Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ファーストディフェンダー...
ファーストディフェンダーとは?サッカーで意味する守備の重要性

ファーストディフェンダーとは?サッカーで意味する守備の重要性

サッカーにおけるファーストディフェンダーとは、ボールに対して最初にアプローチに行く守備の選手のことを意味します。そのファーストディフェンダーには基本原則やチームの守備戦術によって役割が変わり、その知識を持った上プレーすることが求められます。

2021.12.16 サッカー

ファーストディフェンダーとは?

ボールに対して最初にアプローチに行く守備の選手

 (78233)

サッカーにおけるファーストディフェンダーとは字の通り、最初の守備者を意味しサッカー現場では一般的に使われている用語です。つまり、守備になった局面で相手ボールホルダーに対して最初にアプローチして守備を行う選手のことをファーストディフェンダーと言います。

例えば、相手ディフェンスがボールを持った時に、自チームのフォワードがアプローチに行く場合や、自チームの選手がボールを奪われた際に、最初に守備へ行く選手のことも同じくファーストディフェンダーと言います。

ファーストディフェンダーには基本原則がある

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーのファーストディフェンダーには3つの原則と優先順位があり、その原則を状況に応じて使い分けるように守備をします。

ファーストディフェンダーが狙うのはインターセプトで、インターセプトとは相手にパスが到達するまでにカットして奪うことです。

②相手のワンタッチ目を狙うようにし、タッチが大きくなったらすかさず奪います。

③前を向かれてしまった際は、原則としては相手をピッチのサイドへと誘導するように守備を行います。

ファーストディフェンダーに求められる戦術的役割

ディレイして相手の攻撃を遅らせる

 (78234)

サッカーのファーストディフェンダーは守備戦術において非常に重要な役割を担っており、その1つとしてディレイするというものがあります。ディレイとは直訳で遅延という意味で、サッカーでは相手の攻撃を遅らせることを意味します。

具体的には、中盤でボールを奪われてカウンターを食らった際や、数的不利の緊急時の守備をしなければいけない際に、ファーストディフェンダーは相手に突っ込んでいくのではなく、少し距離を取りながらディレイして相手が前進するために使うパスコースとスペースを切るポジションを取ります。ディレイすることで相手の攻撃を遅らせ、味方が戻る時間を作り出します。

コースを限定してボールを誘導する

 (78235)

サッカーのファーストディフェンダーが担う守備戦術の1つとして、コースを限定して相手の攻撃を誘導するというやり方があります。

具体的には味方フォワードが相手のディフェンスにファーストディフェンダーとしてプレスに行く際に、相手の内側から寄せる場合、チームとしてサイドでボールを奪うという合図を意味します。

ま外側を切る場合は中盤にボールを入れさせたところを人数をかけて奪うということを意味し、その使い分けの合図となるのがファーストディフェンダーのコースの限定です。

ファーストディフェンダーのまとめ

サッカーにおけるファーストディフェンダーは、ボールに対して最初にアプローチにただ行けばいいというものではなく、チームの守備戦術を理解した上でプレーしなければなりません。また、その中で個人の戦術として原理原則と優先順位に従って判断を変えるということが大切になります。

ファーストディフェンダーはそのことを理解してプレーするということが非常に重要で、それがチームの失点を左右し、またいい攻撃につなげる守備をできるかのキーポイントにもなります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。