Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのトラップ方法と...
サッカーのトラップ方法とは?気になるコツ【サッカー初心者ガイド】

サッカーのトラップ方法とは?気になるコツ【サッカー初心者ガイド】

サッカーには色々な個人技術が必要になってきます。パスやドリブルも重要ですが、トラップはその中でも一番重要と言ってもいい技術になってきます。出されたパスを止める技術ですから、このトラップ技術が高くなれば様々なボールを受けることができるのでその方法を考えます。

2021.12.16 サッカー

Writer

old_user_id: 26

公式ライター
old_user_id: 26

サッカーに必要な技術のトラップ

Instagram (11727)

サッカーで必要な基礎的技術の種類はたくさんあります。
サッカーにはキックやドリブル、ヘディングと基礎的な技術の種類は多くありますが、その中でも重要になってくるのがトラップであります。
トラップとはサッカーにおいて、来たボールを確実に止めるだけではなく、そのボールを次にどのように展開するかによって、止め方が変わってくると言えるほどに難しいものであります。
基本が最も大切で最も難しいとはよく言いますが、サッカーのトラップはまさにその言葉に当てはまるものと言えます。

サッカーでのトラップの重要性

Instagram (11732)

サッカーでボールを止めるためのやり方、方法として、重要な技術としてトラップがあります。
サッカーのトラップを上手く行うことができれば、相手のプレッシャーを感じずにプレーすることができます。
サッカーにおけるトラップのコツ、やり方とは、そのボールの勢いをいかにして殺すことができるか、そして、次のプレーに生かすことができるのかということになってきます。
サッカーにおけるトラップの技術が高ければ、自分も自信を持ってプレーできますし、味方も安心してパスを出すことができるので、大事な技術と言われます。

サッカーのトラップとは何か

Instagram (11734)

サッカーのトラップとは、ボールを止める技術、方法です。
飛んできたボールを止める方法がサッカーにおけるトラップですが、その種類は多く、やり方としては、足元にしっかりと納めるだけがトラップの方法ではありません。
サッカーにおけるトラップのやり方、方法とは、次の動作、パスやドリブルなど、自分が次に行いたい動作に繋がるようにボールを止めることが大事になってくるのです。
サッカーでは、そういった場所に一回でボールを収めることができれば次のプレーが早くなり、相手もボールを取りにこれなくなります。
それこそがサッカーにおける真のトラップの方法となってくるのです。

サッカーのトラップをするコツ

ボールが足に当たる瞬間に適度に力を抜く

Instagram (11737)

サッカーにおけるトラップのやり方や方法は、ボールが足に当たる瞬間に適度に力を抜いてあげることが大事になってきます。
サッカー初心者などであれば、やり方や方法がわからず、どうしてもボールに足を当てにいくので、力が入ってボールに当たった瞬間には壁のようになってしまい、ボールを跳ね返してしまうことがあります。

サッカーのトラップのやり方とは、そのようにするのではなく、コツとしては、ボールに足を出すのではなく、来たボールを足に吸い付かせるようにするのです。
サッカーにおけるトラップのやり方とは、飛んできたボールの軌道に足を合わせて、当たる瞬間に力を抜いたり、少し足を引くだけでボールはその場に止まってくれます。

サッカーでのストップとトラップの違い

Instagram (11738)

ボールを止めるやり方であれば、ピタッと止めた方が良いのかというとサッカーにおいてはそれが全てではありません。
サッカーでは、ただボールを止めるだけの動作はトラップとは言わずにストップとなります。
本物のサッカーのトラップとは、ボールを止めると同時に次にしたいプレーにそのまま移ることのできる止め方を言うのです。
サッカーのトラップを上達するためのコツは、何度でも練習を繰り返すことです。
サッカーでは試合中に同じ質のパスというのは1回もないと言っても過言ではありません。
ですから、サッカーにおいては、何度でも練習を繰り返して、どんな種類のボールでもトラップできる感覚を養う必要があるのです。

サッカーのトラップの技術を磨くには

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Instagram (11743)

サッカーのトラップを上達しようとするのであれば、ひたすら練習を繰り返したり、様々な種類のボールに対して自分の置きたい場所を意識してトラップの練習を繰り返すことです。
サッカーでは、トラップの技術を磨くため、コツを掴むために何度も体に覚えさせることが大切になってくるのです。
サッカーでは、全てにおいて同じボールが飛んでくることはありませんので、ボールを投げてもらったり、蹴ってもらったり色々な種類のボールになれることで、コツを掴んでいく必要があります。

サッカーでトラップが上達することのメリット

Instagram (11745)

サッカーではトラップが上達すれば、相手からのプレッシャーをかわしながら自分のやりたいプレーをしやすくなります。
サッカーにおいて、多くの場合には、トラップに時間をかけることで、相手のプレッシャーを感じてボールキープできなくなることがあります。
ですから、サッカーのトラップの技術が上達すれば、そのようなプレッシャーを感じずにプレーできるというメリットが生まれてきます。
サッカーでは、トラップが上手いということは、味方の安心感だけでなく、相手にも飛び込めないという精神的なプレッシャーをかけることができるとも言えるのです。

