Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 【大阪】サッカーの強い中...
【大阪】サッカーの強い中学ランキング10校!強豪校はどこなのか?

【大阪】サッカーの強い中学ランキング10校!強豪校はどこなのか?

大阪のサッカー強い中学をランキング形式で10校紹介します。大阪はサッカーが盛んな地域として有名ですが、特にサッカーが強い中学校として名前が上がるのが東大阪朝鮮中学校です。また、中高一貫教育の私立校は、高校や大学の練習施設を使用したり、コーチを招聘するなど、練習環境に優れています。

2021.12.16 サッカー

大阪でサッカーの強い中学 第10位

千里丘中学校

 (99220)

国公私立 公立
所在地 大阪府吹田市青葉丘南15-1
2019年成績 総体地区予選敗退
2018年成績 総体県予選ベスト4
2017年成績 総体地区予選敗退
2016年成績 総体地区予選敗退
2015年成績 総体地区予選敗退
千里丘中学校は、大阪府吹田市青葉丘南にある公立中学校で、サッカー部は2018年の総体県予選でベスト4に進出する活躍を見せています。2018年以外では県大会への進出は阻まれていますが、地区予選では常に上位につけているため、安定した成績を残している公立中学校といえます。

それでも2018年の総体県予選ベスト4という成績は、周囲へ強い中学校というイメージを植え付けるのには十分で、今後の躍進が期待される公立中学校の一つです。

大阪でサッカーの強い中学 第9位

西陵中学校

 (99221)

国公私立 公立
所在地 大阪府茨木市南春日丘1-19-6
2019年成績 総体県大会出場
2018年成績 総体県大会ベスト4
2017年成績 総体地区予選敗退
2016年成績 総体地区予選敗退
2015年成績 総体地区予選敗退
西陵中学校は、大阪府茨木市南春日丘にある公立中学校で、2018年の総体県予選ではベスト4に進出する活躍を見せています。また、2019年の総体も地区予選を突破し、県大会に出場しており、近年安定した強さを見せつけている強豪校です。

数少ない強豪公立校の中の一つで、名門の私立高校を脅かす存在として今最も大阪で注目を集める公立中学校のサッカー部でもあります。

大阪でサッカーの強い中学 第8位

関西大学第一中学校

 (99223)

国公私立 私立
所在地 大阪府吹田市山手町3-3-24
2019年成績 総体地区予選敗退
2018年成績 総体地区予選敗退
2017年成績 総体県予選ベスト4
2016年成績 総体地区予選敗退
2015年成績 総体地区予選敗退
関西大学第一中学校は、大阪府吹田市山手町にある中高一貫の私立校で、サッカー部は2017年の総体地区予選を突破し、県大会に出場し、ベスト4に進出した実績を持ちます。

関西大学サッカー部や関大一高とのつながりもあるため、関大一高と練習試合を行ったり、関西大学サッカー部員によるゴールキーパー指導は関西大学第一中学校の強さの秘訣ともいえます。2019年秋季総体大阪大会では準優勝を果たした強豪中学校の一つです。

大阪でサッカーの強い中学 第7位

  •        
  •        
  •        
  •       
    

芝谷中学校

 (99224)

国公私立 公立
所在地 大阪府高槻市芝谷町3-1
2019年成績 総体地区予選敗退
2018年成績 総体県予選準優勝
2017年成績 総体県予選ベスト8
2016年成績 総体地区予選敗退
2015年成績 総体地区予選敗退
芝谷中学校は大阪府高槻市芝谷町にある公立校で、サッカー部は、2017年の総体県予選ではベスト8、2018年の総体県予選では準優勝という素晴らしい成績を残しています。芝谷中学校OBには元日本代表の西紀寛がいます。西は芝谷中学校卒業後、サッカーの名門高校である千葉県の市立船橋高校に入学し、インターハイを制しました。

また、ガンバ大阪で活躍するゴールキーパーの東口順昭がいますが、東口はサッカー部には所属せず、ガンバ大阪ジュニアユースに所属していました。
西紀寛
1993年から1995年まで芝谷中学校サッカー部に所属し、その後市立船橋高校へ進学し、卒業後はジュピロ磐田に入団します。ジュピロ磐田では右サイドで活躍し、255試合に出場して36得点をあげ、2004年に日本代表に選出され、5試合に出場しています。

大阪でサッカーの強い中学 第6位

長野中学校

 (99225)

国公私立 公立
所在地 大阪府河内長野市本多町3-1
2019年成績 総体地区予選敗退
2018年成績 総体地区予選敗退
2017年成績 総体地区予選敗退
2016年成績 総体地区予選敗退
2015年成績 総体県予選優勝 全国大会出場
大阪府河内長野市本多町3-1にある長野中学校は、公立中学校として1947年に設立されました。長野中学校サッカー部は、現在でこそ地区予選敗退により県大会への出場が途絶えていますが、2015年の総体県予選では見事優勝を成し遂げ、全国大会に出場した経験を持ちます

長野中学校サッカー部OBは、初芝橋本高校や立正大学淞南高校に進学し、全国高校サッカー選手権やインターハイに出場するなど活躍を続けています。

大阪でサッカーの強い中学 第5位

三稜中学校

大阪でサッカーの強い中学 第5位 (99318)

国公私立 公立
所在地 大阪府大阪市住吉区千躰1-5-22
2019年成績 総体地区予選敗退
2018年成績 総体地区予選敗退
2017年成績 総体地区予選敗退
2016年成績 総体県予選優勝 全国大会出場
2015年成績 総体地区予選敗退
大阪府大阪市住吉区にある三稜中学校は、1947年に創立された公立中学校です。三稜中学校サッカー部は、レベル的にも周囲の中学校と変わらない程度でしたが、2016年は秋季大会決勝において、強豪の賢明学院中学校と引き分け両校優勝、そして総体県予選では優勝を果たし、全国大会出場を成し遂げた公立の雄として知られています。

その後は地区予選で敗退が続き、県大会への出場がかなわないチーム状況が続いていますが、全国大会出場経験は、大阪府に強烈なインパクトを残しています。

大阪でサッカーの強い中学 第4位

東海大仰星中学校

大阪でサッカーの強い中学 第4位 (99319)

国公私立 私立
所在地 大阪府枚方市桜丘町60-1-2580
2019年成績 総体県予選初戦敗退
2018年成績 総体県予選優勝 全国大会出場
2017年成績 総体県予選ベスト16
2016年成績 地区予選敗退
2015年成績 地区予選敗退
大阪府枚方市にある東海大付属仰星中学校は、東海大学の付属学校で、サッカー部は、高等部の下部組織的な存在として活動しています。サッカー部は、近年飛躍的に強くなっており、2017年の中体連総体県予選でベスト16に進出すると、翌年は大阪府の頂点に立ち、全国大会に出場して名門校の仲間入りを果たしました。

東海大仰星中学サッカー部の特徴は、中高一貫指導で、練習施設に恵まれており、高等部で活躍できる選手を育成するシステムを採用している点にあります。
東海大仰星高校サッカー部
東海大仰星高校サッカー部は、インターハイに平成3年、平成18年の2度出場、全国高校サッカー選手権大会には5回出場し、最高成績はベスト4を誇る強豪校です。学校全体が一丸となってチームのようになるというコンセプトのもと、ハードワークを身上とし、激しいプレッシングで相手を追い込むサッカーを展開しています。

大阪でサッカーの強い中学 第3位

賢明学院中学校

大阪でサッカーの強い中学 第3位 (99320)

国公私立 私立
所在地 大阪府堺市堺区霞ヶ丘町4-3-30
2019年成績 選手権大会優勝 近畿大会準優勝 全国大会ベスト16
2018年成績 総体県予選ベスト8 
2017年成績 総体県予選ベスト4
2016年成績 総体県予選準優勝 
2015年成績 総体県予選ベスト16 選手権大会優勝
大阪府堺市堺区にある賢明学院中学校は、1796年に設立された聖母奉献修道会を母体とするカトリックのミッションスクールです。そんな賢明学院中学サッカー部は、大阪府サッカー大会において常に上位進出を果たしている強豪中学校として知られており、選手権大会優勝、そして近畿大会で準優勝、全国大会ベスト16の好成績を収めています。

大阪府内有数の進学校としても知られ、文武両道を掲げており、戦術理解にも長けた選手が多く存在していることが強さの秘密ともされています。

バディージュニアユース×賢明学院中学【前半】ジャパンジュニアユースサッカー大会

大阪でサッカーの強い中学 第2位

近畿大学付属中学校

大阪でサッカーの強い中学 第2位 (99317)

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
国公私立 私立
所在地 大阪府東大阪市若江西新町5-3-1
2018年成績 総体県予選ベスト8
2017年成績 総体県予選優勝  全国大会出場
2016年成績 総体県予選ベスト4
2015年成績 総体県予選敗退
東大阪市若江西新町にあスポーツ全般に強い近畿大学附属中学校は、大阪府中地区では最強の高校で、ほぼ全ての大会で大阪府中央大会に出場しています。大阪府中央大会でも上位進出を果たしており、2017年度の総体県予選では大阪府の頂点に立ち、全国大会出場を果たしています。

近大付属中学校は私立で、中高一貫校のため、練習施設は高校サッカー部と同様の人工芝グラウンドを使用しているため、非常に練習環境に恵まれています。基本的技術向上はもちろん、自主性や礼儀作法を学び、そのまま高等部へ進むことから、近大付属高校サッカー部を支える大きな存在となっています。

3種ステップリーグ VS近大附属中 1

近大付属高校サッカー部
インターハイに9回出場し、2013年には全国ベスト16に進出、2015年のプリンスリーグ関西では準優勝を果たすなど全国クラスの強さを誇る強豪高校として知られています。

大阪でサッカーの強い中学 第1位

東大阪朝鮮中学校

 大阪でサッカーの強い中学 第1位 (99316)

国公私立 私立
所在地 大阪市生野区巽西3-16-4
2019年成績 選手権ベスト8
2018年成績 総体県予選ベスト8
2017年成績 選手権準優勝 全国大会出場 
2016年成績 選手権ベスト8 総体県予選ベスト8
2015年成績 選手権準優勝 全国大会ベスト16
大阪市生野区にある東大阪朝鮮中学校は、学校方法人大阪朝鮮学園が運営する私立中学校で、在日朝鮮人生徒への教育をおこなっています。そんな東大阪朝鮮中学校サッカー部は、過去5年の間に大阪府を代表して全国大会に2度出場している大阪府の強豪校として知られています。

2015年の全国中学サッカー大会では、初戦で北海道の枝幸町立枝幸中学校を3-1で下してベスト16入りを果たしています。東大阪朝鮮中学校サッカー部は、攻守に力強さがあり球際も激しく、素早いプレスをしかけるなど、迫力あるサッカーを展開しています。

2017.7月9日アドバンスリーグ東大阪朝鮮vs八尾大正FC

・全国大会の最高成績 ベスト16
・攻守に力強さがあり、球際も激しく素早いプレスが特徴

大阪のサッカーの強い中学校のまとめ

@yocchaaan_717 on Instagram: “★2016.7.24⁂#大阪中学校サッカー選手権大会#中央大会 #ベスト16 #Jgreen #応援⁂残念ながらリーグ戦通過できず…😣でもいい試合やった😊最後まで諦めずがんばってたと思うー✨⁂久々の応援、めっちゃ楽しかった❤️#虹星” (99229)

サッカーが人気の大阪府で強いとされている中学校は東大阪朝鮮中学校です。東大坂朝鮮中学校は、球際の強さがきわだって、フィジカルも強いことで知られています。

東大阪朝鮮中学校をつぎに追うのが近大付属中学校と賢明学院中学校です。この3校の共通点は私立校という点で、近大付属と賢明学院においては、中高一貫教育で、高等部の下部組織的存在として活躍しています。

大阪府の中学校サッカー事情は、練習環境に優れた私立校が頭一つ抜け出しており、公立の雄である三稜中学校や長野中学校が追う展開となっています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。