2020年1月23日 更新

セカンドトップの役割!動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーのポジションの一つであるセカンドトップを紹介します。セカンドトップは中々意味が混同しやすいポジションです。そんなセカンドトップの役割と動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。サッカーの試合ではセカンドトップは得点源につながる重要なポジションですので、是非理解を深めてみましょう。

39,994 view お気に入り 0

サッカーポジションのセカンドトップとは?

今回はサッカーのポジションの一つセカンドトップの役割や練習法、動き方のコツを紹介したいと思います。

ではサッカーにおけるセカンドトップとはどこのポジションなのでしょうか。下図で表すとstと表記されている部分に当たります。

このポジションはセンターフォワードやウイングと並んで、フォワードの中の一つのポジションです。一昔前のサッカーでよく使われていたフォーメーションですが、ここ最近のサッカー戦術でもよく使われるポジションです。

このポジションは昔3トップの時に両ウイングとセンターフォワードの3人だったものが、3トップより、2トップになったときに、左右のウイングのうちの1枚が内側に入ってきたポジションがセカンドトップであるといわれています。

では、このポジションの役割とはどんなものなのか次で紹介したいと思います。
 (2085)

サッカーポジション:セカンドトップの役割とは?

では、サッカーのポジションのセカンドトップとはどんな役割なのでしょうか。

セカンドトップの役割はサッカーの中でも曖昧なポジションです。イメージとしてはトップ下とセンターフォワードの間のフォーメーションです。ゲームの流れを見てパスやドリブルでチャンスを作ったり、ゴール前に入って点を取ることが求められます。

またチームの戦術によっても様々ですが、センターフォワードの周りを動き回って相手をかく乱したり、センターフォワードにマークが集中したところで自分が点を決めたりと動き方も様々でサッカーのポジションの中でも1,2を争うほどの多くの役割が求められます。
ではセカンドトップにはどんな能力が必要なのでしょうか。

サッカーポジション:セカンドトップに求められる能力とは

セカンドトップで求められる能力とは、自ら点を決めたり、パスやドリブルでチャンスを作ったりと、サッカーのポジションの中でも多くの役割を担い任せられます。

では具体的にどんな能力必要なのか紹介したいと思います。

セカンドトップに特に求められる能力は得点力とゲームメイク力です。動き方などももちろん大切なのですが、それ以上にボールを持った時に違いを作れる選手であることが大切です。
攻撃のほぼすべての役割を担ってるといっても過言ではないセカンドトップですので、ボールを持ったら必ず何かすると相手に思わせるような能力が必要です。

違いを作るプレーは慣れるまでかなりコツが必要かつセンスの面もあるのでいいセカンドトップの選手になるためにはたくさん練習と考えることが必要です。

サッカーポジション:セカンドトップの練習方法とは

先ほどたくさんの練習が必要と言いましたが、いいセカンドトップの選手になるにはどんな練習が必要なのか紹介したいと思います。

得点力とゲームメイク力を高めるにはやはりキックが重要です。練習法はシンプルに二人でパスしあうだけでいいですが、練習のコツとしてはキックの種類に意識してみてください。バックスピンやカーブ、曲がって落ちる球など様々な種類のキックがあります。それぞれのキックに自分の蹴りやすい方法やコツがあるはずです。

またもう一つコツとしては、種類とともにシチュエーションも意識してみることですバックスピンは裏のスルーパスにつかうイメージ、カーブはシュートやクロスに使うイメージなどいつ使うキックなのかをイメージしておくと実際の試合でもとっさの判断で使うことができます。

ただ蹴るのではなく上で上げたコツなどを意識してみることが大切です

セカンドトップの有名な選手①

リオネル・メッシ

【神の領域】メッシの人間離れしたテクニック43連発!!

一人目はメッシ選手です。メッシ選手とは言わずと知れたサッカー界のスーパースターですが彼のポジションもセカンドトップに当たります。

サッカー番組ではドリブルばかりが取り上げられますが、ゲームメイク力や得点力もぴか一です。またオフザボールの動き方も非常にうまく後ろに下がってボールを受けたり前線で我慢したりと練習だけでは身につかないような様々な能力を持っています。

メッシ選手のような選手を目指すコツはまずプレーを見ていつどんなプレーをしているかを分析することです。そしてそのあとにサッカーの試合や練習の中でメッシ選手だったらどんなプレーをするかをイメージしてプレーしてみてください。とは言えメッシ選手のようなプレーがいきなりできるわけがないので、まずはコツコツ基礎練習に励んでください。

サッカーポジション:セカンドトップの有名な選手②

アデミウソン

【公式】ゴール動画:アデミウソン(G大阪)22分 ガンバ大阪vsFC東京 明治安田生命J1リーグ 第3節 2017/3/11

もう一人はアデミウソン選手を紹介したいと思います。彼はJリーグのガンバ大阪で活躍している選手ですが、アデミウソン選手は足元の技術もさることながら、後ろからの飛び出しの動き方もうまい選手です。

後ろから飛び出す動き方はサッカーではとても重要で、特にセカンドトップに求められるプレーの一つです。またアデミウソン選手は守備の貢献度も高く、前線からの守備を必要とする現代サッカーではとても優れた選手です。アデミウソン選手のような飛び出しを身に付けるコツは常にどこにスペースがあってどこにスペースができそうなのか考えながらプレーしてみてください。

周りの選手の動きを予想してどこにスペースができるかを常に考えてみてください。

アデミウソン(G大阪)がエリア前から正確なミドルを突き刺し、逆転に成功! 【ゴール:明治安田J1 2nd 第17節 川崎FvsG大阪】

サッカーポジションのセカンドトップのまとめ

サッカーポジションのセカンドトップの役割などを紹介しました。

セカンドトップとはフォワードの一つなのでもちろんゴールも求められますが、それだけでなくゲームメイクなども要求されるポジションです。このポジションは他のポジションよりも多くの攻撃の役割を担うことになりますが、その分自分が周りを操ることができて楽しいポジションです。

セカンドトップとは動き方も自由度の高いフォーメーションですので是非サッカーを始めたての人も挑戦してみてください。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーフォワード(トップ)の役割とは?基本的な動き方やコツ【ポジション】

サッカーのポジションの一つであるフォワード(トップ)を紹介します。動き方やコツ、練習法や求められる能力なども紹介します。 また現在活躍しているフォワード(トップ)の選手も紹介しているので練習や動き方のコツを学ぶ際の材料として参考にしてください。
anton |
バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケのセンターの役割と動き方とは?どのようなプレイが必要かを解説

バスケットボールのポジションの1つにセンターがあります。センターは長身のプレイヤーが務め、好守におけるインサイトプレイの要という役割を担います。さらにセンターが求められる動きとは、ポストプレイ・リバウンド・リング近くでゴールを守ることがあります。チームの勝利に貢献するためにセンタープレイヤーの理解を深めましょう。
ミドルブロッカーの役割と意味とは?役立つための動き方やコツを解説

ミドルブロッカーの役割と意味とは?役立つための動き方やコツを解説

ミドルブロッカーの役割は、まずはブロックの中心となることが求められます。ミドルブロッカーは、相手のセンターからの攻撃はもちろん、レフト・ライト両サイドにトスが上がった場合でもしつこくブロックでついていくことが大切です。攻撃ではクイック攻撃を行います。相手にセンターからの攻撃を意識させることで、相手ブロックの注意を引き付ける狙いも持っています。
aoii15 |
サッカーアンカーとは?役割や動き方などのポジションを解説!

サッカーアンカーとは?役割や動き方などのポジションを解説!

サッカーのアンカーポジションの解説です。サッカーでは同じポジションでも役割の違いによって呼び名も違ってくるものなのです。アンカーとはボランチのようなポジショニングを取るものですが、そのアンカーの役割は通常のボランチとは違っています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anton anton