サッカーのトラップの基本的なやり方

Instagram (11746)

サッカーのトラップをする基本的なやり方としては、パスの勢いを上手く殺すこと、それは、ボールが足に当たる瞬間に少し引いたり、力を抜くことでボールの勢いを殺すことができます。
サッカーにおけるパスのボールは勢いよく飛んでくるものです。
ですから、力を入れていては体が壁の役割をはたしてしまって、跳ね返ってしまうのです。
サッカーのトラップをする時に具体的に気を付けなければいけないのは、上手く体の力を抜いてボールの勢いをなくすことです。

サッカーのトラップの種類

サッカーでは、トラップは様々な場所で行うことができます。
トラップの種類は多く、一つずつ練習することが大事になります。
サッカーでトラップをするということは、基本的には場所が決まっていますが、試合になってくると手を使わなければどこで行っても問題はないわけです。
頭を使って勢いを殺すことができれば、それもサッカーにおけるトラップになりますし、お尻や背中を使っても問題はないわけで、基本的な種類のトラップができるようになれば、試合の中では状況に応じてこういった場所を使ったトラップをする可能性も出てくるということなのです。

インサイドトラップのコツ

Instagram (11752)

サッカーのトラップでインサイドと地面でトラップをするコツは、地面についてバウンドしてきたところをインサイドで抑え込むようにトラップすることです。
インサイドと地面の間でボールを挟むようにしてトラップをしてあげることで、ボールをしっかりと止めることができます。
この時に上手くトラップするコツとしては、足の力を入れ過ぎてボールと地面で挟みにいかないことです。
力任せに行ってしまっては、ボールが跳ねてどこかに行ってしまいますので、ボールを当てる時には優しいタッチで挟むことが大事になります。

空中のインサイドトラップのコツ

インサイドトラップ

浮き球をインサイドでトラップするためのコツは、ボールが足に当たる瞬間にほんの少しだけボールが来た方向から足を引くことです。
足首を固めておくのはサッカーのプレーにとっては必須の条件になりますが、インサイドで浮き球を処理するのであれば、瞬間的な判断で力を少し抜いて、ボールが足に当たった瞬間に足に吸い付けるように引くことでボールの勢いを殺してトラップするのがコツになってきます。
但し、ボールを本当に引くのではなく、気持ち程度足を引くことで勢いを殺すことで足元にボールをトラップすることができます。

インステップのトラップのコツ

Instagram (11753)

サッカーにおいて、インステップでボールをトラップするには、足の甲をボールに対して平行にしてあてることが大切になってきます。
サッカーの試合中には足の甲でトラップすることも求められますが、基本的に足は固めておくものですから足の甲も地面のようになってしまい通常であればボールは跳ね返ってしまいます。
そのようにならずに足元にボールを修めるのてあれば、ボールが触れる瞬間に力を緩めて柔らかいタッチでボールを受ければ足元に止めることができるようになります。
また、爪先の方でボールを触ることで柔らかなトラップをすることもできます。

腿のトラップのコツ

腿トラップ

サッカーで、腿でトラップをする時には、足の筋肉がありますので、少し力を抜くだけでボールを抑えることができます。
腿にボールを当てるのは、インサイドやインステップのように靴に当てるのではなく、素足に当てますので、ボールに勢いがあれば痛く感じることもありますが、それは、慣れてきます。
痛さに慣れることもありますし、ボールが腿に当たる瞬間に力は入れていても、足を止めることで、ボールを下に落としてトラップすることができますので、やり易くて痛くない場所を自分で見つけることができるのです。

胸トラップのコツ

サッカーにおいて、胸でトラップをするのは足で行うよりも衝撃があるので、なかなか難しいものがありますが、高い位置にあるボールをトラップできます。
サッカーの胸トラップをするには、肘から先の腕を上に胸を張ります。
この基本の状態でボールを胸で受けることですが、この時に胸を張れば、ボールを浮かせるようなトラップをすることができますし、ボールが当たる瞬間に腕を前に出せばボールを真下に落とすようなトラップをすることができます。
これらを状況を判断して瞬時に使い分けていくことが上達のコツとなります。

サッカーでトラップはマスターできる?

サッカーにおいて、トラップは必要不可欠な技術ですので、それをマスターすることは何よりも大切なことになってきます。
サッカーのトラップは基本技術でもありますが、それをマスターすることは不可能とも言えます。
サッカーでは、様々な状況でボールを受けますので、同じ状況は起きないからです。
しかし、サッカーにおけるトラップを上達しようと考えるのであれば、ボールを投げてもらったり、蹴ってもらったりして、それを自分が思った通りにトラップできるように練習を繰り返してコツを掴むしかないのです。

初心者が行うべき練習

Instagram (11819)

ますは、転がってきたボールを足の裏と地面を使って止めることから始まります。
サッカー初心者であれば、ボールを足でどのように止めればいいのかがわかりませんから、爪先を上げることで自然と足首が固まります。
その状態でボールの正面に入って上から押さえつけるのではなく、ボールを地面と足の裏の間のスペースで挟み込むようにすれば、自然とボールをトラップすることはできます。
ゆっくりとしたボールから始めて、少しずつスピードを上げていくことでコツを掴んでいくことです。

