Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. トラップの種類と上手くコ...
トラップの種類と上手くコントロールするコツとは?【サッカー上達ガイド】

トラップの種類と上手くコントロールするコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーには沢山の基礎技術が存在します。その中でも、トラップはボールを止めて、次のプレーに移るために必要不可欠なテクニックです。沢山の練習を行って、体に染み込ませることで初心者も上達することができますし、上級者も日々練習すべきテクニックです。

2021.12.16 サッカー

サッカーに必要不可欠なトラップ

あんちゃん on Instagram: “#fmarinos #マリノス #甲府戦 #中町公祐 #マチさん #胸トラップ #かっけえ” (108150)

サッカーに必要な技術はボールを蹴る、止める、そしてドリブルをすることです。その中でも極めることができれば非常に大きな武器となるものに、トラップがあります。

トラップはボールを止める技術ですが、ただ止めるのではなく、その本質は次のプレーをしやすい場所にボールを置くことです。ボールを止めるだけであれば、ある程度の練習を積むことでできるようになりますが、止めた次の動作でボールを蹴ったり行動に移ることができるのが真のトラップであり、難しいものになります。

ボールを止める技術

サッカーでは、ボールと止める技術は必須です。ボールを足元に収めることができなければ、次の行動に移ることができません。そのための技術がトラップです。
試合になると、足元にきちんとパスを出してもらえることもありますが、相手ゴール前に近づくほどに、パスがずれたり難しい浮き球のパスが出てきたりします。それをきちんと止めることができれば、ゴールを奪う可能性が高まりますからボールを足元に止めることのできる技術はとても大切です。

次の動作に移りやすくする技術

ボールをただ足元に止めるのではなく、周りの状況に合わせて次の動作に移りやすくすることが大切です。周りに相手選手がいなくてプレッシャーもない状況であれば、自分から離れた場所にトラップできますし、マークがすぐ近くにいれば足元でキープしなければいけません。

その時に大事になるのが、軸足の使い方です。軸足を棒のように真っすぐにして立っていると、ボールのバウンドや威力を上手く吸収できません。軸足になる足の膝を少し曲げることで、重心を落として、バウンドなどに対応することで次の動作に移りやすくなります。

相手にボールを取られにくくする方法

サッカーに必要なトラップの技術が高くなれば、トラップだけで相手にボールを取られにくくすることもできます。コツとしては、相手の動きを事前に見て、予測しておくことで自分の体を相手とボールの間に入れることです。この動きでトラップをすれば、体が壁の役割を果たしてくれますので、相手にボールを取られにくくなります。
また、ボールを取られにくくする方法は、次のプレーへの余裕も生みますので、多くの選択をすることが可能です。

トラップが上手くなれば自信が生まれる

サッカーでは、トラップが上手くなることでボール捌きに自信が持てるようになります。また、ボールをワンタッチで思った場所に止めることは、プレーの余裕を生み、相手に飛び込ませる隙を与えません。この一瞬の時間があれば、サッカーでは多くのプレーを選択できますから、トラップの技術が高くなることは非常に重要なことです。
トラップの上手い選手は、プレーに自信を持てますから、ボールに触ることが楽しくなりますし、仕掛けのドリブルやパスも上手くなります。

トラップの重要性とは?

トラップは、様々な場所でおこないます。足の甲、インサイド、腿、胸、アウトサイドなど手を使わなければどこであっても上手くボールの勢いを吸収して、思った場所に止められればトラップです。

パスされたボールを止めないことにはプレーが続きませんが、いつも優しいパスが出てくるとは限りません。パサーがプレッシャーを受けて、パスの質が悪くなることもありますし、距離が長くなれば浮き球であったり、勢いの強いパスが来ることもあります。これらのパスを思った場所に止めることができるトラップができることが重要です。

プレーの幅を広げる要素

  •        
  •        
  •        
  •       
    
確実にトラップをする技術を身に付けることで、プレーの幅が大きく変わってきます。例えば、胸トラップ1つをとっても、トラップができなければ、ボールをヘディングで返すことしかできません。確実に胸トラップができれば、飛んできたボールを胸でトラップして、足元に収めることができます。
トラップは、次の動きに幅を持たせるために必要不可欠です。トラップの上手い選手は、味方からのパスも引き出しやすいですし、自信を持ってプレーすることができます。

相手のプレッシャーを受けづらくする

凄すぎて声も出ない! 変態的トラップ&ボールコントロール集 海外サッカー

トラップを安定して行うことが出来れば、相手からのプレッシャーを受けづらくするメリットもあります。技術に自信があるから、相手に寄せられても焦ることがありません。

また、相手選手もこちらの技術力がわかっていれば、トラップが上手い選手というだけで寄せてくるのをためらわすことができます。テクニックがあることは、それだけでも十分相手からのプレッシャーを回避する手段です。派手なテクニックではなくても、ボールを確実に止めるテクニックだけでも状況は変わります。

チームとしてのパス回しを円滑にする

回ってきたパスの勢いを確実に吸収して、ボールを止めることで、次のプレーに円滑に動くことができます。1人だけがこのテクニックを上達しても、周りがボールを止めることができなければ意味がありません。チーム全体で、トラップのテクニックを上げることで、チームとしてのパス回しが円滑になります。
個々の能力のアップが、チームの力を上げることになりますし、多くのチームプレーを磨くためにも必要不可欠です。パス回しができるチームはこういった基本のレベルが高いチームになります。

サッカーのトラップの種類

サッカーのトラップのやり方としては、沢山の場所が考えられます。胸、腿、インサイド、インステップ、足の裏など色々な場所を使ってできるのがトラップです。手を使わなければ、どこでトラップをしても構いません。
相手の意表を突くことができるようなボールの止め方ができれば、それだけでも大きな脅威となることができます。トラップはしなければいけない場所が決まっているわけではありません。手を使って反則にならなければ、どこで使っても良いので、体全体を柔軟に使えることが大切です。

トラップの種類①胸トラップ

Canon17.soccer on Instagram: “全社茨城シリーズ最後 キレイなジャンプ胸トラップ  #全社茨城 #全国社会人サッカー選手権大会 #全国大会 #胸トラップ #ジャンプ #サッカーシリーズ #札幌蹴球団 #ジョイフル本田つくばfc  #soccer #サッカー撮影 #カメラマン #マネージャー #スポーツモード…” (108149)

サッカーにおける胸トラップは、難しいテクニックです。胸で球の勢いを吸収すれば良いのですが、真っすぐに立っている状態で胸を前に押し出しても止めることができません。球が弾んでしまうことも考えられますし、何よりも収めた後に動き出しにくいからです。

胸トラップは、上半身を反らすことがポイントで、極端に考えるならば、顔が上を向くくらい上半身を反らして球を受けることでしっかりと止めることができます。また、蹴られた球は勢いがありますから、それを胸で受けるのは練習をしていないと難しいです。

トラップの種類②太もも

太ももを使ったトラップは、比較的行いやすいプレーです。太ももは、体の中でも面積の大きな部分ですし、筋肉や脂肪がしっかりと付いている部分ですから、球が当たってもそれほど痛みを感じることがないので、初心者でも行いやすいプレーになります。

太ももでトラップをするには、軸足となる立ち脚の膝を柔軟に使うことが大切です。軸足を少し曲げることで、体全体をクッションのようにすることができます。そして、球を受ける太ももは当てに行くのではなく、球が来るのを受け止める感覚で待って止めることです。

トラップの種類③インステップ

インステップを使ったトラップはコントロールが難しい技術になります。足を振ってしまうと、ボールが飛んで行ってしまうので、上手くボールの勢いを吸収することが大切です。しかし、そのためには、足の甲ではなく、甲よりも爪先よりで指の付け根よりも少し甲に向かった場所でボールを止めます。

