Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーの日本代表の歴代...
サッカーの日本代表の歴代レジェンドランキングと歴代ベストイレブンとは?

サッカーの日本代表の歴代レジェンドランキングと歴代ベストイレブンとは?

サッカーの日本代表の歴代レジェンドとは、日本代表として優れた功績を残してきた選手です。サッカーのレジェンドランキングには中田英寿や釜本邦茂、奥寺康彦などがあげられます。歴代ベストイレブンとは、日本代表の歴代レジェンド達による最強チームのことです。

2021.12.16 サッカー

サッカーの日本代表選手とは?

Login 窶「 Instagram (152109)

サッカー日本代表選手とは、1998年のワールドカップ初出場以来6大会連続で出場し、2002年・2010年・2018年に決勝トーナメント進出を果たした選手たちのことです。

過去に活躍したサッカー日本代表選手では、三浦知良・ラモス瑠偉・中山雅史などのドーハの悲劇を体験したメンバーや、日本代表を初めてワールドカップに導いた中田英寿が有名です。

サッカーの日本代表歴代のレジェンドランキング

15位:澤登正朗 ミスターエスパルス

Login 窶「 Instagram (150618)

生年月日 1970年1月12日
出身地 静岡県富士宮市
身長/体重 170cm/66kg
ポジション MF
クラブ経歴 1993-2005:清水エスパルス
日本代表歴 1988:U-20
1989-1992:U-2
1993-2000:A代表
澤登正朗は、東海大一高時代から注目されていた選手で、東海大学卒業後にJリーグの清水エスパルスへ入団しました。2005年に引退するまで清水エスパルス一筋を貫き通したことから、ミスターエスパルスと呼ばれています。

U-20時代から日本代表に選出された澤登選手は、1993年の清水エスパルス入団と同時にフル代表に選手され、背番号10を背負いました。国際Aマッチに16試合出場し、3得点を記録しています。

14位:三都主アレサンドロ スピードスター 

Login 窶「 Instagram (150622)

生年月日 1977年7月20日
出身地 ブラジルマリンガ
身長/体重 178cm/69kg
ポジション MF/DF
クラブ経歴 1997-2003:清水エスパル
2004-2009:浦和レッズ
2007:レッドブル・ザルツブルク(loan)
2009-2012:名古屋グランパス
2013〜:栃木SC,FC岐阜など
日本代表歴 2002-2006:A代表
ブラジル生まれの三都主アレサンドロは、明徳義塾高サッカー部から清水エスパルスへ入団しました。持ち前のドリブルを活かして左サイドのスペシャリストとして活躍した三都主選手は、スピードスターの異名を持っています。

三都主選手は、2001年に日本国籍を取得しています。2002年から2006年までサッカー日本代表のサイドバックで活躍し、日韓大会・ドイツ大会の2度のW杯出場に大きく貢献しました。

13位:中澤佑二 ボンバーヘッド

Login 窶「 Instagram (150629)

生年月日 1978年2月25日
出身地 埼玉県吉川市
身長/体重 187cm/78kg
ポジション DF
クラブ経歴 1996-1997:アメリカFC
1999-2001:V川崎
2002-2018:横浜F・マリノス
日本代表歴 2000:U-23
1999-2010:A代表
中澤佑二は、無名の埼玉県立高校卒業後にブラジルへサッカー留学した経験を持つ苦労人です。東京ヴェルディで練習生から這い上がり、ポジションを掴んだあと、横浜F・マリノスへ移籍しました。

1999年9月8日の親善試合でフル代表デビューし、フィジカルの強さとヘディングの上手さを武器にセンターバックで活躍しました。中澤選手は、イギリスメディアが選ぶ21世紀の日本代表ベストイレブンに選出されています。

12位:中村俊輔 ファンタジスタ

Login 窶「 Instagram (150651)

生年月日 1978年6月24日
出身地 神奈川県横浜市戸塚区
身長/体重 178cm/71kg
ポジション MF
クラブ経歴 1997-2002:横浜F・マリノス
2002-2005:レッジーナ
2005-2009:セルティック
2009-2010:エスパニョール
2010-2016:横浜F・マリノス
2017-2019:ジュピロ磐田
2019-:横浜FC
日本代表歴 1996-1997:U-19/20
1998-2000:U-21/22-23
2000-2010:A代表
中村俊輔は、史上初の2度のJリーグMVP受賞者です。アジアカップやスコットランドリーグでもMVPを受賞しています。プレースキックの上手さと優れた技術力でファンタジスタと呼ばれるようになりました。

