2020年1月28日 更新

サッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニュー6選

子供が少年サッカーに入ったはいいものの、なかなか成長しない、少年サッカーのコーチになったはいいものの、どのように指導したらいいかわからないなど、少年・小学生のサッカー練習メニューに悩んだりはしていませんか?そこで今回はサッカートレーニング!少年・小学生のサッカー練習メニュー6選として、特に重要な必見練習メニューをご紹介します!

131,541 view お気に入り 0
それではトラップのサッカー練習メニューをご紹介していきましょう。
今回ご紹介したいのが、トラップ練習の中でも少年・小学生には難しいとされる浮き球のトラップ練習です。ここでの練習ポイントは、
①体の正面で止める
②体のどこで止めるかを瞬時に判断する
③前にトラップしたサッカーボールにすぐに対応する
の3点です。
浮き球のバウンドにタイミングを合わせ、サッカーボールを頭、胸、腿など使い、体の正面で止めることが大前提になります。
このトラップ練習メニューは、少年サッカーチームではできるだけ時間を割いて行ってもらいたいトレーニングメニューで、パス練習など、様々なトレーニングメニューでも必要になります。

少年・小学生におおすすめサッカートレーニング④

ボールキープ力の練習

 (22019)

少年・小学生のサッカー練習メニューその④は、キープ力です。
ボールキープもドリブル技術と同じく、サッカーにおいては基本技術と言え、身体全体を上手に使う必要があります。
自身の身体を上手に使い、サッカーボールを相手ディフェンスから守りながら、味方選手のヘルプを待ったり、パスコースを探したり様々な目的があるボールキープ。相手選手に簡単にサッカーボールを奪われないためにも是非トレーニングメニューに取り入れて身につけてもらいたいサッカー技術です。
以下ではキープ力を鍛えるために必要なことをご紹介していきます。

ボールキープに筋肉は必要?

 (22031)

少年サッカーにおけるボールキープの場面で筋肉は必要なのか?という議論はもちろんありますが、結論から言うと筋肉は必要であるという意見が一般的です。
しかし筋肉は必要ですが、筋肉トレーニングは必要か?というと必要ないという話です。
どういう事かと言うと、少年サッカーにおける筋肉は通常の練習・トレーニングメニューで十分備わるということなんですね。腕立て伏せや腹筋、背筋などの基礎的な筋肉のトレーニングメニューは別として、特別に負荷をかけた筋肉トレーニングの練習メニューは必要ないということです。
まずはボールを守る体勢を体で覚えるトレーニングメニューを取り入れて、コツをしっかり覚えましょう。

少年・小学生がキープ力を鍛えるために重要な事とは?

 (22034)

相手からサッカーボールをキープするには何が重要なのでしょうか?
体の強さや体幹、筋肉ももちろん重要ですが、何と言っても体の使い方が重要です。
いくら筋肉が増していたり、体が大きかったとしても、体の使い方が鍛えられていなければサッカーボールをキープすることは困難です。
ですから、体の小さな小学生でも諦めることはありません。上手に体を使うトレーニングメニューにより、体の大きさのハンデに関係なく、ボールをキープすることができるんです。
事実、日本代表で活躍する長友選手や乾選手、アルゼンチン代表のメッシ選手などは決して大きな体ではありません。
体の使い方のメニューを取り入れ、キープ力を高めましょう。

少年・小学生がキープ力を高める方法とは?

 (22029)

ジュニア少年サッカーのキープの基本的な体勢は、相手とサッカーボールの間に自分の体を半身の状態で入れます。
トレーニングでは腕で相手の位置を確認し、反対側の足を伸ばした状態でサッカーボールを相手からなるべく遠ざけ、相手に半身を預けるような体勢を保ちます。腕を肩より高く上げてしまうとファールを取られますので注意が必要です。そして腰やお尻で相手をブロックします。
腕、腰、お尻を上手く使いながらサッカーボールをキープします。
ボールの位置は自分の右足が触れるか触れないかぐらいの位置でキープしましょう。
このトレーニングメニューはジュニア少年サッカーチームでも是非取り入れてほしい練習メニューです。

キープ力を高める練習メニューはこれ!

