間にパスを通せたらジャンプ10回。
などのルールを加えるとよりバイタルアップの状況に近いシチュエーションになると思います。

2.サイドアタックの練習方法

サイドアタックの練習は基本的なクロスからシュートの練習が有効です。三人一組で一人がサイドで二人がなかに入ります。中の選手の一人がサイドにボールを振ってそこからサイドの選手がクロスを上げてゴールを目指します。
オフェンスの中に入る二人の選手はニアとファーそれぞれに動き出します。声を掛け合い二人がニアに動き出してしまったり二人がファーに動き出してしまうことがないように注意してやってみてください。
またディフェンスをつけてやることもより実践に近く効果的なので是非やってみてください。

3.ダイアゴナルランの練習方法

最後にダイアゴナルランですがボールがないときのオフェンス技術はなかなか練習する方法がありません。一番はゲーム形式の練習やゲームの時に実際にやってみることです。
積極的にチャレンジしてみてください。

サッカーオフェンス:まとめ

今回はサッカーのオフェンスのコツ、攻撃技術や練習方法を紹介いたしました。
どれも有効で実用性の高いものです。また今回紹介したものはサッカー初心者の方でも挑戦しやすいものだと思いますのでぜひ挑戦してみてください。

またサッカーをするうえでオフェンスの選手、ディフェンスの選手関係なくオフェンスの技術は必要です。

今回紹介した攻撃技術をぜひ実践のサッカーのオフェンスに生かしてください

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。