Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカー日本代表のゴール...
サッカー日本代表のゴールキーパーランキング10人!歴代最強のGKは誰だ?

サッカー日本代表のゴールキーパーランキング10人!歴代最強のGKは誰だ?

サッカー日本代表の最強ゴールキーパーは、PK阻止を得意としている川島永嗣選手です。日本代表出場数歴代最多の川口能活選手や国際Aマッチ7試合連続無失点記録を持つ楢崎正剛選手は、サッカー日本代表ゴールキーパーのレジェンドです。新守護神には海外組の権田修一選手が着実に力をつけています。

2022.06.14 サッカー

日本代表ゴールキーパーランキング第10位

大迫敬介

名前 大迫敬介
生年月日 1999年7月28日
身長/体重 187cm/ 86kg
所属クラブ サンフレッチェ広島
日本代表出場試合数 2
大迫敬介選手は、守備範囲の広さに定評があり、ディフェンスラインの後ろをケアする能力が高い優秀なGKです。2019年に、東京五輪世代中心で構成された日本代表に選ばれ、ブラジルで開催されたコパ・アメリカの初戦で代表デビューを果たしています。

サンフレッチェ広島の澤村公康GKコーチは、どのようなときも常に平常心でプレーする前向きな闘争心​を高く評価しています。

大迫敬介選手の特徴

2021年開催の東京五輪の守護神候補No1は、広島ユース時代から注目されている大迫敬介選手です。試合中に大声でディフェンダーに支持をする姿は、存在感があり選手に安心感を与えています。

2016年の高円宮杯チャンピオンシップ大会では、印象的な活躍をした選手が表彰されるMIP賞に選出されています。

日本代表ゴールキーパーランキング第9位

東口順昭

名前 東口順昭
生年月日 1986年5月12日
身長/体重 184cm/ 78kg
所属クラブ ガンバ大阪
日本代表出場試合数 8
東口順昭選手は、2009年にアルビレックス新潟に加入し、安定したセービングでゴールマウスを守るGKです。2018年にはロシア開催のワールドカップのメンバー入りを果たし、正GKの川島選手をサポートしています。

森保一日本代表監督の初陣のキリンチャレンジカップ2018では、初戦のコスタリカ戦のスタメンで出場し、失点なしで勝利に貢献しています。

東口順昭選手の特徴

東口順昭選手は、シュートを正確にキャッチする能力が高い選手です。Jリーグ2020年シーズンでペナルティエリア外から蹴られたシュートキャッチ率は66.7%で、Jリーグ3位に輝いています。1試合平均セーブ数もリーグ4位と安定した力を発揮しています。

日本代表ゴールキーパーランキング第8位

中村航輔

名前 中村航輔
生年月日 1995年2月27日
身長/体重 185cm/82kg
所属クラブ ポルティモネンセSC
日本代表出場試合数 6
中村航輔選手は、ドイツ代表オリバー・カーン選手に憧れてゴールキーパーを志し、J2でシュートセーブ率87.3%を記録した名GKです。アビスパ福岡でプレイした2015年には、J2リーグ月間MVPを受賞し、出場した全12試合のうち9試合を無失点に抑えています。

2017年には、EAFF E-1サッカー選手権の北朝鮮戦でA代表初出場を果たし、デビュー戦ながら好セーブを連発しチームの完封勝利に貢献しています。

中村航輔選手の特徴

向上心の高い中村航輔選手が、日本を代表するGKに飛躍するために選んだ道は、海外移籍です。2021シーズンに、ポルトガル1部のプリメイラ・リーガのポルティモネンセSCへ海外移籍が決定しています。海外選手とのポジション争いに打ち勝つために、コンタクトプレイが激しいアメリカンフットボールやアスリートのsnsを参考にして、フィットネスを強化しています。

日本代表ゴールキーパーランキング第7位

シュミット・ダニエル

  •        
  •        
  •        
  •       
    
名前 シュミット・ダニエル
生年月日 1992年2月3日
身長/体重 197cm/88kg
所属クラブ シント=トロイデンVV
日本代表出場試合数 7
シュミット・ダニエル選手は、アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれ、2014年に
ベガルタ仙台に入団した身長197cmの大型GKです。先発出場した2019年のAFCアジアカップウズベキスタン戦では、ゲーム終盤に相手選手が蹴りこんだ枠内シュートをことごとくスーパーセーブする活躍を見せています。

試合終了後に逆転負けした相手監督から、シュミット・ダニエル選手の活躍が勝負を分けたと称賛されています。

シュミット・ダニエル選手の特徴

正確なキックが身上のシュミット・ダニエル選手は、自陣ゴール前のGKからのキックを起点とするビルドアップに自信を持っています。シュミット・ダニエル選手が、小学生の頃から練習してきたことは、左右どちらの足でも蹴れるようになることです。ピンポイントに狙った場所に蹴りこまれたボールは、多くの得点シーンを演出しています。

