2020年8月3日 更新

サッカーの八百長とは?サッカーの気になる事件まとめ

サッカーの八百長とは、試合結果や判定を意図的に操作する行為を指します。サッカーの気になる事件には、クラブによる不正工作や、組織的な買収工作を始め、さまざまな種類があります。過去には海外の有名クラブの八百長が発覚したこともあり、サッカーと八百長は切っても切れない関係にあります。

461 view お気に入り 0

サッカーの八百長とは?

Login 窶「 Instagram (159152)

サッカーの八百長とは、審判や選手を買収し、サッカーの試合を意図的に操作することを意味します。

サッカーで起きる八百長の裏にはクラブやリーグといった組織の思惑が絡んでいたり、ときにはサッカーとは全く関係のない外部の組織がサッカー選手や審判に働きかけをしている場合があります。サッカーがビジネスへと成長して以降、プロサッカー界には常に八百長の影が潜み続けてきました。

大舞台で起きる不可解な判定

Login 窶「 Instagram (159181)

大舞台での不可解な判定とは、厳しすぎる判定での退場処分や、明らかなゴールが誤審によって取り消されることを指します。サッカーでは、ここ一番の大事な試合で、理不尽とも思われる判定で試合結果が捻じ曲げられる事件がこれまでに数多く起きてきました。

大舞台での不可解な判定が起きる度に、サッカー選手やファンたちは涙を呑み、物議を醸しました。

クラブによる不正工作

Login 窶「 Instagram (159182)

クラブによる不正工作とは、サッカークラブ側が意図的に試合を操作する八百長行為の1つです。海外では一部のプロチームが審判や選手の買収し、試合結果を操作していることがあります。

プロは結果が収益へと直結するため、結果を追い求めるあまり不正に手を染めてしまう事件が後を絶ちません。

犯罪組織の存在

Login 窶「 Instagram (159183)

外部の犯罪組織の存在は、サッカーで起きる多くの八百長行為の原因の1つです。近年スポーツ賭博はサッカー以外のスポーツでも問題でしたが、サッカーにも影響を及ぼしています。

マフィアを始めとした犯罪組織が秘密裏にお金で試合結果を操作することが多々あり、関与した人間が逮捕されたり、場合によってはサッカー選手の命が奪われる事件も起きています。

クラブ・リーグに関連する八百長とは?

Login 窶「 Instagram (159514)

クラブやリーグに関連する八百長とは、特定のクラブやリーグが審判団や選手を買収し、試合結果を操作する事件を指します。有名な事件は4つです。

・カルチョ・スキャンダル
・マルセイユの八百長事件
・元日本代表監督の八百長疑惑
・Kリーグ八百長事件


4つの事件では、特定のクラブや、リーグなどが審判団や運営に圧力をかけ、試合の判定や結果が自分たちに都合よく動くよう、働きかけていました。

ユベントスのカルチョ・スキャンダル

Login 窶「 Instagram (159167)

カルチョ・スキャンダルはイタリアの名門ユベントスが90年代から2000年代初頭にかけて審判を買収していた八百長に端を発する最も有名な事件です。

当時ユベントスのゼネラルマネージャーを務めていたルチアーノ・モッジを始め、クラブの首脳陣が組織的に審判を買収、脅迫し、ユベントスへ有利な判定をするよう働きかけをしていました。事件が発覚したことで、ユベントスはセリエBへの降格処分を受けています。

マルセイユのサッカー史上最大の八百長

Login 窶「 Instagram (159169)

マルセイユの八百長とは、過去にフランスのオリンピック・マルセイユが犯した八百長事件です。92‐93シーズン、マルセイユは既に優勝を決めていた国内リーグで八百長を犯していたことが発覚しました。

八百長試合の対戦相手だったサッカー選手の告発からスキャンダルが明るみとなり、マルセイユはタイトルの剥奪と降格処分を受ける厳罰を科されました。

元日本代表監督の八百長関与疑惑

Login 窶「 Instagram (159170)

元日本代表監督であるハビエル・アギーレは、2011年当時指揮を執っていたスペインのサラゴサで八百長疑惑をかけられ、大きなスキャンダルに発展したことがあります。

当時サラゴサには、残留決定前にもかかわらずアギーレ監督を始めとした面々に残留ボーナスが振り込まれていたため、八百長疑惑が浮上しました。結果的にはサラゴサの会長と役員のみが有罪となり、アギーレ監督ら40人は無罪に終わっています。

Kリーグ八百長事件

59 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous