Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. 【兵庫県】サッカーの強豪...
【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

兵庫県の高校サッカーは、選手権に20回の出場を誇る名門の滝川第二高校と名将の谷純一監督が率いる神戸弘陵高校の2校が強豪です。この2強を市立尼崎高校、関西学院高等部が追うかたちになっています。兵庫の代表高校は全国に出場するとベスト4など上位に進出するサッカーでは強豪の県です。

2021.12.16 サッカー

Writer

old_user_id: 211

公式ライター
old_user_id: 211

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第10位

神戸星城高校

 (108893)

国公私立 私立
所在地 兵庫県神戸市須磨区緑が丘1-12-1
選手権成績 出場なし
インターハイ成績 出場なし
主なOB なし
神戸星城高校サッカー部は、近年躍進を続けている強豪高校で、2019年のインターハイ兵庫県予選でベスト4、2018年と2019年の選手権兵庫県予選では2年連続でベスト8入りを果たして注目を集めています。

また、圧巻だったのが2019年の高円宮杯U-18サッカーリーグ2019神戸市リーグで、勝ち点42で終え、2位以下に8点以上の差をつけて圧倒的な優勝を遂げています。

また、2019年新人戦では神戸弘陵、滝川第二を撃破し、準優勝に輝いています。今後、上位進出が期待される強豪高校です。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第9位

明石商業高校

 (108871)

国公私立 公立
所在地 兵庫県明石市魚住町長坂寺1250
選手権成績 出場なし
インターハイ成績 出場なし
主なOB なし
兵庫県でも強い高校として知られている明石商業高校サッカー部は、全国大会への出場実績はありませんが、2016年インターハイ予選でベスト8、2017年インターハイ予選では3位に輝き近畿大会出場実績を誇る力を持つ強豪高校です。

明石商業高校は野球部が甲子園の常連校として有名で、比較的スポーツが盛んな高校として知られ、サッカー部も私立の強豪高校に迫る勢いを見せています。今後の明石商業高校サッカー部の活躍に期待がかかっています。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第8位

芦屋学園高校

Kousuke Mochizuki on Instagram: “兵庫県インターハイ予選vs東洋大姫路高1-0 勝 ベスト16進出#株式会社SWIMBY #芦屋学園高校サッカー部 #芦屋大学サッカー部 #奈良育英高校サッカー部 #関西大学サッカー部 #京都サンガ” (108852)

国公私立 私立
所在地 兵庫県芦屋市六麓荘町16番18号
選手権成績 出場なし
インターハイ成績 出場なし
主なOB なし
兵庫県の強豪高校の一つとして知られる芦屋学園高校サッカー部は、これまで選手権やインターハイといった全国大会出場経験はありませんが、2019年新人戦で優勝するなど、近年力をつけてきた高校です。

2019年インターハイ兵庫県予選においても準決勝で名門高校の滝川第二高校を撃破し、決勝進出を果たすなど、注目を集めています。

芦屋学園サッカー部の強さの裏には、2013年から設立されたアスリートコースの存在があり、この年から本格的に全国を意識したチーム作りが始まりました。

人工芝グラウンドなど、練習環境にも恵まれている芦屋高校サッカー部から目が離せません。
  •        
  •        
  •        
  •       
    
芦屋学園アスリートコース
アスリートコースの特徴は、希望する運動部への所属を必須とし、学習との両立をサポートし、幅広いスポーツ演習を通じて、豊かな人間力を持つアスリートを育成します。

また、スポーツ競技の基本からの学びなおしで、スポーツ分野での指導力を育成、仲間と切磋琢磨する中で、目標を高く掲げることのできる精神を育成しています。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第7位

三田学園高校

Kenji Noguchi on Instagram: “本日は、中学時代に個人指導をしていた選手からのご縁で・・・ 三田学園高等学校サッカー部のスピードトレーニング指導を行いました。 三田学園高等学校サッカー部は兵庫県でもベスト4に残るなど、これから県のトップ、全国大会を目指すチームです。 初回の今回は・・・…” (108846)

国公私立 私立
所在地 兵庫県三田市南が丘2-13-65
選手権成績 出場なし
インターハイ成績 出場1回
主なOB なし
兵庫県でサッカーが強い高校にあげられる三田学園高校は、国公立大学にも多数の合格者を出している進学校です。2015年のインターハイ兵庫県予選を制し、兵庫代表として全国大会出場の実績があります。

三田学園は近年、最も力をつけている新興勢力で、2018年度兵庫県リーグで優勝、プリンスリーグ参入戦では京都の強豪校である久御山高校に勝利し、初のプリンスリーグ関西参入を決めています。

三田学園サッカー部の特徴は、全員攻撃・全員守備で、特に守備に関しては兵庫県リーグ18試合で10失点という鉄壁を見せています。
プリンスリーグ関西
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ関西とは、全国に9つある高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグのひとつで、関西地方の滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県の2府4県の高校生とユースチームが参加するサッカーの最高峰リーグです。

参入するには兵庫県リーグで優勝し、プリンスリーグ関西の下位チームとの参入戦に勝利する必要があります。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第6位

県立西宮高校

兵庫県立西宮高校サッカー部 on Instagram: “9/8 AチームTM Avs三木北(40×2) 6-1(1-1 5-0) Avs流通科学大学(35×3) 2-4(1-0 0-3 1-1)  課題は攻守のバランス、幅と厚み。リーグ戦は残り2節、そして選手権に向けてチーム一丸となって、課題を克服しよう。…” (108841)

国公私立 公立
所在地 兵庫県西宮市上甲東園2-4-32
選手権成績 出場なし
インターハイ成績 出場なし
主なOB 伊藤将大/三橋拓也
県立西宮高校サッカー部は、これまで選手権やインターハイなど全国大会出場経験こそないものの、県大会では常に上位に名を連ねる強い高校として有名です。

県立西宮高校は文武両道を掲げる県立高校で、私立校優性の兵庫県の中で安定的な強さを見せています。

強い西宮高校ですが、部員には部活よりも学校行事への参加を優先させるなど、サッカー部員への特別待遇はありません。

2019年全国高校サッカー選手権兵庫県予選では決勝まで進出し、神戸弘陵高校と激闘を繰り広げ、惜しくも敗れてしまいました。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第5位

神戸市立科学技術高校

 (108915)

国公私立 公立
所在地 兵庫県神戸市中央区脇浜町1-4-70
選手権成績 出場2回
インターハイ成績 出場4回
主なOB なし
兵庫県の強豪高校である神戸市立科学技術高校は、名門私立高校に対抗できる公立高校の一つとして知られています。

2012年のインターハイ兵庫県大会で優勝を果たし、その後も2013年、2014年とベスト4、選手権兵庫県予選では2012年、2013年にベスト4入りを果たしています。

2018年のインターハイ兵庫県予選でもベスト8入りを果たしており、近年においてもその強さは健在で、上位進出を目指す公立高校として注目を集めています。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第4位

関西学院高等部

 (108912)

国公私立 私立
所在地 兵庫県西宮市上ヶ原一番町1-155
選手権成績 出場10回(4強1回)
インターハイ成績 出場1回
主なOB 堂柿龍一/梶川諒太/岸田裕樹
兵庫県内でもサッカーが強い高校として知られる関西学院高等部は、これまで選手権に10回出場している全国でも名が知られている強豪高校です。

関西学院高等部といえば名門の私立大学である関西大学の付属高校として有名で、学力が非常に高いことで知られています。

ここ最近でこそ選手権やインターハイでの全国出場から遠ざかっていますが、2016年と2018年のインターハイ兵庫県予選ではベスト8に進出しており、未だに上位進出への力は健在です。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第3位

市立尼崎高校

Kyoko on Instagram: “ケガなどなく、一つ一つの試合を精一杯戦い、そして頂点に立て!! #市立尼崎高校サッカー部” (108906)

国公私立 公立
所在地 尼崎市上ノ島町1-38-1
選手権成績 出場なし
インターハイ成績 出場1回
主なOB 新保聰太郎/吉田真史/福井諒司/湯田逸友/原口大佑
兵庫県内でもサッカー強い高校として知られている市立尼崎高校は、2017年のインターハイに出場した実績を誇る強豪高校です。

公立の雄として尼崎市民の期待を背負っている市立尼崎高校サッカー部は、兵庫県大会では常に上位高校を脅かす存在で、創立は1913年という古い歴史を持つ伝統部でもあります。

毎年コンスタントに結果を残している市立尼崎高校の強さの裏には、市民の強力なバックアップがあることは間違いありません。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第2位

神戸弘陵高校

虎ジュニア on Instagram: “伝説。  ドリ虎ジュニアユースの一期メンバーであるゆうきが兵庫県チャンピオンとなりました。 あの時のジュニアユースは最高に楽しかった。ハイレベルで黙々とボールと向き合う1時間30分。 良かったね。おめでとー!! #虎ジュニア  #阪神タイガース  #ジュニアユース…” (108901)

国公私立 私立
所在地 兵庫県神戸市北区山田町小部妙賀山10番
選手権成績 出場10回(8強1回)
インターハイ成績 出場3回
主なOB 奥大介/窪田龍二/土井良太/吉井直人/江坂任/江坂巧/藤原務
名門の神戸弘陵高校男子サッカー部は、1983年に創立し、これまで選手権に10回、インターハイに3回出場した実績を誇る強豪高校です。卒業生には日本代表としても活躍した奥大介がいます。

1993年に全国ベスト8を決めて以降低迷を続けていた神戸弘陵高校を立て直したのは2013年から指揮をとる谷純一監督でした

就任した2013年の選手権でいきなり兵庫県を制し、2014年には19年ぶりとなるインターハイ出場も決めるなど、その手腕に大きな注目が集まりました。
谷純一監督
後方からのボールポゼッションを基本に、カウンター、セットプレーでも得点が採れるスタイルを確立し、2015年関西プリンスリーグ優勝、近畿大会準優勝、兵庫県新人大会3連覇など、数々のタイトルを手にすることに貢献しています。

兵庫のサッカー強豪高校ランキング 第1位

滝川第二高校

@miki9624 on Instagram: “#高校サッカー選手権大会#滝川第二高校サッカー部 息子の母校の選手たちを応援に。懐かしいひととき。” (108896)

国公私立 私立
所在地 兵庫県神戸市西区春日台6-23
選手権成績 出場20回(優勝1回/4強3回)
インターハイ成績 出場23回(準優勝1回/4強1回)
主なOB 岡崎慎司/加地亮/金崎夢生/河本裕之/坂元要介/波戸康広/他多数
全国でも名門高校として知られる滝川第二高校サッカー部は、プレミアリーグでも活躍する岡崎慎司を輩出していることでも有名です。

これまで選手権に20回出場して2010年に全国制覇を成し遂げた経験を持つ文句なしの強豪高校です。滝川第二高校の強さは、普段のトレーニングにあります。

常に実践を想定した練習を行い、その中でもペナルティーエリア2つ分のスペースの中で7分間ひたすらボールを奪い合い最短距離でゴールを狙うダブルボックスという練習は、精神的にも肉体的にもハードな練習です。

滝川第二高校の強さは兵庫県内にとどまらず、全国制覇を狙える力を秘めています。
ダブルボックスとは?
ペナルティーエリア2つ分のピッチ、つまりボックスを2つ使うところからダブルボックスという名がついています。

このスペースでGKを覗いたFW1人、MF1人、DF1人の計3人組を作り、7分間互いにボールを奪い合いながら最短距離でゴールを目指します。

このトレーニングで攻守の切り替え速度を高めることができ、さらに持久力、相手の動きを予測する能力が身に付きます。

兵庫県のサッカー強豪高校 まとめ

okapy.official on Instagram: “#全国高校サッカー選手権大会 #滝川第二高校 #滝川第二高校サッカー部” (108920)

兵庫代表は全国大会でも上位に進出することが多く、その意味では全国的にも強豪県として知られています。

兵庫で1番の強豪は、選手権に20回の出場実績をもつ滝川第二高校、次は、各地からサッカーエリートが集結し、名将の谷純一監督の指導をとる神戸弘陵高校です。

次いで尼崎市民から絶大な期待を背負っている市立尼崎高校、選手権に10回の出場実績を持つ関西学院高等部が牙を研ぎ澄ませています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。