体の入れ方!【なぜ?がわかればサッカーが上手くなる!】出来ないが出来るに変わる魔法のトレーニング soccer football traning

それではキープ力を高める練習メニューをご紹介していきましょう。
まずは相手とサッカーボールと自分の間に自身の体をどのように入れるかを確認してみましょう。
腕、腰、膝、お尻など体全体を、状況に応じて上手に使いボールをキープします。
相手の位置を腕で確認し、回り込んできそうになったら膝でブロックし、真後ろにきたらお尻と腰を使いブロック、反対側に回り込んできたら相手を背にしたまま向きを変えるだけで、回り込んできたら膝でブロック、真後ろにきたらお尻と腰でブロックします。
これらのトレーニングメニューを取り入れることで、少年・小学生ジュニア年代のうちからしっかり身につけておきたい技術です。

少年・小学生におおすすめサッカートレーニング⑤

ディフェンスの練習

 (22026)

少年・小学生のサッカー練習メニュー⑤は、ディフェンスです。
ディフェンスと言うと「守」というイメージがすぐに頭をよぎるかもしれませんが、ディフェンスとは「攻」です。何故かというと、ボールを奪わなければ攻撃はできません。従ってボールを奪った瞬間から攻撃がスタートするので、ディフェンスは「攻」ということが言えます。
ジュニア少年サッカーのトレーニングでは常に意識しておきましょう。
そのディフェンスを鍛える上で重要なことですが、それは相手に対して正面からいかない事と、足からボールを奪いにいかない事です。
これらの点をしっかり意識しながら様々なトレーニングメニューに取り組みましょう。

足からボールを奪いにいかず、正面からいかないとは?

 (22028)

ディフェンスの基本は1対1の局面でのディフェンスですが、その方法として足からいかず、正面からいかないとはいったいどのような事なのでしょうか?
ジュニア少年サッカーで多いのが、ボールを持った相手に対して正面から足でボールを奪いにいく傾向です。
正面からいくと相手に右か左という2つの選択肢を与えてしまいます。少年サッカーでは体を半身にし、右か左のどっちかに誘い込むトレーニングメニューを取り入れましょう。次に足からボールを奪いにいってしまうと、出した足の逆を突かれて抜かれてしまいます。
少年サッカーでは、体を相手にぶつけ、相手の足からボールが離れるのを待つことをトレーニングから意識しましょう。

少年・小学生がディフェンス力を鍛える方法は?

101 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達する練習方法とは?強くなる・上手くなるためメニュー15選!

卓球が上達するためには、基礎練習を繰り返しおこない基礎を固めることが重要です。卓球が上手くなる練習メニューを多球・ラリー・サーブ・筋トレの4項目で紹介します。卓球が上達するためには、こなす練習ではなく、練習のポイントを理解して実施することで上達スピートが上がります。
Shun.T |
ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは?誰でもわかるシュートのコツと練習方法を徹底解説

ボレーシュートとは浮いたボールをシュートをすること全般を指します。ボレーシュートは、足の蹴る位置によって5種類に分類され、状況によってを使い分ける必要があります。ボレーシュートには、5種類のシュートに効果のある4つのコツと身につけるために使われる2つの練習方法があります。
バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習方法とは?家・自宅でも上達したい

バレーボールの1人でできる練習は、自宅でボールを使ってのパス練習や、基礎体力作りのための体幹トレーニングがおすすめです。バレーボール初心者は、ボールに慣れるために、家で1人でボールを使った練習をすることで、上達が早くなります。さらに家や自宅では、バレーボールで必要な筋力トレーニングを行いましょう。
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する方法とは?具体的な練習法を解説

卓球のフットワークを強化する練習方法は、左右のフットワーク(1本1本)、切り替えし(2本2本)、ファルケンベリフットワーク、ミドルとフォア・バックの切り替えし、前後のフットワークの5つになります。卓球のフットワーク練習で意識する7つのコツを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9