Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. スルーパスのやり方とは?...
スルーパスのやり方とは?練習方法とコツを解説【サッカー上達ガイド】

スルーパスのやり方とは?練習方法とコツを解説【サッカー上達ガイド】

サッカーのスルーパスは、1つのパスで決定機を生み出したり、得点を奪うことができます。 このスルーパスは、出し手のパスセンスや技術力、そして受け手のタイミングの取り方など一人でできるもではありません。 チームとしてスルーパスが上手くなる練習方法を紹介します。

2021.12.16 サッカー

サッカーのスルーパスとは?

サッカーのスルーパスとは、味方のいない場所へ出すパスです。サッカーでパスを出す基本は、味方選手の足元に出すか味方選手が走っていく方向に出します。パスは味方に繋ぐ意味があるからです。
またスルーパスは、味方の足元に合わせるパスではなく、スペースへ出すパスです。味方が走り込めるスペースを見つけ、そこに出すパスで味方選手が間に合うようなスピードで出すことが重要です。パスが通れば意味のあるパスとなります。練習からスペースを見たり周りの選手を見るコツを掴んでいけば、誰にでも出すことのできるのがサッカーのスルーパスです。

決定機を作り出せる

サッカーでスルーパスを通す事ができれば、1本のパスで決定機を作ることができます。サッカーのスルーパスとは、味方と意思疎通をすることで、ボールを運びたいスペースへパスを出すものです。タイミングと考えが合えば、たった2人でディフェンス陣を無効にしてしまうことができます。これによって、ゴールキーパーと1対1になる状況を作り出すことができるサッカーのスルーパスは、一種の魔法のパスと言えるでしょう。
またスルーパスとは、一瞬で決定機を作ることができるパスです。それゆえ初心者には難しいパスとも言えます。

ディフェンスの背後を狙える

サッカーのスルーパスとは基本的には、相手ディフェンスの裏を付くパスです。サッカーでは、ディフェンスの裏を狙うやり方には、浮き球で裏を狙うか、スルーパスを狙うかになってきますが、スルーパスの方がパスを受ける味方選手には受けやすく次のプレーがしやすくなるメリットがあります。
サッカーで一番得点が入りやすいのがディフェンスの裏になりますから、そこを1本のスルーパスで付くことができれば、とても大きなチャンスを生み出すことが可能です。

ディフェンスを無力化できる

[サッカー]試合でこんなスルーパス出してみたい集

サッカーでは、スルーパスを通す事ができれば、ディフェンスは自分のゴールを向かって走ることになり、非常に守りにくくなります。
サッカーのディフェンスのやり方は、ボールとマークを自分の前に置くことですから、スルーパスで背後を取られることはディフェンスの意味がなくなることです。ディフェンスの意味がなくなれば、どんなに屈強なディフェンスがいても関係ありませんから、一気にゴールを奪う可能性が出てきます。

味方との連携が重要

スルーパス

サッカーにおけるスルーパスを出すときに、味方の選手との意思疎通も非常に大事になってきます。
サッカーのスルーパスは、受け手と出し手のタイミングが合わなければ、ただスペースを抜けていくだけのパスです。普段からの練習で多くの味方選手と連携を高めておくことで、試合になっても感覚でスルーパスを通すことができます。練習では、上手くいかないときには、話し合うことができますから、練習でお互いの意思疎通ができるようにすることが大切です。

サッカーにおける効果的なスルーパスのやり方

サッカーにおけるスルーパスのやり方は、練習とコツを掴むことが重要です。
サッカーでスルーパスをするには、的確なキックができる技術を身に付けることと、周りの様子を見る能力、味方の能力を知る力が必要になります。スルーパスは、誰もいないスペースへボールを出しますので、極めて優れたサッカー眼が必要です。先の状況をイメージしてパスを出すことで、相手には反応されない決定的なパスを出すことができるようになります。

スペースを見つける目

【サッカー】これぞファンタジスタ!一撃必殺 マジックパス集!【神業】

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーでスルーパスを味方に出そうと思えば、スペースを見つけるだけの広い視野が必要です。サッカーのスルーパスを上達するためのコツは、どのタイミングでスペースを見つけることができるかになります。
スルーパスは1人の選手だけを見ていては出すことができないので、常に周りの状況、またスペースの有無や相手選手の動きも把握することで効果的なスルーパスを出すことが可能です。1度やり方を覚えると気持ち良く出すことができるのが、スルーパスの醍醐味となります。

味方の動きを確認する

kyane on Instagram: “. World Cup 2018 July 3 🇯🇵日本vsベルギー🇧🇪 . 1点目 柴崎選手ーー→原口選手 驚き!喜び!感涙! . 2点目 もしかして!いける!? . . . あまくないですね😭 でも いい夢見させてもらいました ありがとう‼️🇯🇵 .…” (44949)

サッカーでスルーパスを通すには、味方の動きを常に確認しておく必要があります。スルーパスのやり方として、味方選手とタイミングが合わないと成功しません。そこで、サッカーのスルーパスを上達するには、常に味方の動きを見ておくことが重要です。
サッカー初心者であれば、近くの味方選手しか見えないので、その選手の足元にパスを出してしまいます。しかし、スルーパスのやり方はスペースにパスを出すので、味方選手だけを見るのではなく動きを見てスペースへ走りだしていれば、そのスペースを感じてパスを出すことが大切です。

味方が受けやすいパスの選択

サッカーでスルーパスのコツとしては、味方が受けやすいパスを選択することです。
スルーパスの上達には、パスの質が何よりも重要になります。ただスペースへパスを出すだけでは意味がなく、初心者の頃からパスの練習をするときに色々なパススピードのキックを練習したり、多くのキックの蹴り方を練習することでスルーパスのやり方も多彩になってくるのです。
味方が受けやすいパスを出してこそ、スルーパスは意味を持ってきます。

サッカーのスルーパスを成功させるためのポイント

サッカーでスルーパスを出すには、キックの質がとても重要になります。キックの質は、練習することで高めることが必要です。初心者の頃から1つずつのキックを確認して、強弱をつけるようなやり方をしていけば、自然と多彩なキックができるようになります。
パスは練習を繰り返すことでコツを掴むことができますので、色々なキックの練習をすることで技術を上げて引き出しを増やすことが重要です。キックのやり方は、基本はありますが自分の蹴りやすさを追求することも重要になります。

グランダーのパス

ANSTMU NO.10 on Instagram: “鹿島同点!!!! #鈴木優磨 !!!! #三竿健斗 の素晴らしいスルーパスに最後は、#鈴木優磨 !!!! 一対一を、冷静に決めた!!!! 振り出し!!!! @dazn_jpn より #鹿島アントラーズ  #同点  #ゴール  #湘南ベルマーレ #鈴木優磨  #エース…” (44669)

サッカーのスルーパスとは、基本的にはグランダーのパスになります。グランダーのパスのやり方は、インサイドを強く正しく蹴ることから始まります。
インサイドキックを上達するには、2人で距離を少しずつ伸ばしながらインサイドキックを蹴りますが、この時に注意したいのが強いキックを心掛けることと、しっかりとしたコントロールを意識しながら蹴る練習をすることです。初心者には難しいですが、サッカーの試合でスルーパスを通すには、近い距離だけとは限りませんので、強いグランダーのパスを通す練習が重要です。

味方のスピードを考えたパス

サッカーのスルーパスを的確に通すためには、味方のスピードを考えたパスが重要になります。初心者が難しいと感じるのは、パスの軌道とそのスピードの合わせ方にあります。
味方選手の動きを見て、先を予測してパスをすることがスルーパスには必ず必要ですから、練習を沢山して自分のプレーを理解していなければ、絶妙なスルーパスを通すことができません。周りの状況を見極め、味方との連携を維持して出すスルーパスこそ、最高のスルーパスと言えます。

ワンタッチで処理できるパス

サッカーのスルーパスとは、味方が受けた時にワンタッチで処理ができるスピードで出すパスが最高のパスといえます。スルーパスは周りの選手の動きを把握して、味方が欲しいと考える場所にボールを出すことです。そのために、キックの質をコントロールすることが重要になってきます。
ボールを受ける味方がワンタッチでトラップをしたり、シュートすることができるスルーパスが最高のパスです。味方の事を考えたパスとは、相手には厳しく、味方に優しいパスになります。

パスの軌道

@teamutd on Instagram: “Can you make it happen like messi #guti #veron #scholes #pirlo #seedorf #ballack #pogba #fineart #visionnight #creativemind #arrows #behind…” (44950)

サッカーにおけるスルーパスとは、その軌道が見えていないと蹴ることができません。サッカーでは多くの相手選手からプレッシャーを受け、味方選手も数秒ごとにポジションを変えます。そこでスルーパスが狙えるパスの軌道を見つけることは非常に難しいものです。
しかし、自分が上空から見ているようなイメージをもって常日ごろ練習をしていれば、自ずとパスコースは見えてきます。スルーパスは、そのパスコースにどういった軌道のパスを通すかが重要です。

サッカーにおけるスルーパスの練習方法①

サッカーでスルーパスを出すには、センスも必要ですが練習を繰り返してコツを掴むことで出すことができるようになります。サッカーでは、パスには全て意味を込めることが重要です。
右足でそのままシュートを打ってほしいとか、左からディフェンスが来ているといった意味をボールに込めてパスをします。スルーパスの練習やパスの練習もただパスを出すのではなく、受け手がボールを受けた時にどういったプレーを選択するのかの意味をパスに込めながら練習することが大事です。

狙った場所へのパス

Jayden Gonzalez on Instagram: “Working on my passing 😃⚽️ Playing up 1,2 (and sometimes 3) years up is really helping me develop my timing and vision 😳 🧠👀#learning…” (45017)

サッカーでスルーパスを出すための練習方法とは、まずは狙った場所に的確にパスを出せるようなキックの練習をします。パスを思い通りに蹴るコツとしては、インサイドキックの技術を高めることです。
足をパターのようにして、確実にボールを転がすパスの基本ですが、このインサイドキックの練習を徹底的に行うことで、自分が狙った場所へ確実にボールを蹴ることができます。まずは止まった目標を狙って、次は走っている味方を狙ってパスの練習をすることで、走り込んだ味方へのパスのコツを掴むのです。

