Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. アドバンテージとは?サッ...
アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは?サッカーで適用される場面や審判のジェスチャーを解説

アドバンテージとは、サッカーでファウルを受けた場合に、ファウルを受けた側が有利な状況で試合が続いている場合に、そのまま試合を続けることです。アドンバテージとしてファイルを取ってフリーキックを行うよりも試合を続けた方が有利と審判が判断した時に適用されます。

2021.12.16 サッカー

Writer

old_user_id: 26

公式ライター
old_user_id: 26

アドバンテージとは?

サッカーにおけるアドバンテージとは、攻撃側のチャンスが反則によって止められそうな時に、ファウルを取らずにそのままチャンスを継続させることです。通常、反則が起これば、審判は笛を吹いて、プレーを中断させます。これにより、試合は中断し、フリーキックによって再開するのが通常のルールです。

しかし、ファールが起こった時のボールの行先を見て、ファールを受けた側の味方選手がボールを保持して攻撃が継続できているのであれば、プレーを継続させるのがアドバンテージになります。

状況に応じてプレーを続けること

ファジアーノ岡山 第35節 アドバンテージって?

サッカーでは、ファウルが起これば審判が笛を吹いてプレーを止めるのが基本です。これは、ルールによって決められていることであります。

しかし、アドバンテージとは、この試合を一時停止するルールを守らずに、試合を続けさせることです。例えば、ゴール前でファールが起こったとしても、味方選手にボールが転がり、ボールを蹴るだけでゴールが入るような状況であれば、ファールを取るよりも試合を続けてほしくなります。ファールを受けた側のチームに有利な状況が続くときに適用されるのが、アドバンテージです。

チャンスを潰さない審判の配慮

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーにおけるアドバンテージは、選手がチャンスを潰されないように審判が配慮するルールです。ファウルを受けた場合には、ホイッスルが鳴り試合を止めますが、ファウルを受けた選手の味方選手がボールを受けることでチャンスが続く場合も考えられます。フリーキックでプレーを止めるよりも、プレーを続ける方がチャンスである場合には、アドバンテージを適用することでプレーの継続が可能です。

これは、審判が周りの状況やファウルを受けた選手の状態を見極めて、プレーオンの合図で継続します。全ては審判の判断です。

アドバンテージの適用場面

サッカーにおけるアドバンテージの適用場面は、確実に決まっているわけではありません。全ては、審判の判断になります。審判がプレーを続けることでチャンスが広がると思えば、アドバンテージを適用してプレーは継続です。

しかし、審判がフリーキックを与えた方が良いと判断すれば、プレーが止まりますし、ファウルを受けた選手の状態が危険な場合には、すぐにプレーを止めることが求められます。サッカーでは、選手だけでなく、審判も独自に判断して決断を下すことが重要です。

得点チャンスになる場合

サッカーにおいてアドバンテージが適用される場面として、得点チャンスであることは大きなポイントです。仮にゴール前でファウルを受けた選手のチームが、そのままボールをキープできれば、得点チャンスが続きます。ファウルを取ってしまうと、得点チャンスを止めてフリーキックを与えることになり、得点チャンスを潰してしまうかもしれません。

このような時には、たとえ悪質なファウルであっても審判がプレーオンを選択してプレーを続けることで、得点チャンスを失われないようにすることが重要です。

攻撃側のチャンスになる場合

2枚目イエローカード時のアドバンテージ ここまで分かるとルール通!【Jリーグジャッジリプレイ2019 #3-2】

サッカーでは、攻撃と守備の入れ替わりは目まぐるしく行われます。そこで、ゴール前の得点チャンスとまではいかなくても、攻撃側にとって有利な状況であれば、アドバンテージを適用してプレーを続けさせることも必要です。

例えば、カウンターの時に、ディフェンス側が反則覚悟で選手を止めたとしても、ボールをは少し前に味方選手に渡っていれば、カウンターは続行することができます。この攻撃で大きなチャンスを作ることができますから、審判はアドバンテージを適用するべきです。

アドバンテージの際に審判が取る行動

サッカーでアドバンテージを適用する時には、審判が適切な対応を取ることが重要です。審判の判断で、自信を持ってアドバンテージを取らないと、プレーしている選手に不満や不安を感じさせることになります。

審判は態度と声をしっかりと使って、選手全員と見ている観客にもプレーオンが分かるようにあらわすことが大切です。サッカーにおけるプレーオンは、勝敗を決めるような局面になることが多くなります。審判は、態度を曖昧にせず、自分の判定を信じて意思を伝えることが重要です。

ジェスチャーでアドバンテージを知らせる

Referee ~ Signals

サッカーにおいて、審判がプレーオンを選択した時には、ジェスチャーで声が届かないような距離にいる選手にもプレーの続行を伝えることが大切です。

そのための動きとしては、両手を地面と平行にして、手のひらは上を向けます。この状態を取ることで、見ている人がファウルをなぜ取らないのかと疑問に思ってもプレーオンでプレーが継続されていることを知ることが可能です。審判は全身を使って、表現をすることで、ピッチ上の全ての選手と観客に今の状況を知らせることができます。

プレーオンの声でアドバンテージを知らせる

プレーオン見本

審判がアドバンテージを適用する時には、声に出して周りの選手に教えることも大切です。ジェスチャーで周りの選手にアドバンテージであることを伝えると同時に、声で「プレーオン」と叫ぶ事でも近くの選手にプレーオンであることを知らせます。

審判の判断をしっかりと選手や観客に伝えることで、戸惑いがなくなりプレーに集中させることが可能です。選手は、疑心暗鬼に陥ったり、疑問に思うことが増えてしまうと、審判に不信感を抱くようになります。試合をスムーズに行うためにも、選手との信頼関係は重要です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。