緩いボールをトラップする

二人一組で、ボールを投げてもらって行うサッカーのトラップの練習をします。ボールを投げてもらうことで優しいボールを簡単にトラップする練習ができます。この時の注意点としては、しっかりとボールを見て、トラップをすることです。
サッカー初心者でも、上級者でも同じですが、ボールを見ないでトラップをすると、どこかでミスが起きやすくなってきます。それを回避するためには、サッカーではトラップの瞬間にはきちんとボールを見てトラップすることを忘れてはいけないのです。

距離をあけてトラップ

Instagram (11883)

サッカーの練習として、二人一組のまま、距離を長くしてボールを蹴ってもらってそれをトラップします。ボールを投げてもらった時と違ってくるのは、蹴られたボールなので、どんなにキックが上手くても多少のズレは出てきます。
さらに、蹴られたボールですから勢いがありますので、それを殺して、自分の思った場所にきちんとトラップすることが求められます。そのためには、ボールを足に当てる瞬間に勢いを殺すように足首を少し引いて上手く使ったり、当てる場所をその都度変えてみるなど色々なことを考えることが重要になってきます。

トラップ後の動き

サッカーではトラップをするだけではなく、次の動きを考えることが本当のトラップになってきます。ボールをとりあえず止めるだけではなく、二人でボールを蹴り合っているのであれば、ボールをトラップして、次の動作ではキックモーションに入ることができるようにすることが本当の意味でのトラップになってきます。
そのためには、自分の半径1m以内にボールをきちんと止めることが大事になってきますが、近すぎてもキックができないために、適度な距離を自分で考えてトラップすることが大切になってきます。

サッカーでトラップをやる全般のコツ

次のプレーを考えてトラップすることが重要!

サッカーにおいて、トラップのすべてに言えることですが、次のプレーを考えてボールを止めることが大事になります。
ボールを止めるだけであれば、少し練習をすればサッカー初心者でも行うことができるようになるものです。
しかし、本当のサッカーのトラップというのは、ボールを止めて、そのまま次の動作に移ることにあります。
つまり、ボールを止めた足が次の一歩で動き出して、次のステップではボールを蹴ることができる必要があるのです。
そのためのコツは、自分の半径1m以内にボールを止めることです。
遠すぎても近すぎてもボールコントロールができませんので、できるような距離にボールを止めることが重要になります。

サッカーのトラップ上達のためには

Instagram (11962)

サッカーでトラップを上達しようと思えば、止め方を意識しながら練習することが大事になってきます。
サッカーを上達するためには、トラップした後が重要になります。
止める時には、力を弛める、足を引くなどの微調整で感覚を養いますが、トラップは止めるのではなく、自分の思った場所にボールを置くことですから、トラップをして素早くボールを蹴る練習をすることで、ボールを思いのままに止めることができるようになります。
そのためには、次のプレーを意識してトラップすることが上達する近道となるのです。

サッカーのトラップの基本技術の上達

Instagram (12075)

サッカーの基本とも言えるトラップですが、プロのサッカー選手でも極めるのは難しいものです。
トラップを極めることができれば、偉大な選手になることができます。
そんな基本技術のトラップを上達するには、基礎練習、二人一組で投げてもらったり、ボールを蹴り合ったりして始めることから、一人でボールを蹴りあげて行うことまで、初心者でも上級者でも何度でも繰り返して行うことで、少しずつ上達することが一番大切な事であり、必要なことなのです。

トラップで大事な足首の使い方

Instagram (11964)

トラップをするには、ボールを当てる足の足首をいかに柔らかく使えるのかということが大切になってきます。
足首が固まりすぎていると、ボールが弾んでしまいますし、上手くトラップすることができません。
足首を柔らかく使うことが、どんな時でも求められることであり、さらに難しいことでもあります。
トラップの時には、爪先を上に上げるようにすれば、自然と足首が固まります。
その状態でその形で足の力を上手く抜くことが出来れば、自然と上手なトラップをすることができるようになります。

トラップは浮かさない事

トラップは1度で確実にボールを足元や次にボールを蹴りやすい位置におくことです。トラップとは、次の動作に素早くつなげることが何よりも大事なことになってきますので、ボールを浮かさないようにして、一度で地面に付けることが理想と言えます。地面に転がったボールであれば、次の動作をしやすいです。
ですから、トラップの最初のタッチでボールを浮かさずに、転がすことは自分の次のタッチを考える上で重要ですし、味方へのパスの精度も変わってくると言えます。

サッカーでのトラップで初心者が注意すべきポイント

初心者がトラップをする時に注意すべきポイントについて紹介します。初心者はボールを抑え込もうとしたり、止めなければいけないと余計な力がかかっていることがおいのです。本来は、トラップの瞬間には少し力を抜いている程度の方が良いのです。初心者は、ボールを上から踏みつけて止めようとしがちですが、それでは点で止めなければいけません。
ですから、ボールと地面で挟むように二つの壁で抑え込むようにすることが何よりも重要なポイントになるのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。