Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. チェルシーのスポンサーと...
チェルシーのスポンサーとは?海外クラブチームのスポンサー企業一覧

チェルシーのスポンサーとは?海外クラブチームのスポンサー企業一覧

チェルシーは、イングランドプレミアリーグに所属する強豪サッカークラブで、世界中の有名企業とスポンサー契約を結んでいます。チェルシーは、6億人以上のファンをかかえていて、広告価値が非常に高く、スポンサー料も高額です。スポンサー収入は、クラブの貴重な財源で、運営費用や戦力強化に充てられます。

2021.12.16 サッカー

チェルシーのスポンサーとは?

スタンフォード・ブリッジ - Wikipedia (184020)

チェルシーのスポンサーは、金銭や物資を協賛する代わりに、ユニフォームやスタジアムに広告を掲示したり、チームの公式ライセンスやロゴを使って広報活動をすることが可能です。チェルシーが所属するイングランドプレミアリーグは、人気が高く広告価値が他リーグと比べて高いです。戦力補強に積極的なチェルシーにとって、スポンサー収入は必要不可欠です。

チェルシーのスポンサー料

順位 チーム名 スポンサー収入
1 マンチェスターユナイテッド 223億2000万円
2 チェルシー 150億円
3 アーセナル 103億2000万円
4 リヴァプール 102億円
5 トッテナムホットスパー 90億円
6 マンチェスターシティ 86億4000万円
チェルシーのスポンサー収入は、年間約150億円で世界のトップ5に入る金額です。チェルシーは、プレミアリーグで2番目にスポンサー収入が多いクラブチームです。近ごろ人件費や選手の移籍金は高騰し、新型コロナウイルスの影響で試合観客数が減りチケット収入が減少傾向にあるため、スポンサー収入は重要です。

チェルシーのスポンサー広告の場所

チェルシーのスポンサー広告の場所は、ユニフォーム、スタジアムや練習場から、テレビコマーシャルや商品パッケージまで多岐にわたります。ユニフォームサプライヤーとユニフォームの胸スポンサー広告は露出度が高く、広告効果も大きいので、スポンサー費用も非常に高額です。ユニフォームのスポンサー収入は、クラブの広告収入の大部分を占めているため、クラブの運営に大きく影響します。

チェルシーのスポンサーの種類

Login 窶「 Instagram (184019)

チェルシーのスポンサーの種類は、プリンシパルパートナー、オフィシャルパートナー、チャリティーパートナーの3種類です。プリンシパルとは、主要な、最も重要な意味があり、スポンサー費用を多く拠出している企業がプリンシパルパートナーを務めています。オフィシャルパートナーは世界中の企業が協賛しています。日本の横浜ゴム株式会社もチェルシーの公式パートナーです。

チェルシーのプリンシパルパートナー

Login 窶「 Instagram (184011)

チェルシーのプリンシパルパートナーは、ユニフォームの胸スポンサーとユニフォームサプライヤーが務めます。プリンシパルパートナー契約は、複数年の長期契約が多く、スポンサー料も高額です。

Three UK

Three UK - Wikipedia (184672)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
企業名 Three UK
本社所在地 イギリス
設立 2003年3月3日
事業概要 電気通信業
スポンサーの種類 プリンシパルパートナー
Three UKは、イングランドのメイデンヘッドに拠点を置く、電気通信やインターネットサービスブロバイダーを営む企業です。チェルシーとThree UKは、2020年に契約を締結し、契約期間は3年でスポンサー料は年間約51億6800万円です。チェルシーのホームスタジアムスタンフォードブリッジは、2020-21シーズン中に5G環境が整備されます。

NIKE

ナイキ - Wikipedia (182357)

企業名 ナイキ
本社所在地 アメリカ
設立 1964年
事業概要 スポーツ関連商品の製造販売
スポンサーの種類 プリンシパルパートナー
ナイキは、アメリカ合衆国のオレゴン州に本社があり、スニーカーやウェア、スポーツ関連商品を扱っています。ナイキは、チェルシーのユニフォームやトレーニングウェアを協賛するほか、約84億円のスポンサー費用を支払っています。当時世界で3番目に高額な取引であったため話題となりました。

チェルシーのスポンサー企業一覧

オフィシャルパートナーは世界中から企業が集まり、チェルシーに資金や物資を協賛しています。チャリティーパートナーは、通常のスポンサー契約と違い、チェルシーがチャリティー団体に協賛をしています。

オフィシャルパートナー

企業名 企業概要
Beats by Dr.Dre アメリカ オーディオ機器のブランド企業
CADBURY イギリス 菓子・飲料メーカー
Carabao タイ エナジードリンクメーカー
EA SPORTS アメリカ ビデオゲームメーカー
FISERV アメリカ 金融サービステクノロジーのブロバイダー
HUBLOT スイス スイスの高級時計メーカー
HYUNDAI 韓国 韓国の自動車メーカー
LEVY Restaurants アメリカ アメリカのレストラン
MILLENNIUM HOTELS AND RESORTS イギリス イギリスのホテル
MSC スイス クルーズ会社
SINGHA タイ タイのビールブランド
SURE イギリス 防臭剤メーカー
Vitality イギリス 保険会社
横浜タイヤ 日本 タイヤメーカー
チェルシーのオフィシャルパートナーは、クラブの公式パートナーで資金や物資を協賛しています。スポンサーは、CMや広告に選手や監督、チームロゴを使用することができます。日本の企業では、横浜ゴムが2020年の7月に複数年でオフィシャルパートナー契約を結んでいて、横浜タイヤはチェルシー公式タイヤです。

チャリティーパートナー

Plan International – Wikipedia (182367)

企業名 プラン・インターナショナル
本社所在地 スペイン
設立 1937年
事業概要 国際NGO団体
スポンサーの種類 チャリティーパートナー
プラン・インターナショナルは、子供の権利を守り、貧困・差別のない社会の実現を目指す活動をしている国際NGO団体です。世界70ヶ国以上に活動拠点があり、チェルシーは、プラン・インターナショナルの活動に賛同し支援を行っています。チェルシーはプラン・インターナショナル以外に、ユニセフも支援していました。

チェルシーの過去の有名スポンサー

Login 窶「 Instagram (184013)

チェルシーのスポンサーは、資金力のある有名企業が務めてきました。2003年から2019年までにチェルシーの胸スポンサーとなった企業は3社です。

①横浜ゴム株式会社
②サムスン電子
③エミレーツ航空


チェルシーの胸スポンサーを務めたことで、アジアやヨーロッパで、ブランド認知度が高まり飛躍的成長をとげた企業も多く存在します。

横浜ゴム

横浜ゴム - Wikipedia (182372)

企業名 横浜ゴム株式会社
本社所在地 日本
設立 1917年
事業概要 タイヤの製造・販売
契約期間 2015年から2020年
横浜ゴム株式会社は日本に本社を置くタイヤメーカーで2015年に総額約260億円の5年契約を結びました。横浜ゴムはチェルシーと胸スポンサーの契約を締結後、ヨーロッパやアジアでブランド認知度を向上させました。契約満了後は複数年のオフィシャルパートナー契約を結んでいます。横浜タイヤはチェルシーの公式タイヤです。

サムスン電子

サムスン電子 - Wikipedia (182373)

企業名 サムスン電子
本社所在地 韓国
設立 1969年
事業概要 家電・電子部品・電子製品メーカー
契約期間 2005年から2015年
サムスン電子は、韓国に本社を置く家電、電子製品メーカーです。韓国の輸出額の20%以上を占め、韓国最大の企業と言われています。2005年にスポンサー契約を締結し、2009年、2012年に契約を延長し、10年間契約は続きました。サムスン電子は、スポンサー契約締結後ブランド認知度を大きく向上させ、ヨーロッパでの売り上げが増加しました。

エミレーツ航空

エミレーツ航空 - Wikipedia (184673)

企業名 エミレーツ航空
本社所在地 ドバイ
設立 1985年
事業概要 UAEの航空会社
契約期間 2003年から2005年
エミレーツ航空は、アラブ首長国連邦、ドバイに本社を置く航空会社です。2003年から2005年までチェルシーの胸スポンサーを務めました。現在は、レアルマドリードやアーセナル、ACミランといった数多くの胸スポンサーを務めている有名企業です。

チェルシーの歴代ユニフォームメーカー

Login 窶「 Instagram (184023)

チェルシーの歴代サプライヤーは、2020年までに3社が務めてきました。

①NIKE
②adidas
③umbro

サプライヤーの期間が最も長い企業は、umbro社です。サプライヤーが変わっても、伝統のロイヤルブルーのチームカラーと青シャツと青パンツ、白ソックスの組み合わせは続いています。

Nike

Amazon | NIKE(ナイキ) チェルシーFC ホームユニフォーム 2017/18 [7 カンテ] [サイズ:インポートL] Chelsea FC Home Shirt 2017/18 [7 Kante] [Size:Import L] [並行輸入品] | NIKE(ナイキ) | ユニフォーム (184674)

ナイキは、チェルシーと2017年からサプライヤー契約を結んでいます。スポンサー料は当時世界でベスト3に入る金額でした。スポンサー料は、年間約84億円で15年間の長期契約を結んでいます。ナイキは、チェルシーのほかバルセロナやパリサンジェルマン、インテルといった世界各地の強豪クラブのサプライヤーを務めています。

adidas

 (185239)

アディダスは、ドイツに本社を置くスポーツ関連商品の製造販売を行っています。2006年シーズンからチェルシ-とサプライヤー契約を締結し、2010年に契約期間を2023年まで延長しました。しかし2016年に8年間の契約期間を残しながらもを契約を解消しました。アディダスは、現在レアルマドリードやマンチェスターユナイテッドのユニフォームサプライヤーを務めています。

umbro

Amazon | umbro(アンブロ) チェルシー 93-94 ホーム 半袖 ユニフォーム FAカップ FINALモデル【デッドストック/正規品】 | アンブロ(UMBRO) | ユニフォーム (182389)

アンブロは、イギリスのマンチェスターに本社を置くサッカー、ラグビー用品の製造販売を行っている会社です。アンブロは、最も長くチェルシーのサプライヤーを務めていました。1980年代から2006年までチェルシーのユニフォームキットを提供していました。

現在は、プレミアリーグのウエストハムユナイテッドやブンデスリーガの強豪で元日本代表の内田篤人選手も在籍したシャルケ04のサプライヤーを務めています。

チェルシーのスポンサーも注目してみよう

Login 窶「 Instagram (184022)

チェルシーには、世界中で6億人のファンがいて、人気やメディア露出が多くスポンサー料も高額です。メインスポンサーを務めた横浜ゴム株式会社では、チェルシーのスポンサーとなり、海外支社の離職率が下がりました。アジアやヨーロッパでブランド認知度が大きく向上しました。スポンサーは戦力補強やクラブ運営を支える重要な存在です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。