Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ドライブシュートの打ち方...
ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートの打ち方・蹴り方とは?落ちるシュート!

ドライブシュートは、サッカーにおける変化球とも言えるシュートの一つです。 ドライブシュートはボールの軌道が、ストレートのラインを描きつつ、途中で下に急激に落ちるキックを言います。 このキックを蹴るには、非常に高い技術が必要になりますが、練習次第でできます。

2021.12.16 サッカー

ドライブシュートとは?

サッカーのドライブシュートとは、ボールが上向きの軌道で飛び出したにもかかわらず、途中で下に落ちていくキックです。サッカーでは、ボールが大きく重たいですし、地面からの打ち方であれば、ボールに縦回転をかけることが難しくなります。
しかし、選手の技術やスパイク、ボールの性能が良くなってきたことで練習を積めばドライブシュートは蹴れるのです。実践で簡単に蹴れるものではありませんが、サッカーでは練習を繰り返してコツを掴むことでドライブシュートを蹴ることができます。
ドライブシュートは非常に打ち方が難しいですが、足にボールを当てる角度を意識して、踏み込みや足の振りを変えるだけでもキックは大きく変わってきます。ドライブシュートを打つときには、下から上に擦り上げるような蹴り方をすることで通常の軌道とは違ったキックができるのです。
このドライブシュートを自在に使うことができるようになれば、ミドルシュートやロングシュートなどシュートの幅が広がりますし、得点を奪いやすくなります。

漫画だけのシュートではない

@terantale on Instagram: “日本で唯一のドライブシュートの使い手なんじゃないでしょうか。コツコツと練習してきた本人にしか分からない感覚やコツが身を結んだ、決して偶然ではないゴール。#川崎フロンターレ #frontale #森谷賢太郎 #ドライブシュート” (34161)

サッカーのドライブシュートは、漫画などでは必殺シュートのように描かれることもありますが、実際に蹴ることのできる種類のキックです。サッカーでは、キックの質を変えるためには、蹴り方を意識する必要があります。
ドライブシュートを打つことは、踏み込みの位置やボールに足を当てる位置、足の振り方などを考えれば十分蹴れます。決してサッカー漫画の中のシュートではなく、現実で上手く利用することで得点を奪えるシュートです。

ドライブシュートの軌道

無回転、ドライブシュート、フォーク、ブレ球

サッカーで使うドライブシュートの軌道は、ストレートのボールと同じような角度で蹴りだしますが、途中から通常のイメージとは違う角度でボールが落ちるキックです。サッカーにおけるドライブシュートの打ち方の特徴としては、ボールに縦回転を付けることが重要で、そのためには、下から上にボールを擦り上げる必要があります。
この縦回転を付ける打ち方によって、空気抵抗を受けたサッカーボールは、必然的に上から下へと落ちていく軌道を描くのです。

高度なテクニック

サッカーにおいてドライブシュートが蹴れるようになるには、打ち方の練習を繰り返してコツを掴む必要があります。サッカーにおけるドライブシュートの打ち方は非常に高度なテクニックを要するものです。
クリロナが蹴るようなドライブシュートは、非常にレベルの高いキックといえます。サッカーでは縦回転を付けることは非常に難しい上に、試合では様々なプレッシャーがかかるのです。サッカーは止めたボールを蹴る機会が少ないですし、蹴ることができても、ボールが落ちる軌道を描くために、ゴールに対して狙う場所が難しくなります。

ドライブシュートの打ち方

サッカーのドライブシュートの打ち方は、通常のインステップの蹴り方から、ミートする位置や角度を変えて縦回転がかかるようにします。サッカーボールは地面に転がっていることが多いので、そのボールに対して上から下向きの縦回転をかける蹴り方は非常に難しいです。
しかし、練習をして自分が一番蹴りやすい蹴り方を見つけることで、ドライブシュートを蹴ることができます。落ちるボールの蹴り方は、様々なものがありますから、お手本を見つけて、自分なりの工夫をすることが重要です。