2000年から日本代表サッカーA代表に選出され、背番号10を背負い、W杯南アフリカ大会メンバーとしてベスト16入りに貢献しました。現在まで通算98試合に出場し、24得点をあげています。

11位:前園真聖 日本のジョージ・ベスト

Login 窶「 Instagram (150662)

生年月日 1973年10月29日
出身地 鹿児島県薩摩郡東郷町
身長/体重 170cm/68kg
ポジション MF/FW
クラブ経歴 1992-1996:横浜フリューゲルス
1997-2002:ヴェルディ川崎
2003:安養LGチータース
2004:仁川ユナイテッドFC
日本代表歴 1995-1996:U-23
1994-1997:A代表
前園真聖は、柔らかいファーストタッチから緩急の鋭いステップを活かしたドリブルで相手をかわし、鋭いシュートやラストパスを供給する技術が、まるで英国のジョージ・ベスのようだと例えられるほどの実力選手です。

アトランタオリンピックでキはキャプテンをつとめ、ブラジルを破る大金星をあげたことから、マイアミの奇跡の立役者となりました。
ジョージ・ベスト
ジョージ・ベストは、イギリスのベルファスト出身の北アイルランド代表だったサッカー選手です。MFやFWで活躍したジョージ・ベストは、マンチェスター・ユナイテッド在籍時代には11シーズンで2回の優勝を果たし、1968年には史上最年少でバロンドールを受章するなどの輝かしい成績を収めています。

10位:木村和司 伝説のフリーキック

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Login 窶「 Instagram (150678)

生年月日 1958年7月19日
出身地 広島県広島市南区
身長/体重 168cm/64kg
ポジション MF/FW
クラブ経歴 1981-1992:日産自動車
1992-1994:横浜マリノス
日本代表歴 1979-1987:A代表
木村和司は、日産自動車の司令塔として背番号10を背負い、抜群のボールコントロールを武器に活躍しました。芸術的に上手いフリーキックの持ち主で、直接フリーキックで数多くのゴールを奪っています。

1986年のW杯メキシコ大会アジア東地区最終予選で韓国と対戦したときにゴール正面約25mから決めたフリーキックの功績は、後世まで語り継がれています。
魔術師
木村和司は、フリーキックのときの精密機械のような正確なボールコントロールと急激にカーブを描く鋭さが評価され魔術師と呼ばれるようになり、リーグ戦や国際試合で数々の功績を残しました。現在はフリーキックといえば中村俊輔が知られていますが、1900年代は木村和司が1番有名でした。

9位:中山雅史 日本人ワールドカップ初ゴール

Login 窶「 Instagram (150700)

生年月日 1967年9月23日
出身地 静岡県志太郡岡部町(現藤枝市)
身長/体重 178cm/72kg
ポジション FW
クラブ経歴 1990-1993:ヤマハ発動機
1994-2009:ジュピロ磐田
2010-2012:コンサドーレ札幌
2015-:アスルクラロ沼津
日本代表歴 1990-2003:A代表
中山雅史は、元日本代表でJリーグ創立時からジュピロ磐田のエースストライカーで活躍してきました。Jリーグでは、MVPに1回、得点王に2回に輝き、国際試合での最短ハットトリックのギネス記録も持っています。

中山選手は、1998年のフランス大会のメンバーに選ばれ、ジャマイカ戦でW杯日本人歴代初ゴールを決めたことで、歴史に名を刻みました。
多くの記録保持者
中山雅史は数多くの歴代記録の持ち主です。Jリーグでは最多得点と最年長記録、ワールドカップでは日本代表初ゴール、国際試合で最短ハットトリック記録を持ちます。2016年に佐藤寿人に抜かれるまでは、J1通算最多得点記録も保持していました。

8位:ラモス瑠偉 闘将

Login 窶「 Instagram (150719)

生年月日 1957年2月9日
出身地 ブラジルリオデジャネイロ
身長/体重 181cm/71kg
ポジション MF
クラブ経歴 1975-1977:サージFC
1977-1996:読売クラブ/ヴェルディ川崎
1996-1997:京都パープルサンガ
1997-1998:ヴェルディ川崎
日本代表歴 1989-1995:A代表
ブラジルリオデジャネイロ出身のラモス瑠偉は、1977年に来日すると読売クラブに加入、Jリーグ創立時には三浦知良や北澤豪らとともにヴェルディ川崎の優勝に貢献しました。

