Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 歴代の最強は誰だ?セント...
歴代の最強は誰だ?セントラルミッドフィルダーランキングTOP10

歴代の最強は誰だ?セントラルミッドフィルダーランキングTOP10

サッカーの花形ポジションであるセントラルミッドフィルダーにはサッカー史に残る素晴らしい選手が多数存在してきました。それらの歴代セントラルミッドフィルダーを厳選してランキング形式で紹介しながら、その活躍に触れてみたいと思います。

2021.12.16 サッカー

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング10位

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ

国籍: イタリア
生年月日:1978年1月9日(40歳)
出身地:コリリアーノ・カーラブロ
身長:177cm
体重:77kg
経歴
1995-1997 ペルージャ
1997-1998 レンジャーズ
1998-1999 サレルニターナ
1999-2012 ミラン
2012-2013 シオン

戦術の必要性に応えた技術無きセントラルミッドフィルダー

一般的にサッカーのセントラルミッドフィルダーというポジションは、オフェンスとディフェンスの両方の役割をこなさなくてはいけないため、チーム内でも最高レベルのテクニックやスキルが必要とされますが、ガットゥーゾには、実はそこまでの高い技術はありません。
しかし、獰猛な猟犬に例えられるほどのボールへの執着心、強靭なフィジカルに支えられた激しいマークと強烈なタックル、そして何よりチームのために闘争心を剥き出しにできる熱いメンタリティがあり、中盤の潰し屋として天性の才能がありました。
これが当時のミランが志向する戦術にマッチしたため、チームに欠かせないセントラルミッドフィルダーとなれたのです。

ピルロシステムの確立に大いに貢献したことで有名

当時のミランはピルロという稀代の天才レジスタを機能させるため、ピルロを中盤の底で起用してオフェンスの指揮をとる役割をさせていましたが、フィジカル的に貧弱なピルロではディフェンス面の不安がありました。そこで、ピルロの分も併せて2人分のディフェンスを行えるガットゥーゾが起用され、実際に彼は、縦横無尽にピッチを駆け巡り相手選手からボールを奪い、ピルロへ供給するという役割をハイレベルで全うすることになります。戦術に選ばれそれに応えるというシンプルな関係性ですが、実現するのは容易なことではありません。
当時のミランのピルロシステムが無ければ、ガットゥーゾがセントラルミッドフィルダーとして成功することもなかったでしょう。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング9位

エステバン・カンビアッソ

国籍: アルゼンチン、イタリア
生年月日:1980年8月18日(37歳)
出身地:ブエノスアイレス
身長:177cm
体重:78kg
経歴
1998-2001 インデペンディエンテ
2001-2002 リーベル・プレート
2002-2004 レアル・マドリード
2004-2014 インテル
2014-2015 レスター・シティ
2015-2017 オリンピアコス

アルゼンチンが生んだテクニックを備えた労働者的セントラルミッドフィルダー

豊富な運動量で常に気の利いたポジションに顔を出せるセントラルミッドフィルダーで、華々しいゴールや華麗なテクニックなどは少なく南米の選手としては控えめですが、インテルの伝説的選手であるサネッティと同様、与えられたら役割やディフェンスを実直にこなす労働者タイプのセントラルミッドフィルダーです。
マスチェラーノもそうですが、アルゼンチン出身のサッカー選手はこのようなタイプが多く、チームの花形にはなれませんが、チームの安定には欠かせない存在だと言えます。

気付いたらそこにいることができる上手いポジション取りができるMF

カンビアッソは南米由来の柔らかなテクニックがあり、シュートにしろパスにしろ高いレベルでこなせるだけの万能性がある選手ではありますが、どうしても運動性と勤勉さのため味方のサポートやカバーをメインの役割とされてしまい、しかもその動きを90分しっかり継続できてしまうため、印象的には地味なセントラルミッドフィルダーになってしまいます。
ですが、試合を観ればわかるように「気付けばそこにいる」という選手は非常に大切で、このような選手の働きがなければ、チームのオフェンスやディフェンス戦術は成り立ちません。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング8位

ポール・スコールズ

国籍:イングランド
生年月日:1974年11月16日(43歳)
出身地:サルフォード
身長:168cm
体重:70kg
経歴
1992-2011 マンチェスター・ユナイテッド
2012-2013 マンチェスター・ユナイテッド

イングランドサッカーを体現する闘志あふれるセントラルミッドフィルダー

小柄な身体で激しいプレイもいとわず、闘志溢れる姿でマンチェスターユナイテッドの、トレブル達成に貢献したセントラルミッドフィルダーです。
ファーガソンが育てた選手の筆頭で、ギグス同様に華麗なテクニックを備えており、しかしプレースタイルはファイター的で、心技体が揃った世界レベルの選手だと言えるでしょう。

現役復帰を請われるほど貴重な存在として伝説に

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ファイターとして中盤で激しいチェックを行うため、しばしばレッドカードを貰うようなプレイも散見されましたが、チームのために身体を張る献身性はルーニーやクリスチアーノ・ロナウドなど若手に大いに影響を与えました。
このような選手はなかなか育成することが難しく、一度引退したあとも後継者不足で悩んだファーガソンに頼まれて現役復帰しているほどです。
復帰後にすぐさまチームにフィットしつつ好成績を挙げることに貢献し、ただの有名選手から伝説的な選手となっていったのです。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング7位

フィリップ・コクー

国籍: オランダ
生年月日:1970年10月29日(47歳)
出身地:アイントホーフェン
身長:184cm
体重:77kg
経歴
1988-1990 AZ
1990-1995 フィテッセ
1995-1998 PSV
1998-2004 バルセロナ
2004-2007 PSV
2007-2008 アル・ジャジーラ

トータルフットボールの正統な後継者として有名

ポジションという概念を打ち破り、ピッチ上のすべての選手がオフェンスやディフェンスを、役割で区切らずに行うというオランダ発祥のサッカー戦術が、トータルフットボールという考え方です。
この考え方を提唱し自ら実践、監督になってからも魅力的なサッカーにこだわったクライフの流れを、正統に継承し体現した選手が、フィリップ・コクーというセントラルミッドフィルダーです。
実際にコクーは、FWからDFまでキーパー以外のすべてのポジションを経験しており、またすべてのポジションにおいて優れたプレイを発揮、ユーティリティ性だけで考えるならまさに世界一のセントラルミッドフィルダーだと言えるでしょう。

非凡な才能が生み出した「ピッチ上の監督」

トータルフットボールという概念は、すでに現代サッカーでも部分的に取り入れられてきており、サイドバックが司令塔的役割を担ったり、FWが第一DFとして積極的にディフェンスしたりする変化が、戦術として浸透していると言えます。ですが、さらにもう一歩踏み込みピッチ上の選手それぞれが、瞬間的な判断力を養い戦術的思考を行えなければ、トータルフットボールは完成しません。
その点でコクーは、セントラルミッドフィルダーながらピッチ上の試合展開に即応して、自らポジションや役割、そして動き方を変化させることができる才能を持っており、「ピッチ上の監督」と呼ばれるほどだったのです。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング6位

スティーヴン・ジェラード

国籍:イングランド
生年月日:1980年5月30日(38歳)
出身地:ウィストン
身長:186cm
体重:83kg
経歴
1998-2015 リバプール
2015-2016 LAギャラクシー

パワフルなミドルシュートを得意とするリバプールの伝説的セントラルミッドフィルダー

ここ10年くらいのサッカー史において、ジェラードほどミドルシュートが上手いセントラルミッドフィルダーはいないとまで言えるほど、卓越したシュート技術でリバプールを牽引したのが、スティーブン・ジェラードという選手です。
セントラルミッドフィルダーのオフェンス戦術としてポピュラーなものは、前線への飛び出しとミドルシュートの2つが挙げられると思いますが、ジェラードは特にミドルシュートの技術に優れており、セントラルミッドフィルダーとしては規格外の攻撃力を発揮しました。

美しいシュート技術はロングフィードでも活かされていた

ジェラードのミドルシュートは、軌道がとても美しくしかも弾道が低く速いというミドルシュートのお手本のようなものですが、これをどのような距離やポジションからでも放つことができ、体幹の強さは世界最高レベルだと言えます。
またこのミドルシュートをそのままパスにしたような、速くて正確なジェラードのサイドチェンジロングフィードは、リバプールの試合の醍醐味にもなっており、観客からの拍手が鳴り止まないほどでした。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング5位

クロード・マケレレ

国籍: フランス、 コンゴ民主共和国
生年月日:1973年2月18日(45歳)
出身地 : ザイール キンシャサ
身長:170cm
体重:66kg
経歴
1991-1992 ナントB
1991-1997 ナント
1997-1998 マルセイユ
1998-2000 セルタ
2000-2003 レアル・マドリード
2003-2008 チェルシー
2008-2011 パリ・サンジェルマン

チームを陰から支える職人的セントラルミッドフィルダー

ガットゥーゾは猟犬のように獰猛なスタイルでしたが、マケレレは同じディフェンスに重きをおいたセントラルミッドフィルダーながら、淡々と役割をこすのが上手い職人的な選手です。
ボール奪取はもちろん世界トップクラスですが、他にもスペースのケア・味方のカバーリング・必要であればドリブルでの持ち上がりもこなせ、しかもディフェンスの役割を忘れることはなく、堅実なプレイでチームに貢献することができました。
特筆すべきはマーキング能力で、マケレレの絶頂期には「彼にマークされたらボールに触ることができない」とまで言わしめたほどです。

トップスターの影となる玄人好みの献身性を備えたMF

レアル・マドリーではマケレレが中盤のセントラルミッドフィルダーを務めることでチームの攻守のバランスを辛うじて保っていましたが、たった1人でそれを可能とするマケレレの存在はとても大きいものでした。
同時期にレアル・マドリーは銀河系軍団と呼ばれる世界一の攻撃力を誇っていましたが、マケレレがいてこそだと言えるでしょう。事実マケレレが移籍したあと、マドリーはタイトルをとることができませんでした。世界一の攻撃力はそのままだったにも関わらずです。
ピルロに対するガットゥーゾと同様に、サッカーにおいてはジダンやフィーゴ、ロナウドなどのトップスターがその能力を遺憾なく発揮するために、マケレレのような影となれる選手は欠かせないものなのです。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング4位

ジョゼップ・グアルディオラ

国籍: スペイン
生年月日:1971年1月18日(47歳)
出身地:サンパドー
身長:180cm
体重:76kg
経歴
1990-1992 バルセロナB
1990-2001 バルセロナ
2001-2002 ブレシア
2002-2003:ローマ
2003ブレシア
2003-2005 アル・アハリ
2005-2006ドラドス・シナロア

驚異的なサッカーセンスを備えたセントラルミッドフィルダー

スペインサッカーでは、セントラルミッドフィルダーのポジションをチームの「へそ」として重要視する伝統があるため、攻守のバランス感覚や、ポゼッションからの崩しのアイディアに優れたMFを数多く排出してきました。
その中でもグアルディオラは、特別にサッカーセンスに優れたセントラルミッドフィルダーで、そのサッカーセンスは戦術的な状況判断力を高めることに注ぎ込まれていました。

パスによってチームを動かすセントラルミッドフィルダー

グアルディオラは扇の要のポジションに位置し、つねに試合の流れを俯瞰しながら、シンプルなパスでポゼッションに貢献、相手のディフェンスに綻びを見つけると、矢のような楔のパスや大胆なサイドチェンジで局面を有利に変化させるプレースタイルで、バルセロナの攻撃の起点を創り出していました。
その状況判断は常に的確で、少ない動きとシンプルなパスでチーム全体を動かす姿はまさに、セントラルミッドフィルダーの1つの完成形と言えるでしょう。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング3位

シャビ・アロンソ

国籍: スペイン
生年月日:1981年11月25日(36歳)
出身地:トロサ
身長:183cm
体重:80kg
経歴
1999-2000 レアル・ソシエダ B
1999-2004 レアル・ソシエダ
2000-2001 エイバル (loan)
2004-2009 リヴァプール
2009-2014 レアル・マドリード
2014-2017 バイエルン・ミュンヘン

超長距離パスで得点を演出するセントラルミッドフィルダー

ピルロと同様、正統派のレジスタタイプのセントラルミッドフィルダーで、特に矢のように飛んでいく超長距離のロングフィードは、正確無比のコントロールを誇り、チームのオフェンス戦術に大きなオプションを加えるものとなります。
運動量豊富なタイプではない代わりに、ミドル~ロングレンジのパスをどのようなリスキーなスペースにも供給できるため、ピッチを広く使ったワイドなサッカーと相性が抜群です。

パスが上手いのではなくキックが上手いMF

Xabi Alonso on Instagram: “And now, the end is near...” (46381)

アロンソの特徴としてはパス精度が挙げられますが、厳密に言うとパスを含めたキックそのものが上手い選手です。高精度で高速のミドルシュートも得意としており、最大で60m以上、つまりハーフェイラインより自陣側からシュートを決めたこともあります。
リバプール在籍時には、イングランドを代表するセントラルミッドフィルダーのジャラードと、ダブルボランチを組んでおり、二人ともミドルシュートが上手いため見ていて非常に爽快なコンビでした。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング2位

シャビ・エルナンデス

国籍: スペイン
生年月日:1980年1月25日(38歳)
出身地:タラサ
身長:170cm
体重:68kg
経歴
1997-2000: FCバルセロナB
1998-2015: FCバルセロナ
2015-: アル・サッド

グアルディオラの後継者としてバルセロナの全盛期を支えたセントラルミッドフィルダー

シャビがバルセロナのトップチームに所属したときに、丁度グアルディオラの全盛期だったため、かなり影響を受けたと本人も語るとおり、プレースタイルはグアルディオラにかなり近く、非凡なサッカーセンスを持つセントラルミッドフィルダーだと言えます。
効果的なパスの散らしと、細かなポジション取りでポゼッションに貢献しつつ、シンプルなパス1本でチャンスを演出する姿は、非常に近代的なセントラルミッドフィルダーの理想型だと思います。

思い切った飛び出しで得点力も兼ね備えるMF

Xavi Hernandez CreusさんはInstagramを利用しています:「❤️」 (46384)

シャビはシンプルなパスでチャンスメイクする一方で、グアルディオラには無かった思い切りの良い飛び出しを効果的に活用して、エリア内で決定機を創ることにも長けており、メッシに集中するマークを逆手にとるようなオフェンス戦術も見せていました。
これは、グアルディオラから学んだことをさらに進化させた戦術で、シャビの並々ならぬサッカーセンスの高さを感じさせる部分ではないかと思います。
サッカー選手の創造性は、模倣を超えた先でいかに自身のストロングポイントを、プレースタイルの中に落とし込めるかというところにかかっているので、その点でシャビはグアルディオラに学びながらそれを超えた創造性を自ら生み出した選手だと言えるでしょう。

世界一の歴代最強セントラルミッドフィルダーランキング1位

アンドレア・ピルロ

国籍: イタリア
生年月日:1979年5月19日(39歳)
出身地:フレーロ
身長:177cm
体重:68kg
経歴
1995-1998 ブレシア
1998-2001 インテル・ミラノ
1999-2000 レッジーナ (loan)
2001 ブレシア (loan)
2001-2011 ミラン
2011-2015 ユヴェントス
2015-2017 ニューヨーク・シティ

世界最高峰の伝説的「レジスタ」

昨今のサッカーでは少なくなってきた、レジスタという役割を極めたセントラルミッドフィルダーがピルロです。
イタリアのサッカーでは、魅力的なプレイで得点したり決定機を作り出す選手を「ファンタジスタ」と呼びますが、そのようなプレイをセントラルミッドフィルダーの位置で行うのがレジスタです。
ピルロは高精度のロングパスで中盤の底という深い位置から、チームの攻撃の起点を創り、チーム全体の攻撃戦術をコントロールすることができる、希有のセントラルミッドフィルダーなのです。

有名な「ピルロシステム」から最強の「ショットガン」へ

Andrea Pirlo OfficialさんはInstagramを利用しています:「Orgoglioso di aver fatto parte dei tuoi 50 anni. Tanti auguri Capitano」 (46386)

レジスタとして世界最高の能力を持ったピルロは、どのクラブに所属してもチーム戦術の根幹を担うセントラルミッドフィルダーで、ミランでは「ピルロシステム」と呼ばれるピルロを起点とした戦術が組まれていました。
その後移籍したユベントスではさらに進化した「ショットガン」と呼ばれるシステムでセリエAを席巻しました。
戦術に合わせてプレイを選択するのではなく、ピルロに合わせて戦術が選ばれるという事実が、セントラルミッドフィルダーとしてピルロが如何に特別な存在かを物語っているのです。

異名までつけられるほどのFKの名手としても有名

またピルロは長短のパスで決定機を作り出すだけではなく、研ぎ澄まされた美しい軌道のFKで自ら得点することもできました。
そのFKはあまりの落差に「エレベーター(アッシェンソーレ)」と呼ばれたり、試合終了間際など相手が嫌がる時間帯に、すさまじい精度で飛んでくるため「呪われたFK(マレデッタ)」と呼ばれたりしました。
このような素晴らしいFK技術は、同じようにFKを得意とするチームメイトから学んだとピルロ本人が語っており、サッカーセンスに溺れることなく謙虚な向上心を持つ選手だったことがわかります。

歴代のセントラルミッドフィルダーからわかる世界最強レベルの条件

Andrea Pirlo OfficialさんはInstagramを利用しています:「Don Andres 👏👏👏」 (46399)

サッカーの中盤を支配するセントラルミッドフィルダーには、サッカーの技術すべてが求められますが、その中でも優れたパスセンスと、それを現実にするキック精度は絶対に外せない要素だと言えます。
特にそのセントラルミッドフィルダーの中でも特別な存在となるためには、観客や相手DFが気づかない場所にゴールへの最短距離となるスペースを見つける視野と、サッカーセンスが求められます。
ピルロやシャビ・アロンソはそのような能力に秀でており、そのパス能力が驚異的なレベルにあるために伝説的な選手となり得ているのです。
シャビの場合はパス能力と同じくらい、自身が得点できるタイミングやスペースを見つけ出すことに優れており、このようなアプローチも所属チームによっては有効な個人戦術だと言えるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。