Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカー練習方法11選!...
サッカー練習方法11選!簡単にできる上手くなるやり方をご紹介

サッカー練習方法11選!簡単にできる上手くなるやり方をご紹介

サッカーには様々な練習方法があります。サッカーの練習方法として、初心者であっても上級者であっても必要な練習から、サッカーそのものが上手くなって試合で活躍できるようになる練習を考えていきます。サッカーでは個人の力とチーム力が強くなるために必要不可欠です。

2021.12.16 サッカー

Writer

old_user_id: 26

公式ライター
old_user_id: 26

サッカーの練習方法について

Instagram (17729)

サッカーには、沢山の練習方法がありますが、初心者から上級者まで誰もが何度も繰り返し行っていくことで体が技術を身に付けて上手くなっていくのです。

サッカーの練習方法は、1人でもボールがあればドリブルやキック練習ができますし、人数が沢山いれば、シュート練習やパス練習などそれだけ様々な練習方法を行うことができます。
こうやって頭を使って、沢山の練習方法を効率よくこなしていくことが、特に初心者がサッカーを上達していくために必要な要素と言えるのです。

一人でできるサッカーの練習方法

サッカーは、初心者が1人でもボールがあれば、ある程度の練習をして上手くなることができます。

大勢で集まって様々な練習の方法をこなしていくことも上達には大事なことですが、本当に基本を上達して、ボールタッチに自信を持つようにしたり、個人の力を伸ばしていくのであれば、一人でもボールを触って、練習を繰り返すことが本当の意味でサッカーの上達に繋がってきます。

1人で行う練習方法は、頭で考える力も付きますので、どのようにすればサッカーの試合で使える練習方法になるのか、上手くなれるのかを意識することにもなってくるのです。

①ボールタッチの練習

サッカー 一人で出来るうまくなる練習法 ボールタッチ

サッカーの初歩であるボールを触る感覚を身に付けます。
初心者が上手くなるのにおすすめなのは、ボールに触れたこともない場合もありますので、そんな初心者はボールに触れる時間を長くすることでボールを転がす感覚を掴むのです。

サッカーではボールを足の裏で舐めるように触ったり、足の甲やインサイドなど色んな場所を使ってボールを転がすようにしていくことで、足がボールを触る感覚を覚えて、上手くなっていくのです。
このようにしてボールに触る練習方法をすることは初心者1人でもできますし、少しの時間でもできる練習方法としておすすめです。

②リフティング練習

Instagram (17918)

サッカーでボールを上手く蹴るためには、ミートが大事になりますが、そのためにおすすめな練習方法がリフティングになります。

リフティングは一人で遊ぶものであるように捉えられることもありますが、実際には様々な技術がなければ上手く回数をこなすことはできません。

初心者は、きちんとボールをミートできませんから、真っすぐにボールを上に上げることができません。
サッカーでは、パスやドリブル、シュートも正しくボールを足に当てることから始まりますので、リフティングをこなし、上手くなることで、正しいボールタッチが身に付くのでおすすめの練習方法です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

③ドリブル練習

少年サッカー練習メニュー ドリブル練習基礎「運ぶ」ドリブル応用編

サッカーのドリブルの練習方法は、一人でもできるものとしておすすめです。
サッカーでは多くの技術が必要になってきますが、ドリブルもその一つです。

ドリブルであれば、1人でも練習して上手くなることができます。

ドリブル練習をする時には、細かなタッチで行うことが大事になってきます。
細かなタッチのドリブル練習を繰り返すことで、上手く方向転換をしたり、相手をかわしたりすることができるようになっていきます。
ドリブルが上達すれば、周りを見る力も付きますし、パスやシュートにも生かすことができます。
上手くなるためのおすすめは、コーンなどの目標物を置いて、それをかわしながら進んで行く練習方法です。

④目標へのキックの練習

もしもヘタクソが100万回キックを練習したら?〜41073回目〜 【達成率4.1%】

おすすめは、コーンや、空き缶など目標物になるものを地面やゴールポストの上に置いたり、タオルをポストからぶら下げて、それを狙うようにキック練習をする方法です。

また、壁があれば、そこに目標を定めて何度もキックを繰り返すことでキックの精度を高めることもおすすめできます。

サッカーにおけるパスもシュートもキックの精度が重要になってきます。そのための練習方法は、何度もキックを繰り返すことがおすすめです。この時の上達ポイントは、きちんと狙う場所、目標を決めてそこを早いボールで狙ったり、カーブをかけて狙ったり色々な蹴り方でキックをすることがおすすめになってきます。

二人で行うサッカーの練習方法

サッカーを上手くなるには、1人よりも2人の練習方法の方が多くのメニューをこなすことができますので、初心者でも2人で練習することがおすすめになってきます。

サッカーでは、味方と連動してパスを繋いでゴールを目指すことが多いので、仲間と一緒に練習する方法がおすすめになってきます。

2人で練習すれば、多くの事ができますし、キックの練習方法だけでもトラップの練習もできてし
まうので、効率的でおすすめと言えます。
2人いれば練習方法のバリエーションが一気に増えて、上達する速度も変わってきます。

