2018年3月9日 更新

ミッドフィルダーの役割とは?基本的な動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのミッドフィルダーは攻撃においても守備においてもチーム戦術の要とされる重要なポジションとなっています。サッカーにおけるミッドフィルダーの役割とはどのようなものか、その役割ごとに詳しく解説していきたいと思います。

41,050 view お気に入り 0
トップ下の位置

トップ下の位置

サッカーというスポーツでは花形とされるミッドフィルダーの役割がトップ下で、他にもファンタジスタ、セカンドトップなど呼び名が多く、サッカーにあまり馴染みのない人でもサッカー=10番=トップ下という連想のイメージを持たれていたりしますね。
サッカーにおいてトップ下はプレイ内容やその性質上、厳密に言うとミッドフィルダーとしてカテゴリしにくい役割で、複雑な説明を省いて一言で言えばMFとFWのタスクを半々にこなすミッドフィルダーだと言えるでしょう。
この解説ではミッドフィルダーとしての役割の観点からトップ下というポジションについて述べていきたいと思います。

相手のビルドアップを積極的に邪魔するチェイスとプレス

サッカーにおいてトップ下はその名の通りトップであるFWのすぐ後ろにポジション取りをしますから、同じミッドフィルダーであるセンターハーフやボランチのように守備時の担当ゾーンやバイタルエリアに直接関わるスペースを担当するといった守備時のタスクが存在しないことが多いです。
ですから守備時は必要に応じて適時定位置のポジションを離れてボールを追うチェイスを積極的に行い、間接的にチームの守備を助ける役割が大切となります。
FWと連動したプレスを行うことで相手をサイドに追い込みサイドハーフやセンターハーフと囲い込むようにするのがコツですが、特にマッチアップする相手ボランチやアンカーに、より積極的にプレスを行うことで効果的な守備になると思います。何故ならボランチの項で説明したように、ボランチというミッドフィルダーはチームのパスワークの中心的なポジションですし、アンカーはバイタルエリアという危険なエリアの番人のような役割を担っていますから、これらのミッドフィルダーに積極的なプレスをすることで相手の攻撃戦術を機能不全にすることができるからです。
またボランチやセンターハーフがプレスに行くことで自チームの組織の中央にスペースが出来てしまった場合は、深く下がって行くことでこのスペースを埋める判断も必要となるでしょう。
どこまで戻って守備をするのかはチームの戦術で違ってきますが、より現代的なサッカーにおけるトップ下は、戦術上センターハーフというミッドフィルダーの役割とほとんど区別がつかない動き方をするようになってきています。

トップ下とは常に相手のバイタルを狙うハンターであるべき

サッカーにおいて攻撃面で貢献するためのポジションがトップ下ですから、攻撃では相手の急所となるバイタルエリアへの侵入を狙っていきたいものですが、当然相手もそれはよくわかっているのでバイタル周辺は非常にプレスが厳しいエリアとなってきます。
ですからトップ下というミッドフィルダーは、同じミッドフィルダーである他の役割の選手よりも正確で的確なプレイを行えなければなりませんし、それが期待されるミッドフィルダーでもあります。
日々の練習でトラップやドリブル技術を上達しておくことはもちろんのこと、瞬間的な判断力を磨くためにプレイのイメージを強く持てるメンタルトレーニングも必要となってくるでしょう。
しかし激しいプレスやチェックを受けることは強いストレスとなりますから、プロアマを問わずバイタルエリア周辺でのプレイを嫌いサイドに流れるトップ下がしばしば見られます。
このようにバイタルを嫌がるトップ下は、厳しく言ってしまうとチームにプラスとなる存在とは言えないのではないかと筆者は考えます。
トップ下は現代サッカーでは守備戦術的に扱いが難しく意図的にスポイルされることが多い役割で、同じミッドフィルダーであるセンターハーフやボランチの役割を担う選手を増やした方がチームの安定感は向上するでしょう。
それでもトップ下というミッドフィルダーを配置する理由としては、相手のバイタルエリアで決定的な仕事をしてほしいという戦術的な要請があると考えられます。それほどトップ下という役割は攻撃時にチームの攻撃戦術に幅をもたせることができる役割なのです。
世界的に有名なトップ下の選手は果敢にバイタルエリアに侵入し、確たる意図を持ってそこでボールを受けたりドリブルを行っているものですから、トップ下という役割を担うミッドフィルダーとして試合に臨むのであれば相手のバイタルエリアを完全に崩してやるくらいの強い気持ちが大切ではないかと思います。
 (26817)

トップ下がバイタルエリアにポジショニングすることで相手MFはその位置を警戒しながらのプレスになり味方のプレイを助ける。また相手CBもトップ下の動きとFWの動き出しの2つを見なくてはならなくなり柔軟性を失う。

サッカーのMFとして参考になる有名選手

ルカ・モドリッチ(クロアチア)

