2020年2月3日 更新

トラップの種類と上手くコントロールするコツとは?【サッカー上達ガイド】

サッカーには沢山の基礎技術が存在します。その中でも、トラップはボールを止めて、次のプレーに移るために必要不可欠なテクニックです。沢山の練習を行って、体に染み込ませることで初心者も上達することができますし、上級者も日々練習すべきテクニックです。

2,885 view お気に入り 0
Canon17.soccer on Instagram: “全社茨城シリーズ最後 キレイなジャンプ胸トラップ  #全社茨城 #全国社会人サッカー選手権大会 #全国大会 #胸トラップ #ジャンプ #サッカーシリーズ #札幌蹴球団 #ジョイフル本田つくばfc  #soccer #サッカー撮影 #カメラマン #マネージャー #スポーツモード…” (108149)

サッカーにおける胸トラップは、難しいテクニックです。胸で球の勢いを吸収すれば良いのですが、真っすぐに立っている状態で胸を前に押し出しても止めることができません。球が弾んでしまうことも考えられますし、何よりも収めた後に動き出しにくいからです。

胸トラップは、上半身を反らすことがポイントで、極端に考えるならば、顔が上を向くくらい上半身を反らして球を受けることでしっかりと止めることができます。また、蹴られた球は勢いがありますから、それを胸で受けるのは練習をしていないと難しいです。

トラップの種類②太もも

太ももを使ったトラップは、比較的行いやすいプレーです。太ももは、体の中でも面積の大きな部分ですし、筋肉や脂肪がしっかりと付いている部分ですから、球が当たってもそれほど痛みを感じることがないので、初心者でも行いやすいプレーになります。

太ももでトラップをするには、軸足となる立ち脚の膝を柔軟に使うことが大切です。軸足を少し曲げることで、体全体をクッションのようにすることができます。そして、球を受ける太ももは当てに行くのではなく、球が来るのを受け止める感覚で待って止めることです。

トラップの種類③インステップ

インステップを使ったトラップはコントロールが難しい技術になります。足を振ってしまうと、ボールが飛んで行ってしまうので、上手くボールの勢いを吸収することが大切です。しかし、そのためには、足の甲ではなく、甲よりも爪先よりで指の付け根よりも少し甲に向かった場所でボールを止めます。

コツとしては、ボールを当てる場所に気を付けることと、ボールが足に当たる瞬間に少しだけ力を抜くことです。力の抜き方が非常に難しく、力が抜けていないとボールが弾みますし、抜けすぎていると思ったように止めることができません。

トラップの種類④インサイド

サッカーのトラップには多くの種類があります。その中でも、一番使われていると考えられるものがインサイドを使ったものです。インサイドは、足の内側、踝の下辺りでボールを触る方法になります。
空中のボールを止めるにも、ゴロのボールを止めるにも、爪先を上げて、足首を固定し、踝の下辺りでボールの勢いを吸収すれば、誰にでもボールを止めることがしやすいです。このトラップが種類が豊富なサッカーの中でも、基本的なトラップのやり方になります。

足の裏を使ったトラップ

サッカーのトラップには、足の裏を使ったものもあります。足の裏を使う場合には、軸足の膝を柔らかく使うことがポイントになります。転がってきたボールを足の裏で止めるには、地面から少し足を浮かすことが必要です。この時に軸足の膝を曲げることで、ボールのバウンドに合わせることができます。
足の裏を使ったトラップは、浮き球でも使うことが可能です。上から落ちてきたボールを地面と足の裏で挟むことで、ボールを止めることができます。

トラップを上達するための練習方法

トラップを上達するためのコツは、様々な方法で練習をすることです。練習方法は、1人ですることのできるものや、2人で行うことのできるものがあります。3人以上でも色々なやり方がありますし、常にプレッシャーを受ける環境で練習を繰り返すことで、試合でも安定したプレーをすることが可能です。

上達するためには、常にシチュエーションを意識して練習することで、自信が持てるようになります。自分で考えながら練習を繰り返すことが上達する秘訣です。

練習方法①ボールを上に上げてトラップする方法

FK GDM Novi Sad on Instagram: “Nebojša Antonić, momak koji na svaki trening dolazi iz Šajkaša ! Nema izgovora samo volja, trud i rad ! 💪⚽” (59906)

トラップの練習方法の種類の1つとして、1人で練習するケースを考えます。1人だから練習できないのではなく、1人だからこそ練習方法を考えて何回も練習することが可能です。
一番簡単な方法としては、自分で上にボールを投げて落ちてきたボールをトラップする方法になります。このやり方は、ほぼ真上からボールが落ちてきますから、ボールを止める感覚を養いやすい方法です。但し、自分でボールを投げるので単純なボールしか練習できません。足で蹴り上げることで、キックとトラップの練習を兼ねることができます。

練習方法②2人1組でボールを投げてもらう方法

2人寄り合うことができれば、練習のパターンは大きく変わってきます。2人で出来る練習方法の簡単なものは、1人が練習をする選手で、もう1人がボールを投げる役割をします。
ボールを胸、腿、インサイドボレー、インステップボレーと分けて投げてもらうことで、そのボールをトラップしてそのまま相手目掛けて蹴り返す練習です。これならば、2人で交代して練習することができます。また、ボールを相手に投げてもらうので、思った場所に飛んでこないこともあり、それこそがより実践的な練習方法です。

練習方法③2人1組で距離を取りボールを蹴りあう方法

トラップを上達するための練習方法として、2人で20mくらい距離を取ってボールを蹴り合う方法があります。2人でボールを蹴り合うポイントは、ボールを蹴ってもらうことで勢いのあるボールを受ける練習や足元からズレたボールを受ける練習ができることです。
試合になれば、優しいボールばかりが供給されるわけではありません。味方の態勢が悪く、厳しいボールがきたり、混戦状態でボールを受けることになります。普段から荒れたボールを受ける練習をしてコツを掴んで置くことは、実践においては効果的です。

サッカーでトラップをする時のコツ

サッカーでトラップをする時のコツは、どのようにしてボールの勢いを吸収することができるかです。ボールには、必ずスピードがついています。ゆっくりであったり、速かったり、シチューエーションによって変わってきますが、どのようなボールが飛んできてもそのボールの勢いを吸収するこができれば、止めることができるからです。
そこで、トラップのコツとなる、目で見て、体の全てを上手く使って、最終的に確実にボールを止める方法を考えていきます。

トラップのコツ①ボールをよく見ること

最初のコツとしては、ボールをよく見ることです。ボールを見ないで感覚だけでトラップをしようとしても決して上手くできません。どんな一流の選手であっても、ボールに触れる瞬間にはボールを見ています。

軸足を少し曲げて対応することで、柔軟にボールに触れることができますから、ボールをよく見て足のどの部分にボールを当てることが一番次の動作に移りやすいのかを瞬時に判断して、プレーすることが大切です。最初は、ボールだけに集中して、飛んできたボールを止める練習を繰り返すことになります。
64 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イニエスタのトラップの凄さとは?動画を交えて考察してみた

イニエスタのトラップの凄さとは?動画を交えて考察してみた

イニエスタはスペイン代表、FCバルセロナで数々の功績を残し、2018年シーズンからJリーグのヴィッセル神戸への移籍が決定し、大きな話題になりました。イニエスタの優れた技術の中にはトラップ技術があります。そんなイニエスタのトラップの凄さを、動画を交えながら考察していきます。
サッカーのトラップ方法とは?気になるコツ【サッカー初心者ガイド】

サッカーのトラップ方法とは?気になるコツ【サッカー初心者ガイド】

サッカーには色々な個人技術が必要になってきます。パスやドリブルも重要ですが、トラップはその中でも一番重要と言ってもいい技術になってきます。出されたパスを止める技術ですから、このトラップ技術が高くなれば様々なボールを受けることができるのでその方法を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000