2018年12月23日 更新

サッカーディフェンスのコツ!基本的な守備技術から練習方法

サッカーにおけるディフェンスの重要性は年々高まっており、守備技術の向上はそのままチームの強さに直結する大事な要素となります。サッカーにおけるディフェンスのコツを掴み基本を身に付けるために必要な考え方から練習法までをご紹介したいと思います。

129,067 view お気に入り 0

ディフェンス姿勢は1対1の「半身」のまとめ

以上がサッカーのディフェンスの基本姿勢である半身の重要性です。常に半身を意識して対峙し、ターンを素早く行い突破を許さないのが守備のコツだと言えます。

まずは半身で構え、背中側に寄りながら間合いを詰めるというサッカーの守備の基本的なやり方を覚えましょう。

ディフェンスの1対1でのボールへのアプローチ

1対1の対応(DF)

サッカーのディフェンスでは、半身で間合いを詰めても何もせず構えているだけでは意味がありません。相手が小さな、スキの少ないタッチで前に出てくると、それに応じて下がることしか出来ません。このような対応をリトリートと呼び、相手の攻撃を遅らせて味方の戻りを助けるときに行われます。

基本的にサッカーの最終ラインではリトリートを選択するやり方が無難とされます。何も考えずに奪いに前に出ると、ディフェンスラインにギャップが出来てしまう危険が大きいからです。前線や中盤の味方がプレスバックしてくれるまでリトリートしておき、カバーリングないしプレスバックが期待できる状況まで時間を稼ぐという考え方です。

しかし多くの人が勘違いをしていますが、ボールを奪う気配のないリトリートでは効果が半減してしまいます。ただで時間を与えることが必ずしも守備として正解だとは言えないからです。味方が戻れるだけの時間があれば、相手も攻撃に人数をかける時間があるわけで、この場合ボールを奪う気配を見せずに、前で構えているだけのディフェンスは全く意味がありませんね。相手は悠々と周囲の動きを見ながら最適なプレーを選択できてしまいます。

ではどのようにしてプレッシャーをかけつつボールを奪うのか、具体的なやり方とコツの5点を見ていきましょう。

1. 前に出した方の足でつつく

半身の状態を維持したままボールを奪いたいのですからボールにチャレンジする足は前に出している方になります。この足を突き出してアプローチし、ボールを失わせるのが1段階目の守備です。

ボクシングのジャブのような要領で足を出すのがコツです。バランスを崩すほど勢いよく出す必要はありません。そのままだと奪われるかもとプレッシャーを与えるのが目的の守備です。

2. 相手の動きをコントロールする

1段階目のプレッシャーで相手がボールを、こちらが半身で向けている方向に動かしたきたら、そこがボール奪取のチャンスになります。

タッチが乱れずにスキが少ないようなら1段階目の突き出しを続けてさらに同方向へ追い込みます。前述したように追い込む先はタッチラインか味方がカバーリングしている方向ですから、こちらに向かってくれれば思う壺です。

もしタッチが乱れたり不用意にこちらにボールを晒して来たと見えたら、前の足の突き出しを行う流れのまま一気に距離を詰めてボールを弾き飛ばしましょう。

このようにこちらが半身で対応できる方向に誘導することでボールにアプローチするのが容易くなります。

3. さらにスキがあればマイボールを狙う

こちらの突き出しのやり方に反応して、相手が慌ててボールを動かそうとしたのであれば、体を入れてマイボールにしてしまうチャンスです。突き出しの足を相手とボールの間にねじ込んでそのままねじ込むような体の入れ方を行います。この際に姿勢は相手より低くして、腰から入っていくイメージで行うのが体の入れ方のコツです。

肩から入れる体の入れ方もありますが、その体の入れ方だと相手の下半身は自由ですから、体を入れようとした動きをかわしつつ足元でコントロールされてしまうので奪取の可能性が低くなってしまいます。腰から入れる体の入れ方をすることによって相手の足元を先にブロックしてしまえば、どれだけテクニックに優れた選手であってもコントロールできなくなりますし、無理に足を出してきてくれたら高い確率で相手のファールになりマイボールにすることが出来ます。

4.併走状態でのアプローチ

こちらの対応している側を一気に加速して抜けようとされたら、相手のドリブルに並んで走る併走状態になります。これはボールを奪う絶好の形ですが、リスクももちろんあります。

ドリブルのタッチのタイミングをしっかりと見てボールの前に足を置くようなイメージでスライディングを狙いやすくなりますが、これをかわされると完全に抜き去られてしまうことになります。確実にボールに触れないのであれば併走を続け、無理をしない選択も大事です。

スピードで勝っているのであれば、肩をぶつけるなどで減速を誘いボールと相手との隙間にさっと入りこむ守備も有効です。このときの体の入れ方はダッシュ中なので腰からの入れ方が使えませんから、肩から入る体の入れ方でボールを見えなくするのがコツだと言えます。

5. 背中側に運ばれた場合の対応

逆にこちらの背中側に動かされた場合、距離を詰めるよりはスイッチしてそちらの方向に向き直すか、最初の半身の状態で後ろにスライドするかして最初の状態に戻るのが基本的な対応のやり方です。

