2020年1月28日 更新

サッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニュー6選

子供が少年サッカーに入ったはいいものの、なかなか成長しない、少年サッカーのコーチになったはいいものの、どのように指導したらいいかわからないなど、少年・小学生のサッカー練習メニューに悩んだりはしていませんか?そこで今回はサッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニュー6選として、特に重要な必見練習メニューをご紹介します!

131,540 view お気に入り 0
サッカーにおいてドリブルができなければゴールへ近づくことができません。
子供達とってドリブル技術はサッカーにおいては基本中の基本ということがいえます。
そこで重要になってくるのがアジリティトレーニングから身に付いたフットワーク・ステップです。
サッカーにおいてドリブルで相手を抜くにはフェイントができなければ難しいですよね。
フェイントを使うには練習でフットワーク・ステップが鍛えられていなければできません。
更にダブルタッチやルーレットなどドリブル技を使う際にも、フットワーク。ステップを使い、すぐに次の足が出てくるようなリズムが必要です。フットワーク・ステップはサッカーで重要な役割を担います。

少年・小学生がドリブル技術を高める方法とは?(ダブルタッチ)

 (22017)

少年サッカー・小学生ジュニア年代の子供達にまず覚えてもらいたい技は「ダブルタッチ」です。
ダブルタッチとはメッシやイニエスタが得意とするドリブル技術で、相手がボールを奪いに足を出してきた瞬間にフットワーク・ステップを使い、片方の足でボールを横にずらし、もう片方の足を瞬時に出してボールを前に押し出す技です。
サッカーの試合でダブルタッチで相手を置き去りにしたらかっこいいですよね。
このドリブル方法を取得できれば、かなりドリブル技術は高まります。
ドリブル練習は非常に重要なトレーニングなので少年・小学生ジュニア年代の子供達のトレーニングで身につけましょう。

ドリブル技術 ダブルタッチを高めよう!

 (22018)

ダブルタッチというサッカードリブル技を高めるためのコツを見ていきましょう。
ダブルタッチは片方の足のインサイドでボールを横にずらします。「ずらす」と表現している通り、ボールを横に蹴るのではなく、横に押し出すようなイメージです。この際、先ほどの敏捷性(アジリティ)を鍛えるためのサッカー練習メニューで紹介した反復横跳びのように、フットワーク・ステップを使って横に飛ぶようなイメージが最も適しています。そして着地と同時にもう片方の足でボールを前に押し出し、ボールをL字に動かします。
少年・小学生年代の子供達の練習メニューではマーカーやコーンを置いてからマスターし、その後に1対1練習です。

コーンを活用した練習メニューはこれ!

西宮サッカースクール コーンドリブル

具体的にコーンを使ったサッカードリブル練習メニューをご紹介します。
マーカーでも良いのですが、コーンなどプレッシャーのない状況ではうまくいくが、サッカーの試合などプレッシャーがかかった場面では使えないというケースはよくあるため、できるだけ大きめのコーンを使ったほうが実際の相手ディフェンスに近いのでおすすめです。
最初は片足だけを使い、インサイド・インサイド・アウトサイド・アウトサイドと細かくステップを踏みながらボールをタッチしていきます。
次に先ほど説明したダブルタッチでコーンをすり抜けてみましょう。
ポイントはフットワーク・ステップを意識し、リズム感を出しながらコーンを避けます。

少年・小学生におおすすめサッカートレーニング③

トラップの練習

Instagram (22010)

少年・小学生のサッカー練習メニュー③は、トラップです。
味方のパスを止める、キーパーのパントキックを止める、相手のパスをインターセプトするなどサッカーをする上で様々な場面で登場するトラップ。
サッカーの練習等でトラップが上手くできないとルーズボールを自分のボールにすることができず、自分のボールにすることができないという事は、攻撃につなげることができない事を意味します。
攻撃できなければ得点することができません。
その上でトラップとはサッカーにおいて非常に大切な技術と言えます。是非少年・小学生のサッカー練習メニューに取り入れてトラップ技術を高めてください。
トレーニングのポイントは空間把握です。

少年・小学生がトラップ技術を高めるために重要なことは?

 (22021)

それでは少年サッカーにおいてトラップ技術を高めるために重要なことを整理しておきましょう。
まずトラップに必要なことは空間把握能力です。
空間把握能力はサッカーにおいてどのような影響があるのでしょうか?
サッカーボールが自分のところまでどれくらいのスピードで、いつ自分の身体のところまでくるのかを把握する能力です。この能力がないと、浮き球が頭を越えてしまったり、味方のパスを足で止めることができず、サッカーの試合で危機的状況を生み出してしまいます。
そのような事がないように、まずはトレーニングで空間把握能力を身につけ、トラップ技術を高めましょう。
サッカーをする上では、無くてはならない技術です。

空間把握能力を高める練習メニューは?

少年サッカー練習メニュー 投げてキャッチするコーディネーション

空間把握能力を高める練習メニューをご紹介します。
サッカーボールを手に持ち、真上に投げ、それを両手でキャッチするトレーニングです。できるようになったら、キャッチするまでに手を何回叩けるかを競うトレーニングにも挑戦しましょう。
もし一人ではなく、お父さんやお母さん、兄弟がいれば、サッカーボールでキャッチボールをするトレーニングも非常に有効です。目線の高さで投げたり、高く投げてみたり、様々な高さにチャレンジしてみてください。ある程度空間把握ができるようになってきたら、ヘディングトレーニングにも挑戦してみましょう。
親子や兄弟姉妹でこのようなトレーニングを行えばきっと楽しいですよね。
 (22023)

少年・小学生がトラップ技術を高める方法とは?

次にトラップ技術を高める方法です。
空間把握能力を鍛えたら、いよいよトラップ技術を高めますが、トラップのコツは足の形です。
ボールが自分に向かって転がってきたら、軸足のつま先を前に向けて置き、後ろ足のインサイド部分でボールを止めます。つまり両足をL字型にすることを意識してトレーニングメニューに取り組みましょう。
そしてボールを止める側の足は、転がってきたボールの勢いを吸収しながら止めることによって、強く跳ねることを防ぐようにします。この足に力が入っていると、強く跳ね返ってしまいますので、なるべく力を抜いてボールを止めましょう。
トラップ練習は地味なトレーニングですが、しっかり取り組みましょう。

トラップ技術を高める練習方法はこれ!

バウンドボールのトラップ!【なぜ?がわかればサッカーが上手くなる!】出来ないが出来るに変わる魔法のトレーニング soccer football traning

101 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T |
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する練習方法は、左右のフットワーク(1本1本)、切り替えし(2本2本)、ファルケンベリフットワーク、ミドルとフォア・バックの切り替えし、前後のフットワークの5つになります。卓球のフットワーク練習で意識する7つのコツを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9