⑤基礎練習

少年サッカー練習メニュー 親子でできる飛んできたボールのコントロール練習

二人いれば、サッカーで最も大事な基礎練習を行うことができるのでおすすめです。

サッカーにおける基礎の練習とは、トラップ、ドリブル、パス、シュートになってきますが、2人いれば、全ての練習で多くのメニューをこなすことができるようになるからです。

おすすめの基礎の練習としては、1人がボールを投げてもう1人がインサイド、インステップでボールを蹴り返します。

また、胸、脚でトラップをしてから返したり、ヘディングで返すなど、その練習方法は多岐に渡ってきます。

⑥一対一の練習

1対1練習メニュー1(マルバサッカースクール)【サカイク】

実践を意識した練習方法として、1対1の練習方法が効果的です。
サッカーでは、ドリブルで局面を打開することも必要になってきますので、1人がオフェンス、1人がディフェンスに分かれて相手を抜く練習をします。

簡単なゴールを決めておくことで、そこを目標に抜いたり、守ったりすることができます。
この時に大事になってくるのは、フェイントを使って相手を揺さぶって、素早く抜きに行くことです。

試合中にはゆっくりと時間を使ってしまっては、対面している選手以外の選手も戻ってきてしまうので、できるだけ時間を掛けずにシュートすることが大事になってきます。

⑦パス練習

少年サッカー練習 2人組のボールコントロール パス&ゴー

1人ではできないサッカーの練習方法としてパス練習があります。
パス練習の方法は、2人で対面して、相手の足を狙ってインサイドキックで丁寧にパスを出すことです。

この時に意識したいのは、ボールを浮かさずに早いボールを相手の足元に届けることです。
これを繰り返すことによってパスの精度を上達させる練習になってくるのです。

もう一つ意識したいのが、相手のパスを受けた時のトラップです。
2人で行う利点は、このトラップ練習もできるところにあるからです。
丁寧に止めて、すぐにパスすることができる位置にボールをトラップすることが大切になってきます。

チームとして上達するサッカー練習方法

サッカーの練習方法として、個人の力も大事になってきますが、チームスポーツである以上、チームとして上達することも大事になってきます。
いくらキックが上手くても、パスが通らなければ意味がありませんし、ドリブルがどんなに上手でも1人で全員を抜いてゴールすることはできません。
そこで、全員の意思疎通を取るためにも、パス回しを行ったり、サイドからのシュート練習を起こったり、チームで様々な練習方法を行っていくことで、チームとして上達していくことが重要になってくるのです。

⑧パス回しの練習

【ティキタカはこうして作られる】バルサ芸術的な練習中のパス回し

パス回しの練習方法として、4対2のパス回しが有効な方法となります。
オフェンスが4人でディフェンス2人となってボールを持った選手の両サイドと対面にフォローに回るように意識しながら、パス回しをすることで、素早いフォローと味方の位置を確認しつつパスを出す練習になってきます。

これを練習で行ったり、アップに組み入れて人数を増やして行うことで、パス回しの感覚とディフェンスの感覚を養っていくことができるようになります。

⑨シュート練習の方法

セレッソ大阪 居残りシュート練習 2016.6.1

サッカーで得点を取るのに重要なシュートの練習方法です。
サッカーでは、どんなに上手にパスを回していても、ドリブルをしても得点を取れなければ意味がないからです。

そこで、シュート練習は大事になってきますが、プレッシャーを受けたり、足が疲れた状態でシュートを打つことが多いので、こういったシチュエーションを作って練習する方法が大切になってきます。
ボールを横から転がしてもらったり、ポスト役の選手に当ててリターンをシュートしたり、様々なやり方があります。

⑩センタリングからのシュート練習

レアルマドリード 試合前シュート練習

攻撃のための練習方法で、個々人の能力を伸ばすとともに、チームの力も挙げることのできる練習方法です。
サッカーでは、シュートにつなげる方法として、サイドからセンタリングを上げて、それを中央で合わせるという攻撃方法がセオリーとして存在します。
そのような形を練習するために、サイドからボールを出してもらって、トラップをしたり、ダイレクトでシュートを打つ練習です。
こういった練習方法を繰り返すことで、その場面が来た時にも自信をもってプレーすることができます。

⑪ゲーム形式の練習方法

日本代表 見どころが多いミニゲーム

ゲーム形式で実践的に練習を行うことで判断力や、味方との連携、チームの決め事を理解していくことがサッカーを上手くなるポイントとも言えます。

ミニゲームの練習方法は、パス、シュート、ドリブルといったボールを使った技術だけでなく、マークにつく練習や、状況判断を磨いたり、ボールがない時に味方にスペースを作り出す練習など、全てを賄うことのできる練習方法です。

1つずつのスキルを高めながら練習の中で味方の選手の特徴を知ることもサッカーでは重要なことになるのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。