Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 【熊本県】サッカー強豪の...
【熊本県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

【熊本県】サッカー強豪の中学校ランキング!強いサッカー部とは?

熊本県の中学サッカーは全国的に高いレベルで、全国大会で活躍した学校もあります。熊本県内では私立中学のルーテル学院の1強体制で2位以下は激戦の様相を呈し、人吉市立第ニ中学校や宇城市立小川中学校が王者奪還を狙っています。まだまだ発展途上の中学生同士の試合であるため波乱の展開も十分に起こりえます。

2021.12.16 サッカー

熊本県の中学サッカーとは?

熊本県の中学校のサッカーは全国的に高いレベルにあり、全国中学校サッカー大会で熊本勢の成績はベスト4入りが7回、準優勝が1回、優勝が3回です。熊本の中学で初めてベスト4入りしたチームは1978年の京陵中学校で、初優勝を達成したチームは1990年の砥用中学校で、2000年代ではルーテル学院中学校が04年と05年に連覇を達成しています。

熊本県の中学サッカーの情勢

熊本県の中学サッカーの情勢は、熊本市中央区のルーテル学院中学校の1強体制でライバルを大きく引き離す無類の強さを誇り、熊本県中学総体では2019年、2018年、2016年、2015年の大会で優勝しています。熊本県中学の2位争いは熾烈で、2017年熊本県中学総体で優勝を果たした人吉第二中学校や八代第一中学校がひしめき合っています。

熊本県のサッカー強豪の中学ランキング第10位

合志中学校

 (233859)

国公私立 公立
所在地 熊本県合志市豊岡955番地
大会成績 2019年:熊本県中学校総合体育大会 ベスト8
2020年:熊本県熊本県中学校U-14サッカー大会 1回戦敗退
合志中学校サッカー部は地区予選を勝ち抜き県大会に出場し、県内では中堅の位置につけています。2017年にはサッカーの名門大津高校出身で大津高校サッカー部のコーチの経験があり、日本高校選抜コーチも務めた佐藤監督がサッカー部を率いていました。佐藤監督の指導で2018年には県大会を勝ち抜き九州大会に出場、2019年中学総体、2020年度の新人戦も県大会に出場しています。

熊本県のサッカー強豪の中学ランキング第9位

松橋中学校

 (233504)

国公私立 公立
所在地 熊本県宇城市松橋町松橋522−1
大会成績 2019年:宇城地区中学校総合体育大会 優勝
2019年:熊本県中学校総合体育大会 3位
宇城市立松橋中サッカー部は、力をつけてきているチームで、強豪ひしめく宇城地区で2019年度宇城地区中学校総合体育大会を優勝し県大会に出場しました。

2019年度熊本県中学校総合体育大会では、1回戦で水俣第一中を3対0で下し、準々決勝では託麻中学との接戦を3対2で制しベスト4に進出しました。準決勝は、名門中学のルーテル学院と対戦し3対0で敗退しています。

熊本県のサッカー強豪の中学ランキング第8位

出水中学校

 (236211)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市中央区出水5丁目3−3−1
大会成績 2019年:熊本市中学校総合体育大会 準優勝
2019年:熊本県中学校総合体育大会 3位
2020年:熊本市中学校サッカー新人戦大会 ベスト8
出水中学サッカー部は激戦区熊本市内に位置し、公立学校ながら2008年には中体連九州大会を優勝し全国大会に出場、2010年、2011年には新人戦県大会を連覇し、2012年には中体連県大会を優勝しています。サッカー部OBには熊本県のプロチームロアッソ熊本でプレーした甲斐敬介選手がいます。2019年度熊本市中学校総合体育大会では、固い守備で決勝まで無失点で勝ち上がりました。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第7位

託麻中学校

 (236222)

