Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ロナウジーニョの名言30...
ロナウジーニョの名言30選!ブラジルの伝説のサッカー選手のかっこいい言葉・語録とは?

ロナウジーニョの名言30選!ブラジルの伝説のサッカー選手のかっこいい言葉・語録とは?

希代のファンタジスタと呼ばれ、2005年にバロンドールを受賞したロナウジーニョは「サッカーはいつだって人々に喜びをもたらす」と名言を残しています。ロナウジーニョは常に自由であり、誰も思いつかない独創的なプレーと名言は敵をも魅了し、人生の全てをサッカーに捧げてきたかっこいい選手です。

2022.09.16 サッカー

ロナウジーニョとは?

ロナウジーニョは2005年にFIFA最優秀選手とバロンドロールを獲得した元ブラジル代表のサッカー選手です。試合中に笑顔でサッカーを楽しみ、「サッカーはいつだって人々に喜びをもたらすものだ」と名言を残し、ワールドカップ2002ではフリーキックを決めてブラジルの優勝に貢献しました。
ディエゴ・マラドーナは「間違いなく最高のプレーヤーだ、喜びをピッチにもたらしている」とロナウジーニョを高く評価しています。

ロナウジーニョのプロフィール

ロナウジーニョのプロフィール
名前 ロナウジーニョ・ガウチョ
生年月日 1980/3/21
身長/体重 180cm/83kg
出身地 ブラジル・ポルト
所属クラブ 1998年〜2001年:グレミオ
2001年〜2003年:パリ・サンジェルマン
2003年〜2008年:バルセロナ
2008年〜2011年:ミラン
2011年〜2012年:フラメンゴ
2012年〜2014年:アトレチコ・ミネイロ
2014年:ケレタロ
2015年:フルミネンセ
成績 クラブ通算:723試合/168ゴール
代表通算:97試合/33ゴール
タイトル FIFA最優秀選手賞:2004年,2005年
バロンドール:2005年

伝説のサッカー選手、ロナウジーニョがキャリアを通して一番輝きを放っていた時代がバルセロナに在籍していた6年間でした。2005年シーズンでは国内リーグとチャンピオンズリーグ優勝の2冠を達成し、FIFA最優秀選手とバロンドールを獲得し、バルセロナの王様と呼ばれる活躍をしています。
ブラジル代表でも通算33ゴールを上げ、2002年のワールドカップではブラジルを5回目の優勝に導きました。

ロナウジーニョの座右の銘

自由であれ

ロナウジーニョは公の場で自身の座右の銘を語ることはありませんが、サッカー人生を通じて一貫していた言葉は、「自由であれ」でした。引退後に8歳の自分に向けたメッセージに「これからプレッシャーも、批判もある。しかし、自由であれ」と名言を残しています。
ロナウジーニョは世界最高の選手となってからも、子供の頃と変わらずにサッカーを愛し、自由で創造的なプレーと生き方を貫いたかっこいい選手です。

ロナウジーニョの名言30選

  •        
  •        
  •        
  •       
    

ロナウジーニョの語った名言は、サッカーだけでなく、人生や恋愛にやる気を与えてくれる言葉や格言があります。「自分はなんでもできると信じることはとても簡単なことだ」と名言を残し、幼い頃からボールを手放ずにサッカーをすることを喜びにしていました。
世界最高のプレーヤーになるために自分を信じて努力を重ね、2002年日韓ワールドカップ優勝や2005年にバロンドールに選出される栄光を手にしています。

サッカーの名言

僕のヒーローはいつもサッカー選手だったんだ。
My heroes were always soccer players.

僕は、サッカーはいつだって人々に喜びをもたらすものだと思っている。サッカーを見たみんなが幸せそうにしているのを見ると、僕も幸せだったよ

サッカーは世界で一番人気のあるスポーツ。僕はいつだってそんなサッカーとリンクして見られてきた。それは大変名誉なことだから、モチベーションが下がるなんてことはなかったよ

サッカーの世界で常に勝ち続けることはできない。タイミングがある

サッカーを辞めたくなった時はたくさんある。ただ、サッカーが嫌いだったことは一度もない。

ロナウジーニョは「サッカーを辞めたくなった時はたくさんある。ただ、サッカーが嫌いだったことは一度もない。」と現役時代を振り返って名言を残しています。幼い頃にサッカーを教えてくれた父を事故で亡くしたロナウジーニョにとって、サッカーは父を思い出す唯一の愛すべき存在でした。
2018年に現役引退を発表したロナウジーニョは常に一緒だったボールに感謝の思いを口にし、あらためてサッカーを愛する気持ちを表現しました。

ファンタジスタの名言

神はみんなに贈り物をくれるんだ、書くことができたり、ダンスができたり。そして彼は僕にサッカーのスキルをくれて、僕はそれを最大限に活用しているんだ。
God gives gifts to everyone, some can write, some can dance. He gave me the skill to play football and I am making the most of it.

私はゴールを決めることもできたが、ドリブルする方が好きだった。
I could score a goal, but I preferred to dribble.

私は醜いが、私のしていることは魅力的だ。
I am ugly but what I do have is charm.

僕のサッカーが、みんなと違うことには気付いていたよ。いつも喜んでプレーしていたし、幸せだった。全ての人に感謝しているよ

創造性は計算を超えるんだ。

「自由にプレーしろ。喜びを感じてプレーしろ。そして、常にボールを大切にしてプレーすべるんだ」

「創造性は計算を超えるんだ」と名言を残し、ファンタジスタと呼ばれたロナウジーニョは誰も真似できないボールコントロールとかっこいいフェイントで相手を翻弄してきました。2005年11月19日、ロナウジーニョは宿敵レアル・マドリードから2得点を奪う活躍してチームを勝利に導きました。あまりにも美しいゴールに敵地のファンからもロナウジーニョに拍手が送られた感動的なエピソードは今も語り継がれています。

努力の名言

自信というのは準備からくるものだ。
Our confidence comes from our preparation.

天才とは何かと聞かれても難しいけど、最も困難な努力ができる人のことだと思うよ

全てのサッカー選手が勝者であり、成功者だと思う。でも、トップに上り詰めることはとても難しいよね。重要なのは、一生懸命努力すること。そうすれば幸せになれると思うよ

強いトレーニングと熱心な気持ちがなければ、誰もサッカーはできないよ。だから僕は、強い気持ちが全てだと思う。

ロナウジーニョが語った名言からは、世界の頂点に立つまでに努力を重ねた足跡を感じます。2005年のキャリア絶頂時に、ロナウジーニョのプレーは魔法と言われることに、「そんなわけがない、僕のテクニックは全て練習を重ねて身に付けたものだよ」とかっこいい名言を残しています。
実際に幼い頃の憧れであったペレやマラドーナのプレーを何度も見て、フェイントやドリブルを真似する努力をして、プレーの質を高めていきました。

夢を叶える名言

アスリートの辞書に『諦める』という言葉はないんだ。それは僕も一緒さ。困難な時間も、人生で言えば一瞬に過ぎないからね。だから、辛いことがあっても、決して夢をあきらめないでほしい。むしろ喜んでチャレンジしてほしいね

僕にとっての全ての始まりは名声やお金ではなく、満員のスタジアムでゴールを決めるという夢だったね

「僕にとって『サッカー』とは、『夢』と同義語なんだ。」

夢のためには戦うことも必要さ

僕の頭の中にあったのは、「大好きなサッカーをずっとプレーし続けたい」ということだけ。

ロナウジーニョは引退後に日本の小学生に小さい頃の夢を聞かれると、「僕の頭の中にあったのは、大好きなサッカーをずっとプレーし続けたいということだけ」と答えています。ロナウジーニョにとってプロ選手になることはサッカーを続ける夢を叶えるための方法の1つでした。
ロナウジーニョ自身の夢に対する名言からは、没頭するぐらい好きなことを追い続けることが夢を叶える一番の近道であることを教えてくれています。

人生の名言

  • <        
  •        
  •        
  •       
    

あなたが誰であるかは関係なく、自分はなんでもできると信じることはとても簡単なことだ。
No matter who you are it’s the simple things in life that lead you to believe that you can achieve anything.)

私は人生についての全てを、自分の足で、ボールを通して学んだんだ。
I learned all about life with a ball at my feet.

僕はいつだって、困難よりも得られることの方が多いはずだと信じている。だからゆっくり焦らずに物事を進めていくよ

人生において難しい時期は何度もあったけど、フットボールをプレーするという喜びを忘れないようにしていた。

自分が一番好きなサッカーで、家族や友人をサポートすることができたのは幸運だった。7歳のときからずっとプレーしてきたけど、サッカー以外の人生もあることを知り、今はそれを最大限に楽しんでいるんだ。

楽しむことが一番の力であり、一番の薬になる。

ロナウジーニョの人生の語録からは、困難な状況であっても、自分を信じて楽しむ心を忘れないことを学ぶことができます。「僕はいつだって、困難よりも得られることの方が多いはずだと信じている」と名言を残したロナウジーニョはプロデビューから2018年に引退するまで所属クラブの監督との確執や移籍問題に悩まされてきました。ピッチ上ではいつも笑顔でプレーを楽しむ姿で困難を乗り越え、世界最高の選手の座に君臨しました。

ビジネスにも活きる名言

常に勝つのは不可能だからね。でも勝利に必要なことを知るためには、時に敗北も重要なんだ

僕はいつだって偉大な選手たちのすぐそばでプレーすることができた。彼らは、素晴らしい結果を生み出すために非常に重要な存在だったよ。

ハードだった。こんな経験するなんて思ってなかったよ。サッカーでトップレベルになったし、サッカーで人々に喜びを与えることを目指してきただけだからね。

(ワールドカップで日本が勝つにはと聞かれて)勝ち上がっていくには、サッカーを喜びを持って楽しむことが必要不可欠だと思います。その先にチームの結果があると僕は信じています。

ロナウジーニョは引退後に勝負事について、「常に勝つのは不可能だからね。でも勝利に必要なことを知るためには、時に敗北も重要なんだ」とビジネスや勉強に活かせるかっこいい名言を残しています。ロナウジーニョはバルセロナ時代の2003年リーグ2位になりますが、翌2004年は国内リーグ優勝、2005年は国内リーグ・チャンピオンズリーグの2冠を達成し、自身もバロンドールに輝き、敗北を活かした結果を出しています。

ロナウジーニョの名言から得られること

ロナウジーニョの名言からは、強いメンタルで好きなことを諦めないで突き詰めれば、道は開けることを学ぶことができます。ロナウジーニョは亡き父が教えてくれたサッカーを愛し、「アスリートの辞書に『諦める』という言葉はないんだ」と世界一になる夢を叶えるために努力を惜しまないかっこいい選手でした。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。