2019年2月23日 更新

ヒールリフトのやり方とコツとは?簡単に誰でもできる方法がある!

ヒールリフトは、サッカーやフットサルで華麗さを放つテクニックの一つです。ヒールリフトが成功したときの華麗さに目を奪われて、少年時代に真似してみた人も少なくないでしょう。ここではヒールリフトを身につけるやり方とコツについて徹底解説していきます。

19,931 view お気に入り 0

ネイマール風ヒールリフト

ネイマール風ヒールリフトの特徴

ネイマール風ヒールリフトとは、サッカーブラジル代表のネイマール選手が行うボールを挟んだ状態のままジャンプして、その反動でボールを体の横からひねり出し相手を抜き去るテクニックで、一般的にネイマール風ヒールリフトと呼ばれています。

ネイマール風ヒールリフトは、基本のヒールリフトと比較してテクニックのモーションが小さく相手ディフェンスがフェイントを予測しづらいため、サッカーの試合で実践的に使えるテクニックと言えます。

独特の一連のモーションをジャンプとひねりの場面ごとに区切って練習すると徐々にコツが掴めるようになります。

ネイマール風ヒールリフトのやり方とコツ

ネイマール風ヒールリフトのやり方

ドリブルスピードを減速しながらボールを少し手前に引きます。
ボールを軸足のくるぶしの後ろ側と逆足の前方内側で挟みます。
腕を上に上げる反動を利用して姿勢を前傾にします。
前傾姿勢の状態から後方に置き去りにしたボールを挟みながらジャンプし、空中で軸足をひねってボールを前にリリースします。

ネイマール風ヒールリフトのコツ

①足の力だけで上げるのではなく、腕を振り上げた前傾姿勢の反動を利用して膝をたたんで上げます。
②前傾姿勢は、全身を前方に伸ばすようにします。
ボールは真っ直ぐ頭上を、身体は斜め前に進むイメージをしておきます。

トルネードヒールリフト

トルネードヒールリフトの特徴

トルネードヒールリフトは、数あるヒールリフトテクニックの中でも、ひときわ目立つ技の華麗さが特徴です。既にヒールリフトの技をマスターしている方は、体の回転のタイミングさえ掴んでしまえばできるようになりますが、基本となるヒールリフトをマスターしていない方は、まずは基本のリフトを身につけるところから始めるとスムーズに身につけることができます。

トルネードヒールリフトのやり方とコツ

トルネードヒールリフトのやり方

ボールを軸足のくるぶしの後ろ側と逆足の内側で進行方向に対して斜めに挟みながら擦り上げます。
浮き上がったら軸足のかかとでボールの下を蹴り上げます。
蹴り上げと同時に体を360°回転させます。

トルネードヒールリフトのコツ

①擦り上げるときは、軸足を少し曲げて体を前傾にします。
②かかとで蹴り上げると同時に体を回転させます。

ニップヒールリフト

ニップヒールリフトの特徴

ニップヒールリフトは、これまでにご紹介してきたテクニックとは少し違って、縦に抜けると見せかけるモーションから相手の頭上を超えて背後に抜けていくテクニックです。

技の特徴から、サッカーの試合で、主にサイドライン際で有効なテクニックとなります。両足の内側を使って空中にボールを上げる比較的簡単なアクションから、最後は上がったボールをかかとで蹴り上げるだけのアクションで技が完成するため、サッカー初心者の方でも簡単に身につけることができます。

このニップヒールリフトを試合で使うためには、相手の背後にスピード勝負ができる広いスペースが必要となります。

ニップヒールリフトのやり方とコツ

ニップヒールリフトのやり方

ボールを前に運びながら少し後方に引いて止めます
縦に抜けると見せかけるモーションから軸足の内側でボールを逆足の内側に勢いよく当てて浮かします
軸足のかかとで進行方向へ蹴り上げます。

ニップヒールリフトのコツ

①浮かすときは、体を前に踏み込む反動を利用しながら、靴の内側側面を地面から少し浮かすと上がりやすくなります。
②ボールはしっかりと止めてから浮かします。
※動いていると上手く挟み込みができなくなります。
③かかとで蹴り上げるときは、膝下を水平にします

ヒールリフトのやり方とコツまとめ

サッカーやフットサルで、華麗なテクニックで相手を交わしたときの爽快感は格別です。華麗なる大技であればあるほど、見る者を一瞬にして魅了し、その後も期待されるプレーヤーとして注目を浴び続けることも少なくありません。1試合で多くの技を繰り広げることが難しいヒールリフトですが、バリエーションに富んだテクニックを身につけておけば、複数回の技を決めることは不可能ではありません。
47 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

skynetasia391k skynetasia391k