Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのシュートの蹴り...
サッカーのシュートの蹴り方!キックのコツやフォーム【上達ガイド】

サッカーのシュートの蹴り方!キックのコツやフォーム【上達ガイド】

サッカーで得点を取るために、シュートの精度というのは重要になってきます。サッカーのシュートはどんな状況であってもゴールの枠内に飛ばすことができれば、その分得点の可能性も高くなるのです。フォームを意識して、蹴り方を身に着けることが重要になります。

2021.12.16 サッカー

サッカーのシュートの蹴り方

サッカーにおけるシュートの蹴り方には多くの方法があります。コツを掴めば、サッカーの様々なキックの浮かない蹴り方ができるようになります。
サッカーでシュートは得点を取るために必要不可欠です。

サッカーでは、多くの蹴り方を使い分けて、パスを繋いだりシュートを狙いますが、シュートをするには、様々な状況の中で最も良いと自分が判断したものを自信を持って蹴る必要があります。

そこで、サッカーのシュートをキックの種類や蹴り方、状況から一つずつ考えていくことで練習に活かすことができ、コツを掴み多くの蹴り方ができるです。蹴り方のコツを掴むには、何度もボールを蹴ることが1番大切です。

インサイドを使ったシュート

eneed on Instagram: “インサイド12連発#西町グランド #soccer #サッカー #eneed #インサイドキック#FTA” (27082)

サッカーのキックの基本と言えるインサイドキックもシュートのためには、重要な浮かない蹴り方の1つです。
サッカーにおけるインサイドキックという蹴り方は、ボールを転がしてパスを出すためのキックと思われているかもしれませんが、コツを掴んで強いインサイドキックを蹴ることができれば、コントロールが付きやすくなりますし、ゴールの隅を狙って蹴ることもできます。
この蹴り方によって、コントロールを重視して浮かないシュートを蹴ることもできるようになります。
サッカーにおいてインサイドキックの浮かない蹴り方のコツは、足首を固定して、くるぶしの下あたりでボールの中心を押し出すことです。

インステップを使ったシュート

サッカーのシュートの蹴り方で最も一般的な方法が、インステップキックです。
サッカーでは、インステップキックの蹴り方のコツをマスターすれば、より強いキックを蹴ることができます。
サッカーのインステップキックの蹴り方のコツは、ボールに対して、足の甲を真ん中にぶつけますから、とても強いボールを蹴ることができる蹴り方です。
すなわち、シュートをするとキーパーも取ることができないような強いキックができる蹴り方といえます。
サッカーではインステップキックの蹴り方のコツを掴むことでより得点を奪えるようになります。

インフロントを使ったシュート

サッカーではインフロントを使ったシュートも強いキックをする蹴り方です。
インフロントキックでシュートを打つ時のコツは、ボールの下へ足を入れすぎないことです。
インフロントキックもコツを掴むことで強いボールを蹴ることができる蹴り方ですが、インステップキックよりもボールに対して斜めに足を当てる分、ボールが浮きやすくなる特徴があります。
ですから、サッカーでは練習を繰り返しコツを見つけ、インフロントキックでもボールが浮かないような打ち方ができるようになることで、シュートの時にも様々なタイミングでコースを狙った蹴り方ができるようになります。

トゥーキックでのシュート

shuma uchino on Instagram: “週末はゼビオアリーナ2連戦  12/2 18:30 VS#フウガドールすみだ 12/3 17:00 VS#バサジィ大分  普段仙台で見られないような対戦カードも見られるので ぜひ会場へ足を運んでください!  写真は VS#アグレミーナ浜松 戦 #ヴォスクオーレ仙台…” (27245)

サッカーのシュートで相手に読まれずに蹴る方法としては、トゥーキックがあります。
サッカーにおけるトゥーキックは、足の爪先でボールを押し出すように蹴るものですから非常にコントロールをつけることが難しいキックです。
しかし、咄嗟の時にはすぐにボールを蹴ることができますし、ドリブル中や混戦状態の中でもシュートが打てますので、身に付けておきたいサッカーのシュート技術です。
ボールの芯を捉えることができれば、小さな力でも強いキックができるのもメリットです。
サッカーのトゥーキックのコツは、大きく足を振りかぶるのではなく、小さな振りでボールの中心を確実に蹴る意識を付けることです。

ボレーシュート

伊藤勇人 on Instagram: “ボレーシュート♪#サッカー #ボレーシュート #左利き #レフティー #ファンタジスタ #10番 #トップ下 #ロッベン #大好き #情熱” (27247)

サッカーで浮き球をシュートする蹴り方では、ボーレシュートが有効です。
サッカーのボレーシュートを蹴り方のコツは、練習を積んで確実にボールをミートできるだけの技術を身に付ける必要があります。
サッカーにおけるボレーシュートの利点は浮き球を空中でキックすることで、早いタイミングで強いキックをすることができる蹴り方です。
サッカーにおいて浮き球は、トラップをするとどうしてもシュートに時間がかかってしまったり、ヘディングであれば強く飛ばすことができないために、ボレーシュートが有効となる蹴り方です。

シュートを蹴るときのコツとは

サッカーでシュートを蹴るときには、あれこれ考えるのではなく、思い切りの良さが大事になります。
サッカーにおいてシュートは、相手のゴールキーパーの手の届かないところを狙うのがセオリーですが、実際には、そこまで細かなところを見ている余裕がある場合の方が少ないです。
その時にゴールを奪うためのコツは、ゴールを自分の頭に描き、状況を一瞬で判断してそのシチュエーションに合った蹴り方で思い切ってシュートを打つ方が大切になります。

ゴールを頭にイメージする

Masami Kojima on Instagram: “#サッカーゴール#写真撮影#カミングスーン#レッズランド” (27249)

サッカーのシュートの蹴り方のコツとしては、常に頭にゴールの位置をイメージしておくことが大事になります。
サッカーにおけるシュートの打ち方のコツは、練習の時からフォームを大事にして、何度も狙いを持ってシュート練習をすることです。
その過程で、得点を取るためのコツとして、ゴールを頭に描くイメージを常に持っておくことで咄嗟の時にもすぐにシュートが打てます。
一瞬の判断でゴールとキーパーの位置を頭に入れ、あとはボールをしっかりと見て、体制が崩れても狙った場所へシュートをすることが大切です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

ボールをよく見ること

Ryo on Instagram: “.*少年サッカー*#サッカー#サッカーボール#少年#一生懸命#写真#カメラ#soccer#soccerball#boy#sports#camera#photo#portrait” (27312)

サッカーではシュートなど、キックをするときには、どのような態勢であったとしても基本的にはボールをしっかりと見ることが大切です。
サッカーにおいてどんなにシュートのコツを掴もうとも、ボールを見ずにシュートをしたり、キックをすることはできません。
そして、サッカーではシュートのコツを掴むためには、ボールをよく見て基本のフォームを意識しながら足を振ることが何よりも重要になります。
サッカーにおけるシュートの一番のコツはボールをよく見ることです。

踏み込みを意識すること

サッカーで強いシュートを蹴るコツとしては、踏み込みが重要です。
サッカーではボールを蹴る時に、振り足を意識するのはよくあることですが、踏み込む軸足の位置や、膝の曲げ方で蹴りやすさが変わったり、浮かないシュートの打ち方ができたりと、踏み込み足はシュートを打つ上でとても大事な役割を果たしています。
サッカーにおいて強いシュートや浮かないシュートのコツを掴もうと思えば、練習の時から軸足の踏み込み位置や体重の移動の仕方を意識して練習に取り組むことが大切です。

ミートを意識する

群馬ストライカーアカデミー on Instagram: “.【ストライカーアカデミー】ボレーシュート!#ストライカーアカデミー #群馬ストライカーアカデミー #サッカー #ストライカー #フォワード #ゴール #シュート #サッカースクール #シュート練習 #群馬 #前橋 #高崎 #伊勢崎 #桐生” (27378)

サッカーのシュートで重要なことに、ボールをしっかりとミートすることも挙げられます。
サッカーでは、地面にあるボールをシュートする時もそうですし、空中のボールを蹴るときには、特にミートの意識付けが重要になります。
サッカーにおける空中のボールはスピードがあるパスが回ってきますから、無理に足を振らなくても確実に足にボールをミートさせるコツを掴めば強いシュートを打つことができます。
また、サッカーでは地面にあるボールも正しいフォームから振った足の甲にボールを当てれば、力を入れすぎなくてもしっかりとしたボールを蹴ることができます。

足の振りを早くする

サッカーでは、シュートだけに限らず、より強いキックをするためには、足の振り、特に膝下の振りを早くするフォームが必要です。
基本的なフォームとは、しっかりと胸を張って、腕を広げて、その反動を体から足へと伝え、軸足で踏ん張りながら振り足を素早く振り、ボールの中心をミートするフォームです。
このイメージを意識しながら、足の振りの部分を意識的に膝下から素早く振ることでより強いキックをすることができるようになります。

基本のシュートフォーム

サッカーでは、キックをする時の基本的なフォームが存在します。
どんな事でも基本があり、その基本をまずは守ることが大切です。
基本ができた上で、コツを掴み、それを応用したり、自分のやりやすい形を見つける方が、体がフォームを覚えるのが早いです。
基本フォームは、軸足はボールの横に置き、膝を曲げてバランスを取ります。
上半身は、右足で蹴るのであれば、左腕を上げることで全身のバランスをとって胸を張り、右足を振りかぶり、ボールの中心を足の甲で蹴りにいくのが基本的なフォームになります。

軸足の置き方

強いキックを蹴るためには、軸足の置き方が重要です。
軸足を正しい場所に置かなければ、ボールへ力が伝わらず、強いボールを蹴ることができません。
強いシュートの打ち方は、ボールの真横か真横から15cm位後ろに軸足を置きます。
そして、ボールから10cmくらい横にずらした場所に軸足を置く方法が最も基本となります。
しかし、人はそれぞれ足の形や可動域が違うものですから、その方法を基本としながら、自分が蹴りやすい軸足の位置を見つけることが大切です。

上半身の使い方

Chan Kwun Yuen on Instagram: “シュート!-Tools: #sonya7ii #sel70200gm” (27462)

サッカーでは、シュートだけに限らず、強いキックをするためのコツは、全身を上手く使って力をボールに伝えることです。
下半身を使う競技と思われていますが、実際に強いシュ-トを蹴るには、上半身を上手く使う蹴り方がコツになります。
上半身を使う方法としては、手を大きく広げてバランスを取ったり、胸を張ることで足の振りを大きくしてキック力を高めるような方法が大事になります。
ボールを蹴るためには、上半身も含めて体全部を上手く使うことが大事になるのです。

バランスの取り方

Akiko Kobayashi on Instagram: “シュート!  #フットサル女子 #横浜 #シュート #ノーマーク #スポーツ #気分転換 #合い言葉は #女性に優しく #なかなかハード #日曜日 #休日 #明日から頑張ろう #活躍 #❔ #寒かった #プレジャー #健康と美容 #エイジングケア #美人 #美男 #集まれ…” (27464)

サッカーにおけるシュートなどのキックを蹴るコツは、上半身を使ってバランスをとることです。
サッカーでは、相手選手をブロックしたり、態勢の悪い状態からシュートを打たなければいけないこともたくさんあります。
その中で大事になってくるのが、浮かないボールを蹴ることです。
ボールが浮かない状態であれば、相手選手にあたったり、ミスキックでも味方へのパスになる可能性もあるからです。
そのためのコツは、体、特に腕を広げてしっかりとバランスをとることで思い通りの踏み込みができるようにすることが大事になります。

振り足の使い方

Onomichi ぶるず on Instagram: “パス→トラップ→シュートと良い流れからのゴール⚽️ そのあと相手も同じ流れを試みてる‼︎ のかたまたまか😁 ・ こういうのが決まると余韻に浸りたいので ゲームから外れたくなるのは自分だけかな😅笑 ・ ロングverはFacebookにて☝️ ・ #フットサル #futsal…” (27627)

サッカーでキックを蹴るフォームとしては、足の振りを素早くすることで強いボールを蹴ることができます。
サッカーのシュートは、強くて浮かない打ち方をすることが重要になってきます。
そのためのコツは、振り足をコンパクトに素早く振ることが大事になるのです。
足を大きく振ったからといって強いシュートを蹴ることができるわけではありません。
コツとしては、コンパクトに膝下から降ることでボールは浮かない軌道で強いボールの打ち方ができます。

腕の使い方

あもあもだいち on Instagram: “北井佑季が先制ゴールを決めた、シュートを打つ瞬間。#j3 #開幕戦 #sc相模原 #北井佑季 #yscc横浜 #先制ゴール #シュート #瞬間 #町田ゼルビア #松本山雅 #カターレ富山 #宙に浮く #飛んでる” (27628)

サッカーは、下半身のスポーツのように思われるかもしれませんが、実際に強いシュートを蹴るためのフォームとしては、腕を使うことも大切です。
腕を上手く使うことで、ボールを浮かせることもできますし、浮かないキックをすることもできます。
腕を大きく広げてバランスをとることで、様々な姿勢でシュートを打つ時にも、基本のフォームに近い形を維持することができますので、強いシュートを狙った場所に蹴ることができるようになります。

強いキックを蹴るためのフォーム

強いキックをするためのフォームは、何度もキックを繰り返して体になじませることが重要です。
強いシュートの打ち方としては、右足でシュートをするのであれば、左腕をしっかりと開いて、バランスをとることで上半身の力を上手く右足に乗せることができます。
体の力を上手く連動させて、蹴り足に伝えていくことが強いシュートを蹴るために重要になります。
サッカーは下半身だけで行うのではなく、上半身の力を連動させることが大事ですから、腕を使ってバランスをとってシュートができる打ち方を練習によって身に着けることが大切です。

シュートの練習方法

シュートの練習方法には、多くのやり方がありますが、動きながらシュートを蹴る方法が一般的になります。
サッカーでは、試合中に動きを止めてボールを蹴れるのはセットプレーの時くらいです。
それが、シュートなどであれば、より早い動作の中で打つ必要が出てきます。
ですから、サッカーでは練習中から動きながらのシュート練習などを行う必要があります。
サッカーにおけるシュート練習は、常に動きながらできるような方法を考えて、状況をイメージして行うことが大事です。

ポストシュートの練習

B2 ポストシュート練習

最も簡単なサッカーのシュート練習としては、ポストシュートがあります。
サッカーでは、ドリブルシュートとポストシュートが最も基本的なシュートになります。
その中でも、ポストシュートは、味方にボールを預けて、リターンしてもらったボールをシュートするやり方です。
サッカーにおいて、ポストシュートの練習の時には、自分が思った場所にボールが出てこないことが多いですが、そういったボールに対する動き方を考えながら、いかにして咄嗟に反応して、浮かないシュートをすることができるのかを練習で身に付けることが大切になります。

ドリブルシュートの練習

ドリブルシュートを極めろ!

サッカーでは、実践を想定して練習していく必要があるので、ドリブルシュートも効果的な練習方法といえます。
ドリブルシュートは、コーンをよけながらドリブルをして、シュートを打ちます。
この時に、できるだけ早くコーンをかわして、最後のシュートまで時間をかけないことです。
シュートの蹴り方は、大きく軸足を踏み込むのではなく、ドリブルした流れのままで、踏み込みができる位置にボールを置いて、膝下を素早く振ることで強いシュートを打つことができます。

