2019年6月19日 更新

イニエスタのドリブル凄さとは?その秘密に迫る

サッカー選手の中には、様々な技術を持った凄い選手がいて、その特徴によって凄さが出てきます。イニエスタは目立つようなスピードや派手なフェイントを使うわけではありませんが、その素晴らしいテクニックで世界のトップ選手いえるイニエスタ。その凄さを特集します。

14,335 view お気に入り 0

ドリブル中の体の使い方の上手さ

Instagram (20030)

ドリブルをすることで、当然、相手選手が自分に寄ってきます。
その中で、相手選手を押しのけて進んで行く力強いドリブルをする選手もいますが、イニエスタの場合には、自分の体を上手く使って相手をかわしています。
背中を相手にぶつけるようにして、ブロックを作って、相手が足を出せないようにしておいてから抜き去るのです。
これは、イニエスタの特徴的なドリブル方法と言えますし、簡単にやっているように見えますが、実際には、周りの様子がわかっていて、足元の技術がしっかりとしていないとできない凄さがあるのです。

体でブロックを作る

体を上手く使ってブロックを作ることによって、相手が背中からはボールを奪いにこれないので、それを活かしながらドリブルすることができます。イニエスタのドリブルは常に前に進んで抜くのではありません。

体でブロックを作りますから、自分のゴールに向かってドリブルすることもあります。

しかし、相手を背中で上手くブロックして引き連れておき、タイミングを上手くみて反転することで、相手を置き去りにして抜き去っていくのがイニエスタのドリブルの凄さと言えるのです。

無駄なコンタクトをしない

イニエスタのドリブルを見ていると無駄なコンタクトをせずにスペースへ抜けていくようなドリブルをしています。

ドリブルをするときに相手を押し退けるようなドリブルをする選手もいますが、イニエスタのドリブルは、狭いスペースを高いテクニックで抜いていくことが上手いのです。

イニエスタのドリブルは簡単に相手の間をすり抜けているように見えますが、相手が重なる部分を上手く見つける戦術眼とそこをすり抜けるだけの様々な足元のテクニックに優れているからできるものなのです。

イニエスタのキープのドリブルの凄さ

イニエスタのドリブルは、相手を抜き去るだけではありません。キープするためのテクニックも素晴らしいものがあります。

相手を抜くドリブルをすると気と同じように体と腕を上手く使って相手をガードしています。

体で相手をブロックすることで、相手がボールに触れることじはできませんし、その状態で周りを見るだけの余裕がイニエスタのキープのドリブルにはありますので、パスも選択できますし、相手をそのまま抜き去ることもできるようになるのです。

ブロックの作り方

キープをしながらドリブルをするイニエスタのやり方は、ブロックを作るところに凄さがあります。

ドリブルというと、相手選手の体重を崩して、その横を抜いていくのが主流と言えますが、イニエスタの場合には、たとえ、相手ゴール前であっても、背中を向けて、相手選手を体でブロックして、反転して抜いていくことが多いです。

このブロックの作り方が簡単なようでテクニックが必要になってくるのです。
テクニックとしては、相手選手がどこからボールを奪いに来るのか、そして、どのように体をぶつければ良いのかを瞬時に判断して、足元からボールを失わないようにするだけのテクニックが必要になってきます。

方向の変え方

イニエスタのタッチ集解説 ドリブル技術など

イニエスタのドリブルの凄さがわかるのは、方向転換を上手に入れているところにあります。
イニエスタのドリブルは、縦へのスピードが格段に速いわけでもありません。
しかし、方向の変え方が非常に上手いのがイニエスタのドリブルと言えます。
コース取りも良いですし、何よりも反転のスピードが速いので、相手に背中を向けておいて、反転して相手をかわすことが多いのですが、このドリブルができるのは、足元の技術力が高く1度で反転できるスピードがあるからこそ相手をかわすことができるのです。

両足の使い方

【イニエスタ】世界一美しいダブルタッチ 史上最高のフットボーラー これほどサッカーを簡単に魅せる選手はいない バルセロナAndres Iniesta

イニエスタのドリブルを見ているとダブルタッチが多く感じますが、それだけ両足をバランス良く使えるだけの技術があるということになってきます。
スピードがあり、そのスピードで抜いていく選手ではなく、両足を高い精度で使うことができるので、狭いスペースであっても、そこをすり抜けることのできるタッチと、瞬間的なスピードだけで相手選手を交わしていくことができるのが、イニエスタのドリブルの特徴mの一つとなってくるのです。

