2019年11月17日 更新

【大阪府】サッカーの強豪高校ランキングTOP10!

大阪府の高校サッカーの強豪校の特徴として、人工芝などの恵まれた練習環境があげられます。そんな中でも最も強豪とされているのが大阪桐蔭高校です。そして大阪府代表として唯一全国制覇を成し遂げている関西大北陽高校は名門校と呼ばれています。

40,519 view お気に入り 0
国公私立 私立
所在地 大阪府東大阪市若江西新町5-3-1
創部 1972年
選手権 出場5回
インターハイ 出場9回
主なOB 塩谷伸介/金川幸司/喜多靖/辻本茂輝/中村元/大西勝吾/田中直基/刈谷聖哉
近畿大学付属高校サッカー部はこれまで全国高校サッカー選手権に5回出場し、インターハイには9°の出場を誇る名門高校です。完全燃焼をスローガンに掲げ、粘り強いサッカーを展開します。その強さの理由としてもっとも大きなポイントは、中高一貫教育をおこなう中学校のサッカー部の存在です。

基本的なサッカー技術の習得はもちろん、人を思いやる自主性や礼儀作法などを学びます。大阪府内ではトップクラスの選手を吸い上げています。また、同校OBのJリーガーから直接アドバイスを受け、才能を伸ばしていおり、人工芝の専用グラウンドを持つ環境の良さも強さの秘密といえます。
・完全燃焼をスローガンに粘り強いサッカーを展開
・人工芝の専用グラウンド
・中学からの徹底した指導

大阪のサッカー部の強豪高校 第5位

関西大学第一高校

2011.1.2 高校サッカー選手権 2回戦 羽黒×関大一 2/3

国公私立 私立
所在地 大阪府吹田市山手町3-3-24
創部 2000年
選手権 4回出場(4強1回)
インターハイ 出場3回
主なOB 森本圭太/小谷祐喜/梅鉢貴秀/松本浩幸 
関西大学第一高校サッカー部はこれまで全国高校サッカー選手権に大阪府代表として4回出場し、4強1回、インタ0敗には3度出場している名門です。2019年のインターハイには13年ぶりの出場を果たし、名門復活と囁かれています。

関西大学第一高校サッカー部は高槻グラウンドという人工芝グラウンドを持っており、練習環境には恵まれています。関西大学第一中学校からそのまま入部してくる選手も多いため、チームメイト同士の連携ブレーは素晴らしいものがあります。
・人工芝の高槻グラウンド
・関西大学第一中学校からの吸い上げ

大阪のサッカー部の強豪高校 第4位

履正社高校

勝利へのS級メソッド ~履正社高校サッカー部の舞台裏~ Disc1 sample

国公私立 私立
所在地 大阪府大阪市淀川区十三本町3-4-21
創部 2003年
選手権 出場2回(8強2回)
インターハイ 出場3回(8強2回)
主なOB 新村純平/奥井諒/町野修斗
履正社のサッカー部はこれまで全国高校サッカー選手権に2度出場し、2度とも8強入りを果たし、インターハイには3度出場して2度の8強入りを経験しています。そんな履正社高校のサッカー部の強さは一貫した指導力にあります。

履正社はスピーディでパスワークを中心とする攻撃的なサッカーを目指しています。また、スポーツ推薦コースがあるため様々な地域からサッカーのスペシャリストが集います。さらにサッカー部専用のハイグレード人工芝で、雨天でも快適に練習でき、ナイター設備も完備されています。

そしてシャワールームも併設されており、練習環境は大阪府のみならず、全国でもトップレベルとされています。
・一貫した指導力
・スピーディでパスワークを中心とする攻撃的サッカー
・全国トップレベルの練習環境

大阪のサッカー部の強豪高校 第3位

東海大仰星高校

大阪府:東海大学付属仰星高等学校/作品タイトル:『未来のかたち』

国公私立 私立
所在地 大阪府枚方市桜丘町60-1
創部 昭和58年
選手権 出場5回(4強1回)
インターハイ 出場3回
主なOB 松山大輔/海本慶治/中村伸/海本幸治郎/藤春廣輝
東海大大阪仰星高校サッカー部は、これまで大阪代表として、選手権に5回出場し、4強入りを1度経験し、インターハイにも3度出場しているサッカーが強い高校です。東海大大阪仰星高校サッカ部の強さの秘訣は、ラグビー部とともに切磋琢磨しながら高め合う関係性を築いている点にあります。

学校全体で共有するキャッチフレーズは、Team仰星です。同級生・先輩後輩・先生と生徒など、年齢を超えたつながりを大切にし、高め合い自分の力を伸ばすという、その言葉が象徴するように、クラブ間の結束が強みでもあります。

元プロ野球選手である上原浩治氏の出身校で、雑草魂を胸に強い相手にもしぶとく食い下がる姿が印象的です。
・他の部活と切磋琢磨しながら高め合う関係性
・雑草魂
・Team仰星

大阪のサッカー部の強豪高校 第2位

阪南大高校

【高校サッカー】春秋連覇へ阪南大高が決勝進出

国公私立 私立
所在地 大阪府松原市河合2-10-65
創部 不明
選手権 出場1回
インターハイ 出場3回
主なOB 河田篤秀
60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【滋賀県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介!強いチームはどこ?

【滋賀県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介!強いチームはどこ?

滋賀県の高校サッカー事情は、草津東高校、近江高校、野洲高校の強豪3高で覇権争いが行われています。フィジカルの強い草津東、新興勢力の近江、テクニック上手な野洲。3校が強さがぞれぞれ違う点が興味深く、知ればしるほど滋賀県の高校サッカーが楽しくなります。
【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【奈良県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

奈良県の高校サッカー事情は、公立の一条高校と五條高校、私立の奈良育英高校の強豪3校の争いを中心に、香芝高校、郡山高校が追う展開になっています。奈良県は公立高校が強く、上位の高校のどこが全国大会に出るのかわからない、いわゆるサッカーの戦国の県とされています。
【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

【大分県】サッカーの強豪高校ランキング7校を紹介

大分県の高校サッカー事情は、大分高校、柳ヶ浦高校、中津東高校の3校が強豪となっています。その後を公立高校の強豪高校が追う構図です。大分県の高校サッカーの特徴は、公立の強豪高校が多いという点にあります。また大分は全国では実績を残せていない実情があります。
【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

【兵庫県】サッカーの強豪高校ランキング10校を紹介

兵庫県の高校サッカーは、選手権に20回の出場を誇る名門の滝川第二高校と名将の谷純一監督が率いる神戸弘陵高校の2校が強豪です。この2強を市立尼崎高校、関西学院高等部が追うかたちになっています。兵庫の代表高校は全国に出場するとベスト4など上位に進出するサッカーでは強豪の県です。
【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

【和歌山県】サッカーの強豪高校ランキング5校を紹介

和歌山の高校サッカー事情は、全国手に有名な初芝橋本高校が選手権に15回、インターハイに16回出場している強豪校。公立の和歌山北高校は選手権に7回出場、近畿大学付属和歌山高校がインターハイに11回出場実績のこの3校が強豪です。和歌山の高校サッカーの特徴は、公立高校が活躍している点です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9