ターンしてからのシュート練習

【セオリー】インサイドトラップ→ターン→シュート

サッカーにおける効果的なシュートは、反転と同時にシュートを打つことです。
シュート練習は、実践を想定する事が重要になります。
FWは、ディフェンスを背負ったままボールを受けることが多いです。
この時に素早くターンをして、シュートすることができれば、得点チャンスが広がります。
そのための蹴り方は、ターンした動きで、足をそのまま踏み込みシュートすることで、ディフェンスが反応しても届かないタイミングで蹴ることができます。

センタリングからのシュート練習

【動画】サッカー日本代表アギーレジャパン公開練習 クロスからのシュート練習

サッカーにおいて、チームとしてシュートの形に持っていくには、センタリングからのシュートという方法もあります。
サッカーのセオリーにサイド攻撃がありますから、このサイド攻撃からのセンタリングにダイレクトでシュートを合わせる蹴り方は、練習しないと簡単にはできません。
センタリングは、思った場所に飛んでこないことが多いので、練習によって、ダイレクトで蹴ることができる蹴り方を体に覚えさせておくことがコツになってきます。

1対1からのシュート練習

GKとの1対1を制するためのポイントを知る【南米流シュートテクニックバイブル】

シュートの練習をするには、1対1も実践的な練習方法と言えます。
サッカーでは、1対1の状態が多く作られます。
この状態からディフェンスをかわしたり、シュートコースを作りだしてシュートが打てるようになれば、ゴールを奪いやすくなります。
そのためのコツを掴む練習は、キックフェイントなどを入れ、相手の足を一瞬止めることです。
その状態から少しボールをずらして、素早くシュートを打つことでディフェンスの足が届かずにシュートを打つことができます。

様々なキックをするコツ

サッカーでは、足を使ってボールを運んでいきますから、様々なキックを使ってパスやシュートを打つ必要が出てきます。
キックを上達するコツは、ボールを何度も蹴ることです。
基本のフォームというのは、どのキックにもありますが、それを意識して練習を繰り返すことで、正しいフォームも身に付きますし、少し態勢が崩れていても、無理に蹴る練習をしていけば、自分なりの蹴り方のコツを掴むことができるようになってくるからです。

体の軸を大事にする

#7 突撃城彰二!! 「八王子FC」編 #7 城彰二がクロスボールからのシュートを教えます!!

サッカーでシュートの時に強いキックを蹴るコツとしては、体の軸をしっかりさせることが大事になります。
シュートは、浮かないボールを蹴ることが大事になりますから、そのための打ち方として、しっかりと体に軸を作ることが大切です。
自分の体をコマのように考えて、頭から軸足の先まで、芯があるイメージでしっかりと立つことです。
下半身、足だけでシュートをする打ち方では、スピードもコントロールもつきません。
体すべてを使って、そのエネルギーをボールに伝える打ち方をするには、しっかりとした軸を意識することが大事になります。

ボールから目を離さない

【ベッカム・ピルロ・シャビ】パサー必見!!ロングキックが飛ぶ蹴り方!!

サッカーにおけるシュートの打ち方だけではなく、様々なキックをするためのコツとして、ボールから目を離さないことです。
サッカーのキックは、パスやシュート、あらゆることに必要になってきます。
中でもシュートの打ち方は、ボールから目を離さずに、しっかりとボールを見て蹴ることが何よりも重要なことで、どんなに優れた選手であっても、ボールを蹴る瞬間は、ボールを見ています。
目を離さないことで、ボールの蹴りたい位置をしっかりと把握することができるからです。

コントロールを身に付ける

【サッカー】強いシュートを打つために~蹴り方・練習法~【徹底解説】

サッカーでボールを蹴る時のコツとして、コントロールを身に付けることも大事になります。
基本的な蹴り方をきちんとマスターすれば、ボールを思った場所に蹴ることができます。
コントロールを身に付けるには、下半身だけでボールを蹴るのではなく、上半身も使って、軸を安定させてバランスを取りながらキックをすることが大切です。
何度も繰り返し練習をすることで、コントロールのある蹴り方を身に付けることができます。
同じ場所を狙う打ち方を練習すれば、自然とコントロールはよくなってきます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。