国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市南区出仲間6丁目4−1
大会成績 2019年:熊本市中学校総合体育大会 3位
2019年:熊本県中学校総合体育大会 ベスト8
2020年:熊本市中学校サッカー新人戦大会 準優勝
2020年:熊本県中学校U-14サッカー大会 ベスト8
託麻中は1047人の生徒が在籍し男子だけでなく女子のサッカー部もあります。託麻中サッカー部は部員数が多く分厚い選手層を誇る県大会常連校です。託麻中サッカー部は、学業とスポーツの両立をはかるため週休2日のスケジュールで練習しています。2019年度熊本市中体連では初戦のマリスト学園を9-0、3回戦の富合中学との打ち合いを3-2で制し、準々決勝は西山中を1-0で下し県大会出場を決めました。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第6位

北部中学校

 (236223)

国公私立 公立
所在地 熊本県熊本市北区鹿子木町1
大会成績 2019年:熊本市中学校総合体育大会 3回戦敗退
2020年:熊本市中学校サッカー新人戦大会 ベスト4
2020年:熊本県中学校U-14サッカー大会 ベスト4
北部中サッカー部の特徴は、全員で守り走るチームで、ボールを奪取後は、素早く前にボールを出すカウンター戦術が得意です。常に突出したタレントが存在するわけではありませんが、選手個々の能力は高く守備意識が高いチームです。2020年度の新人戦では県大会に出場し、持ち前の守備力を活かして初戦から3回戦をすべて1-0で制してベスト4進出を果たしました。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第5位

御船中学校

 (236224)

国公私立 公立
所在地  熊本県上益城郡御船町辺田見55
大会成績 2019年:上益城地区中学校総合体育大会 優勝
2019年:熊本県中学校総合体育大会 準優勝
2019年:九州中学校サッカー競技大会 1回戦敗退
御船中サッカー部は御ロングパス使った戦術を得意とし、攻撃を重視したアグレッシブに試合を展開します。上益城地区では強いチームの1つで九州大会出場の経験もあり、サッカー部OBにはロアッソ熊本のFW樋口叶選手がいます。力をつけてきているチームで2019年の中体連では県大会を勝ち抜き九州大会の切符を獲得しました。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第4位

八代市立第一中学校

 (233623)

国公私立 公立
所在地  熊本県八代市北の丸町1−29
大会成績 2018年:熊本県中学総合体育大会 準優勝
2018年:九州中学校サッカー競技大会 ベスト8
2019年:八代地区中学校総合体育大会 準優勝
八代市立第一中学サッカー部は学校を挙げて小中一貫連携教育を推進し、生徒同士の横のつながりが強くサッカー部も部員同士仲が良く、選手間の連携がよいチームです。八代市内の中学校で八代地区内では強いレベルにあり、連携を活かした攻撃で地区予選を勝ち抜いています。県大会常連校ですが、2019年度は同じ地区の八代第三中が台頭し県大会出場を逃していますが、2018年は県大会を決勝まで勝ち抜き九州大会に出場しています。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第3位

小川中学校

 (233624)

国公私立 公立
所在地 熊本県宇城市小川町南部田287−2
大会成績 2017年:熊本県中学校総合体育大会 準優勝 
2017年:九州中学校サッカー競技大会 ベスト8
2019年:宇城地区中学校総合体育大会 優勝
2019年:熊本県中学校総合体育大会 ベスト8
2020年:熊本県中学校U-14サッカー大会 ベスト8
小川中サッカー部は、選手1人1人の能力が高く守備意識が高いチームで、地区内には1990年に全国大会優勝を経験している砥用中や台頭してきた松橋中と県大会出場枠を争いながらも粘り強く勝ち抜いているチームです。2017年には中体連県大会で準優勝し、九州大会ではベスト8進出を果たしました。小川中サッカー部OBには元日本代表FWの巻誠一郎、巻佑樹、米原秀亮3名のプロサッカー選手がいます。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第2位

人吉市立第二中学校

 (236225)

