2019年11月27日 更新

【神奈川】サッカーの強豪高校ランキングTOP10!

神奈川県はマンモス県と呼ばれるほど数多くの高校サッカー部が出場することで知られており、最も全国大会への道のりが遠いとされています。そのため強豪高校も多く、そんな中でも桐光学園と桐蔭学園は優れた監督の指導により神奈川県の強豪高校として君臨しています。

50,523 view お気に入り 0
慶応義塾高校男子サッカー部は、2016年インターハイに出場経験を持つ強豪高校です。野球やラグビーとが強いという印象がありますが、サッカー部も神奈川県内では常に上位進出を果たしており、目標は全国制覇という高い志を掲げる強いサッカー部です。

サッカー部員はほとんどが普通部や中等部からの内部進学者で、スポーツ推薦選手はほぼいません。それでも慶応義塾高校サッカー部が強い理由は、恵まれた練習環境にあります。人工芝の素晴らしいグラウンドを使い、現役の慶応義塾大学サッカー部の学生コーチがチームの指導に加わるなど、他校ではなかなかできない練習を行っています。

神奈川 サッカーの強豪高校 第5位

厚木北高校

麻布大付 vs 厚木北[2014.11.1/全国高校サッカー選手権・神奈川県予選=準決勝]

国公私立 公立
所在地 神奈川県厚木市下荻野886
選手権 0回
インターハイ 出場1回
主なOB選手 岡崎亮平
厚木北高校サッカー部は、公立高校にもかかわらず、2003年にはインターハイに出場、2007年の選手権予選ではベスト4、2014年の選手権予選では準優勝、翌2015年関東大会に出場するなど、県予選では常に上位に名を連ねるだけではなく、関東や全国レベルの実力を持ち合わせる強豪高校です。厚木北高校サッカー部の練習施設は人工芝ではなく、土のグラウンドのため、決して恵まれた環境ではありません。

それでも強い理由は、常に強い相手と試合をしているからです。厚木北高校は高円宮杯でK2リーグという神奈川県の上位リーグに所属しており、いつも強豪チームを相手にしています。
高円宮杯Kリーグ
高円宮杯Kリーグとは、神奈川県のU18チームによるリーグ戦で、強さに応じてK1からK2、K3、K4まで4つのリーグに分けられています。全容は全国を東西に分けて実施するプレミアリーグを最高位とし、続いて全国を9地区に分けて実施するプリンスリーグ、さらにその下に都道府県別のリーグがあり、Kリーグは都道府県リーグにあたります。厚木北高校は都道府県リーグの2部ということで、それだけでも強豪チームが揃っています。

神奈川 サッカーの強豪高校 第4位

湘南工科大学付属高校

【得点シーン】湘南工大附vs桐蔭学園【2019年度全国高校サッカー選手権神奈川県予選準々決勝】

国公私立 私立
所在地 神奈川県藤沢市辻堂西海岸1-1-25
選手権 出場6回(4強2回)
インターハイ 出場7回(4強1回)
主なOB選手 福田正博/奥寺康彦/
湘南工科大高校サッカー部は、これまで選手権に6回出場して4強2回、インターハイには7回出場で4強1回という神奈川県の強豪高校の一つで、元日本代表のストライカーとして活躍した福田正博や、ドイツブンデスリーガで活躍した奥寺康彦が在籍していた名門です。

湘南工科大は、神奈川県内でも運動部の育成に特に力を入れていることで知られており、オリンピック選手も排出しています。サッカー部にも力を入れており、神奈川県内では常にベスト8以上に名を連ねる安定した強さを誇る強豪高校として知られています。

神奈川 サッカーの強豪高校 第3位

日本大学付属藤沢高校

日大藤沢高 vs 日大高[2013.5.11 / 関東高校大会・神奈川県予選=準決勝]

国公私立 私立
所在地 神奈川県藤沢市亀井野1866番地
選手権 出場4回(4強1回)
インターハイ 出場8回(準優勝1回)
主なOB選手 田場ディエゴ/鈴木健仁/高田栄二/有馬賢二
日大藤沢高校サッカー部は日大カラーのピンクのユニフォームが有名で、神奈川代表として全国高校サッカー選手権に4回出場、インターハイには8回出場し、2017年度には準優勝という優れた成績を残している名門高校です。そんな日大藤沢高校
サッカー部の強さの秘密は、人工芝で観客席がついたグラウンドを2つも持つという恵まれた練習環境と、サッカースタイル
にあります。

