Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのフォワード選手...
サッカーのフォワード選手の世界ランキングTOP10!最強は誰だ?【2019年版】

サッカーのフォワード選手の世界ランキングTOP10!最強は誰だ?【2019年版】

サッカーのポジションで最も得点が要求される花形のフォワードですが、世界各国サッカーリーグに様々な特徴をもったフォワードが存在します。ここではサッカーのフォワード選手の世界ランキングTOP10と題して、2019年版最強のフォワードを紹介していきます。

2021.12.16 サッカー

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第10位

フランシスコ・アルカセル

Goal Japan on Instagram: “. \ドルトムントに待望のストライカーが⚽️/ 移籍市場の閉幕が迫るなか、攻撃陣の補強に成功‼︎ . パコ・アルカセル バルセロナ🇪🇸 → ドルトムント🇩🇪 (200万ユーロ/約2億6000万円、1年間のレンタル) . @paco93alcacer @bvb09 .…” (66413)

プロフィール

国籍 スペイン
生年月日 1993年8月30日生まれ
出身地 トレント
身長 176cm
体重 71kg
在籍チーム ボルシア・ドルトムント
ポジション FW
経歴 2009-2012:バレンシアB
2010-2016:バレンシア
2012-2013:ヘタフェ(レンタル)
2016-2018:バルセロナ
2018:ボルシア・ドルトムント(レンタル)
2018-:ボルシア・ドルトムント

最高で最新のストライカー

スペイン代表フォワードのフランシスコ・アルカセルは、その優れたストライカーとしての才能を期待され、2016シーズンからバルセロナに移籍してきましたが、エースストライカーのスアレスの控えとして甘んじていました。しかしレヴァンドフスキなど点取り屋を見抜く力に長けているとされるドルトムントのスポーツディレクター、ミヒャエル・ツォルクに見いだされ、2018シーズンからドルトムントに移籍することになります。

そんなフランシスコ・アルカセルの特徴は、ペナルティエリア内での決定力にあります。サイドからのセンタリングに合わせる技術、ポジショニングといったサッカーのフォワードに必要な要素を備えたストライカーとされています。

世界最高のジョーカー

そんなフランシスコ・アルカセルは、ドルトムントに移籍した2018-19シーズンで12試合に出場して12得点をあげ、ブンデスリーガ得点王ランキング2位につけています。驚くべきところは12試合のうち7試合が途中出場でプレー時間はわずか502分、シュート数は20本で決定率6割というメッシの2割五分を大きく上回る決定率です。

サッカーにおいて途中出場でこれだけの得点をあげるフォワードはこれまでに例がなく、フランシスコ・アルカセルは世界最高のジョーカーのサッカー選手といえます。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第9位

ロベルト・レヴァンドフスキ

大村 on Instagram: “やっぱりレヴァンドフスキかっけーなー!!とりあえずユニフォームクソ欲しい!笑笑#バイエルンミュンヘン#レヴァンドフスキ#一番好きな選手” (66406)

プロフィール

国籍 ポーランド
生年月日 1988年8月21日生まれ
出身地 ワルシャワ
身長 185cm
体重 79kg
在籍チーム バイエルン・ミュンヘン
ポジション FW
経歴 2006-2008:ズニチュ・プルシュクフ
2008-2010:レフ・ポズナン
2010-2014:ドルトムント
2014-:バイエルン・ミュンヘン

世界一の勝負強さを持つストライカー

サッカーポーランド代表不動のセンターフォワードのレヴァンドフスキは世界一の勝負強さを持つ優れたストライカーです。所属クラブのバイエルン・ミュンヘンでは所属した4シーズンのリーグ戦計126試合に出場して106得点という優れた決定力で、所属した4シーズンでなんと3度の得点王に輝くというストライカーぶりを発揮しています。

そして何と言ってもレヴァンドフスキの凄さは勝負強さで、サッカーワールドカップロシア大会ヨーロッパ予選の8勝1分のうち、同点ゴール1試合、決勝点5試合という勝負強さが特徴の、ポーランド伝説のサッカー選手です。

左右両足から放たれる強烈なシュート

レヴァンドフスキはシュートが非常に上手いサッカー選手で、左右両足から放たれるシュートは強烈です。ミドルはもちろん、バイエルンに移籍した後では、よりポゼッションを駆使するチームの傾向から、ペナルティエリア内での強烈なシュートが炸裂しています。2018-19シーズンも16試合に出場時点で10得点とブンデスリーガ6位につけていますが、順位が低い分、5アシストと、アシスト数が伸びており、プレーの幅が広がっています。残り試合はまだまだありますので、これから得点も期待される優れたフォワードです。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第8位

ピエール・エメリクオーバヤメン

Goal Japan on Instagram: “アレクシス・サンチェスの代役を探すアーセナル👀オーバメヤンを6000万ユーロ(約81億円)で獲得を目指している❓😲.#オーバメヤン #アーセナル #ドルトムント #移籍 #移籍の噂 #移籍情報 #サッカー #プレミアリーグ #ブンデスリーガ” (66399)

プロフィール

国籍 ガボン フランス スペイン
生年月日 1989年6月18日生まれ
出身地 ラヴァル
身長 187cm
体重 80kg
在籍チーム アーセナル
ポジション FW
経歴 2008-2011:ACミラン
2008-2009:ディジョン(レンタル)
2009-2010:リール(レンタル)
2010-2011:モナコ(レンタル)
2011:サンテティエンヌ(レンタル)
2011-2013:サンテティエンヌ
2013-2018:ボルシア・ドルトムント
2018-:アーセナル

世界一のスピードスター

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ブンデスリーガのドルトムントで得点を量産し、2016-17シーズンでは32試合出場で31得点という驚異の得点力でブンデスリーガ得点王に輝き、2018-19シーズンからプレミアリーグのアーセナルに移籍したオーバメヤンはの特徴は、なんと言っても伝説ともいえる爆発的なスピードにあります。

一瞬の飛び出しの初速だけでいえば、短距離の世界記録保持者であるウサイン・ボルトをも退けるというスピードの持ち主です。オーバヤメンはこのスピードをサッカーに生かし、裏への抜け出しやショートカウンターで得点を量産するわけです。

プレミアでも変わらぬ活躍

ブンデスリーガでは結果を残したオーバメヤンですが、プレミアリーグではどうかというと、プレミアリーグでもそのスピードは驚異となっているようで、21試合消化の時点で、ハリー・ケインと同じく14得点をあげる活躍をみせています。オーバメヤンは、世界一のスピードを持つという怖さだけではなく、ゴール前での動き出しが上手いサッカー選手で、決定力も兼ね備え、持ち前の野生の嗅覚も武器に得点を量産する世界屈指のフォワードといえます。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第7位

セルヒオ・アグエロ

Yuki Arai 荒井悠樹 on Instagram: “アグエロさんマンCでていかないでおくれ😥#マンチェスターシティ#マンC#アグエロ” (66392)

プロフィール

国籍 アルゼンチン スペイン
生年月日 1988年6月2日生まれ
出身地 キルメス
身長 173cm
体重 70kg
在籍チーム マンチェスター・シティ
ボジション FW
経歴 2003-2006:インデペンディエンテ
2006-2011:アトレティコ・マドリー
2011-:マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティの得点源



アルゼンチン代表としても活躍するフォワードのアグエロは、マンチェスター・シティに所属した7シーズンでリーグ戦だけでも181試合に出場し、122得点という優れた得点力でチームの勝利に貢献するマンチェスター・シティの得点源です。

2014-15シーズンでは26得点でプレミアリーグ得点王にも輝いており、正真正銘のストライカーといえます。2018-19シーズンも17試合を消化した時点で10得点をあげており、得点ランキング5位につけています。

得点するためのスキルを全て備えたフォワード

アグエロの特徴は、得点するためのスキルを全て備えている点です。シュートが上手いサッカー選手で、左右両足で同じくらいの威力あるシュートを放つことができ、さらにヘディング、ループシュートなど多彩なシュートパターンを持つ優れたフォワードです。そして裏への抜け出しのタイミングも絶妙といわれています。

また、ダイレクトボレーが上手いサッカー選手で、タイミングの取り方や動きながらのミートポイントの合わせ方などフォワードの中でも世界一のサッカー選手とされています。ドリブルテクニックもあり自ら局面を打開してシュートを放つこともできる優れたフォワードです。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第6位

クリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド→CR7🇵🇹🏆 on Instagram: “ユベントス対キエーボ3-2😉ロナウドに得点は無かったものの、イタリアメディアの中では高評価!セリエA初出場 初勝利👍 自身のゴールも時間の問題だろう⚽️#cristianoronaldo  #cristiano#cr7  #juventus” (66383)

プロフィール

国籍 ポルトガル
生年月日 1985年2月5日生まれ
身長 187cm
体重 83.5kg
所属チーム ユヴェントス
ポジション FW
経歴 2002-2003:スポルティングCP
2003-2009:マンチェスター・ユナイテッド
2009-2017:レアル・マドリード
2018-:ユヴェントス

言わずと知れた点取り屋

今やバルセロナのメッシと共にバロンドールを毎年分け合うほどの人気のあるサッカー界のスーパースターに成長を遂げたクリスティアーノ・ロナウドは、言わずとしれた点取り屋としてサッカーファンに限らず全世界の誰もが一度は耳にしたことのある名前として有名です。

そんなクリスティアーノ・ロナウドは、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍してからポジションも中盤から左ウイングに変わり、得点を量産するようになります。そしてリーガエスパニョーラ3度の得点王に輝き、ユヴェントスに移籍した2017-18年シーズンまでの間の通算成績438試合出場で450得点という驚異の得点力を見せつけました。

驚異の身体能力

クリスティアーノ・ロナウドの凄さは、類まれなテクニックはもちろん、驚異の身体能力にあります。スピードを活かした上手いドリブルと優れたキック力による無回転シュートも素晴らしいですが、何といっても打点の高いヘディングです。その到達点は244cmのサッカーゴールマウスをはるかに超える305cmとされていま。

身長187cmから考えると、100cm以上は飛んでいることになります。今季もセリエAで19試合に出場し、すでに14得点で得点王争いでトップを走る優れたフォワードです。しかし92本のシュートを放っていることから決定力は今一つといえます。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第5位

ハリー・ケイン

狩人 on Instagram: “#ハリーケイン” (66375)

プロフィール

国籍 イギリス
生年月日 1993年7月28日生まれ
出身地 ロンドン ウォルサム・フォレスト区
身長 188cm
体重 86kg
在籍チーム トッテナム・ホットスパーFC
ポジション FW
経歴 2010-:トッテナム・ホットスパーFC
2011-:レイトン(レンタル)
2012-:ミルウォール(レンタル)
2012-2013:ノリッジ(レンタル)
2013:レスター(レンタル)

安定感抜群のストライカー

イギリスで人気のハリー・ケインは188cm、86kgという恵まれた体格を活かしたイングランド代表の不動のフォワードで、トッテナム・ホットスパーに所属するストライカーです。そのハリー・ケインのすごいところは、プレミアリーグで、2014-15シーズンから4シーズン連続で20得点以上を記録する安定感にあります。2016-17シーズン35得点、2017-18シーズンで41得点と2シーズン連続でプレミアリーグ得点王に輝いている正真正銘の世界最強のフォワードといえます。

優れたボールコントロール技術の持ち主

ハリー・ケインはサッカー界の中では大柄にもかかわらず、南米選手にも負けず劣らずのボールコントロール技術を持ち合わせています。その巧みなボールコントロールテクニックでペナルティエリア内で数人をかわしてシュートまでもっていくシーンを幾度となく見たことがある方も多いかと思います。

そんなハリー・ケインのサッカープレミアリーグ2018-19シーズンも21試合を経過した時点で14得点とプレミアリーグ得点ランキング1位で、4アシストを記録する活躍を見せています。ハリー・ケインは2019年の世界最高のフォワードに等しいサッカー選手の1人です。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第4位

ルイス・スアレス

9大和9 on Instagram: “#バルセロナ#スアレス#サッカー” (66361)

プロフィール

国籍 ウルグアイ スペイン
生年月日 1987年1月24日生まれ
出身地 サルト
身長 182cm
体重 85kg
在籍チーム FCバルセロナ
ポジション FW
経歴 2005-2006:ナシオナル・モンテビデオ
2006-2007:フローニンゲン
2007-2011:アヤックス
2011-2014:リヴァプール
2014-:バルセロナ

世界最高のストライカー

バルセロナのスアレスが世界最高峰のストライカーとされる所以は、エールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガエスパニョーラの世界3大リーグで得点王を獲得した点にあります。サッカーリーグにはそれぞれ、フィジカルを重視したリーグや、ポゼッションを主体としたリーグなど様々な特徴がありますが、スアレスは、どのようなサッカースタイルでも得点を獲ることができることを証明したといえます。

スアレスがこのように得点を量産できる理由は、フォワードとしての素晴らしいオフザボールの動き方にあります。オフザボールの動き方が上手いことでは有名で、ディフェンスの最終ラインとのかけ引き、パスを出してからの動き出しなど、どれをとっても素晴らしいものがあります。

強靭なフィジカルを誇る世界屈指のフォワード

サッカーにおいて抜群なオフザボールの動き出しだけではなく、スアレスは強靭なフィジカルの持ち主としても有名です。180cm代後半の大きな身体で壁となる相手ディフェンスをものともせず、スアレスはどのようなぶつかり合いにも倒れることがありません。そしてどのような体制でもシュートまでもっていく泥臭さを兼ね備えます。

そんなスアレスは2018-19シーズンでも17試合に出場した段階で12得点とリーガエスパニョーラの得点ランキングでメッシに次ぐ2位につけています。さらに4アシストを決めており、今シーズンも正にサッカー界の世界屈指のフォワード級の活躍を見せています。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第3位

ネイマール

あきら on Instagram: “#パリ・サンジェルマン#ネイマール” (66352)

プロフィール

国籍 ブラジル
生年月日 1992年2月5日生まれ
出身地 モジ・ダス・クルーゼス
身長 174cm
体重 68kg
在籍チーム パリ・サンジェルマンFC
ポジション FW
経歴 2007-2013:サントス
2013-2017:バルセロナ
2017-パリ・サンジェルマン

ピッチの上の魔法使い

ブラジルで人気のネイマールは元々サントス時代はフォワードというよりは1.5列目やトップ下を得意とし、ブラジル人らしいサンバのようなリズミカルなドリブルで相手ディフェンスを翻弄し、変幻自在なドリブルやパスを魔法使いに例えられ、ピッチ上の魔法使いという異名をとります。そして2012年シーズンから本格的にフォワードとしての才能を発揮し始め、抜群の得点力を発揮するようになります。

2013-14シーズンから強豪バルセロナへ移籍し、得点力に優れた選手が多いことから、やや得点数が落ちますが、パリサンジェルマンに移籍した2017-18シーズンでは再びフォワードとして得点を量産し、リーグアン年間最優秀選手に輝く活躍を見せています。

エムバペとの最強フォワードコンビ

パリサンジェルマンに移籍したネイマールは再び最強のフォワードとして周囲を寄せ付けない存在となり、2018-19シーズンでもエムバペとの最強フォワードコンビを結成し、驚異のオフェンス力で快進撃を続けています。12試合を消化した時点でリーグアンの得点王を突き進むエムバペに対してネイマールは12試合出場で11得点と得点数ではリーグ4位につけています。

12試合で11得点ですから、ほぼ1試合に1点は計算できることになり、エムバペと2人で2点は計算できることになります。魔法使いのようなドリブルとスピードで2018-19シーズンも最強フォワードとしての活躍を見せることは間違いありません。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第2位

リオネル・メッシ

きままなクレの日常 on Instagram: “インスタ始めてみました🤗 もしよろしければ、ブログの方も見ていただけると嬉しいです。そこそこ頑張って書いてるやつもあるので、、 プロフィールのとこにリンクを貼ってあります。  Thank you for visiting my instagram!  If you don't…” (66344)

プロフィール

国籍 アルゼンチン スペイン
生年月日 1987年6月24日生まれ
出身地 ロサリオ
身長 170cm
体重 72kg
在籍チーム FCバルセロナ
ポジション FW/MF
経歴 2003-2004:バルセロナC
2004-2005:バルセロナB
2004-:バルセロナ