国公私立 公立
所在地 熊本県人吉市上林町622
大会成績 2017年:熊本県中学校総合体育大会 優勝
2017年:九州中学校サッカー競技大会 ベスト4
2019年:熊本県中学校総合体育大会 ベスト8
人吉第二中学サッカー部は人吉・球磨地区では強いレベルにあり県大会常連校で、県大会優勝、九州大会や全国大会の出場経験がありプロ選手も輩出しています。人吉第二中の強みは1人1人の実力が高く、常に自分たちのサッカーができることです。2017年の全国大会では2回戦まで進出し人吉第二中学から大会優秀選手が1名選出されました。

熊本県のサッカーの強豪中学ランキング第1位

ルーテル学院中学校

 (236226)

国公私立 私立
所在地 熊本県熊本市中央区黒髪3丁目12−16
大会成績 2019年:熊本市中学校総合体育大会 優勝
2019年:熊本県中学校総合体育大会 優勝
2019年:九州中学校サッカー大会 5位
2019年:全国中学校サッカー大会 ベスト8
2019年:熊本市中学校サッカー新人戦大会 優勝
2019年:熊本県中学校U-14サッカー大会 優勝
2020年:熊本市中学校サッカー新人戦大会 優勝
2020年:熊本県中学校U-14サッカー大会 優勝
2020年:九州中学校U-14サッカー大会 ベスト8
ルーテル学院中学サッカー部は2001年創部し、翌年には中体連県大会4位、2003年には全中に出場し3位入賞し、04年と05年には全国中学校サッカー大会連覇を達成した名門サッカー部です。

04年と05年の全中優勝チームの監督は小野秀二郎氏で、自分の育てた選手を、高校でもう1度全国に連れて行くために働きながら大学に通い教員免許を取得し、2010年にルーテル学院高校サッカー部の監督に就任しました。

ルーテル学院中学校の強さ

ルーテル学院の強さの理由はルーテル学院が中高一貫校で、学校全体でサッカー部を強化しています。ルーテル学院高校サッカー部も全国区の強豪で、高校サッカーで活躍することを夢みる中学生がルーテル学院に集まります。

私立の学校でサッカー部専用のグランドやクラブハウスもあり質の高い練習が可能です。選手1人1人の運動能力も高く、文武両道を実践するために強い意志で中学生生活を送っています。

熊本県出身の有名サッカー選手

巻誠一郎

生年月日 1980年8月7日
身長/体重 184cm/80kg
ポジション FW
所属クラブ ジェフユナイテッド千葉
アムカル・ペルミ
深圳紅鑽
東京ヴェルディ
ロアッソ熊本
牧誠一郎選手は小川中学校出身で大津高校を経て駒澤大学へ進学し2003年にジェフ市原に入団しています。小1からアイスホッケーを小5からサッカーをはじめて高2まで2刀流でプレーし、アイスホッケーでは高1で国体に出場しました。

高2の冬から大津高校で主力でプレー、本職はFWでしたがDFでのプレーの評価が高くスペインからDFでのオファーが届いたほどです。オシム監督の指導を受けW杯ドイツ大会のメンバーに入りました。

植田直通

生年月日 1994年10月24日
身長/体重 186cm/77kg
ポジション CB
所属クラブ 鹿島アントラーズ
サークル・ブルッヘ
ニーム・オリンピック (loan)
植田直通選手は宇土市立住吉中学校出身で大津高校へ進学、監督から才能を見出され1年次からスタメンで活躍し3年次には主将に就任しています。高校卒業後は鹿島アントラーズに入団し主力で活躍しました。

2016年FIFAクラブワールドカップでは昌子源と最終ラインを組み活躍、2018年にベルギー1部サークル・ブルッヘへ移籍し、2021年フランス1部のニーム・オリンピックへ移籍しています。

熊本県の中学のサッカーを語ろう

熊本県中学校サッカーは現状ルーテル学院中1強体制ですが、県大会の2位以降は毎年顔ぶれが変わっていて激戦の様相を呈しています。2017年度中体連では絶対王者のルーテル学院中が、熊本市予選で敗退する波乱もあり、まだまだ発展途上の中学生同士の試合であるため波乱の展開も十分に起こる可能性があり、絶対王者の牙城を崩すチームが現れそうです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。