ボールは奪えませんでしたがプレッシャーを与えながら時間を作りましたし、じっくり周囲を確認する余裕を与えませんでしたから、ディフェンスとしてはこれで問題ありません。

もし自分の後ろにカバーリングがありチャレンジすることが可能であれば、背中側に動かれた場合でもボールを奪うことは可能です。前の出した足を軸足にして後ろの足を相手とボールの間に突き差し、腰から入る体の入れ方で強引にねじ込みます。こちらの回転方向が相手の進行方向と一致しますから、綺麗に決まるとボールのみを相手の眼前から掻っ攫うような形で奪取することができます。

しかしこれは体の入れ方が不十分になりやすく、博打要素が大きい奪取方法なので、積極的に狙いにいく必要はないと思います。背中側の味方のカバーリングが十分であれば狙う程度にしておきましょう。

サッカーのディフェンスの競り合いの基本

gooニュース (4403)

自分のゾーン内にいる相手選手に浮き球のボールが送られてきた場合や、コーナーキックの守備時は、落下点でのヘディングの競り合いを行い、ボール奪取か跳ね返す守備をしなければなりません。サッカーのディフェンスでは浮き球の処理や的確なクリアが非常に重要で、これらのディフェンスが甘いと失点の危険に直結してしまうので、強い気持ちと姿勢で臨みましょう。

ではサッカーにおける競り合いのやり方におけるコツとポイントを見ていきましょう。

1. 落下点に先に入ることができた場合

ボールが落下してくると思われる場所に先に入れたら、確実にヘディングで跳ね返しましょう。出来れば味方の方にヘディングしたいところですが、相手がすぐ近くにいるので無理をせずに大きくクリアで問題ありません。

この際、相手はこちらの前に出たり後ろから身体を寄せたりと、ファールにならない範囲で妨害してくるのがセオリーなので、しっかりと両腕を開き相手の寄せを押し返すなどのブロックをしながらボールを待つのがコツとなります。

ジャンプ中も相手の身体を抑えるなどしてバランスを保つように注意しましょう。空中でバランスを失うと非常に危険です。あまりあからさまに相手を抑えてしまうとファールになりますが、ある程度やり方に気をつけつつ相手の身体を利用しましょう。

2. 落下点に先に入られてしまった場合

相手の方が先に落下点に入ってしまうようであれば、こちらは後ろや横から身体を寄せたり、あるいは1対1のときに行った体の入れ方を行い落下点を奪い返しましょう。

落下点を奪い返すことが出来なかったとしても、身体を密着させて自由に飛べないようにしておくことが大切です。密着することで狙い通りのヘディングを行わせないのがコツとなりますが、ボールに対しての動きとして行わないとファールになる可能性があるので注意が必要です。

3.体の入れ方や姿勢のコツ

競り合いでの落下点の奪い合いでは1対1のときと同様に重心をより低くした姿勢でぶつかっていくのがコツです。重心が高いと不安定になり押し合いに負けやすくなってしまいます。体の入れ方も下半身から入っていくように心がけましょう。

サッカーの競り合いでは身長や体格で負けていると不利になると一般的にはされていますが、これは正解でもあり間違いでもあると言えます。まったくお互いが接触せずに競り合うことが物理的に可能であれば、確かに身長が大きい方がかなりの確率で競り合いに勝つでしょう。しかし実際には落下点のベストポジションを占領した方が勝つのが競り合いですから、姿勢を低くした体の入れ方でポイントに押し入り、上半身でのブロックを的確に行うことで高確率で勝利することができるようになるでしょう。

逆に言えば、サッカーのディフェンスにおいて競り合いで優位に立てなければ守備の戦術が確立できないとも言えます。このような意味でサッカーでは「制空権」という言葉を使います。足元を通すグラウンダーのパスよりも、頭の上を通過させる浮き球のパスはゾーンディフェンスの天敵とも言えますので、競り合いに勝つためのコツや体の入れ方についての理解を深め強固な守備を行えるようにしておきましょう。

サッカーのディフェンスの練習方法

84 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カウンターアタックとは?サッカーでの戦術的有効性について考える

カウンターアタックとは?サッカーでの戦術的有効性について考える

サッカーのカウンターアタックとは守備をしているチームがボールを奪った瞬間に速攻に移り、相手のゴールまで迫る攻撃戦術を意味します。カウンターアタックは上位の相手チームと戦う時や、失点のリスクを減らして攻撃したい、または相手の守備陣形を崩す手間なく攻めることができるという戦術的有効性があります。
野球の守備位置とフォーメーション!ポジションの位置の重要性とは?

野球の守備位置とフォーメーション!ポジションの位置の重要性とは?

野球において相手の戦術を想定して守備位置を変更するのはとても重要なことです。各ポジションごとに守備位置を変更し準備しておくことで、相手に有利となる戦術を未然に防げる可能性が高くなります。さまざまな状況での各ポジションの守備位置とフォーメーションを解説します。
サイドバックに求められるポジションニングと動き方とは?

サイドバックに求められるポジションニングと動き方とは?

近代サッカーにおいて戦術的な役割が急激に増えたサイドバックというポジションに関する動き方やポジショニングについての考え方を具体的なコツを交えて解説したいと思います。サイドバックを知ることでサッカーを知ることができるでしょう。
CAS |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS