2018年3月9日 更新

ミッドフィルダーの役割とは?基本的な動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのミッドフィルダーは攻撃においても守備においてもチーム戦術の要とされる重要なポジションとなっています。サッカーにおけるミッドフィルダーの役割とはどのようなものか、その役割ごとに詳しく解説していきたいと思います。

41,050 view お気に入り 0

ボランチとは前後左右に動いてチームのパスワークの円滑化を担う役割

サッカーにおいてボランチは基本的に横に2人で並びダブルボランチとして配置されますので、アンカーのようにどっしり構えるというよりは試合の状況に合わせて柔軟に左右はもちろん前後にも動く必要があります。
動き方のコツとしてはパスワークの鉄則である三角形を意識したポジション取りが適切に行えるように動くことでしょう。単純に言えばボールのあるエリアに寄って行きながら相手選手の間から顔を出すという動き方になります。
またサッカーのボランチは最終ラインがボールを保持したときには、下がってボールを受けに行かねばなりませんし、前線がボールを収めた場合も同様に上がって後ろや横からボールを受けに行く動き方を求められるポジションなので、非常にスタミナが求められるミッドフィルダーの役割だと言えるでしょう。
しかも動き回り続けながらボールを奪われないようなしっかりとしたトラップを行わなければなりませんし、パスミスはすぐさま相手のチャンスとなってしまうので、高いスタミナとともに疲れていても的確なテクニックを行えるだけの確かな技術を身につけておかなければならないミッドフィルダーの役割だと言えます。
総じてスタミナが求められるのがサッカーのミッドフィルダーというポジションではありますが、ボランチの場合はチームの組織の構築と攻撃の組み立てを担うプレイメーカーとしての要素が多い役割なので、他の役割以上に試合終了まで高い運動量を保つことが必須とされます。
練習においてもこれを意識して常に動けるスタミナをつけるとともに、動きながらのプレイの質を高めて上達することが大切でしょう。

舵取り役であるボランチの真髄とは展開力

サッカーにおいてのミッドフィルダーにはパスの展開力が必須ですが、それをもっとも求められるのがボランチと言えます。
前述したようなチームのパスワークを支えるサポート役を別の呼び名でリンクマンとも呼びますが、ボランチはこのリンクマンに加えてチームが得点するための攻撃の起点としてのパスが出せなければなりません。
つまり味方チームの選手間に入ってパスを繋げながら有効な攻撃となるようにチームの動き方の方向性を誘導していく必要があるのですが、これを遂行するためには短いパスだけではなく長いパスも適切に活用できなければいけません。またサッカーの攻撃戦術には欠かせないクサビのパスを、どこにいつ入れるのかの判断力も必要なのがボランチというミッドフィルダーの役割だと言えます。
このためピッチ全体を見渡せるだけの視野の広さが非常に大切となってきますが、これを身につける有効なコツはありません。これはその選手のサッカーセンスによるところが大きいものだからです。
間接的にはサッカーの試合を数多く観戦することである程度養うことができますが、最後のところで求められるのは有効なスペースやパスコースを見つけられる創造性で、サッカーセンスにイマジネーションをミックスさせた独特の戦術眼が必要となります。
またこの広い視野を保つ為に顔を上げやすい姿勢も大切で、サッカーをやり始めたときに初心者が陥りやすいボールだけを見てしまうような状態では不可能と言えます。
練習中の自身の姿勢を動画などで撮影して練習後に見直してみるのというのがいいかもしれません。
 (26809)

セーフティーに回す場合は黄矢印の横パスになるが、味方の動き出しのタイミングが合えば白矢印のパスで攻撃を展開する

サッカーのMFの動き方のコツ③

センターハーフとは?

センターハーフの位置

センターハーフの位置

他にも若干サイドを意識したインサイドハーフという呼び名もあるセンターハーフですが、ボランチと比較してより攻撃での貢献が意識されたポジションだと言えます。
攻撃的なポゼッションサッカーで圧倒的な強さを誇るバルセロナの戦術ではこの役割がフューチャーされたので、サッカーに詳しくない人でもご存知の方が多いかと思います。
サッカーの攻撃戦術で重要な要素のひとつにスペースへの飛び出しがありますが、これを中盤から行うのがセンターハーフの仕事となります。もちろんボランチのように攻守でのサポートのための動き方も必要ですが、ボランチがパスの展開で攻撃のタクトを振るようにセンターハーフは自身の飛び出しや走り込みでスペースメイクを行い攻撃をリードするポジションなのです。
サッカーではスペースをどのように有効に使うかが大事で、そのスペースを攻撃に活用するところで同じミッドフィルダーでありながらセンターハーフとボランチの役割には違いがあると言えます。

フィルターとして相手の攻撃を限定する守備の動き方

サッカーにおいてンターハーフの役割を与えられたミッドフィルダーを配置する戦術の場合、一般的にセンターハーフの後ろに守備のタスクをメインとするアンカーやボランチを置きますから、センターハーフはこの後ろの選手が守備をしやすいようにフィルター役としての動き方が守備でのタスクとなってきます。
つまり後ろのアンカーやボランチがパスコースを切りやすいように積極的にプレスを行い、相手に自由を与えないという役割になります。
攻撃での飛び出しも考えるとボランチ同様に高いスタミナが必要となってきますし、瞬間的なスピードが求められる役割が大きいミッドフィルダーですから、これらを守備時にもいかんなく発揮して味方の守備をサポートするわけです。
サッカーにおいてプレッシング戦術はゾーンディフェンスで守るための根幹と言えるものですが、ことにミッドフィルダーとしてのセンターハーフがどれだけ走れるかでどちらが中盤を制すことになるかを決することになりますから、有効なプレスとして機能するためには無駄なランニングにならないようスペースや敵味方の位置関係を把握することがコツになるかと思います。
当然広い視野が大切となりますが、同じミッドフィルダーであるボランチとは違いプレスのためにこの視野を活用するところがセンターハーフの特色だと言えるでしょう。

