2020年1月28日 更新

インターセプトの意味とは?カットの違いとやり方【サッカーガイド】

サッカーにおけるディフェンスの技術として、インターセプトがあります。このディフェンスの仕方は、相手と接触せずに、ボールを奪い取ることができますので、ファールをしたり、体を痛めることもなくボールを奪えすぐに攻撃に移ることができるディフェンスの仕方です。

29,612 view お気に入り 0

インターセプトの意味と考え方

サッカーのディフェンス技術

サッカーのディフェンスにおけるボールカットの技術の1つとして、インターセプトがあります。サッカーでディフェンスとは、相手のボールを奪い取ることが仕事の意味になってきますが、その中でもカットと呼ばれる技術や、インターセプトと言われる技術など多くのやり方があります。

サッカーのディフェンスとは、いかにして相手との接触なく、ボールだけをカットし、奪い取ることができるのかを考え、それを実践できることがディフェンスの上手いテクニックになってくるのです。

サッカーにおけるインターセプトは、ディフェンステクニックの中でも、最も相手との接触なく、ボールを奪い、攻撃につなげることのできるやり方と言えます。

カットとインターセプトの違いとは

サッカーでディフェンスのボール奪取テクニックで、カットとインターセプトという言葉を聞きますが、その違い、意味とは何なのでしょう。

カットの意味とは、ボールを奪い取ること全般を刺すサッカー用語です。

それに対して、サッカーにおけるインターセプトと言われるテクニックは、相手のオフェンスにボールが渡る前に、ボールそのものを奪ってしまう方法、相手の前でボールを奪い取るテクニックを言います。
サッカーにおけるカットだと相手選手とボディコンタクトをしながらになることも多いですが、インターセプトは相手に触れずに取ることができるのが1番の特徴とも言えます。

ボールをカットするために

パスカットのコツ

サッカーでボールをカットするために必要なのは、相手のボールを良く見て、相手の足からボールを奪うことです。

サッカーにおいて、パスを受ける前にボールをとってしまうのが、インターセプトですが、ボールが渡っても、足元の奪い合いや、体をぶつけることでも相手ボールを奪うことがカットになりますので、相手ボールをカットするためには、体の当たりの強さであったり相手にかわされない俊敏さというものが必要になってくるのです。

サッカーでは、様々な要素があって相手ボールを奪えるディフェンステクニックがカットになるのです。

インターセプトとは

少年サッカー指導法:1対1の守備その1:インターセプト

サッカーにおけるインターセプトによるボールカットは、自分のマークにボールが渡る前に相手選手の前でボールを奪い取る技術のことを言います。

サッカーにおいて、このディフェンステクニックをマスターするには、地道に反応速度を上げていくことが重要になっていきます。

サッカーのインターセプトによるカットとは、攻撃にすぐに移ることのできるディフェンステクニックということで攻撃的なディフェンスということができるのです。

サッカーでインターセプトは、ボールカットの技術でも一番習得したいものと言えるのです。

インターセプトの意味とは?

12/9/9(日)横浜リーグ AOKING vs CRUZ インターセプトの参考例

サッカーでインターセプトの意味とは、横取りするということになってきます。ボールを相手ディフェンスの前でカットするところからきています。

インターセプトは、ディフェンスが最も覚えていきたいカットの技術になりますが、思い切りよく行う必要があるのと、横取りですから、しっかりと状況判断をしてボールの狙いどころを理解して行うことが重要になってくるのです。

インターセプトの意味は、ボールを横取りして、攻撃に積極的につなげていこうとする攻撃的なディフェンステクニックになるのです。

インターセプトの利点

サッカーのディフェンスでインターセプトを狙う利点は、いくつかあります。

まずは、サッカーにおけるインターセプトによるカットは、相手と接触することなくボールを奪うことができますので、体をぶつける体力の消耗を避けることができますし、ボールを奪うときに相手選手の前でボールだけを奪い去るパスカットのテクニックですから、相手を置き去りにして自分は一気に前に進んでいくことができるのです。

これによって、一気に攻撃に移ることができますので、数的優位な状況を作り出すことができるのです。

インターセプトのやり方

インターセプトによるパスカットのやり方は、瞬間的に前に出る力をつけることから始まります。インターセプトを狙う意味は、攻撃に反転するためであります。

そのやり方は、相手の背後でマークに普通についている状態から、タイミング良く前に出ることですが、これには周りの状況をしっかりと見極めることが大事になってくるのです。

サッカーにおけるインターセプトでのパスカットのやり方は、自分のマークとパスの出し手、そして、他の選手の位置取りをしっかりと見極めた上で前に飛び出してボールを奪うのです。

相手の前でボールを取る

インターセプトのやり方

サッカーでインターセプトによるパスカットを行う意味としては、相手の前でボールを奪うことが一番のメリットになってきます。

サッカーにおけるインターセプトでのパスカットは、ボールの出どころをしっかりと見極めて、素早いダッシュで相手の前に出ていくやり方です。

サッカーでボールを相手選手の前で奪うには、思い切りの良さと、すべての状況を見ながら、パサーがボールに集中した瞬間に相手の前に出ていきカットするのです。

相手の前でボールをカットするといっても闇雲に前に出ればいいわけではなく、すべての状況判断をしっかりと行うことが大切になってくるのです。

ボールの出どころを判断する

vs鹿児島 2点目 インターセプト トランジション 10mシュート

インターセプトによるパスカットをうまく行うためには、ボールの出どころをしっかりと見ることが大事になってきます。

ディフェンスのテクニックとしては、マークにつくことが大事になってきますが、自分のマークを見ながらボールの出どころをしっかりと見て、タイミングを計りカットことが大事になってきます。

パサーの動きもしっかりと見極めていないと、早くに前を取りすぎては、相手選手に裏を取られてしまいますし、出足が遅くなってはインターセプトすることができません。
タイミングよく相手からボールをカットするためにも、パサーの動きに注意を払っておく必要があるのです。

マークの動きをよく見る

63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。
MARUO KAZUHIRO | 1,734 view
卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
Anonymous | 3,166 view
サッカーで1対1のディフェンスで抜かれないための5のコツとは?

サッカーで1対1のディフェンスで抜かれないための5のコツとは?

サッカーの1対1の局面はオフェンスが有利というのが一般的な考え方ですが、ディフェンスは抜かれないようにし、ボールを奪うためにできることは多々あります。今回はディフェンスの優先順位、相手のタイプ、自分の特徴、6対4の原則、フェイントの5つのディフェンスのコツを紹介します。
nosedori | 11,246 view
現代バスケットボールの戦術研究!基本的な戦術20選を解説

現代バスケットボールの戦術研究!基本的な戦術20選を解説

現代バスケットボールの戦術研究として、基本的な戦術20選を解説していきます。バスケットボールの醍醐味といえば、スピード感溢れる試合展開やテクニックにありますが、様々な戦術を、相手チームの特性やそれぞれのシチュエーションに応じて使い分ける頭脳戦も見どころの一つです。
masamiohdaira9 | 38,453 view
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
masamiohdaira9 | 5,163 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000