体重移動によるバランス

イニエスタは、ドリブルをしている時に、相手に自分の体を預けることが良くあります。
背中で相手をブロックしたり、進行方向で横から相手が体をぶつけてきても先にそこに体を当てるようにして、自分の態勢が崩れないようにしているのです。
このドリブルの仕方によって、スピードがあまりなくても相手に寄せられても、崩れることなく、自分の進みたい方向へと向かうことができるのです。
周りの状況がきちんとわかっているからこそ、どこから相手が寄せてくるのかを予測して体を当てることができるのです。

イニエスタの緩急をつけるドリブル

イニエスタのドリブルは、緩急をつけたものが特徴的とも言えます。

縦に凄くスピードがあるわけではありませんが、ゆったりとボールを持っている状態からスピードを上げたり、相手に背中を向けている状態から反転するスピードが速いですし、反転してからのスピードも速いので、その緩急によって相手選手を抜き去ることが多いです。

こういったスピードの変化が自身のスピード以上のものを相手に植え付けますので、それによってディフェンスがしにくくなるのです。
スピードの切り替えもイニエスタのドリブルの特徴と言えるのです。

スペースへの素早い移動

イニエスタのドリブルの凄さは、自分が進むことのできるスペースを瞬時に見つけ出して、そこへボールと一緒に移動することです。

ドリブルで相手を抜くときには、基本とも言えることですが、イニエスタの場合には、狭い場所でも確実に自分のテクニックで抜くことのできる場所を見つけ出し、狭い場所へ進んでいくところができるのが凄さと言えます。

早くスペースを見つけ出し、そこへ進んでいくことで、相手選手が後手後手に回りますので、次のほころびを突いたり、空いた味方選手へパスを出すことができるようになるのです。

イニエスタの反転するスピードの凄さ

イニエスタのドリブルの凄さは、反転するスピードにあります。背中を向けて相手をボロックした後で、入れ替わるようにスムーズに反転します。

この動きによって相手を置き去りにして、前を向くので、目の前には仕事をするためのスペースが生まれるわけです。

このドリブルの仕方は、通常とは少し違っています。

1度、自陣にドリブルするような動きをしますので、相手はどうしても下がったと思って一気に寄せてきますが、それを待っていたように反転するので、相手を抜きさることがでます。これは足元のテクニックが必要不可欠になります。
50 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジンガステップのやり方とは?足元の技術をアップさせる練習法を解説

ジンガステップのやり方とは?足元の技術をアップさせる練習法を解説

ブラジルの多くの選手が身に着けているジンガステップは、サンバのような華麗なステップを用いてディフェンスを抜き去るドリブルテクニックに応用されています。つまり、ジンガを練習すれば足元の技術向上に役立ちます。足元の技術向上を目指すための練習方法として、今ジンガが注目を集めています。
バックビハインドのドリブルのコツとやり方とは?【バスケ上達ガイド】

バックビハインドのドリブルのコツとやり方とは?【バスケ上達ガイド】

バスケットボールのドリブル技には様々な種類がありますが、その中でも比較的難易度が高く、見ていてかっこいいバックビハインドのドリブルがあります。難易度が高いとはいえ、コツとやり方を覚えてしまえば初心者でもすぐに自分のものになります。
バスケでオフェンス力をアップするハンドリング練習10選【バスケット上達】

バスケでオフェンス力をアップするハンドリング練習10選【バスケット上達】

バスケットボールで最初に練習することはドリブルなどのハンドリングです。自分の手よりもはるかに大きいバスケットボールを意のままに扱えるようになることは必要不可欠なのです。ここでは、ドリブルを中心とした、特にオフェンス力向上に効果的な練習方法を10種類紹介します。
イニエスタのトラップの凄さとは?動画を交えて考察してみた

イニエスタのトラップの凄さとは?動画を交えて考察してみた

イニエスタはスペイン代表、FCバルセロナで数々の功績を残し、2018年シーズンからJリーグのヴィッセル神戸への移籍が決定し、大きな話題になりました。イニエスタの優れた技術の中にはトラップ技術があります。そんなイニエスタのトラップの凄さを、動画を交えながら考察していきます。
ドリブルの練習方法12選!基礎からしっかりと学ぼう

ドリブルの練習方法12選!基礎からしっかりと学ぼう

ドリブル練習は、サッカーの基本となる、ボールを蹴る、運ぶ、止めることをバランスよく身につけられる一番の方法です。特にゴールデンエイジを迎える少年サッカー世代の子は、練習を重ねた分上達します。バリエーションあるドリブルの練習方法でサッカーに差をつけましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000