日本代表ゴールキーパーランキング第6位

権田修一

名前 権田修一
生年月日 1989年3月3日
身長/体重 187cm/83kg
所属クラブ  清水エスパルス
日本代表出場試合数 18
権田修一選手は、2007年に国士舘高校卒業と同時にFC東京に加入した、身長187cmの長身を活かしたクロスボールの処理に長けている優秀なGKです。2008年には、U-19日本代表の主将となり、AFC U-19選手権の韓国との準々決勝では好セーブを連発して活躍しています。

2019年のAFCアジアカップでは、6試合にレギュラー出場し、国際Aマッチの守護神の期待が寄せられています。

権田修一選手の特徴

パンチングが得意な権田修一選手は、ピンポイントを狙ったシュートを鮮やかにパンチングで弾き返し、味方のピンチを救う優秀なGKです。2015年、FC東京対横浜F・マリノスとの開幕戦を視察していたハリルホジッチ日本代表新監督は、権田選手のパンチングを賞賛しています。

日本代表新監督の目に留まり、A代表復帰にした権田選手は、親善試合のチュニジア代表戦で先発出場し完封勝利を飾り、新監督の勝利に貢献しています。

日本代表ゴールキーパーランキング第5位

松永成立

名前 松永成立
生年月日 1962年8月12日
身長/体重 180cm/74kg
所属クラブ 横浜マリノス/GKコーチ
日本代表出場試合数 40
松永成立選手は、日本代表GKで40試合に出場し、W杯初出場を試合終了間際に逃したドーハの悲劇の正GKを務めていた日本サッカー界のレジェンドです。松永選手は15年の選手生活で、Jリーグ通算159試合に出場し、Jリーグ功労選手に輝いています。

引退後は指導者の道へ進み、2007年からは古巣の横浜F・マリノスのGKコーチに就任しています。

松永成立選手の特徴

広い守備範囲が特徴の松永成立選手は、大学時代からシュートに対する反応の速さと豊富な運動量で、将来の日本代表入りを期待されていた選手です。足元の技術に優れ、時にはペナルティエリアを飛び出してGKながらリベロ的な役割を果たしています。

1999年のナビスコカップの1回戦で、松永成立選手の蹴ったクリアボールが直接相手ゴールに入り、ゴールキーパーがシュートした得点となりました。

日本代表ゴールキーパーランキング第4位

楢崎正剛

名前 楢崎正剛
生年月日 1976年4月15日
身長/体重 187cm/80kg
所属クラブ 名古屋グランパス
日本代表出場試合数 77
楢崎正剛選手は、2009年の対浦和レッズ戦で、史上初のJリーグ公式戦100完封を達成したGKのレジェンドです。サムライ・ブルーの日本代表GKを1998年から10年以上にわたり任され、国際Aマッチに77回出場しています。

2013年には、J1通算512試合出場を達成し、J1最多出場記録を更新する活躍を見せています。

楢崎正剛選手の特徴

闘志溢れる楢崎正剛選手は、2000年オーバーエイジ枠で出場したシドニー五輪アメリカ戦で、味方と衝突して流血しながらも、PK戦を含めてゴールマウスを守ったGKです。試合後の病院受診で、左前頭蓋骨亀裂骨折の重傷だったことが判明しています。後日、アテネ五輪の日本代表監督を務めた山本昌邦が五輪代表のキャンプで、楢崎選手の勝利にかける執念を大いに賞賛しています。

日本代表ゴールキーパーランキング第3位

西川周作

名前 西川周作
生年月日 1986年6月18日
身長/体重 183cm/81kg
所属クラブ 浦和レッズ
日本代表出場試合数 31
西川周作選手は、大分トリニータで高卒1年目から正GKの座を奪取した、才能溢れる優勝なGKです。2016年のワールドカップアジア2次予選では、15本のシュートを浴びながらも好セーブを連発し、ワールドカップ予選の6試合連続無失点記録を達成しています。2016年のJリーグアウォーズでは、GKのベストイレブンに輝いています。

西川周作選手の特徴

西川周作選手は、キック力が強くロングパスを最前線に蹴りこめるGKです。2016年の埼玉スタジアムで、最後尾から70mのロングパスをゴール前に通し先制点をアシストしています。次の試合でも自陣からのフリーキックを最前線に蹴りこみ、GKの2試合連続のアシスト記録も達成しています。

西川選手がキックするときには、相手チームはロングパスを想定してラインを下げるようになりました。

日本代表ゴールキーパーランキング第2位

川口能活

名前 川口能活
生年月日 1975年8月15日
身長/体重 180cm/77kg
日本代表出場試合数 116
川口能活選手は、国際Aマッチ出場数日本代表歴代3位、同ゴールキーパー歴代1位の日本サッカー界有数の名GKです。2001年に、イングランドのポーツマスFCへ移籍金3億円で移籍し、日本人GKの初めての欧州移籍を果たしています。

川口選手は、キャプテンシーに優れ逆境に立たされたときに存在感を発揮するプレイヤーで、魂の守護神と呼ばれています。

川口能活選手の特徴

セービングが得意な川口能活選手のベストマッチの1つは、1996年アトランタオリンピックで、日本五輪代表がブラジル五輪代表を1対0で下した試合です。スタメンで出場した川口選手は、防戦一方の展開の中、素早い飛び出しと堅い守備で相手の攻撃を凌ぎ、28本に及ぶシュートを無失点に抑えています。

ブラジル代表のマリオ・ザガロ監督は、試合後のインタビューで、川口選手のセービングを賞賛しています。

日本代表ゴールキーパーランキング第1位

川島永嗣

 (212535)

名前 川島永嗣
生年月日 1983年3月20日
身長/体重 185cm/82kg
所属クラブ RCストラスブール
日本代表出場試合数 91
川島永嗣選手は、W杯3大会でゴールを守り英国メディアから、21世紀の日本代表ベスト11に選ばれた最強のGKです。PK阻止が得意で、親善試合でネイマールのPKを1度止めています。2016年6月から2017年11月までのPK阻止率は83.3%の高率です。

2019年、東京五輪世代で構成されたコパ・アメリカのメンバーに選出され、森保一監督は、若い選手に経験を伝えてもらいたいと川島選手に期待しています。

川島永嗣選手の特徴

川島永嗣選手は、海外移籍の選手に求められる高い語学能力を有する国際的に通用する最高選手です。ポルトガル語は通訳を通さなくても会話できるレベルで、永井謙佑選手がスタンダール・リエージュに加入するときの会見では通訳を務めています。

報道ステーションのインタビューでは、英語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語は日常会話レベルで話せ、オランダ語、フランス語を勉強中と語っています。

今後の日本代表ゴールキーパーの候補

波多野豪

名前 波多野豪
生年月日 1998年5月25日
身長/体重 198cm/97kg
所属クラブ FC東京
U-16出場試合数 1
FC東京に所属する波多野豪選手は、2020年にセレッソ大阪戦でJ1デビューを果たした身長198cm、体重97kgの恵まれた体格のGKです。2020年カタールで開催されたAFCチャンピオンズリーグでは5戦すべてでゴールを守っています。

2020年の年末にはU-23日本代表候補トレーニングキャンプに、東京五輪世代のGKで招集されています。

小島亨介

名前 小島亨介
生年月日 1997年1月30日
身長/体重 183cm/79kg
所属クラブ  アルビレックス新潟
U-23出場試合数 16
小島亨介選手は早大卒業後、2019年にJ1大分トリニータに加入し、開幕戦からベンチ入りし、セレッソ大阪戦でプロ公式戦デビューした東京五輪世代のGKです。2018年、森保一監督の初めての公式戦となるU-21日本代表に選出され、初戦のパレスチナ戦を含む全4試合中3試合に出場しています。

早大の外池大亮監督は、失点をしてもポジティブに切り替えられる小島選手がチームを成長させたと高く評価しています。

谷晃生

名前 谷晃生
生年月日 2000年11月22日
身長/体重 190cm/84kg
所属クラブ 湘南ベルマーレ
U-17出場試合数 12
谷晃生選手は、ガンバ大阪U-23でJ3歴代2位の16歳3カ月18日でプロデビューを果たした期待のGKです。190cmの高さが武器で、的確なポジショニングによるシュートセーブにたけ、宮本恒靖監督は、U-17の世界大会や次世代の日本代表になる選手と高い評価を与えています。

課題のキックの精度を上げて、若さに見合わぬパフォーマンスで、日本の守護神の座を射止めることを期待されています。

鈴木彩艶

名前 鈴木彩艶
生年月日 2002年8月21日
身長/体重 190cm/91kg
所属クラブ 浦和レッズ
U-17出場試合数 9
ガーナ人の父と日本人の母を持つ鈴木彩艶選手は、2019年に浦和レッズ史上最年少の16歳5ヵ月11日でプロ契約を締結した若手のGKです。中学校では柔道部に勧誘されたほど、身体が頑丈で跳躍力があり、2019年にFIFA U-20ワールドカップのU-20日本代表に飛び級で選出されています。

鈴木選手の名前の彩艶は、聖書に登場する聖なる丘Zionに由来しています。

サッカー日本代表のゴールキーパーを語ろう!

2020年秋の国際親善試合で、森保一日本代表監督が招集したゴールキーパーは、川島永嗣選手、権田修一選手、シュミット・ダニエル選手の欧州組です。3選手は、外国人の強烈なシュートやゴール前の高いヘッディングに順応し、国際Aマッチを勝ち抜くための必要なスキルを持っています。

次世代の日本代表ゴールキーパーには、積極的に海外クラブに移籍し、外国人選手と切磋琢磨しながら経験と実績を積むことが望まれます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。