2017年のインターハイで準優勝した後から、トライアングルアクティブディフェンスという新たなサッカースタイルに取り組んでいます。一つの戦術にこだわらず、様々な戦術を取り入れて進化していく、それが日大藤沢高校サッカー部が強豪と呼ばれる所以です。
トライアングルアクティブディフェンス
トライアングルアクティブディフェンスとは、守備時に4-3-2-1のトライアングル型のフォーメーションでもポジションをとり、中央の密集地帯で相手を挟み込んでボールを奪い、距離感の近いパスワークやオープンサイドへの攻撃を仕掛けるスタイルです。

神奈川 サッカーの強豪高校 第2位

桐蔭学園高校

桐蔭学園高校サッカー部 選手権出場 MV 2018

国公私立 私立
所在地 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614番地
選手権 出場9回(4強1回)
インターハイ 出場10回(優勝1回/4強2回)
主なOB選手 阿部祐大朗/戸田和幸/廣長優志/森岡隆三/山田卓也
桐蔭学園高校サッカー部は、これまで全国高校サッカー選手権に9回出場して4強1回、インターハイには10回出場し、全国制覇を1度経験している神奈川県の名門高校です。そんな桐蔭学園高校サッカー部が強い理由は、桐蔭学園中等部の存在と、これまで就任してきた数々の優秀な監督の存在があります。

桐蔭学園サッカー部の始まりは李国秀監督の就任とされ、優れた指導で全国大会の常連校に育て上げ、元日本代表の戸田和幸や森岡隆三など数多くのプロ選手を育成しました。その後もJリーグのベルマーレ平塚で活躍した山本富士雄監督、元ジェフユナイテッド市原の八城監督など優秀な監督が後任として指揮を執り、名門高校として君臨し続けています。
桐蔭学園の歴代監督
李国秀監督は平成元年度関東大会優勝、インターハイ、選手権に同校を初出場させた名将で、桐蔭学園からヴェルディ川崎の監督に就任しました。平成9年からは元ベルマーレ平塚の山本富士雄監督が就任し、現在俳優で作家の水嶋ヒロを擁し、選手権で初めてベスト4に導きます。そして平成23年にインターハイで初優勝を果たします。現在は元ジェフ市原の八城修氏が監督に就任しています。

神奈川 サッカーの強豪高校 第1位

58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【滋賀県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介!強いチームはどこ?

【滋賀県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介!強いチームはどこ?

滋賀県の高校サッカー事情は、草津東高校、近江高校、野洲高校の強豪3高で覇権争いが行われています。フィジカルの強い草津東、新興勢力の近江、テクニック上手な野洲。3校が強さがぞれぞれ違う点が興味深く、知ればしるほど滋賀県の高校サッカーが楽しくなります。
【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

奈良県の高校サッカー事情は、公立の一条高校と五條高校、私立の奈良育英高校の強豪3校の争いを中心に、香芝高校、郡山高校が追う展開になっています。奈良県は公立高校が強く、上位の高校のどこが全国大会に出るのかわからない、いわゆるサッカーの戦国の県とされています。
【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

大分県の高校サッカー事情は、大分高校、柳ヶ浦高校、中津東高校の3校が強豪となっています。その後を公立高校の強豪高校が追う構図です。大分県の高校サッカーの特徴は、公立の強豪高校が多いという点にあります。また大分は全国では実績を残せていない実情があります。
【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

兵庫県の高校サッカーは、選手権に20回の出場を誇る名門の滝川第二高校と名将の谷純一監督が率いる神戸弘陵高校の2校が強豪です。この2強を市立尼崎高校、関西学院高等部が追うかたちになっています。兵庫の代表高校は全国に出場するとベスト4など上位に進出するサッカーでは強豪の県です。
【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

和歌山の高校サッカー事情は、全国手に有名な初芝橋本高校が選手権に15回、インターハイに16回出場している強豪校。公立の和歌山北高校は選手権に7回出場、近畿大学付属和歌山高校がインターハイに11回出場実績のこの3校が強豪です。和歌山の高校サッカーの特徴は、公立高校が活躍している点です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9