2020年2月17日 更新

サッカーの個人戦術のデスマルケとは?マークを外す動きについて解説

デスマルケはサッカーの攻撃時の個人戦術の1つでマークを外す動きのことを指します。デスマルケには2種類あり、状況に応じてタイミングよく行うことによって、良い状態でボールを受けることができ、試合で主導権を握ることができます。

2,342 view お気に入り 0

サッカーのデスマルケとは?

hiromin on Instagram: “かっこいいな~😌 . #visselkobe #vissel #ヴィッセル神戸  #いぶきの森 #公開練習 #神戸  #ビジャ #ダビドビジャ  #villa #davidvilla  #soccer #football #jleague #j1  #nikon #d5300…” (100858)

サッカーのデスマルケ(スペイン語:desmarque)とは、ボールを受けるためにマークを外す動きのことを指します。

攻撃の個人戦術の1つで、ボールを受ける前にデスマルケを行うことで、より優位な状況でボールを受けることができます。

例えば、デスマルケによってフリーな状態でボールを受けたり、相手の背後を取ることが可能となります。
現代サッカーは守備のレベルが上がっており、良い状況でボールを受けることは簡単ではありません。フリーな状態でボールを受けるためにもデスマルケの重要度はとても高まっています。

デスマルケには2種類ある

デスマルケには2種類ある (100860)

via デスマルケには2種類ある
①背後へのデスマルケ
背後へのデスマルケは、相手の背後のスペースに抜けてボールを受けるプレーを指します。背後へのデスマルケは相手ゴールに向かうことや、シュートの局面を作り出すために必要な動きです。
②近寄るサポートのデスマルケ
近寄るサポートのデスマルケは、ボール保持者に近寄ってボールを受けるプレーを指します。相手の背後にスペースがなく、前進できない場合はボール保持者に近寄ってサポートします。

デスマルケのポイント

ポジショニング

デスマルケをするときのポジショニング (100861)

via デスマルケをするときのポジショニング
デスマルケを行う前は、ボールとマークしている相手を同一視できるポジションをとります。

ボールを見ていなければいつボールが出てくるかわかりません。また、相手を見ていなければどの方向にデスマルケを行うべきかわかりません。

可能であればディフェンダーが自分とボールを同一視できないポジションを取ることで、より効果的なデスマルケを行うことができます。

タイミング

デスマルケを行うタイミングはボールを持っている選手が顔を上げた瞬間です。

ボールを持っている選手がボールをコントロールして顔が上がった瞬間にデスマルケを行うことで、ボールを受けることができる可能性が高まります。

デスマルケは早すぎても遅すぎても、うまくマークを外せずにボールを受けることができません。
タイミングを合わせるためにも、ボールを持っている選手の状況をしっかりと確認することが大切です。

駆け引き

は➶ on Instagram: “#renofa#レノファ山口#川井歩#佐藤寿人” (100859)

ボールを受ける前に相手ディフェンスと駆け引きをします。

受け手がボールを受けたい場所と逆の方向に動いておきます。すると、自分がボールを受けたい場所と逆方向に相手ディフェンスを動かすことができ、マークを外しやすくなります。

逆方向に動く時は、ボールを受けたいスペースばかり見ているとディフェンスに予測されるため、体の向きや視線に気をつけなくてはいけません。
そして、逆方向の動きから実際にボールを受けに行く時にスピードを上げます。瞬発的なアクションで相手のマークを振り切ります。

背後へのデスマルケの注意点

オフサイドに気をつける

背後へのデスマルケの注意点 (100862)

via 背後へのデスマルケの注意点
背後に抜けるデスマルケは特に相手ゴール前で行うと相手のディフェンスラインの背後を取ることができ、大きなチャンスになります。
しかし、タイミングが早すぎるとオフサイドになってしまうため注意が必要です。

オフサイドになる大きな理由は、ボール保持者の状況を見ていないからです。
ボール保持者がパスを出せないタイミングで背後へのデスマルケを行えば、オフサイドにかかる可能性が高まります。
背後へのデスマルケは、ボール保持者がボールを蹴れるタイミングで行います。

ボールがこなかった時に次のデスマルケを行う

背後へのデスマルケを行ってもタイミングが合わなかったり、マークを外せずボールを受けられない場合があります。その時は足を止めるのではなく、次のデスマルケを行う必要があります。

ボールが出てこないからと言って足を止めてしまえば、ボール保持者に対してパスコースを作り出すことができません。また、ゴール前であればオフサイドポジションで止まることになってしまいます。

ボールが来なかった時は続して背後へのデスマルケ、または近寄るサポートのデスマルケを行い、味方の選択肢を作り出します。

近寄るサポートのデスマルケの注意点

デスマルケのやり方 (100868)

via デスマルケのやり方

ボール保持者と距離を取っておく

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球の戦術を解説!強い人に勝つ方法と必要な考え方とは?

卓球の戦術を解説!強い人に勝つ方法と必要な考え方とは?

卓球の戦術を考えることは、試合に勝つために必要不可欠な要素です。卓球の戦術を考えるために、自分のプレースタイルの特徴や相手の弱点を把握していきましょう。また、卓球の戦型によって適した戦術は異なり、プレースタイルに合った戦術を実行することで勝利に近づくことができます。
Anonymous | 4,048 view
卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球ダブルスの戦術と必勝法とは?勝つための方法を考えよう

卓球のダブルスの戦術は、自分とパートナーの戦型の特徴や、対戦相手の特徴によって決めることが重要です。また、卓球のダブルスで勝つためには、パートナーのポジションや強みを考えながら、打法を選択していくようにしましょう。ダブルスは強い選手同士が組めば必ずしも勝てるわけではなく、勝つための戦術が明確になっているペアが勝ちやすくなります。
Anonymous | 1,421 view
ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは?プロ野球や大リーグの戦術の意味を解説!

ブルペンデーとは、先発投手を温存させ中継ぎのリリーフ陣のみで1試合投げ切る作戦です。メジャーリーグ(MLB)で定着しつつある作戦で、プロ野球でも2019年シーズンにブルペンデーを採用する球団が出てきました。ブルペンデーを活用することで、相手打線を翻弄させる意味・効果があります。
Anonymous | 16,248 view
サッカーのオフェンス戦術とは?基本的な攻撃技術から練習方法を解説

サッカーのオフェンス戦術とは?基本的な攻撃技術から練習方法を解説

サッカーのオフェンス戦術とは、得点を奪うための戦い方のことです。オフェンスで多くの得点を奪うためには中央突破やサイドアタックなどのオフェンス戦術を理解する必要があります。オフェンス戦術を正しく理解し、練習を積むことで、チームの攻撃力を高めることができます。
Anonymous | 4,501 view
マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

マリノスのフォーメーションと戦術を考察!強さの秘密はどこにある?

横浜Fマリノスのフォーメーションは4-3-3を基本として、ポゼッションサッカーで圧倒的な強さを示してきました。横浜Fマリノスが展開する攻撃的で魅力的なサッカーは、緻密に構成されたフォーメーションや戦術から成り立っていて、多くのサッカーファンの注目を集めています。
Anonymous | 1,006 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous