2019年1月17日 更新

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。

19,937 view お気に入り 0
 (67050)

ウイングバックの動き方や、ポジショニングの戦術的な練習を行う上で効果的な練習が、4対4+2フリーマンのポゼッションです。
やり方は20m×25m程のグリットの短辺に2人フリーマンを置き、グリット内で4対4を行い、ボール保持側は逆サイドへとボールを運ぶことを目的として行います。このトレーニングでウイングバックが学ぶことは、守備時にボールサイドにある時の位置と、逆サイドにある時の位置と動き方です。より分かりやすく動くためのコツは、矢印の動きをすることで、ボールサイドでは前に出る、逆サイドでは中に絞りながら下がるポジションを取るようにします。(詳細は図解参照)

ゴール前での5対3

 (67051)

ウイングバックの攻撃時の戦術練習でおすすめするトレーニングはゴール前での5対3で、このトレーニングによって、クロスに対する戦術的判断を学ぶことができます。
具体的な方法は、ペナルティエリア外に3人ディフェンスが並び、攻撃側は両サイドにウイングバック、中央に2トップとトップ下の選手を配置します。ゴールキーパーからウイングバックにロングキックを蹴りスタートし、サイドを変えてウイングバックがクロスを上げ、それに対してFWとトップ下は合わせ、逆のウイングバックはこぼれ球のポジショニングを取るか、クロスに合わせに入るかを状況に応じて判断します。
判断のコツとしては、味方がニアに固まったり、明らかにチャンスであれば中に合わせますが、それ以外の時は中に絞ってこぼれ球に対応することです。

サッカーのウイングバックの役割のまとめ

Marcelo Vieira Jr. on Instagram: “Passamos!!! ⚽️#M12” (67054)

ウイングバックの役割や動き方は非常に特殊であり、技術的にも戦術的にも高い能力が求められます。また、ウイングバックを担当するプレーヤーは攻撃も守備もでき、性格的にも忍耐強くなおかつ細かい味方のプレーの変化にも気づけるような選手が理想です。
しかし、全てを兼ね備えている選手はプロでもあまり存在しておらず、攻撃的か守備的などどちらかに強みを持つ選手が担当することが多々あります。その両方に対して必要な最低限の知識や技術が今回紹介したもので、ウイングバックをするプレーヤーは練習でしっかりと意識しながら身につけてください。
58 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのポジションの一つであるセカンドトップを紹介します。セカンドトップは中々意味が混同しやすいポジションです。そんなセカンドトップの役割と動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。サッカーの試合ではセカンドトップは得点源につながる重要なポジションですので、是非理解を深めてみましょう。
サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーのポジションの一つであるフォワード(トップ)を紹介します。動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。 また現在活躍しているフォワード(トップ)の選手も紹介しているので練習や動き方のコツを学ぶ際の材料として参考にしてください。
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
ミドルブロッカーの役割と意味とは?役立つための動き方やコツを解説

ミドルブロッカーの役割と意味とは?役立つための動き方やコツを解説

ミドルブロッカーの役割は、まずはブロックの中心となることが求められます。ミドルブロッカーは、相手のセンターからの攻撃はもちろん、レフト・ライト両サイドにトスが上がった場合でもしつこくブロックでついていくことが大切です。攻撃ではクイック攻撃を行います。相手にセンターからの攻撃を意識させることで、相手ブロックの注意を引き付ける狙いも持っています。
aoii15 |
ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャー(投手)の役割と求められる能力とは?【野球のポジション】

ピッチャーの一番の役割はバッターを抑えることです。ピッチャーの能力がチームの勝敗を大きく左右してしまうほど野球のポジションの中で大切な役割を果たします。同時に9人目の野手でもあり、守備面でもバント処理やベースカバーなど大切な役割があります。ピッチャーに求められる能力には、コントール・肩の強さ・土台となる下半身の強さがあげられます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nosedori nosedori