サッカーにおけるスルーパスの練習方法②

コーンの間を通すパス練習

Mick Keating on Instagram: “A bit more from tonight’s session #football #training #passing #1touch #throughball” (45016)

サッカーでスルーパスを上達するには、障害物の間を抜くキックを上達する必要があります。スルーパスのやり方は、ディフェンスのいない場所にパスを出しますから、スペースへの力加減が重要です。
スルーパス上達には、味方選手の走り込むタイミングに合わせてパスをする必要がありますから、上達のための練習は、コーンを並べて、そこを回り込むように味方選手が走り込みます。そのタイミングでスピードを落とさないようなパスを出す練習を繰り返すことでコツを掴むことです。

サッカーにおけるスルーパスの練習方法③

周りの状況を見る練習

Naked Gulabjamun on Instagram: “Back in Action#throughball#vision#Assist#matchwinnerball#dribble2win#amdocsFC#stayhealthy#stayblessed#stayfit#corporateleague2K17⚽🏆” (44951)

サッカーで初心者がスルーパスを上達するには、周りの状況を見られるようになる必要があります。
スルーパスは味方の動きに合わせてスペースにパスを出すので、味方の動きと相手の動き、すべてを見ておくことが必要です。
初心者にとってはボールを見ながら周りの様子を窺うことは何よりも難しくなります。
周りを見る力は練習を繰り返すことが必要です。
しかし、最初から周りを見る癖をつけておくことで、技術が付いてくるともっと周りの様子が見えるようになりますし、プレーに余裕が生まれてきます。

サッカーにおけるスルーパスの練習方法④

パスに強弱をつける練習

サッカーでスルーパスをするコツは、キックに強弱をつけて味方が受けやすいパスをすることでで、サッカーではその都度使えるスペースや、効果のあるパスが変わってきます。
パスの強弱とは、その時々のシチュエーションに応じて味方に最適なパスを通すことです。
そのための練習としては、走り込む味方の足元にグランダーのパスを出す練習をするのです。
選手が違えば、走るスピードも違います。
また、走るスピードを変えることで多くのスピードに合わせる練習ができます。

ディフェンスが取れないスルーパスを出す3つのコツ

サッカーにおいてスルーパスを出すコツは、味方とのタイミングになります。スルーパスは、ゴールに直結する意味のあるパスです。スルーパスのコツを掴み、決定的なパスを出すことができれば、試合を大きく動かすことができます。
意味のあるスルーパスを出すには、より遠くのスペースを見つける目が必要です。スペースを見つけ出すことと、周りの選手の動きを瞬時に判断する力が重要になります。状況を判断してパスを出す技術を高めることが意味のあるスルーパスを出すコツです。

常に周りに気を配る

wahl.jp on Instagram: “パスコースを作る・角度を取る、なんてことをしなくても出し手と受け手の頭が一致していれば簡単に怖いエリアに侵入出来る。これは教えることもできる技術の1つ。 #サッカー #soccer #football #バルサ #balca #パス #スルーパス #股下 #アタッキングサード…” (44670)

サッカーのスルーパスとは、自分のタイミングだけでパスを出していても成功しません。上達するには、周りを常に見ていることが必要です。初心者は、ボールを見るだけで精一杯になってしまいますが、サッカーではより多くの状況、遠くの状況を見ることが重要になってきます。
スルーパスを成功させようと思うのであれば、周りの全ての選手を見て、スペースを見つけるような練習を続けることが重要です。多くの情報から最善の選択を探し、それがスルーパスであるときに成功させるために回りを見ることが大切になります。

パスの質を高める

海豚日和 on Instagram: “スルーパス。  流れを変える大事な役割。 しかも憲剛さんとの交代。  大変だと思いますが、期待しておりますよ(*^^*) #森谷賢太郎 #スルーパス #J撮り  #kawasaki  #frontale  #川崎フロンターレ  #kawasakifrontale…” (45019)

サッカーのスルーパスの難しさとは、パスの質が要求されるところにあります。初心者は、味方の足元へ優しくて早いパスを通すことは難しいです。
しかし、スルーパスは周りの味方が次のプレーをしやすいキックで出してあげなければいけないので、パスの質を高めていく必要があります。サッカーはただ自分がボールを蹴って満足していてはいけません。パスを受けた味方が確実にボールを収め、次のプレーを自分の思っているイメージで行なってこそサッカーのスルーパスです。

鳥瞰図のイメージを持つ

サッカーの初心者でもスルーパスを上達するには、鳥観図のイメージを常に持ってピッチを見ておくことです。サッカー初心者は、どうしても平面からのイメージを頭に描きます。パスを意味あるものにしていくには、空から見たようなイメージを頭に描けることが重要です。
そして、初心者はパスをするのも一番近くで良く見える選手だけを選択してしまいます。スルーパスに限らず、サッカーそのものを上達するには、より遠くの選手を見る目を養い、広い視野を持つようにトレーニングすることです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。