コツとしては、ボールを当てる場所に気を付けることと、ボールが足に当たる瞬間に少しだけ力を抜くことです。力の抜き方が非常に難しく、力が抜けていないとボールが弾みますし、抜けすぎていると思ったように止めることができません。

トラップの種類④インサイド

サッカーのトラップには多くの種類があります。その中でも、一番使われていると考えられるものがインサイドを使ったものです。インサイドは、足の内側、踝の下辺りでボールを触る方法になります。
空中のボールを止めるにも、ゴロのボールを止めるにも、爪先を上げて、足首を固定し、踝の下辺りでボールの勢いを吸収すれば、誰にでもボールを止めることがしやすいです。このトラップが種類が豊富なサッカーの中でも、基本的なトラップのやり方になります。

足の裏を使ったトラップ

サッカーのトラップには、足の裏を使ったものもあります。足の裏を使う場合には、軸足の膝を柔らかく使うことがポイントになります。転がってきたボールを足の裏で止めるには、地面から少し足を浮かすことが必要です。この時に軸足の膝を曲げることで、ボールのバウンドに合わせることができます。
足の裏を使ったトラップは、浮き球でも使うことが可能です。上から落ちてきたボールを地面と足の裏で挟むことで、ボールを止めることができます。

トラップを上達するための練習方法

トラップを上達するためのコツは、様々な方法で練習をすることです。練習方法は、1人ですることのできるものや、2人で行うことのできるものがあります。3人以上でも色々なやり方がありますし、常にプレッシャーを受ける環境で練習を繰り返すことで、試合でも安定したプレーをすることが可能です。

上達するためには、常にシチュエーションを意識して練習することで、自信が持てるようになります。自分で考えながら練習を繰り返すことが上達する秘訣です。

練習方法①ボールを上に上げてトラップする方法

FK GDM Novi Sad on Instagram: “Nebojša Antonić, momak koji na svaki trening dolazi iz Šajkaša ! Nema izgovora samo volja, trud i rad ! 💪⚽” (59906)

トラップの練習方法の種類の1つとして、1人で練習するケースを考えます。1人だから練習できないのではなく、1人だからこそ練習方法を考えて何回も練習することが可能です。
一番簡単な方法としては、自分で上にボールを投げて落ちてきたボールをトラップする方法になります。このやり方は、ほぼ真上からボールが落ちてきますから、ボールを止める感覚を養いやすい方法です。但し、自分でボールを投げるので単純なボールしか練習できません。足で蹴り上げることで、キックとトラップの練習を兼ねることができます。

練習方法②2人1組でボールを投げてもらう方法

2人寄り合うことができれば、練習のパターンは大きく変わってきます。2人で出来る練習方法の簡単なものは、1人が練習をする選手で、もう1人がボールを投げる役割をします。
ボールを胸、腿、インサイドボレー、インステップボレーと分けて投げてもらうことで、そのボールをトラップしてそのまま相手目掛けて蹴り返す練習です。これならば、2人で交代して練習することができます。また、ボールを相手に投げてもらうので、思った場所に飛んでこないこともあり、それこそがより実践的な練習方法です。

練習方法③2人1組で距離を取りボールを蹴りあう方法

トラップを上達するための練習方法として、2人で20mくらい距離を取ってボールを蹴り合う方法があります。2人でボールを蹴り合うポイントは、ボールを蹴ってもらうことで勢いのあるボールを受ける練習や足元からズレたボールを受ける練習ができることです。
試合になれば、優しいボールばかりが供給されるわけではありません。味方の態勢が悪く、厳しいボールがきたり、混戦状態でボールを受けることになります。普段から荒れたボールを受ける練習をしてコツを掴んで置くことは、実践においては効果的です。

サッカーでトラップをする時のコツ

サッカーでトラップをする時のコツは、どのようにしてボールの勢いを吸収することができるかです。ボールには、必ずスピードがついています。ゆっくりであったり、速かったり、シチューエーションによって変わってきますが、どのようなボールが飛んできてもそのボールの勢いを吸収するこができれば、止めることができるからです。
そこで、トラップのコツとなる、目で見て、体の全てを上手く使って、最終的に確実にボールを止める方法を考えていきます。

トラップのコツ①ボールをよく見ること

最初のコツとしては、ボールをよく見ることです。ボールを見ないで感覚だけでトラップをしようとしても決して上手くできません。どんな一流の選手であっても、ボールに触れる瞬間にはボールを見ています。

軸足を少し曲げて対応することで、柔軟にボールに触れることができますから、ボールをよく見て足のどの部分にボールを当てることが一番次の動作に移りやすいのかを瞬時に判断して、プレーすることが大切です。最初は、ボールだけに集中して、飛んできたボールを止める練習を繰り返すことになります。

トラップのコツ②ボールを受ける場所を柔らかくタッチ

コツの2つ目としては、ボールを受ける体の部位を柔らかく使えるようにすることです。右足でボールを止める時に、右の足首をほんの少しだけ力を抜くことで、ボールの勢いを体で吸収することができます。
また、軸足は、少し膝を曲げた状態にしておくことで、ボールのブレなどに対応できますから、スピードのあるボールでもしっかりと止めることが可能です。大事なことは、体の力を入れすぎずに、柔軟な対応をすることになります。

トラップのコツ③ボールが来る前に周りの状況を見る

トラップを成功させるコツの3つ目として、周りの状況を確認しておくことです。ボールをただ止めるだけがトラップではありません。止めたボールを次の動作に移ることができるようにしておくことが必要です。そのためには、常に周りの状況に気を配っていく必要があります。

周りの状況が分かっていれば、相手からプレッシャーを受けない場所にボールを置くことが可能です。常に状況を判断しておくことは難しいことですが、練習でも意識を持って行うことでできるようになります。

サッカーのトラップを上達させる方法

サッカーにおけるトラップを上達させる方法として、ポイントは軸足の使い方になってきます。
ールに触れる足を気にすることはもちろんですが、軸足でいかにボールの勢いを吸収したり、イレギュラーなバウンドに対応できるかが、上達の秘訣です。

軸足を棒のようにして立っていても跳ねるボールを上手く止めることは難しくなります。膝を曲げてリズムをとることで、バウンドに合わせたり、ボールのスピードに合わせることが重要です。

上達方法①ボールを置く位置を考える

Cristiano Ronaldo on Instagram: “#Ronaldo vs galatasaray😍🔥” (60065)

トラップを上達するには、プレーの中でどこにボールを置くのかを考えることが重要になってきます。ディフェンスの位置や自分のプレーできる場所を考えて、ボールを止めることで、次のプレーがしやすくなるからです。
例えば、胸トラップでも、ボールをすぐに足元に落として、ドリブルやパスを選択するのか、それとも敢えてボールを胸で浮かせて、空中でボールを処理したり、ボレーシュートに繋げるのか、そういった細かな判断が重要になります。

上達方法②早いボールを止める技術を身に付ける

中村憲剛のトラップへのこだわり【サッカーがうまくなる45のアイデア:KENGOアカデミー】

ボールを止める技術で、必要になってくるのが早いスピードのボールを止める技術を養うことです。パスは受ける選手の事を考えて出すことができれば一番良いのですが、刻一刻と変わるサッカーのプレー中にはそれが難しいこともあります。
そんな時に、速いボールであっても確実に止めることができる技術を身に付けておけば、自信を持ってプレーすることが可能です。また、味方選手にとっても信頼することのできる選手となっていくことができます。

上達方法③軸足を意識して練習すること

トラップのテクニックを上達させるには、軸足を意識して練習や試合をすることです。右足でトラップをするのであれば、ボールを当てる右足には意識があります。しかし、軸足になる左足は立ったままになることも多いものです。
そこで、しっかりと意識して左足を少し曲げてクッションを作ってあげることで、ボールの勢いを吸収しやすくなります。胸トラップであれば、両足が軸足になりますので、膝を曲げることで自然と胸が上向きになりますから、ボールを収めやすい姿勢を取ることが可能です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。