2020年9月25日 更新

川崎フロンターレのスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

川崎フロンターレは多くのスポンサー企業にサポートされています。広告を掲載する位置によって露出の差があり、スポンサー料も変動があり、高いもので2億5,000万円、安いもので20万円です。川崎フロンターレの応援を通して、公式スポンサー企業や協賛企業を知り、スポンサー企業も応援しましょう。

1,494 view お気に入り 0

川崎フロンターレのスポンサーとは?

Login 窶「 Instagram (170453)

川崎フロンターレの公式スポンサー、公式パートナーは現在大小合わせて1,000社以上です。

2017年にJリーグを制覇し、そこから3シーズン連続でタイトルを獲得している川崎フロンターレはスポンサー数をみると、名実ともにJリーグのトップレベルのクラブになりました。川崎フロンターレを支える公式スポンサー、協賛企業には大手企業のみならず、中小企業や個人スポンサーも存在しています。

川崎フロンターレのスポンサー料

Login 窶「 Instagram (170455)

川崎フロンターレのスポンサー料は掲示する広告の種類で幅があります。公開されている金額で1番高い広告は2億円、1番お手軽な広告の場合は20万円となります。広告の種類は大きく3つ種類あります。

・ウェア広告
・スタジアム広告
・地域コミュニティ広告

ウェア広告

ウェア広告は広告のなかでも1番高額なスポンサー料のかかる広告になります。ユニフォームの胸ロゴスポンサー部分の富士通株式会社はウェア広告の募集はありませんが、背面の背中や背中裾スペースは募集があります。

ウェア広告価格は2億5千万円と1億5千万円とあり、かなり高額になります。ただ、試合中常に映る箇所のため、企業も費用対効果を検討したうえで、高額でも出資するスポンサーが多いです。

スタジアム広告

スタジアム広告は掲載場所で支払うスポンサー料に差のある広告で、掲載にかかる金額は1億円から200万円とかなり開きがあります。試合中、テレビ中継で常に映る箇所に掲載するスタジアム広告は高額で、反対に広告が映るタイミングが限られてしまう場所は金額が比較的安い金額での掲載が可能です。

地域コミュニティ広告

地域コミュニティ広告はスタジアム広告と同等のスポンサー料の広告で、掲載場所に依存しますが1億円から20万程度とかなり差がある広告になります。地域コミュニティ広告はウェア広告やスタジアム広告に比べて、掲載場所が多いのでスポンサー企業にとっては手を出しやすい広告です。川崎フロンターレ側にとっても、多くのスポンサー企業を取り込める広告と言えます。

川崎フロンターレのスポンサー広告の場所

Login 窶「 Instagram (170510)

川崎フロンターレのスポンサー広告掲載場所は3つの広告の種類で異なります。

・ウェア広告
・スタジアム広告
・地域コミュニティ広告

ウェア広告

Login 窶「 Instagram (170456)

ウェア広告は試合中に着用するユニフォームや練習で使用するトレーニングウェアに掲載する広告になります。ユニフォームに掲載するスポンサー広告ですが、胸、背中、鎖骨、パンツに掲載されます。

試合中の映像や選手紹介の写真でも映り込む確率がかなり高いウェア広告は、企業側にとっても宣伝効果がかなり大きいため、高額でも継続してスポンサー契約を長期的に結ぶ企業が多い傾向です。

スタジアム広告

Login 窶「 Instagram (170512)

スタジアム広告は川崎フロンターレの試合中の掲載される広告になります。Jリーグの試合中に準備されるスタジアム広告ですが、バックスタンド側、両ゴール裏をメインに掲載されていて、試合映像とともに映ることが多いです。

スタジアム広告の数は両ゴール裏に提示される数がバックスタンドに掲載される数に比べても多く、チャンスクリエイト数がJリーグ中でも最も多い川崎フロンターレではコスパのよい広告掲載箇所といえます。

地域コミュニティ広告

 (171944)

地域コミュニティ広告は川崎フロンターレのクラブハウス、ファン感謝デーの冠スポンサーや川崎駅の周辺地域に掲載される広告です。クラブハウス周辺にバナーを掲載したり、年に1回開催されるファン感謝デーも広告料を払えば冠スポンサーになることできます。

JR川崎駅北口改札外に掲載することも可能で、利用者の多いJR川崎駅に掲載することで日常的にPRが可能です。

川崎フロンターレのスポンサーの種類

69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サガン鳥栖のスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

サガン鳥栖のスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

サガン鳥栖のスポンサーの種類は12種類で、広告の種類や掲示する場所によって区別されています。スポンサー広告を掲示する場所は、ユニフォームやトップチーム練習着、スタジアム内の看板、LEDアドボード。横断幕で、広告の露出度によって金額が異なります。スポンサー収入は、クラブの貴重な財源でチームの強化や運営に割り当てられています。
yama1116 | 460 view
横浜マリノスのスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

横浜マリノスのスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

横浜マリノスのスポンサーは、神奈川に本社を置く企業や日産系列の企業を中心に数多く協賛してチームをサポートしています。スポンサーは3種類あり、広告の掲示場所で金額が異なります。どういう企業が協賛しているか着目してみると、新たな目線でサッカー観戦ができます。
パインウッズ | 414 view
ガンバ大阪のスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

ガンバ大阪のスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

ガンバ大阪のスポンサーの種類は7種類で、大阪府に本社を置く企業やパナソニックの関連会社が多く協賛しています。スポンサー広告を掲示する場所は、ユニフォームや練習ウェア、スタジアムで、露出度によって金額が異なります。スポンサー収入は、クラブの貴重な財源でチームの強化や運営に割り当てられています。
yama1116 | 807 view
FC東京のスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

FC東京のスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

FC東京のスポンサーの種類は1種類でクラブスポンサーと呼ばれ、クラブスポンサーの8割以上の企業は東京都に本社を置いています。スポンサー広告を掲示する場所は、ユニフォームや練習ウェア、スタジアムや練習施設、備品まで多岐にわたります。スポンサー収入は、クラブの貴重な財源でチームの強化や運営に割り当てられています。
yama1116 | 735 view
浦和レッズのスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

浦和レッズのスポンサーとは?国内クラブチームのスポンサー企業一覧

浦和レッズのスポンサーは4種類あり、本拠地埼玉に本社を置く企業や三菱グループの企業が数多く協賛しクラブを支えています。スポンサー料は広告を掲示する場所で金額が異なり、露出度が高いユニフォームの広告は、スポンサー料が高く国内外の有名企業が務めています。クラブの運営にはスポンサー企業のサポートが必要不可欠です。 試合観戦の時は、選手だけでなく協賛企業も応援しましょう。
yama1116 | 1,703 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

c8j_foot c8j_foot