Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーリフティングのコ...
サッカーリフティングのコツ!上達方法や練習のやり方【初心者におすすめ】

サッカーリフティングのコツ!上達方法や練習のやり方【初心者におすすめ】

サッカーリフティングのコツを紹介。リフティングがあまり続かない、どうすれば上手くコントロールができるのか、初心者の方が初めにぶつかる壁だと思います。この記事では上達するためのコツや練習方法、やり方を動画を交えながら紹介します。

2021.12.16 サッカー

リフティングとは?

リフティングとは、サッカーボールを手を使わないで自在にコントロールする技術です。

サッカーボールをいかにコントロールできるかどうかで、プレーヤーとしての優劣を決める要素になります。リフティングを行う技術を上達するためには、手を使わずサッカーボールを地面から離したところでコントロールする練習(リフティング)をすることで、その能力が向上します。

リフティングはサッカー初心者からプロで活躍している選手まで、どの層でも必ずやってきている技術練習なので、リフティングでボールコントロールする技術を高めて、今よりワンステップを上を目指しましょう。

リフティングができる箇所(身体の場所)

サッカーボールが触れる箇所は手以外の体の箇所になります。

まずサッカーを始めた初心者の方は”脚”・”膝”・”頭”でのボールコントロールをマスターしましょう。

リフティングする場所は3か所ですが、
これだけできれば十分ボールコントロールできるようになったと言えます。

まずは焦らず、脚のリフティングから初めて、膝、頭と練習をシフトしていきましょう。
 
この3か所がある程度できるようになったなら、徐々にリフティングできる場所を増やしていくことをおすすめします。

リフティングの箇所:脚

 (3096)

リフティングをする箇所で最初に挙がる箇所として、脚でのリフティングです。コントロールする箇所か比較的平であることで、初心者でも簡単にリフティングすることができます。また、脚はリフティングだけでなく、シュートやドリブルなど様々な用途でつかわれますので、最も重要な箇所になります。

サッカーを始めてボールコントロールがうまくなりたいと思っている方は、初心者であればまず脚でのボールコントロールを身に着けることから始めるべきです。

リフティングの箇所:太もも

次に太ももでのリフティングの紹介です。膝のリフティングは脚のリフティングよりも難易度は上がりますが、とても重要な技術です。

また、太ももも足の甲ほどではありませんが、比較的平でリフティングしやすい箇所かと思います。太ももでリフティングができるようになると、地面からかなり高い位置でボールをコントロールしているので、サッカーの試合でもサッカーボールを奪われる危険性が低くなり、優位性があがります。

リフティングの箇所:頭部

最後に頭を使ったリフティングの紹介です。

頭でリフティングする箇所は頭頂部ではなく、額の平な所を使って行います。額は脚ほど平でなく、すこしリフティングに困る箇所で少し初心者の方には難しいかもしれません。

ですが試合中に見方からのパスを受け取る際、高いパスを受けた場合、額でサッカーボールを受け取りコントロールしなければなりません。その際にコントロールできないと、試合中敵にサッカーボールを奪われることになります。

また、身長が高いプレイヤーであれば、ゴール際で高いパスが上がった時に、身長がものをいう場面になりますので、額でのボールコントロールは大きな武器になります。

リフティングの練習方法(初心者向け)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
この項では、サッカー初心者の方がリフティングが上達するための練習法をご紹介しようと思います。今している練習に取り入れて、少しでもボールコントロールが上達していただければ幸いと思います。また、記事と一緒に動画のご紹介もさせていただきますので、それも参考にしていただければいいかと思います。
 

リフティング場所:インステップ

リフティング基礎 両足インステップができるようになる5段階の練習方法

脚の甲でサッカーボールを蹴り上げるインステップのやり方です。 

練習で上達するコツはボールをしっかり見ることが大切です。
そして、サッカーボールの中心を蹴るとボールは真上に上がります。サッカーボールが浮いている間、軸足の場所を調整し、軸足の膝を若干曲げてバランスを取ります。

このことを意識して練習すれば、脚の感覚がサッカーボールになれてきて、安定してリフティングができるようになり効果的です。

リフティング場所:つま先インステップ

脚のつま先でサッカーボールを蹴り上げるつま先インステップのやり方です。足のつま先部分でサッカーボールを蹴りあげるテクニックです。かかる力が弱い分、サッカーボールが浮き上がる高さが低く、効果的なコツとしては小刻みなリズムでリフティングすることです。

練習で上達するコツはサッカーボールをしっかり見ることが大切です。そして、サッカーボールの中心を蹴り、体の真ん中でサッカーボールをコントロールするイメージを持つことがコツです。
足首はしっかりと固定し、上半身はリラックスし足の指の付け根部分にサッカーボールを当てるイメージです。上達するコツとして常に膝の高さでボールをコントロールする大切です。

つま先インステップができるようになれば、リズミカルにリフティングをすることができ、何回もサッカーボールを蹴ることができるようになります。

サッカーリフティング基本テクニック~つま先リフティング

リフティング場所:インサイド(初心者向け)

サッカーボールが体の内側に来た場合、インサイドでのリフティングは最も安定してサッカーボールを蹴りあげることができます。ボールコントロールの技術の引き出しを増やすため、是非習得してください。

コツとして、サッカーボールは体の中心で扱います。脚の側面中心でボサッカボールをとらえて、なるべく高くサッカーボールを上げ、次の動作に移りやすくします。脚を上げる高さは、軸足を軽く広げて窮屈にならない程度で横から見て、足裏が見えるくらいでいいと思います。そして、ボールをコントロールしやすい範囲に置くことが効果的なコツです。

ボールはコントロールしやすい範囲に置くようにする脚側面のリフティングは状況によってうまく対応することができ、リフティングを安定させることができます。

サッカーリフティング基本テクニック~インサイドリフティング

リフティング場所:アウトサイド

サッカーボールが足の外側にきてしまった場合には、インサイドは使用することができませんので、アウトサイドで蹴り上げるとうまく対処できます。

サッカーリフティング基本テクニック~アウトサイド

リフティング場所:インアウト

インアウトは、サッカーボールを一度インサイドでボールを蹴ります。その次にアウトサイドでボールを蹴るというリフティング技術です。

リフティングのコツとしては、インサイドでサッカーボールを蹴った時に、うまくアウトサイドにボールを持ってくことが重要です。

サッカーリフティング基本テクニック~インアウト

リフティング場所:アウトニー

アウトニーのテクニックのコツは、アウトサイドの状態のまま、膝に近い部分でボールを蹴りあげることです。少し難易度が高いですが、覚えておくとリフティングの上達やテクニックの幅を増やすことができます。

サッカーリフティング基本テクニック~アウトニー編

リフティング場所:インヒール

インヒールリフティングとは、かかとでボールを蹴り上げて、背中側から頭の上を通して、前にボールを持ってくる技術です。少々難しいですが、リフティング技術としては基本のものです。

サッカーフリースタイルテクニック~インヒール

サッカーリフティングのコツまとめ

リフティングを効率よく上達できるコツをご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょか。リフティングでのボールコントロールができるようになれば、サッカーのゲームでも必ず技術が生きてくると思います。最初は誰でもうまくできるわけではありません。誰でも最初は初心者なので、少しずつ自分の技術を高めていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。