2021年1月28日 更新

スペインの有名サッカー選手15人!歴代選手でベストイレブンを考えてみた!

スペインの有名サッカー選手には、レアルマドリードやスペイン代表のディフェンスの中核で、クラブや代表のタイトル獲得に貢献したカシージャスやセルヒオラモスがいます。攻撃的な選手では2010年南アフリカワールドカップで得点王を獲得したダビドビジャも有名です。3人をはじめとする有名選手が無敵艦隊と呼ばれたスペインサッカーを牽引し、2010年の南アフリカワールドカップで優勝を果たしました。

264 view お気に入り 0

スペインのサッカー選手の特徴とは?

 (211659)

スペインのサッカー選手は技術が長けていて、戦術理解度が高いプレーヤーが多いです。パスサッカーを繰り広げるバルセロナを筆頭に、パスをつないでゴールを陥れるサッカーをするチームが数多くあります。

日本の育成とは大きく異なり、スペインではユースの育成年代から戦術理解を深めるトレーニングを取り入れていて、日本でも10代から活躍する選手が出てきてはいますが、スペインは数多くの有望選手が活躍しています。

レジェンドと呼ばれる伝説の選手

レジェンドと呼ばれる選手にはレアルマドリードやスペイン代表のディフェンスの中核で、クラブや代表のタイトル獲得に貢献したカシージャスやセルヒオラモスがいます。

スペイン国外で活躍した選手では、プレミアリーグで活躍したセスク・ファブレガスは長短の正確なパスでFWに決定機を多く作り出すだけでなく、高い得点能力でチェルシーのプレミアリーグ優勝やアーセナルのカップ戦優勝に大きく貢献したレジェンド選手です。

スペインの有名サッカー選手15選

File:El autobús de los campeones - 1.jpg - Wikimedia Commons (200640)

スペインの有名サッカー選手には10年以上もボランチのスタメンを確保し、正確なパスで多くのチャンスを作り、バルセロナやスペイン代表の優勝に貢献したシャビがいます。

EURO決勝で決勝点を決めたフェルナンドトーレスや2010年のW杯南アフリカ大会優勝を手繰り寄せるゴールを決めたイニエスタも有名です。3人に共通することはクラブチームや代表チームで長く活躍したこととタイトル獲得に貢献している点です。

GK:イケル・カシージャス

 (211661)

生年月日 1981年5月20日
身長/体重 185cm/84kg
所属クラブ レアルマドリード
ポルト
代表成績 167試合、0得点
イケル・カシージャスは言わずと知れたスペイン歴代最高のゴールキーパーです。現役生活での長い時間をレアルマドリードで過ごし、キャリアの最後はポルトガルのポルトで現役生活を終えました。スペイン代表でも長く活躍し、正確なシュートストップと足元の技術でスペインサッカーの代名詞でもあるパスサッカーを体現し、2006年のEUROや2010年のワールドカップ南アフリカ大会での優勝に貢献しました。

DF:カルレス・プジョル

 (211663)

生年月日 1978年4月13日
身長/体重 178cm/80kg
所属クラブ バルセロナ
代表成績 100試合、3得点
カルレス・プジョルはスペインを代表するセンターバックです。現役時代のクラブはバルセロナのみのワンクラブマンで、闘将と呼ばれていました。

カルレス・プジョル選手は、センターバックに求められていた対人能力やキャプテンシーを持ち、バルセロナやスペイン代表でキャプテンを務めました。ジェラール・ピケやメッシが若手のころのキャプテンで、一時代を築いたバルセロナの成長には欠かせない存在で、ラリーガのベストイレブンも数多く選出されました。

DF:フェルナンド・イエロ

 (211664)

生年月日 1968年3月23日
身長/体重 187cm/84kg
所属クラブ バジャドリード
レアルマドリード
アル・ラーヤン
ボルトン
代表成績 89試合、29得点
フェルナンドイエロは主にレアルマドリードのディフェンスリーダーを任された選手です。レアルマドリードでは400試合以上に出場し、ディフェンダーながら102得点の結果を残し、ディフェンス能力だけでなく後方からの組み立てに参加、加えてキャプテンシーも発揮し、銀河系軍団のまとめ役に抜擢されました。2018年ワールドカップロシア大会で大会直前にスペイン代表監督に就任し、即席チームをベスト16に導きました。

DF:セルヒオ・ラモス

 (211666)

生年月日 1986年3月30日
身長/体重 184cm/82kg
所属クラブ セビージャ
レアルマドリード
代表成績 175試合、23得点
セルヒオ・ラモスは文字通り生ける伝説、レジェンドと呼ばれるにふさわしい選手です。レアルマドリードに所属し高い得点能力が魅力のセンターバックで、スペイン代表でもPKキッカーを任せられています。スペイン代表で最多試合出場数を誇りスペイン代表の全盛期を担ってきたベテランです。レアルマドリードでも勝負強さが光り、ビッグマッチでの決勝ゴールを奪う勝負強さを発揮し、クラブチームのタイトル獲得に貢献しています。

DF:ジェラール・ピケ

74 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

骨盤前傾トレーニングで肉体強化と身体能力アップさせよう

骨盤前傾トレーニングで肉体強化と身体能力アップさせよう

骨盤前傾トレーニングとは、骨盤の前傾を促すトレーニングです。骨盤を前傾させるメリットは、肉体強化や身体能力のアップによりサッカーなどのスポーツで身体パフォーマンスが向上します。骨盤を前傾させるおすすめのストレッチやトレーニングには、ワイドスクワットやハムストリングスのストレッチがあります。
kouhei22 | 3,837 view
サッカーの走行距離とは?Jリーグやプレミアリーグの距離はどのくらい?

サッカーの走行距離とは?Jリーグやプレミアリーグの距離はどのくらい?

サッカーの走行距離は、サッカーの試合を分析する1つのデータです。選手個人の運動量をトラッキングデータとして測定しておくことで、チームの傾向を知ることができます。主な測る方法はGPSなどの計測デバイスで、海外ではいち早く取り入れられていました。日本ではJリーグで全試合にトラッキングカメラが採用されています。走行距離を知ることで、プロサッカーの判断や思考がさらに深く追求できます。
nakinaki777 | 4,984 view
サッカーソックスの履き方とは?トップ選手がセパレートにしている理由を解説

サッカーソックスの履き方とは?トップ選手がセパレートにしている理由を解説

サッカーで着用されるソックスにはさまざまな履き方があります。ポピュラーなサッカーソックスの履き方は、普通履き、膝上履き、ルーズ履き、セパレート履きの4種類です。現在は、プレー面や見た目といった観点からソックスをセパレートするセパレート履きが、流行しています。
Anonymous | 10,239 view
イエローカードの正しいルールとは?具体的な事例を含めて解説します!

イエローカードの正しいルールとは?具体的な事例を含めて解説します!

サッカーのイエローカードとは悪質なファウルを犯した選手などに対して警告の意味で提示する黄色のカードです。イエローカードに関するルールは複雑で、イエローカードの影響は警告を受けた選手のみが受けるのではなく、各チームに影響を与え、シーズンを通して影響を与えるルールも存在します。
c8j_foot | 950 view
サッカーのエースナンバーとは?10番以外にも実はたくさんある?

サッカーのエースナンバーとは?10番以外にも実はたくさんある?

サッカーのエースナンバーとは、活躍を期待するチームのエースの背番号で、10番以外にも、7、8、5などがチームのサッカー戦術により存在します。後日エースナンバーを引き継いだ選手が同様の活躍を続ければ、チームとファンにとって、エースナンバーはチームを栄光に導いてくれる重要な番号になります。
Anonymous | 9,691 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

c8j_foot c8j_foot