飛び出しからフィニッシュに仕上げるための3人目のアタッカー

サッカーにおいて飛び出しで攻撃参加を行うセンターハーフには、フィニッシュのタスクも課されますから、シュートはもちろんドリブルなどのテクニックも必要ですし、ラストパスの精度も高いレベルが求められるでしょう。
また有効な飛び出しや動き方になるようなスペースメイクのセンスも必須で、前線の動き出しで空いたスペースを見つける、または自身の動き方で味方が使えるスペースを作り出すという戦術的な意図がしっかりと無いと、ただバタバタと走り回るだけのセンターハーフとなってしまいますから、練習でもこれらを意識して上達していくことが大事ではないかと思います。
コツとしてはサッカーでよく言われる3人目の動きを考えると良いと思います。
サッカー中継などの解説でもよく言及されますが、サッカーにおいては相手の守備を崩すために相手のマークの受け渡しを混乱させることが大切で、ボランチの有効なパスをフィニッシュに繋げるためにはパスの出し手、パスの受け手に加えて、この2人の選手のプレイに連動するように別ルートで飛び出したり動き出したりする選手が決定的なチャンスを生み出すキーとなるのです。
センターハーフというミッドフィルダーの役割では特にこの3人目としてどのようにチャンスに絡めるかというところにこの役割の要点が集約されていると言えるでしょう。
 (26811)

図では飛び出したセンターハーフにパスが出ているが、もちろん縦に走ったサイドアタッカーにパスを出しても良い。その場合サイドアタッカーはワンタッチではたいてセンターハーフに預けてワンツーでさらに深くサイドを抉ることもできる。センターハーフが飛び出すことでチャンスが拡大していく。

サッカーのMFの動き方のコツ④

サイドハーフとは?

サイドハーフの位置

サイドハーフの位置

サッカーでは特にサイドでの攻撃や守備を役割として担うミッドフィルダーをサイドハーフとして言いますが、より攻撃的であればウイングと呼んだりすることもあります。
サッカーのサイドハーフという役割では、総じてサイドの制圧を目的とするポジション取りが大切ですが、状況やチームの戦術によってはセンターハーフのようにサイドから中への動き方をする必要があり、純粋なサイドアタッカーと言うよりはサイドに配置されたセンターハーフという認識の方が役割に沿った動き方を考える上で大切ではないかと思います。
またサイドの攻守をサイドバックとの連携で行っていきますから、同じミッドフィルダーのボランチやセンターハーフよりは限定されたプレイ範囲になるため、視野の広さはそれほど必要ではないかもしれませんが、逆にドリブルを含めたボールキープ力の高さを求められると思います。
プレッシャーの強い中央よりもタッチライン側を考えなくて良いサイドをどのように活用するかがサッカーの攻撃戦術では重要だと言えますから、ミッドフィルダーとしての技術に加えてサイドアタッカーとしての技術もしっかりと練習して上達しておく必要があるでしょう。

サイドでの守備からカウンターを狙う

サッカーでは基本的にサイドで囲い込んでボールを奪取するのが一般的な守備のメソッドとなっていますから、サイドハーフがサイドで行う守備は大変重要となってきます。
ボランチやセンターハーフなどの中央のミッドフィルダーが追い込んできた相手をプレスバックでサイドバックと挟み込んだり、サイドバックの後ろをケアしたりして最終的にボール奪取を狙いますが、この際のマークの受け渡しをしっかりと行うことがコツと言えます。
また相手サイドバックのオーバーラップについていくこともサイドハーフの重要な仕事で、サイドハーフがこれを行えないと中央のミッドフィルダーやCBが対応することになってしまうので、より失点のリスクが高めることに繋がります。
サッカーにおいてサイドハーフはその性質上攻撃的なミッドフィルダーではありますが、攻撃するためには守備が強固である必要があるので、常に自分のサイドの守備は責任をもって行っていきましょう。
このために練習の際はサイドバックと積極的にコミュニケーションをとり、守備時の動き方をしっかりと確認して上達しておくのが望ましいですね。

自身の得意なプレイで攻撃に貢献

サッカーの攻撃戦術はサイドからの攻撃が主軸となっていますからサイドハーフはセンターハーフ同様に攻撃をリードすることができる選手に適任だと言えるミッドフィルダーの役割です。
しかしシュートもクロスもドリブルも高い水準で行える選手ばかりとは限りませんし、そのような選手でなければサイドハーフというミッドフィルダーが務まらないかというと、そのようなことはありません。
長い距離のキックが得意であればクロスの供給源として活躍できますし、ドリブルが得意であればドリブルによって相手の守備を撹乱し味方のためのスペースを作り出すことができます。
どちらかというとオールマイティーな能力を求められるミッドフィルダーの役割の中で、サイドハーフは何かのテクニックに尖っている方が、チームの攻撃のコンセプトが定まり戦術的に有効であると言えます。このような戦術的な安定をチームもたらす存在として、サッカーのサイドハーフはボランチやセンターハーフなどの同じミッドフィルダーとは違う存在感が必要ではないかと思います。
ですから自身が得意とするプレイやテクニックを有効に活用できるような動き方やポジション取りを練習などで上達しておき、しっかりとコツを掴んでおくことが肝要と言えるでしょう。
 (26816)

サイドハーフがサイドで起点となることで攻撃戦術の幅が広がる。

サッカーのMFの動き方のコツ⑤

トップ下とは?

69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS