Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. インターセプトの意味とは...
インターセプトの意味とは?カットの違いとやり方【サッカーガイド】

インターセプトの意味とは?カットの違いとやり方【サッカーガイド】

サッカーにおけるディフェンスの技術として、インターセプトがあります。このディフェンスの仕方は、相手と接触せずに、ボールを奪い取ることができますので、ファールをしたり、体を痛めることもなくボールを奪えすぐに攻撃に移ることができるディフェンスの仕方です。

2021.12.16 サッカー

インターセプトの意味と考え方

サッカーのディフェンス技術

サッカーのディフェンスにおけるボールカットの技術の1つとして、インターセプトがあります。サッカーでディフェンスとは、相手のボールを奪い取ることが仕事の意味になってきますが、その中でもカットと呼ばれる技術や、インターセプトと言われる技術など多くのやり方があります。

サッカーのディフェンスとは、いかにして相手との接触なく、ボールだけをカットし、奪い取ることができるのかを考え、それを実践できることがディフェンスの上手いテクニックになってくるのです。

サッカーにおけるインターセプトは、ディフェンステクニックの中でも、最も相手との接触なく、ボールを奪い、攻撃につなげることのできるやり方と言えます。

カットとインターセプトの違いとは

サッカーでディフェンスのボール奪取テクニックで、カットとインターセプトという言葉を聞きますが、その違い、意味とは何なのでしょう。

カットの意味とは、ボールを奪い取ること全般を刺すサッカー用語です。

それに対して、サッカーにおけるインターセプトと言われるテクニックは、相手のオフェンスにボールが渡る前に、ボールそのものを奪ってしまう方法、相手の前でボールを奪い取るテクニックを言います。
サッカーにおけるカットだと相手選手とボディコンタクトをしながらになることも多いですが、インターセプトは相手に触れずに取ることができるのが1番の特徴とも言えます。

ボールをカットするために

パスカットのコツ

サッカーでボールをカットするために必要なのは、相手のボールを良く見て、相手の足からボールを奪うことです。

サッカーにおいて、パスを受ける前にボールをとってしまうのが、インターセプトですが、ボールが渡っても、足元の奪い合いや、体をぶつけることでも相手ボールを奪うことがカットになりますので、相手ボールをカットするためには、体の当たりの強さであったり相手にかわされない俊敏さというものが必要になってくるのです。

サッカーでは、様々な要素があって相手ボールを奪えるディフェンステクニックがカットになるのです。

インターセプトとは

少年サッカー指導法:1対1の守備その1:インターセプト

サッカーにおけるインターセプトによるボールカットは、自分のマークにボールが渡る前に相手選手の前でボールを奪い取る技術のことを言います。

サッカーにおいて、このディフェンステクニックをマスターするには、地道に反応速度を上げていくことが重要になっていきます。

サッカーのインターセプトによるカットとは、攻撃にすぐに移ることのできるディフェンステクニックということで攻撃的なディフェンスということができるのです。

サッカーでインターセプトは、ボールカットの技術でも一番習得したいものと言えるのです。

インターセプトの意味とは?

12/9/9(日)横浜リーグ AOKING vs CRUZ インターセプトの参考例

サッカーでインターセプトの意味とは、横取りするということになってきます。ボールを相手ディフェンスの前でカットするところからきています。

インターセプトは、ディフェンスが最も覚えていきたいカットの技術になりますが、思い切りよく行う必要があるのと、横取りですから、しっかりと状況判断をしてボールの狙いどころを理解して行うことが重要になってくるのです。

インターセプトの意味は、ボールを横取りして、攻撃に積極的につなげていこうとする攻撃的なディフェンステクニックになるのです。

インターセプトの利点

サッカーのディフェンスでインターセプトを狙う利点は、いくつかあります。

まずは、サッカーにおけるインターセプトによるカットは、相手と接触することなくボールを奪うことができますので、体をぶつける体力の消耗を避けることができますし、ボールを奪うときに相手選手の前でボールだけを奪い去るパスカットのテクニックですから、相手を置き去りにして自分は一気に前に進んでいくことができるのです。

これによって、一気に攻撃に移ることができますので、数的優位な状況を作り出すことができるのです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

インターセプトのやり方

インターセプトによるパスカットのやり方は、瞬間的に前に出る力をつけることから始まります。インターセプトを狙う意味は、攻撃に反転するためであります。

そのやり方は、相手の背後でマークに普通についている状態から、タイミング良く前に出ることですが、これには周りの状況をしっかりと見極めることが大事になってくるのです。

サッカーにおけるインターセプトでのパスカットのやり方は、自分のマークとパスの出し手、そして、他の選手の位置取りをしっかりと見極めた上で前に飛び出してボールを奪うのです。

相手の前でボールを取る

インターセプトのやり方

サッカーでインターセプトによるパスカットを行う意味としては、相手の前でボールを奪うことが一番のメリットになってきます。

サッカーにおけるインターセプトでのパスカットは、ボールの出どころをしっかりと見極めて、素早いダッシュで相手の前に出ていくやり方です。

サッカーでボールを相手選手の前で奪うには、思い切りの良さと、すべての状況を見ながら、パサーがボールに集中した瞬間に相手の前に出ていきカットするのです。

相手の前でボールをカットするといっても闇雲に前に出ればいいわけではなく、すべての状況判断をしっかりと行うことが大切になってくるのです。

ボールの出どころを判断する

vs鹿児島 2点目 インターセプト トランジション 10mシュート

インターセプトによるパスカットをうまく行うためには、ボールの出どころをしっかりと見ることが大事になってきます。

ディフェンスのテクニックとしては、マークにつくことが大事になってきますが、自分のマークを見ながらボールの出どころをしっかりと見て、タイミングを計りカットことが大事になってきます。

パサーの動きもしっかりと見極めていないと、早くに前を取りすぎては、相手選手に裏を取られてしまいますし、出足が遅くなってはインターセプトすることができません。
タイミングよく相手からボールをカットするためにも、パサーの動きに注意を払っておく必要があるのです。

マークの動きをよく見る

Instagram (20745)

インターセプトをするには、自分のマークをしっかりと見てその動きに注意することが大切になってきます。

インターセプトはオフェンスの前でボールを奪う方法ですから、コツとしては、自分のマークをしっかりと見ることで、どのタイミングでボールを欲しがっているのかがわかります。

それをしっかりと理解した上で、マークの前に飛び出すのがコツとなるのです。

インターセプトでボールをカットするには、素早い出足が必要になりますので、スピードだけではなく、こういった予測が何よりも大事になってくるのです。

一瞬の動きで勝つ

サッカーのインターセプトでボールをカットするコツとは、一瞬の動き出しで勝つことです。

インターセプトをうまく行うコツとしては、一瞬の出足で相手選手に勝つことが必要です。
そのためにも、相手選手やパスの出し手をよく見て、一瞬早く前に出ることができれば、それだけでインターセプトすることはできるのです。

サッカーにおいて、インターセプトは、相手とのポジション争いなどをしなくても、瞬間的な出足を磨くことで十分、ボールを奪うことのできる技術になってくるのです。

インターセプトの練習方法

サッカーのインターセプトによるカットの練習方法は段階を踏むことでコツを掴んでいけます。
サッカーにおけるインターセプトでのボールカットの意味とは、攻撃的なディフェンスをすることにあります。

ですから、前に出るような練習を繰り返すことで、インターセプトによるカットをマスターしていくことができます。

インターセプトでのカットを狙うことの意味は、攻撃をするための第一歩ですから気持ちが前に向いていなければいけません。

そのためには、練習から積極的にボールをカットする練習をしなければいけません。

周りの状況を見る目を養う

!【抜群のスピードを誇る神CB】ラファエル・ヴァラン若手No 1の神業スーパープレイ集!

サッカーでインターセプトを狙うのには、周りの状況を読むことのできる目を養う必要があります。

周りの選手の状況を感じ取って、自分のマークにボールが出てきたときに相手の前でボールを奪うのがインターセプトの意味するところです。

そのための目を養うには、普段の練習から相手の足元だけでなく、全ての動きを見たり、他の選手が練習しているときに、どういった仕草でパスを出す傾向にあるのか、また姿勢はどのような形になるのかをしっかりと見て感じ取っていく必要があります。

出足を磨く練習

パク・ジョンスのインターセプト練習。基礎の徹底が大事なんです

サッカーにおけるインターセプトのカットを狙う練習としては、出足の数歩の反応が早くなる練習を繰り返すことも大事になってきます。

ボールをインターセプトでカットするには、自分のマークの前にタイミング良く飛び出すことが重要になってきます。

そのためには、出足のスピードを磨く必要があるのです。

止まった状態からの最初の数歩が早く動き出すことが出来れば、相手の選手の前に飛び出すことができますから、ボールを奪いやすくなりますので、そのための反射神経を磨いていくために、ボールを出してもらい、マーカーの前で奪い取る練習を繰り返すことが大切になってきます。

2対2

5〜6年生の2対2【サッカースキルアップトレーニング】

サッカーにおけるインターセプトを上達するための練習として、2対2を行って、ボールをカットするタイミングを養います。

2対2でボールをカットするには、1人がボールの軌道を限定して、相手のパスコースを読むことでボールが出た瞬間に素早くボールをカットしに行きます。

ですから、2対2でボールの出どころを読む練習をしながら、味方への指示出しや、パスコースを読むといったサッカーにおけるインターセプトのカットの仕方に必要なものを全て学んでいくことができます。

4対2

4対2もサッカーのインターセプトを狙うために重要な練習方法の一つと言えます。サッカーでは、守備が上手ければ、そこからスムーズに攻撃に移ることができます。

そのためのカットの仕方として4対2には、多くの要素が詰まっています。

インターセプトをするにも、声をかけ、ボールの出どころを限定して、そこをしっかりと狙い、タイミング良く出ることが大事になってきますので、そのための練習方法として、4対2で様々なテクニックを磨くことが重要な意味を持つのです。

ゲームの形式で行う

インターセプトのやり方をマスターするには、ゲーム形式の練習も重要になってきます。
サッカーでインターセプトを狙うには、状況判断が何よりも大事です。
そこで、実践形式のゲーム練習をすることで、周りのすべての状況を見ながら、インターセプトのやり方を学んでいくのです。

色々なテクニックを使いながらインターセプトは狙うやり方がありますので、そのテクニックを手に入れるためには、多くの実践形式の形からチャレンジを繰り返してコツを掴んでいくことが大事になります。

インターセプトを行うコツとは?

うまくインターセプトを行うためのコツとしては、様々なことを考えてピッチに立っている必要があります。

インターセプトのやり方は、マークの前でボールを奪うことですが、そのためには色々な駆け引きがあります。

駆け引きのやり方は、その時のマークとの力の差であったり、テクニックの差など様々なポイントがでてきますが、自分のマークだけではなく、パスの出し手や相手選手全てとの駆け引きや味方の動きも考えて多くのやり方を持っておき、その都度やり方を考えることが大事になってきます。

マークとの距離

サッカーにおけるインターセプトのやり方として、マークとの距離をしっかりと掴んでおくことが大切になってきます。
マークとの距離は、手を伸ばして届くくらいが通常ですが、インターセプトを狙う時のやり方としては、少しフリー気味に離しておくのも一つの手と言えます。
マークが甘いと相手に思わせておくことで、パスを出させやすくします。
そして、自分が読み切ったタイミングでインターセプトを行うことができますので、ボールを奪いやすくなります。

ボールを誘導する

サッカーにおけるインターセプトを上手く行うコツの1つとして、ボールを上手く誘導するというテクニックがあります。

やり方は、自分のマークにパスを受けさせるように仕向けることです。

そのためには、少しマークを甘くしたり、ボールを見ていないような素振りをパサーに意識させて、パスの出し手がボールを蹴ろうと下を向いた瞬間にポジションを変えて前に飛び出すテクニックを使ったりすることで、ボールを自分のマークへ引き出す隙を与えるのもテクニックになってきます。

味方への声

サッカーのインターセプトを上手に行うコツの1つとして、味方への声かけをしっかりと行うことです。

味方への声は、ディフェンスを行う上で大事なものの1つですが、味方を上手く操ることで、相手のパスコースをこちらから決めていき、最終的にボールをカットする場所を限定していくのです。

そのコツを掴むことが出来れば、味方もディフェンスする時の意味が分かってきますので、守りやすくなり、チームとして連動しやすくなってきます。

ボールを誘い込む

サッカーのインターセプトを上手く行うコツとは、いかにしてボールを誘い込むかということになってきます。

罠を張るようなイメージが大事で、ボールを上手く自分のマークに出させることができれば、それを予測して前に飛び出すことでカットすることができるからです。

そのためには、コツを掴み味方と連動すること、また、個人でも上手くマークを弛めたり、パサーから見えなくなるコツを掴んでボールを出させることがボールカットしやすくなるコツと言えます。

マークを甘くする技術

サッカーにおいて、マークとは、厳しく付くのが当たり前のやり方です。
マークは、手を伸ばして届くくらいの距離感が通常ですが、少し距離を離しておくことがボールを引き出すことができます。

マークを離す意味としては、パサーがマークが緩いのでパスを通せると思わせるのです。そして、ボールを出す瞬間に前に飛び出してカットします。

この時のコツとしては、いつでも前に飛び出せるように重心を前にかけて置くことです。
それでも、狙っていないという空気を出すのが大切なポイントとなります。

思い切りよく前へ

AOKING式トラップ・パストレーニング:インターセプトからトラップ・パス

サッカーにおけるインターセプトのコツとしては、味方を信頼して、周りの確認をし、自信を持って前に出ることが重要です。

サッカーのインターセプトを行うには、パスが自分のマークに出る瞬間に前に出なければいけません。

しかし、それは、裏のスペースを捨てることも意味することになってしまいます。
ですから、様々な情報から確実に前に出れると思った時には、思い切ってボールをカットするために前に飛び出すことが大切になってくるのです。

敵からの死角に入る

サッカーでインターセプトを狙うためのディフェンステクニックとして、自分のマークを上手く使ってパサーの死角に入り込むという方法があります。

マークの意味は相手に自由にさせないために行うことですが、パサーからの死角に入るようにマークにつけば、安心してボールを出してくれることが多くなります。

気を付けなければいけないのは、自分からもパサーを見えにくい位置に置くことにもなりますから、前に出るタイミングはより慎重に見極める必要があります。

味方を信頼する

サッカーのインターセプトのコツは、味方を信頼することでもあります。インターセプトができるということは、味方を信用できるという意味もあります。
自分が前に飛び出すわけですから、万が一、裏を取られた時には、味方がフォローしなくてはいけません。

そういった意味でも日頃からコミュニケーションをとって味方との信頼を築いておかなければ、思い切って前に飛び出すことは難しくなるボールカットの方法と言えます。信頼関係を表す意味もあるということです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。