【レアルの心臓】ルカ・モドリッチ 超プレー集 2018 HD1080p

ピッチのどこにでも現れ常に最適解のプレイでチームの攻守を助けるミッドフィルダーで、筆者の個人的な感想を言えばサッカーのミッドフィルダーの完成形がモドリッチという選手ではないかと思います。
相手の攻撃を最終ライン付近で防ぎカウンターの起点としてパスを繋いだすぐあとに相手ゴール前に飛び出すなど、恐ろしいまでの運動量を誇りしかもプレイの質は最後までハイレベルなのですから、本当に脱帽します。
しかも非常にクレバーで意外性のあるパスやドリブルは常に相手の脅威となっています。
サッカー選手の大型化が進む現代では若干小柄な部類の体格でここまでできるのですから、日本人は学ぶところが多いことでしょう。
サッカーのミッドフィルダーとはどのようなポジションなのかを学ぶ最適の教科書だと言える選手ですので、ぜひテレビや動画などでプレイの一つ一つをじっくり見て欲しいと思います。

ヤヤ・トゥーレ(コートジボアール)

【ヤヤ・トゥーレ】まさに怪物!究極のスキル&ゴール集 2015/2016

サッカーのミッドフィルダーはプレイエリアの狭い中央のポジションですから、小回りの利かない大柄な選手には不向きとされてきたポジションなのですが、その中にあってヤヤ・トゥーレは割と異端な方ではないかと思います。
CBのような身長で足元のスキルは抜群、若干スピードに欠けるところがありますが、ポジショニングの良さで常に最適な位置に素早く入り込めるセンスは非常に勉強になる選手だと思います。
パスやシュートも素晴らしいのですが、一番見て欲しいのはドリブルによるキープ力です。とにかくタッチが柔らかく何といいますかヌルっと動いて相手を置き去りにするドリブルは素晴らしいですね。
長い足を活かしたディフェンス能力も高く、世界最高レベルのボランチとはどのようなものかが学べる選手だと思います。

コウチーニョ(ブラジル)

【フィリペ・コウチーニョ】超絶ドリブル スキル、ゴール& アシスト集 【バルサ移籍! DONE! 544億円】

サッカーの10番的なミッドフィルダーの典型的タイプである選手です。狭い局面、肉薄された局面での意外性とテクニックは目を見張るものがあり、シュート、ドリブル、パスの3つが高いレベルでまとまっています。
割と武骨なサッカーをするリバプールの中で芸術的なプレイで大いに違いを作っていて、ボールを預けると何かしてくれるという期待感が高い選手です。
トップ下よりもサイドハーフとしてサイドからのプレイを好み、中に切れ込む鋭いドリブルと豪快なシュートは見ていて爽快ですね。細身で小柄な体格で巨人のようなプレミアのDFたちを翻弄する姿はサッカーの面白さを体現しているように感じます。サッカーとは柔よく剛を制すという言葉にピッタリなスポーツでもありますからね。
現在はバルセロナに移籍したようで、今後の活躍に注目していきましょう。

サッカーのMFとはすべての技術を上達しておく必要がある

サッカーのミッドフィルダーを役割に分けて解説してきましたが、これはミッドフィルダーとはどのようなポジションなのかその動き方やコツを説明しやすくするためで、現代のサッカー戦術では実はこのような明確なタスクによる区別をしなくなってきています。
サッカーのミッドフィルダーは様々な役割が求められますので、現代サッカーでは試合の状況に合わせてミッドフィルダー内で分担するような方向性で戦術が進化しているのですね。
ですからアンカーの役割だから前線まで上がらないかというとそのようなことはなく、またトップ下だから最終ラインまで戻らないかというとそうでもないわけです。
どのようなタスクを任されようとも実際に求められるミッドフィルダーの本質はほとんど変わらないのが実情です。
ですから役割で区切って必要なプレイ、不要なプレイといったような先入観を持つ考え方は捨てる必要があるのではないかと思います。
サッカーのミッドフィルダーというポジションを練習し上達していく過程で、あまり役割にこだわって考えずにいたほうが、最終的にレベルの高い選手に成長できるのではないでしょうか。
総じてトータルでの能力の高さを求められるのがサッカーのミッドフィルダーですから、あまり得意不得意にこだわらずに練習に励んでほしいと思います。
69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。
ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファースト(一塁手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ファーストの役割は、打球の処理や野手からの送球の捕球、そして、牽制球の処理など多岐に渡ります。また、球場ごとのグラウンドルールや守備妨害に関する知識も求められます。ファーストに求められる能力は、打球や送球に対する高い捕球力に加え、野球の知能も必要です。
右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフの役割とは?ミッドフィルダーの求められる動き方とコツ

右サイドハーフは中盤の右サイドの選手のことを指します。現代サッカーの右サイドハーフはサイドでプレーするだけではなく、ピッチ中央に入っていくプレーも求められます。サイドのアップダウンを中心にピッチを動き回る必要があるため、豊富な運動量が要求されるポジションです。
バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケのポジションを徹底解説!1番~5番の役割や性格・求められる動きとは?

バスケットは5人の選手が各ポジションに分かれてプレイする、チームスポーツです。5人の選手はそれぞれに役割がありとポジションあることで、スムーズに試合運びができます。バスケットの5つのポジションは1番ポイントガード・2番シューティングガード・3番スモールフォワード・4番パワーフォワード・5番センターとなっています。
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

CAS CAS