オフェンスなら何でもできるオールラウンドな最強フォワード

世界的にも人気で有名な、サッカーバルセロナで主に右のウイングとしてオフェンスの核になるメッシは、オフェンスなら何でもできる伝説のオールラウンドな最強フォワードです。ボールを持てば中に、外にと得意のドリブルで突破を試み、決定機を生み出すキラーパスを出したと思えば、自らシュートを狙える最高のフォワードです。

特にサッカーのフォワードに求められる得点力はずば抜けており、バルセロナに所属した2004-05シーズンから2017-18シーズンまで通算637試合に出場して552得点という1試合平均0.86点という驚くべき得点力を誇る最強のフォワードです。

2018-19シーズンも変わらぬ得点力を発揮

世界最高とされるサッカー選手の呼び声高いメッシですが、リーガエスパニョーラ2018-19シーズンもその得点力は発揮されており、16試合出場時点で16得点とリーグ1位を独走、さらに10アシストというずば抜けた得点力だけではなく、アシストでもチームの得点に絡んでいることがよくわかります。そしてメッシのフォワードとしての活躍に乗じて、チームも首位を独走しています。メッシは正に世界トップクラスの優れたフォワードということに異論はないはずです。

サッカーのフォワード選手 世界ランキング第1位

キリアン・エムバペ

yushin on Instagram: “疾風のムバッペー!(^-^)この速さは誰にも止められない‼️キック力もすごいしパリで頑張れ!#ムバッペ #疾風 #サッカー好き #サッカー好きな人と繋がりたい #サッカー #パリサンジェルマン #フランス #強い#いいね返し” (66334)

プロフィール

国籍 フランス カメルーン
生年月日 1998年12月20日生まれ
出身地 パリ19区,及びパリ近郊ボンディ
身長 178cm
体重 78kg
在籍チーム パリ・サンジェルマンFC
ポジション FW
経歴 2015:モナコB
2015-2018:モナコ
2017-2018:パリ・サンジェルマン(レンタル)
2018-:パリ・サンジェルマン

伝説のアルゼンチン戦 衝撃の世界デビュー

エムバペが世界に衝撃を与えたのが2018年に行われたワールドカップロシア大会でした。このワールドカップロシア大会にフランス代表の10番を背負って出場したエムバペは、ベスト8入りをかけた決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンと対戦し、いきなり得意のスピードを生かしたドリブルでアルゼンチン守備陣を翻弄しました。

その衝撃の場面は前半11分、自陣ペナルティエリア付近でボールを奪うとワンタッチで2人を置き去りにし、加速しながら65メートルを独走、アルゼンチンペナルティエリアに進入し、DFロホからチャージを受けてPKを奪います。その間わずか6タッチで7秒という速さ。伝説となったエムバペが世界最強のフォワードの1人と認められた瞬間でした。

世界最速のフォワード

エムバペの驚異は何と言っても、驚異の時速44.7キロというトップスピードで、平均時速でも時速36キロという原付バイクの法定速度よりも速いスピードにあります。その有名で伝説的なスピードを2018-19シーズンでもフランスサッカーのリーグアンでいかんなく発揮し、優れたオフェンス力でチームは首位を快走中です。

そんなエムバペは12試合を消化した時点で13得点というフォワードとしては文句の無い素晴らしい決定力でチームの勝利に貢献しています。エムバペは1試合に1点以上は計算できる世界最高の人気を誇るフォワードといっても過言ではありません。

2019年版サッカー 最強のフォワード まとめ

11 三浦カズノコ オフィシャル (ものまね師) on Instagram: “三浦カズノコが選んだW杯ロシア大会のベストショットNo.1世代交代と言うより、スター選手の継承‼#メッシ #エムバペ #ベストショット #スター選手の継承あと、個人的にはやっぱりモドリッチ(クロアチア 背番号10)最高です‼” (66425)

2019年版サッカー 最強フォワードはエムバペです。若干20歳という若さながら、優れたスピードと冷静な判断力と決定力を兼ね備えたエムバペは正に世界最強のフォワードとして2018-19シーズンでも躍動することでしょう。また、メッシも年齢的な衰えを全くみせず、まだまだエムバペには負けないという得点力を見せつけています。リーグは違えど、両者の対決を望むサッカーファンも多いのではないでしょうか。直接対決はなかなか実現しませんが、想像の中で思いめぐらせるのが逆に良いのかもしれません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。