1989年に日本に帰化し、同年に日本代表に選出されると、激情しながら選手を鼓舞する姿から闘将の異名がつけられました。W杯への出場は叶いませんでしたが、間違いなく後の日本サッカーに影響を及ぼした選手であると称えられています。
ベストイレブン8回
ラモス瑠偉は、JSL時代やJリーグ時代を含めてトータルで8度のベストイレブンに輝くなど、大きな活躍を残した日本有数の司令塔です。

7位:井原正巳 アジアの壁

Login 窶「 Instagram (150752)

生年月日 1967年9月18日
出身地 滋賀県甲賀市
身長/体重 182cm/74kg
ポジション DF
クラブ経歴 1990-1992:日産自動車
1993-1999:横浜マリノス
2000:ジュピロ磐田
2001-2002:浦和レッズ
日本代表歴 1988-1999:A代表
井原正巳は、横浜マリノスのDFで活躍した選手で、鉄壁の守備からアジアの壁の異名を持っています。判断力やフィジカル、鋭い読みなど、DFに求められる要素を全て備えた井原は、Jリーグ史上歴代最高DFと呼ばれています。

井原選手は、遠藤保仁に抜かれるまではA代表キャップ数は122で歴代1位を誇り、長期に渡り日本代表として活躍しました。
日本のリベロ
1990年代に世界でリベロが活躍が目立ちはじめたことで、日本サッカーにリベロ待望論が沸き起こりました。当時活躍していた井原選手は、後の日本のリベロの下地を作ったとされています。しかし、現在では世界のサッカー戦術も変化し、リベロを採用する国やチームが減少してしまいました。

6位:川口能活 炎の守護神

Login 窶「 Instagram (150772)

生年月日 1975年8月15日
出身地 静岡県富士市
身長/体重 180cm/77kg
ポジション GK
クラブ経歴 1994-2001:横浜F・マリノス
2001-2003:ポーツマスFC
2003-2004:FCノアシェラン
2005-2013:ジュピロ磐田
2014-2015:FC岐阜
2016-2018:SC相模原
日本代表歴 1995-1996:U-23
1997-2010:A代表
川口能活は、清水商業時代から将来のサッカー日本代表GK候補として注目を集めていました。横浜F・マリノスへ入団後は優れたキャプテンシーを発揮し、逆境に強い点が評価されて炎の守護神の異名で呼ばれていました。

川口選手は、国際Aマッチ出場数は歴代3位、GKでは歴代1位の116試合を誇り、日本のサッカー史上で最も長い期間代表ゴールを守り続けました。
大舞台に強いメンタルの持ち主
川口能活は、大舞台に強いメンタルを持つと高く評価されています。国際Aマッチでも幾度となくPKを阻み、無双状態に入ると神がかり的な活躍を見せてきました。日本代表GKは数多く存在しますが、川口能活には、ほかのGKにはない特別なオーラを感じるという選手が多数存在します。

5位:小野伸二 天才と呼ばれたプレイヤー

Login 窶「 Instagram (150785)

生年月日 1979年9月27日
出身地 静岡県沼津市
身長/体重 175cm/76kg
ポジション MF
クラブ経歴 1998-2001:浦和レッズ
2001-2005:フェイエノールト
2006-2007:浦和レッズ
2008-2009:VfLボーフム
2010-2012:清水エスパルス
2012-2014:ウェスタン・シドニー
2014-2019:北海道コンサドーレ札幌
2019-:FC琉球
日本代表歴 1998-2008:A代表
小野伸二は、天才と呼ばれた歴代最高の選手です。ボールコントロールが上手い小野選手は、左右両足から繰り出す精度の高いパスや誰も予想できないアンタッチャブルなプレーで周囲を驚かせました。

サッカー日本代表では、アジアカップ優勝やコンフェデレーションズカップ準優勝に貢献し、ドイツW杯に出場しています。小野選手は、世界大会とUEFAクラブ国際大会の全ての大会に出場した、歴代唯一の日本人サッカー選手です。
ベルベット・パス
小野伸二は、受けてに優しく柔らかいパスを出すことから、一緒にプレーしている味方選手からの評価が高いことで有名です。小野伸二のパスは、日本ではエンジェルパス、オランダ移籍後はベルベット・パスと呼ばれて称されています。

4位:三浦知良 キング・カズ

Login 窶「 Instagram (150802)

生年月日 1967年2月26日
出身地 静岡県静岡市葵区
身長/体重 177cm/72kg
ポジション FW
クラブ経歴 1986:サントス
1986:パルメイラス
1986:マツバラ
1987:CRB
1987-1988:キンゼ・デ・ジャウー
1989:コリチーバ
1990:サントス
1990-1998:ヴェルディ川崎
1994-1995:ジェノア(loan)
1999:NKディナモ・ザグレブ
1999-2000:京都パープルサンガ
2001-2005:ヴィッセル神戸
2005-:横浜FC
2005:シドニーFC(loan)
日本代表歴 1990-2000:A代表
カズこと三浦知良は、日本サッカーの普及に大きな影響を与えた選手です。Jリーグ創設時、サッカー選手の名前を聞かれてカズの名を知らない日本人は皆無といえるほど有名でした。

知名度の高い三浦知良は、日本サッカーの広告塔となり、多くのファン獲得に成功しました。日本代表のエースストライカー​で長きに渡り君臨し続けたカズは、正にキングの名に値するレジェンドです。
キングの由来
キングの名前の由来は、1993年にドーハでおこなわれたW杯アメリカ大会のアジア最終予選での上手いパフォーマンスを評価し、地元ガルフ・タイムズ紙が大見出しでKING KAZUと報じたことです。

3位:奥寺康彦 欧州第1号

Login 窶「 Instagram (150806)

生年月日 1952年3月12日
出身地 秋田県鹿角市
身長/体重 177cm/75kg
ポジション FW/MF/DF
クラブ経歴 1970-1977:古河電工
1977-1980:ケルン
1980-1981:ヘルタ・ベルリン
1981-1986:ブレーメン
1986-1988:古河電工
日本代表歴 1970-1987:A代表
奥寺康彦は、1970年代から1980年代の日本サッカーを牽引したレジェンドです。自慢のスピードを活かし、FWからDFまで、GK以外ならどこでも対応できる史上最高の万能型プレイヤー​でした。

奥寺選手は欧州でプレーした日本人第1号で、当時世界最高峰といわれたドイツ・ブンデスリーガで活躍していました。日本代表の一員として国際Aマッチに32試合出場し、19得点をあげています。
東洋のコンピューター
奥寺は、瞬時に状況判断をおこない試合をコントロールする能力を備えているためGK以外の全てのポジションをこなせることから、ドイツで東洋のコンピューターと呼ばれていました。

2位:釜本邦茂 メキシコオリンピック得点王

Login 窶「 Instagram (150818)

生年月日 1944年4月15日
出身地 京都府京都市右京区太秦
身長/体重 179cm/79kg
ポジション FW
クラブ経歴 1967-1984:ヤンマーディーゼル
日本代表歴 1962-1963:ユース
1964-1977:A代表
釜本邦茂は、左右両足・ヘディングなどのあらゆる形からゴールを狙える万能型のフォワードです。1968年のメキシコオリンピックでは7得点を挙げて得点王に輝き、日本を銅メダルに導きました。

釜本選手は、日本代表のエースストライカーとして76試合に出場し、驚異の歴代最多75得点をあげる活躍を見せています。日本リーグベストイレブンに14回も輝いた釜本選手は、日本史上最強選手​と称されています。
得点だけではない釜本の凄さ
釜本は日本代表フォワードで歴代最多の75得点をあげていますが、得点だけではなく、アシストでも凄さをみせつけています。日本サッカーリーグでは7度の得点王に輝くとともに、3度のアシスト王のタイトルも獲得しています。

1位:中田英寿 日本人最高プレイヤー

Login 窶「 Instagram (150822)

生年月日 1977年1月22日
出身地 山梨県甲府市
身長/体重 175cm/72kg
ポジション MF
クラブ経歴 1995-1998:ベルマーレ平塚
1998-2000:ペルージャ
2000-2001:ASローマ
2001-2004:パルマ
2004:ボローニャ(loan)
2004-2006:フィオレンティーナ
2005-2006:ボルトン(loan)
日本代表歴 1991-1993:U-17
1994-1995:U-20
1995-2000:U-23
1997-2006:A代表
中田英寿は、1998年にセリエAに移籍して大活躍し、海外で最も成功した日本人サッカー選手と呼ばれています。日本代表では1996年のアトランタオリンピックに出場し、翌年からA代表としてレギュラーに定着しました。

中田選手は、本田圭佑のフィジカルと香川真司のテクニックを併せ持ち、日本代表監督の構想から外れることなく日本代表の中心選手として活躍したことからレジェンドランキング最高プレイヤーと言われています。
引退の理由
中田英寿は、29歳でむかえた2006年ワールドカップドイツ大会でグループリーグ敗退が決まると、好きなサッカーが楽しめなくなったことを理由に突然引退を表明して世間を驚かせました。数年後には、現役復帰する可能性があったことを認めています。

サッカーの日本代表の歴代ベストイレブンとは?

 (152070)

GK 川口能活
SB 井原正巳
SB 松田直樹
LSB 長友佑都
RSB 奥寺康彦
OMF ラモス瑠偉
OMF 中田英寿
LMF 小野伸二
RMF 中村俊輔
FW 三浦知良
釜本邦茂
サッカーの日本代表の歴代ベストイレブンとは、各ポジションの歴代ナンバーワンのレジェンド選手を選出した日本代表夢の最強チームのことです。

各ポジションで目覚ましい活躍を見せ、日本サッカーに大きな功績を残してきたレジェンド選手が歴代ベストイレブンに選出されました。

ゴールキーパー 

Login 窶「 Instagram (154079)

ベストイレブンのゴールキーパーに選ばれた選手は、川口能活です。1996年アトランタオリンピックでのマイアミの奇跡を実現した神がかったセービングは、日本に限らず世界のサッカーファンを驚かせました。

ブラジルの波状攻撃に対しても好セーブを連発し、強豪のブラジルを完封しています。2004年のアジアカップ準々決勝でのヨルダン戦でPKを連続で阻止すると、と崇められました。

センターバック

Login 窶「 Instagram (152110)

センターバックに選ばれた選手は、井原正巳と松田直樹です。両者とも横浜F・マリノスのセンターバックで、松田は井原の後継者として期待され、井原以上の存在感を発揮した最強DFです。

松田直樹は、2011年に34歳の若さで急死していますが、闘争心あふれるプレーは、スペイン代表DFで活躍するセルヒオ・ラモスを彷彿とさせるものでした。

サイドバック

Login 窶「 Instagram (152111)

サイドバックに選ばれた選手は、インテルで活躍した長友佑都と、レジェンドの奥寺康彦です。長友は2008年から日本代表の左サイドバックのポジションに君臨し、W杯出場に大きく貢献してきた優れたサッカー選手です。

奥寺康彦はFWからDFまでオールラウンドに活躍することができ、攻撃参加が求められるサイドバックではトップクラスのレジェンドを確立しているため、最強イレブンに欠かせません。

オフェンシブミッドフィルダー

Login 窶「 Instagram (154080)

オフェンシブミッドフィルダーに選ばれた選手は、ラモス瑠偉と中田英寿のレジェンドコンビです。ラモス瑠偉は、オフトジャパンで背番号10を背負った司令塔で柔らかなボールタッチと創造力あふれるパスセンスでチャンスを生み出してきました。

中田英寿は、代名詞であるキラーパスを武器に世界のトップレベルで戦い続けてきました。両者は、試合の流れを変えることができる日本最強のオフェンシブミッドフィルダーです。

サイドハーフ

Login 窶「 Instagram (154081)

サイドハーフに選ばれた選手は、天才と呼ばれた小野伸二とファンタジスタの中村俊輔です。小野伸二は類まれなボールコントロール能力から変幻自在のパスを繰り出し、創造力あふれるプレーが特徴です。

中村俊輔は、サイドから中央に切れ込んでシュートとパスのどちらも狙える日本屈指のレフティーで、両者とも日本サッカー界でトップクラスの技術を持ちあわせています。

フォワード

Login 窶「 Instagram (154086)

フォワードに選ばれた選手は、三浦知良と釜本邦茂の両レジェンドです。三浦知良は、持ち前のドリブルテクニックからゴールを奪うストライカーで、長きにわたり日本代表のフォワードに君臨してきました。

釜本邦茂は両足から放たれる豪快で正確なシュートでゴールを量産してきたフォワードです。両者とも日本最強のストライカーと呼ばれています。

サッカー日本代表歴代レジェンド&ベストイレブン まとめ

Login 窶「 Instagram (152112)

サッカー日本代表歴代レジェンドランキング1位の中田英寿は、海外で最も成功したプレイヤーで、後の長友や香川、本田といった日本人選手の海外移籍を後押しした存在です。

ランキング2位の釜本邦茂は、サッカー日本代表をオリンピック銅メダルへと導いた史上最強フォワードです。日本代表のバトンは、釜本邦茂や奥寺康彦から三浦知良、中田英寿と現代に受け継がれ日々成長し続けています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。