2020年4月15日 更新

サッカーの1番の背番号が持つ意味とは?一番強い上手い人がつけるの?

サッカーの背番号1番は、正ゴールキーパーが着用します。チームで一番強い上手い人がつけるわけではありません。 サッカーの背番号1番が持つ意味は、セービング能力やビルドアップ能力など高い技術を有しており、チームメイトから信頼されているということです。

163 view お気に入り 0

サッカーの背番号1番の意味とは?

Gianluigi Buffon’s Instagram profile post: “🇮🇹 Vittoria, qualificazione e primo posto. Meglio di così? Allez Paris 🇬🇧 Victory, qualification and first place. Is there anything better?…” (123480)

サッカーの背番号1番は、ゴールキーパーのことを意味しています。一番強い人や上手い人がつけるわけではありません。主に正ゴールキーパーが着用する背番号で、もっとも信頼できる選手であることの証でもあります。しかし、必ずしも正ゴールキーパーが背番号1番を付けなければならないというルールはありません。

背番号1をつけるゴールキーパーの特徴

サッカーで背番号1番をつけるゴールキーパーは、セービング・ビルドアップ・コーチングの能力が他のゴールキーパーより秀でています。
セービングやビルドアップによりチームを助け、後方から積極的にコーチングをしてチームに良い影響を与えます。

セービング能力

tomo on Instagram: “2019年→2020年  良いお年を〜✨ 来年もよろしくお願いします!! 今年は、ブッフォンがユヴェントスに帰ってきてくれたのが俺の1番嬉しかったことでした。これからもずっと俺の中では、世界最高のゴールキーパーです。  #buffon #gigi…” (123478)

背番号1番をつけるゴールキーパーには、優れたセービング能力が求めらます。ゴールキーパーのセービング能力の高さは、チームの失点数の少なさに直結します。
セービング能力には、安定力とビッグセーブ力があります。ゴールキーパーが相手のシュートをミスなく確実にセーブする安定感は、チームに落ち着きをもたらします。誰から見ても失点が予測されるシーンで、ゴールキーパーがビッグセーブを決めた場合は、チームに活気が生まれ、苦しいゲームを乗り越えるための士気が高まります。

ビルドアップ能力

ビルドアップ能力とはパスをつなげてゲームを組み立てる能力のことです。現代サッカーで、正ゴールキーパーとして活躍するためには、ビルドアップ能力は欠かせません。

ゴールキーパーは、マイボールになると積極的にパス回しに加わり、後方からゲームを組み立てます。ゴールキーパーにも、フィールドの選手と同じレベルの足元の技術が要求されます。ゴールキーパーが、ゲームメイカーとしての役割を担うチームもあるほど、ゴールキーパーのビルドアップ能力が重要視されています。

コーチング能力

@korokoro_soccer_ek1’s Instagram photo: “‏‏ 私がサッカーを好きになったきっかけで いろんなこと頑張ろうって思える 私の原動力になっている選手 ‏‏…” (123479)

正ゴールキーパーを務める選手にとって、コーチング能力があることは必須です。ゴールキーパーがコーチングによって味方選手を動かすことで、守備組織が整備され、失点を防ぐことができます。

また、力強いコーチングをするゴールキーパーは、周囲に自信を持ってプレーしている印象を与えます。自信溢れるゴールキーパーのプレー姿は、味方のチームメイトからの信頼を生み、相手にはプレッシャーを与えます。正ゴールキーパーの活躍は、チームにとってよい影響力をもたらします。

背番号1番の有名選手

背番号1番には、国内外のクラブチーム・代表チームおいて屈指の実力者が揃います。

中村航輔

もんちゃん on Instagram: “CanCam厳選 平成生まれのイケメンJリーガーの中村航輔です💛 この写真、めちゃくちゃかっこいいやん(灬ºωº灬) 復帰はまた先だろうけど・・・早く航輔のプレーが見たいなぁ💛 大好きな選手が活躍する姿って、ホントに素晴らしいよね!!← #中村航輔  #柏レイソル…” (123477)

生年月日 1995年2月27日(25歳)
身長・体重 185cm・82kg
所属クラブ 柏レイソル
代表 日本代表
中村航輔は現在の日本サッカーを代表するゴールキーパーです。

中村選手は反射神経の良さ・高いジャンプ力を生かして、広いエリアをセービングで防ぐことができます。
相手のフォワードと1v1の状況にたたされたた場面でも、高い確率でシュートストップすることができるのが強みです。

正確なキックで、ビルドアップにも効果的に関わります。中村選手は、2019年に日本代表の背番号1番に選ばれました。日本の正ゴールキーパーとして、今後の活躍が期待されています。

マヌエル・ノイアー

【公式】サイドバックコーチ@じん on Instagram: “【Manuel Peter Neuer】  マヌエル・ペーター・ノイアー → @manuelneuer  バイエルン・ミュンヘン  ドイツ代表  ドイツ最優秀選手賞 UEFAベストイレブン選出  ************** …” (123476)

生年月日 1986年3月24日(34歳)
身長・体重 193cm・92kg
所属クラブ バイエルン・ミュンヘン
代表 ドイツ代表
<span></span>現代サッカーで世界NO.1のゴールキーパーとも言われるのが、マヌエル・ノイヤー選手です。ノイアー選手はドイツを代表するサッカークラブ、バイエルン・ミュンヘンとドイツ代表の正ゴールキーパーとして活躍しています。

彼はゴールキーパーとして全ての能力を兼ね備えていますが、その中でも突出しているのがビルドアップ能力です。ノイアー選手が試合に出ている時はフィールドの選手が11人いるかのように映ります。サッカーではゴールキーパーがフィールドの選手のようにプレーできるアドバンテージは大きく、ノイアー選手は攻撃でもチームに大きく貢献します。

背番号1番は信頼される正ゴールキーパーの番号

サッカーで背番号1番は信頼される正ゴールキーパーの証です。
背番号1番をつけるためには上手いだけでは不十分です。普段の取り組みから他の選手の模範になるような振る舞いをみせ、チームメイトに信頼されなくてはなりません。

背番号1番を任された選手は、確かな技術と責任感を持って、後方からチームを支えることが求められます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous