Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. クリスティアーノロナウド...
クリスティアーノロナウドのバイシクルシュートの凄さとは?【美技】

クリスティアーノロナウドのバイシクルシュートの凄さとは?【美技】

クリスティアーノ・ロナウドが決めたバイシクルシュートの凄さは、様々な角度から見て取ることができます。バイシクルシュート自体の難しさ、技術的側面、メンタリティ、またそれを実行した舞台の大きさとそれに伴う周囲の反響などその凄さの秘密を紐解きます。

2021.12.16 サッカー

バイシクルシュートは何が難しい?

試合でバイシクルシュートを選択することの難しさ

クリスティアーノ・ロナウドのバイシクルシュートの凄さを語る上で、バイシクルシュート自体の難しさを知らなければ、いかに驚異的なことを成し遂げたかを本当の意味で理解することはできません。
バイシクルシュートでの得点は、サッカー経験者ならば人生に一度決めて見たいと憧れるシュートであり、それだけに難易度も高い技です。
バイシクルシュートはボールに足を当てるだけでも難しく、それをサッカーの試合で行うというのは成功の確率が非常に低いため、普通であれば選択するべきではありません。それをあえて行うというのは正確な技術と高いメンタリティを持ち合わせていなければできず、クリロナはそれを選択したところに凄さがあります。

空中姿勢で打つことの難しさ

サッカーのオーバーヘッドは空中でボールを蹴らなければいけないため、体が不安定な状態になります。さらに地面に背を向けた状態になるため、ボールを視界に捉えづらく、ジャンプをするタイミングとボールをミートする高さを測ることは非常に難しい作業です。
また、オーバーヘッドは空中姿勢が崩れると弱いシュートになってしまったり、空振りすることも多々あります。それを枠内にしっかりと飛ばし、なおかつゴールを奪えるスピードのあるボールを蹴るには空中で姿勢を保つバランス能力と体格、サッカーセンスが高いレベルで必要であり非常に難しいシュート技術です。それゆえオーバーヘッドでシュートを決めることのできる選手は、全ての面で他の選手と違いがある選手です。

恐怖心に打ち勝つ難しさ

サッカーのバイシクルシュートを行うときには2つの恐怖心が付きまといます。
1つは空中に体を投げ出す恐怖心で、バック宙返りのように背中を地面に向けて空中に体を浮かせるというのは怪我をするリスクによる怖さとともに、不安定な姿勢になることによる恐怖心が人間の潜在意識の中に存在します。
2つ目は失敗したときのリスクによる恐怖心で、失敗したことによって攻撃のチャンスを潰し、サッカーではその失敗で味方やサポーターからの批判の的になったり、ネガティブな印象を与えられてしまうことがあります。
この2つの恐怖心の両方に打ち勝って行うには、強いメンタリティを持つ選手でないとできません。サッカー選手は人間ですので、恐怖心に打ち勝つというのは簡単なことではなく、それに打ち勝ってオーバーヘッドをする選手はある意味特別なメンタリティの持ち主です。

クリロナが決めたバイシクルシュートの凄さ

自陣に戻りながら打っている

 (62817)

クリロナのバイシクルシュートの凄さとして、自陣に戻りながら打っているということが挙げられます。この打ち方の難しさは3点あり、1点目はゴールから遠ざかりながらボールの落下点を読むことの難しさです。
2点目はゴールまでの距離がより遠くなるという点で、シュートは当然距離が伸びるほど決まる確率は下がり、難易度が上がるため、打ち方としては非常に難しくなります。
3点目は体を真上ではなく斜め前へ放り出さなければいけない点で、危険さが増すとともに、空中姿勢を保つことすら難しい姿勢を強いられるため、非常に難易度の高い打ち方です。
これらの難点を克服して決めているからこそ、クリロナのバイシクルシュートは価値があると言え、他の選手では身体能力的にも不可能に近いシュートです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

打点が桁外れに高い

 (62947)

クリロナが決めたバイシクルシュートは、他の選手に比べて打点が非常に高いというのが特徴的です。通常のバイシクルシュートであれば、腰の高さがほぼ変わらず、ヘディングで届く高さのボールを足で処理するというイメージになります。
しかし、クリロナは、ヘディングでは到底届かないであろう高さのボールを、彼の身体能力の高さを生かして通常の選手の倍ほどの高さをジャンプしシュートを決めています。クロスバーの高さまで足が上がっていることが多くのニュースでも取り上げられましたが、これほど高い打点で打ったバイシクルシュートは過去にも存在しません。これは体のバネをうまく利用しているとともに、助走をつけて踏み切っていることがその高さを可能にしており、クリロナでないとできない芸当です。

正確なミートとシュートコース

 (62949)

サッカーのバイシクルシュートはまずミートさせることが難しいのですが、クリロナはそれをいとも簡単にやってのけています。しかもかなり正確にインステップにボールをミートさせており、その証拠として強いシュートを可能にし、また狙った方向にボールを飛ばすことができています。これはサッカーでは非常に難しい技術で、空中姿勢という不安定な状態でボールを正確に足にミートさせるというのはなかなかできることではありません。
さらに、そのシュートコースも非常によく、サッカーゴールのサイドネットにボールが吸い込まれており、ここまでバイシクルシュートでコースを狙って打つということは簡単にできることではなく、クリロナの技術の高さを表しています。

クリロナがバイシクルシュートを成功できた理由

tomomi saito on Instagram: “ベストゴール⚽  ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに、また一つ新たな勲章が……” (62786)

常に狙っていたバイシクルシュートへの執着心

クリロナはバイシクルシュートを決めた後のインタビューでも伝えていたように、今までに何度もサッカーの試合でバイシクルシュートに挑戦しています。成功させたいという強い思いで執着心を持ってチャレンジし続けたからこそ成功したのであり、そこにクリロナの凄さが隠されています。
オーバーヘッドキックやバイシクルシュートは咄嗟の反応によりできるものでありますが、クリロナは明らかに狙っていました。また、今までに失敗したケースでも、バイシクルシュートを狙いにいっており、バイシクルシュートへの執着心が現れています。

ゴールを奪うことへのこだわりの強さ

クリロナは言わずと知れたゴールゲッターであり、彼がいたら得点力不足に悩むことはないと言われるほど、得点に対するこだわりの強い選手です。実際に年間40ゴール以上挙げるなど、普通では考えられないほど量産しています
そのゴールへのこだわりの強さが、サッカーのバイシクルシュートへの得点と結びついているのは間違いありません。何故ならば、あれほど高いボールであれば下がってコントロールしてパスするか、下がってヘディングで味方へと繋げるというのがサッカーのセオリーです。しかし、そこをあえて難易度が最高に高いバイシクルでのシュートを選択したのは、自分がゴールを挙げるということへのこだわりの強さからきており、そのメンタリティがあのような稀なゴールを可能にしています。

落下点を読む上手さ

クリロナは非常に落下点を読む能力に優れており、それはヘディングの打点の高さにも現れています。どこにボールが落ちるかを察知し、それと同時にどのタイミングで飛べば自分の最高打点でボールに触ることができるかという能力は、簡単に身につくものではなく、生まれつきのセンスも大きく関わっています。
その能力があるからこそ、今回のバイシクルシュートのように、後ろに下がりながら落下点を読み、そこに対して自分のジャンプ力、足の到達の高さの予想までできていたから成功することができたのです。まさにクリロナでないとできない芸当ということができます。

クリロナが大舞台でバイシクルシュートを成功させた凄さ

失敗を恐れないメンタリティ

クリスティアーノ・ロナウド→CR7🇵🇹🏆 on Instagram: “#real #cr7#cristiano” (62950)

チャンピオンズリーグの準々決勝という大舞台で、さらに対戦相手のユヴェントスの本拠地でやってのけるには並大抵のメンタルではできません。そのような大舞台でまず考えるのは、いかに正確に得点するか、また、逆に言うなれば失敗せずに得点するかということです。
しかしクリロナはそのような失敗という2文字は彼の辞書にはないかのごとく、失敗のリスクが最も高いバイシクルシュートを選択し、決めています。その失敗を恐れないメンタリティは様々な舞台で何度も死闘を繰り広げてきたからこそ身についたものであり、そのハートの強さが成功に導いた大きな要因です

世界最高峰のゴールキーパーから得点を取った

Gianluigi Buffon on Instagram: “Soddisfatti per la grande prestazione, restiamo concentrati perché la stagione è ancora tutta da giocare #JuveSassuolo” (62788)

このサッカーのバイシクルシュートの凄さをさらに際立たせたのは、ゴールキーパーが誰であったかということです。当時ユヴェントスのゴールマウスはジャンルイジ・ブッフォンが守っていました。ブッフォンは世界最高のゴールキーパーと長年言われ続けた人物であり、そのセービング能力は熟練度を増していました。
そのブッフォンが1歩も動けずに、ボールはゴールへと吸い込まれていきました。ブッフォンからバイシクルシュートを決めたというその事実がクリロナの凄さをさらに印象付けています
ブッフォンは今までオーバヘッドシュートを決められたことはなく、また、様々な大舞台で数多くのシュートをストップしてきました。そのブッフォンから、バイシクルシュートで得点を奪ったことに意味があり、クリロナと他の選手との違いを示しています。

クリロナへの周囲からの反響の凄さ

Stadium Football Turf · Free photo on Pixabay (62790)

クリロナがサッカーのバイシクルシュートを決めた時、アリアンツ・スタジアムに駆けつけたユヴェントスのファンたちはクリロナにスタンディングオベーションを送りそのゴールを讃えました。普通に考えればサッカーの試合で相手チームがゴールした時に相手選手を讃えることはなく、相当素晴らしいゴールを決めたとしても拍手が精一杯です。
それを超えるスタンディングオベーションを、しかもサッカーに厳しいイタリアのファンから受けたというのはそのゴールの凄さとともに、敵味方を超えて人々にサッカーの感動を与えたクリスティアーノの凄さを際立たせた瞬間です。

UEFA年間ベストゴールを受賞

hero & hiro on Instagram: “バロンドール 2008 マンチェスターユナイテッド クリスティアーノロナウド #soccer #football #ballondor #ingland #premialeague #manchesterunited #portugal #cristianoronaldo…” (62794)

クリロナの決めたバイシクルシュートは、様々なところで反響を呼んでいます。その一つとして、UEFA年間ベストゴール賞を受賞したことが挙げられます。この賞はUEFAテクニカルアドバイザーによって選出された11の候補からUEFA.comのユーザーによる投票で決められるものです。
クリスティアーノ・ロナウドは34万票中20万票を獲得し、圧倒的な指示のもとこの賞に選出されています。それほどサッカーの専門家からも、世界の人々からもこのシュートは特別と認識されており、この賞がその価値をまた一つ証明する証拠になっています。

クリスティアーノロナウドのバイシクルシュートの凄さまとめ

クリスティアーノ・ロナウド→CR7🇵🇹🏆 on Instagram: “ユベントス対エンポリ2-1😎1点先制されるもロナウドのPKとスーパーゴールにより勝利!にしてもロナウドとジダンの去ったレアルの状況が…#cristianoronaldo #cristiano #cr7#juventus #realmadrid #zidane” (62795)

クリスティアーノ・ロナウドが決めたオーバーヘッドキックは、世界各国でニュースとして取り上げられるほど話題になり、多くのサッカーファンやプレーヤーに驚きと感動を与えました。
成功の裏には何度もチャレンジし続けてきたことや、クリスティアーノ・ロナウドが持つ身体能力の高さなど、様々な要因が絡んでおり、まさに彼だからこそ成功させることができたと言えます。
また、これだけ話題になった背景には、クリスティアーノ・ロナウドが今まで数多くのゴールを奪ってきましたが、オーバーヘッドシュートを決めたことがなかったということも関係しており、今回のゴールでまた1つクリスティアーノ・ロナウドの価値が高まった得点になりました。
大舞台になればなるほど真価を発揮するクリスティアーノ・ロナウドの今後の活躍には目が離せません。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。