ボールの落ち際を狙う

😍【完全永久保存版】サッカー史に残る伝説のボレーシュートゴールTOP25

サッカーにおいて、ドライブシュートが最も打ちやすいのは、ボールの落ち際を狙う蹴り方です。空中に浮いたボールが落ちる時には、下から上に突き上げるような蹴り方がしやすくなります。
ボールを足で舐めるイメージでキックすれば、自然と縦回転がかかるようになり、ボールが落ちるのです。フリーキックなどでボールに縦回転をかけることは難しいですが、ボールの落ちるタイミングであれば、蹴りやすく、この状況でドライブシュート蹴るにはどういった回転をかけるのかを知ることができます。

ボールの上面を擦るイメージ

ドライブシュート

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーでボールが止まっているフリーキックなどを想定したドライブシュートの蹴り方としては、ボールの上面を下から擦り上げるようなイメージで縦回転を付けることが大切です。
クリロナは、真っすぐに踏み込んでインステップで擦るようなドライブシュートを蹴りますが、かなりの筋力とテクニックを要しますので、一般的には、斜めに踏み込むことでインフロントでボールを下から上に上面を擦るイメージで蹴ることが蹴り方としてはやりやすくなります。

踏み込みを深めにする

サッカーのドライブシュートの打ち方として、踏み込みを深めにすることで、自然と足がボールに触れている時間が長くなり、足が下から上にボールを舐めるようになりますので、ドライブシュートのための縦回転がかかりやすくなります。
フリーキックでは、ボールが止まった状態で蹴ることができますので、踏み込み位置を確認しながら通常よりも数センチ前にするだけで、十分ドライブシュートを蹴ることができるのです。踏み込みの調整をするだけでもキックの質を変えることができます。

ドライブシュートの回転

サッカーでドライブシュートを蹴るために必要なのが、縦回転を付けた打ち方をすることです。サッカーでは、カーブでも足を使って回転をかけるために、回転のかけ方が難しくなります。
サッカーのドライブシュートは縦回転ですし、下から上に向かう回転を付けるので、フリーキックなど地面にあるボールになるとさらに難しさがアップするのです。それでも、踏み込みや助走の取り方、ボールへのアプローチを変えていくことでサッカーのドライブシュートは蹴ることができます。

縦回転をイメージ

ドライブシュート

ドライブシュートを蹴りたいと思ったら、まずは、自由に蹴りながら縦回転を意識してみることで、自分なりに蹴りやすい形を見つけることです。
ドライブシュートの打ち方の基本としては、ボールへのアプローチを斜めに入り、足をボールにかぶせ気味で、下から上に蹴り上げるようにする打ち方ですが、こういった基本の形を意識しながらも自分で縦回転をかけやすい形を試行錯誤して体に覚えさせます。蹴りやすい打ち方というのは、人それぞれ違ってきますからクリロナを参考にできる人もいれば、他の選手を参考にしたり、自分だけの蹴り方でなければできない人もいるからです。

縦回転のかけ方

ドライブシュートの蹴り方解説 How to Kick Topspin Shoot

サッカーにおけるドライブシュートのための打ち方で縦回転をかける蹴り方は、ボールに横から踏み込んでほんの少しだけ下から上に蹴り上げるイメージでキックすることで、自然と縦回転がかかりドライブシュートが打てるようになります。クリロナは、真っすぐに助走をしても縦回転をかけたドライブシュートを打つことができていますが、この打ち方はなかなかできるものではありません。
まずは、横から踏み込む打ち方を練習して、自分なりの形を作り出すことです。

蹴り上げる感覚

素人でもできるドライブシュート♪

サッカーでドライブシュートを蹴ろうとする時には、回転のかけ方が重要で縦回転をかける必要が出てきます。ボールを下から上に擦り上げる感覚ですが、なかなか簡単に蹴ることができません。そこで、ボールへの踏み込みやボールに足を当てる角度をつけることで蹴り上げる感覚で蹴ることができます。
トップ選手の中では、クリロナがドライブシュートを打っている映像を良く見ますが、助走が真っすぐですので、いきなり真似をすることは難しいです。

回転数に応じて落ち方が変わる

小学生の無回転シュート&ドライブシュート

サッカーのドライブシュートは縦回転数によって、ボールの落ちる軌道が変わってきます。縦回転を多くすることができれば、より大きく早く落ちるのです。そのためには、蹴り方を工夫することで回転数を上げることが大事になります。
踏み込みの位置を変えたり、ボールに足を当てる場所を変えることでドライブシュートの変化も大きく変わるのです。サッカーでは、様々なプレッシャーを感じた状態でボールを蹴ることになりますから、練習通りのプレーが常に出せるように体に覚えさせておくことが大切になります。

ドライブシュートが得意な選手

サッカー選手の中でも、キックやシュートが得意な選手ほど、ドライブシュートを上手く蹴ることができます。ベッカムはキックに関しては天才的でしたし、日本を代表するキックの名手と言えば中村俊輔、そして現代の最高選手と言えば、クリロナがこういったキックの一流選手です。
彼らはキックの名手であるが故に独自のドライブシュートの打ち方を体に覚え込ませて、いつでもドライブシュートが蹴れるようになっています。基本を意識しながらもフリーキックの練習などで自分なりの打ち方を確立していったからこそ、キックの名手になれるのです。

クリスティアーノ・ロナウド

【超厳選!!】クリスティアーノ・ロナウド神業フリーキックTOP10

クリロナは、多彩なキックができる選手です。無回転シュートやドライブシュートなど、サッカーにおける様々な質のキックができるのがクリロナと言えます。
クリロナも決して最初からあれだけの質のキックが蹴れたわけではありません。自分なりの蹴り方を練習によって確立したからこそ、あれだけの精度とスピードのあるキックを蹴ることができるのです。クリロナの打ち方を真似して蹴ってもそれが自分に馴染む人、馴染まない人はそれぞれですから、踏み込みと蹴り足に注意して真似をして、それから自分に合うものを見つけても遅くはありません。

ベッカム

ベッカムが最高に愛しくなる動画 ベストゴール集 フリーキック&クロス 【サッカー】David Beckham Best Goals

ベッカムも過去最高と言えるキックの精度を誇ったサッカー選手です。フリーキックの名手として多くの球種を蹴り分けてきました。
ベッカムもフリーキックやシュートを蹴るときにドライブシュートを使っています。サッカーのフリーキックでドライブシュートは壁の上からボールを落とすことでキーパーの意表をついてシュートすることができるのです。
クリロナとは蹴り方が違いますが、それでも同じような軌道を描くフリーキックをすることができますので、人それぞれの蹴り方があるということがわかります。

中村俊輔

中村俊輔のドライブシュートにキーパー1歩も動けずゴール!

日本が誇るサッカーのフリーキックの名手と言えば、中村選手です。沢山の球種を使い分けることでフリーキックを直接決めたり、シュートを放っています。
クリロナやベッカムとは違う蹴り方でもドライブシュートの軌道は同じかそれよりも素晴らしいものもあるのです。練習によって本人だけにしか蹴ることのできない蹴り方を習得することで蹴ることができます。
それぞれの選手の良さがあり、それによってキーパーとの駆け引きも変わってきますから、サッカーでは色々な要素がかみ合って真のドライブシュートが打てるのです。

フリーキックでのドライブシュートの蹴り方

サッカーのフリーキックでドライブシュートを打つには、蹴り方を考える必要があります。ドライブシュートは下から上にボールを蹴り上げることで縦回転をかけますが、地面に置いてあるボールにはこのアプローチが非常に難しいのです。
クリロナなどは、筋力を付けてミートポイントをしっかりと掴んでいますから正面から助走して、ボールに縦回転をかける打ち方ができていますが、一般的には斜めに助走をして、ミートも足の甲を横にしすることで斜めの面を作りボールを蹴りだす打ち方がやりやすい方法になります。

置いたボールを蹴るコツ

ug40 on Instagram: “キャプつばバリの振りかぶり。#サッカー#シュート#サッカー小僧#ドリブラー#体幹#ディフェンダー#元MF#キャプつば#キャプテン翼#ドライブシュート#クラブチーム” (34348)

サッカーのフリーキックでドライブシュートを蹴るには、落ち際のボールの蹴り方と違い浮かせる蹴り方で縦回転を与える必要があります。ボールを浮かせるためには、中心よりも少し下を蹴ることです。
しかし、この蹴り方では、下から上に回転がかかってしまいます。そこで、ボールに対して斜めに入るようにして足の甲をボールに対して上からかぶせるように蹴るのです。
ミートの角度と踏み込みの角度を変えることでドライブシュートのための縦回転をかけることができます。

ドライブシュートの狙いどころ

サッカー感動のドライブシュート!

サッカーでドライブシュートを狙うべき場所としては、ゴールの少し上が望ましいです。フリーキックでは、壁を横から巻いたり、上から落としたりします。ドライブシュートでは、壁の上から落としますから、ゴールバーの少し上を狙うことでキーパーが届かない場所にボールを落とすことです。
ボールが落ちるといっても、キーパーの手の届かないところに落とすことでより得点が奪いやすくなります。クリロナなどは、このドライブシュートをかなりのスピードで蹴ることができますから大きな武器となるのです。

体重の乗せ方

サッカーでドライブシュートを打つには、ボールに上手く体重をかけて、しっかりとした縦回転を付けることです。縦回転を付けるために、足首を捻ることを考えますが、ドライブシュートであれば、ボールへのアプローチの仕方を考えることで蹴ることができるようになります。
サッカーでは、ボールに体重を上手く伝えることで、様々な質のボールを蹴ることができますので、ドライブシュートも通常よりも足がボールに触れる時間を長くするように蹴れば、縦回転を付けることで蹴ることができるのです。

ドライブシュートの練習

サッカーのドライブシュートを上手く蹴るための練習は、何度もボールを蹴ることと、クリロナなどトップクラスの選手の蹴り方を映像で見て研究することです。
但し、クリロナの蹴り方をそのまま真似してもなかなか蹴れるものではありません。特にクリロナの場合には、真っすぐに助走をして、インステップの蹴り方でボールを落としますので、この蹴り方は非常に難しいです。ボールに斜めに入り、できるだけ足の甲とボールが触れる時間が長くなるような蹴り方を考えることが重要になります。

踏み込みの位置

サッカーでは、色々な質のシュートを蹴りたいと思えば、蹴り方に変化をつけることが必要です。ボールへの助走の仕方やミートポイント、足の角度を変えるだけでもキックの種類を変えることができます。
その一つが踏み込みの位置です。サッカーでドライブシュートを蹴る時には、通常よりも少しだけ踏み込みを深くすることで、ボールに足が当たる時間を長くします。それにより、縦回転をかけやすくなるのです。
クリロナは、これをインステップでもできますが、練習する時には、まずは斜めに入って踏み込み位置を考えることから始めることで感覚を養えます。

落ち際を打つ練習

サッカーでドライブシュートを蹴るために、最も簡単なのは、浮いたボールの落ち際を擦り上げるように蹴る蹴り方です。
サッカーでは、ボールを止めて蹴ることができるのはフリーキックやPKなど限られています。サッカーの大抵の時間は動いているボールを扱うことです。そこで、ドライブシュートを打つのに簡単なのは、浮き球のボールが落ちてくる軌道に合わせて、足の甲でボールを擦るように蹴ります。
この蹴り方であれば、ドライブシュートが打ちやすいのです。

ゴールの上を狙って打つ練習

サッカーでドライブシュートの打ち方を練習するには、ゴールの上を狙って蹴ることです。ドライブシュートは、ボールが上から下に落ちてくる軌道ですから、キーパーのいる角度に打ってしまっては、効果がありません。
ゴールバーの上を狙ってそこから落ちるような軌道で蹴る練習をすることです。クリロナの映像などを見てみるとその落ち方がわかります。ボールを落とすことでキーパーの不意を突いたり、届かない場所にシュートを決めることができるのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。