2019年4月21日 更新

サッカーのゴールキーパーのポジショニングの重要性とセービング方法

サッカーのゴールキーパーのプレーにおいて、そのポジショニングはかなり重要な要素となっています。そのポジショニングとセービング方法の基礎と、サッカーにおける各シーンでのポジショニングやセービング方法の紹介。さらに、その練習方法の例も紹介しています。

18,265 view お気に入り 0

クロスボールへの対応

クロスボールへ対応するためのポジショニング

サッカーにおけるクロスボールに対応する場合、味方や相手の位置、ボールの軌道等、いつもより考慮する点が増えますが、ボールの位置を見てポジションを取るという点ではシュートへの対応と同じです。ただし、クロスボールに対応する際にもっとも重要なことは、クロスボールが相手の誰に向けてあがるのかを確認することです。したがって、ボールばかり見るのではなく、なるべくサッカーコート全体から俯瞰で相手側の選手を見れるように練習するのがクロスボールへの対応が上手くなるコツです。また、クロスボールへの対応時には、クロスボールが蹴られるまで動かないようにし、また、自分の飛び出しの距離(自分がどのくらいの距離なら飛び出せるか)を判断し予測しておくようにトレーニングから心がけましょう。この判断によってクロスボール対応のためのポジショニングが決まります。

クロスボールへ対応するための基本姿勢

Soccer Game Sport · Free photo on Pixabay (38273)

クロスボールへのポジショニングが正確であり、ボールの落下地点にきちんと入れたら、次はそのボールを確実にセービングするための姿勢を取る必要があります。まず、クロスボールの落下地点には出来る限りまっすぐボールの中心に入るようにし、ジャンプする際には助走を活かして片足ジャンプするようにしましょう。片足を上げていれば、FWと競り合ったとしても自分の身体を守ることができます。そして、クロスボールに対応する場合には「オーケー!」などの声を出して飛び出すようにし、味方との接触をなるべく避けるようにしましょう。これは、トレーニング時から心掛けておくようにすれば実際の試合でもスムーズに対応できるようになります。

クロスボールに対するセービング方法

 (38282)

サッカーにおいてクロスボールをサッカーのゴールキーパーがセービングする場合、もちろんキャッチしてその後にマイボールにすることが最良です。
ただし、キャッチできないという場合もあるため、その場合はパンチングでとりあえずピンチを回避します。キャッチを選択した場合、相手側のFWとの接触のリスクまで考慮していなかったことによるキャッチミスでボールをこぼし、そのまま失点するということもサッカーではよくあります。これを防ぐためにパンチングによるセービングを選択するのですが、その際、ボールを弾く場所はゴールから遠く、人がいないスペースに弾くということが基本です。また、味方のいる場所、サイドライン等に弾くのも良いですが、不可能な場合はコーナーキックに逃げるということも考えましょう。
さらに、サッカーにおいては素早いカウンター攻撃を行いたいという場面も多くあるため、パンチングで味方へのパスを行うということも非常に有効です。ただ、なかなか難易度は高いため、普段のトレーニング時から意識し、パンチング技術を上達させておくことが必要です。

クロスボールへの対応に重要な空間認知力

空間認知力とは空中にあるサッカーボールがどこに落下してくるかを予測する能力のことです。野球における外野フライ等の捕球の際に問われることの多い能力ですが、サッカーにおいてもゴールキーパー技術の上達には非常に重要な能力です。特にクロスボールへの対応については、そのボールが空中のどこにあり、どのタイミングで、どこに落ちてくるかを一瞬で判断しなくてはいけません。そのため、この空間認知力の高さが問われるのですが、最近の子供たちはこの空間認知力が昔と比べて落ちているのではないかといわれています。
その理由として、最近の子供たちは昔と比較して野球やソフトボールをしなくなったことが原因ではないかといわれているようです。したがって、クロスボールの対応が苦手という方は、サッカーだけではなく、野球でフライ等の捕球をするトレーニングをして空間認知能力を上達させるということも、クロスボールの対応が上手くなるコツかもしれません。

サッカーのフリーキック、コーナーキックへの対応

サッカーのフリーキック時のポジショニング

サッカーのフリーキックにおいて、ゴールキーパーはまず、フリーキックのシュートコースを断ち、直接シュートをされないようにする必要があります。そのために、サッカーのゴールキーパーはサッカーゴールの中央にポジショニングし、ボールが見えなくならないように壁を作ります。この際に、ゴールキーパーはサッカーゴールの半分程度のシュートコースはカバーできるぐらいを目安にして明確な指示を出し、素早く壁を作りましょう。壁の位置はサッカーゴールの片側のポストからもチェックし、シュートコースをちゃんと断っているか確認する必要があります。その後、壁でカバーしていないコースにポジショニングするようにします。

サッカーのフリーキックに対するセービング方法

 (38283)

フリーキックは前述の壁の上をカーブしてくることも考えられます。そのシュートコースは常にイメージしておくようにし、セービングの準備を整えておくようにしましょう。また、サッカーのフリーキックでは壁の足元を狙ってくるような、低空のシュートが飛んでくる場合もあります。そのような場合は、強烈なシュートがゴールキーパーの手前でバウンドするようなこともあり、キャッチミスをしやすくなります。そのため、なるべくボールの飛んでくる軌道の正面に入り、身体の正面でキャッチするようにしましょう。そうすれば、もしキャッチミスをしたとしても身体にボールが当たるため、失点を防ぐことができます。

サッカーのコーナーキック時のポジショニング

Football Goal Goalkeeper · Free photo on Pixabay (38274)

サッカーのコーナーキックにおいて、サッカーのゴールキーパーはなるべく死角を作らないようにポジショニングする必要があります。サッカーのフィールドのコーナースポットに向かい合うようにポジショニングするのではなく、斜めに角度をとってポジショニングするようにし、自分から遠いサイドであるファーサイドから走り込んでくる相手側の選手に対しても飛び出して対応できるようにしましょう。また、サッカーのコーナーキックにおいては味方や相手側の選手が密集するため、マークが外れてしまうことも多々あります。そのため、サッカーのゴールキーパーは前述のようなポジショニングでなるべく全体を見渡せるようにし、適切なマーク指示を出せるようにトレーニングすることが重要です。

サッカーのコーナーキックに対するセービング方法

サッカーのコーナーキックにおいて、ゴール前にボールが入ってきた場合は、前述のクロスボールへのセービングと同様の対応をしましょう。また、サッカーのコーナーキックにおいて、自分に近いサイドであるニアサイドに速いボールが入ってきた場合、飛び出してもセービングするのは非常に難しくなります。そのため、この場所には味方のDFを立たせておくなどの対処が必要になります。ただし、ファーサイドにボールが入ってきた場合、逆に味方のDFが対処するのは難しいため、ゴールキーパーが飛び出し、責任もってセービングするようにトレーニングしましょう。

サッカーのゴールキーパーのポジショニング、セービングが上手くなるには

ポジショニングの練習方法

 (40374)

56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは?ポジションの役割など【サッカー用語解説】

サッカーのリベロとは、イタリア語で自由という意味の言葉で、最後尾でゴールを守ることから得点を奪うことまで幅広い役割を与えられています。リベロに求められる能力の高さと、戦術の進化によって、現代サッカーでは採用させる機会がなくなりつつあるポジションです。
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

onomine777 onomine777